2022.06.22 登録

絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

サウ七

2022.09.16

1回目の訪問

OYUGIWA海老名

[ 神奈川県 ]

心配した彼からは何度もLINEが来ていた。「もう大丈夫」と返信したが、仮病だったので気が引けた。
先週彼とサウナに行き、別の女の子に嫉妬した私は「気分が悪いから」と彼を置いて先に帰ってきてしまったのである。

そしてやり直しサウナ。
ひとりでここへ来た。
oyugiwa海老名。ずっと行きたいと思っていた施設。

入館を済ませ、まずは身体を清め、露天風呂へ。
大好きな壺風呂がある!しかも美泡壺湯。ジャグジーのような泡が風呂の底から湧き上がっている。気持ち良い。
岩風呂にもゆっくり浸かり、サ室へ。

サ室は広い。温度も良いな。8分。今日は涙は出ない。水風呂は15℃。深さもある。そして外気浴。
少し肌寒く感じるが、それがまた気持ち良い。

彼のことを考えた。私たちは付き合っていない。私の一方的な片想い。この前はすごく嫉妬してしまったけど、嫉妬するのは付き合ってからでいいんじゃない?と、思い始めていた。彼だって独身の男。他の女の子が寄ってくることもあるし、その子たちに興味もわくでしょう。

その点私は彼からある種特別に思われてるはず。
だって毎日LINEをくれるのよ。くだらない話しも、込み入った話しも、ここだけ。の話しもしてるじゃない。山に登ったり、サウナに行ったりもしてる。
しばらくこの関係を楽しもう!
私は追いかける恋愛が好きなんだ。とことん追いかけよう!

気持ちがととのった‼︎

次にサ室に入る時に入り口のポスターに気がついた。毎月3と7のつく日はロウリュがある。
今だにアウフグースを受けたことのない私、今度来る時はその日を狙って来よう。
そして彼の言葉を思い出した。

「アウフグースは熱波師との心の通わせなんだよ」
「機械の風とは全然ちがうんだ」

心の通わせ…なんて素敵な言葉なんだろ。
そう、彼とも心を通わせたい。そんなこと思いながら2セット目。そして3セット目も。

ととのったよ、今日の私。

炭酸泉風呂や、日替わり風呂、電気風呂、寝転び湯など、一人で満喫した。

着替えてくつろぎスペースをみたら、漫画がたくさんあり、そのスペースがおしゃれ。カプセルのような、押し入れみたいなスペースで本が読めたり、床に穴が開いたようなスペースで寝転がったりできるところがあり(説明がへたくそか!)、やっぱり次は彼と来たいなと思った。

食堂でひとりで食事をしていたら、いつもの昼休みタイムに、いつものように彼からLINEが来た。

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 15℃
45

サウ七

2022.09.09

1回目の訪問

「サウナ行くか?迎えに行ってもいいぞ」彼からLINEが来た。会社の車を借りているらしい。「行きたい」と返事をして、急いで支度をした。
サークル仲間の彼に私は片想いをしている。付き合ってはいない。
竜泉寺に行くことにした。
行きの車中、彼のTシャツを見てドキッとした。この前サークル仲間のミヤコちゃんにお土産で貰っていたシャツだった。あの時の彼の喜びように嫉妬した私。それに彼のARC'TERYXのリュックには一目でその地方のものとわかるキーホルダーがついている。それもミヤコちゃんのお土産だ。(黒い私が呟いた。「ダサいぞ、そのリュックにそのキーホルダーは」)

1時間半後に食堂で待ち合わせ、お風呂に向かった。

洗体、洗髪を済ませまずは壺風呂へ。
心がざわざわさしたままだ。
ドライサウナへ。
2分くらいで身体中から汗が流れ出す。でも目から下へ流れてるのは涙だった。
7分後、水風呂へ。その後外気浴。
頭がぐるぐる回る。でも気持ちが落ち着かない。

今度は露天風呂に入り、塩サウナへ。
汗は止まらない。涙も止まらない。
もう、こんなに嫉妬するならいっそのこと彼を嫌いになりたい。
彼のイヤなところってどこだろ?
短気なところ。頑固なところ…よく考えたら、イヤなところも全部含めて好きなんだ。

水風呂、外気浴。
外気浴の時こんなに寒く感じるなんて、もう秋だな。
それにしても今日はどうにも心がととのわない…。

嫉妬なんてみっともないよね。でも嫉妬しない人なんているの?自分が情けないような、彼が全部悪いと思う気持ちと、居ても立っても居られず時間はまだあったが風呂を出た。

こんなことをしては本当によくないが、「具合が悪くなったので先に帰ります」と彼にLINEをし、シャトルバスに乗った。

「大丈夫か?」とスマートウォッチにメッセージが入った。
何の返事もできなかった。

もう誘わないで!とは言えない私がいる。

涙は心の汗なのだから、やっぱり心もととのわなくちゃ、ホントのサ活とは言えないね。
もっと大人になろう、私。

続きを読む
49

サウ七

2022.08.26

2回目の訪問

サウナ:8分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:5分 × 3
合計:3セット

一言:完全なる嫉妬だった。片想いをしている彼が同じサークルの女の子から夏旅行のお土産をもらっているところを目撃してしまった。ただそれだけじゃ嫉妬なんてしない。喜び方が尋常じゃなかったのだ。私が何をあげてもあんなに嬉しそうにしたことなんてないし、持ち歩いたり使ったりしてくれないじゃないの。
私は察した…。

むしゃくしゃして、ひとりでここへ来た。一気に高尾山に登り、そして極楽湯へ。
心をととのえよう。今日の目標だ。

洗髪、洗体。まずは露天の岩風呂で温まる。
ここのお湯は身体に纏わりついて気持ち良い。

さあ、1セット目。80℃のサ室。じわじわと発汗してくる。ただ無心にはなれない。
水風呂18℃。私はこのくらいの温度が好きだ。そして外気浴。ベッドに横たわる。身体はいつものようにととのう感覚があるのだが、気持ちが不安定だ。
ずっと彼とあの女の子のことを考えてしまっている。嫉妬は醜いってこともわかってる。

2セット目。
今日の替り湯は、私の大好きな不感の湯だ。体温くらいの水温で、お湯に浸かっている感覚がなくなるのが好きだ。長く入れるのもまた良い。

何をしていても彼とあの女の子のことが頭から離れない。
でも私は何度か彼とふたりでサウナに行ったり、山にも登った。
毎日LINEもくれるじゃないか!他人には言えないような話しもしている!
私のことだって特別に思ってくれてるかもしれないじゃん!

そんな思いで3セット目。

あぁ、今日一ととのったよ、私。

真っ黒に日焼けしたあの女の子のことは忘れよう。
最後に入った岩風呂で、誰よりも白い肌をしていた私。この白い肌は私の自慢なんだ。

帰り際、まだまだ彼を追いかけようと、もう一度少し秋めいた高尾山の方を見て誓ったのだ。

続きを読む
47

サウ七

2022.08.17

3回目の訪問

水曜サ活

サウナ:5分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:8分 × 3
合計:3セット

一言:彼とまたサウナへ行きたいなー。と思ったけれど直接彼には言いずらいのです。
私たちは付き合ってもいない、だだのサークル仲間。ただ、私は彼のことが好きで片想いしてるのは、彼も気づいているはず。
ズルい私は、インスタのストーリーに「今から森乃彩へ行きまーす!」と写真付きで投稿しました。この時間なら彼も見るだろうと、予想した時間に投稿したのです。そして彼が既読したのを確認しました。

車で森乃彩に向かい、駐車して玄関に向かうと、暖簾の前に彼が立っていました。
びっくりしたけど、「作戦成功」的な思いもありました。彼は何も言わず、グータッチをしてくれ、
「じゃ、9時な」(9時に食堂集合)と言って男湯へ入っていきました。

洗体、洗髪。
まずは岩風呂のぬる湯へ。
夜の露天風呂は気持ち良い。風が心地良い。
雨が降る予報だったけどまだ降ってくる気配はない。

1セット目
ドライサウナ。毎度熱い。先客2人。
80℃の温度計。毎回思うが温度計壊れてるよね⁉︎
5分で出た。
水風呂14.4℃。キンキンに冷えてる。
外気浴は長椅子に横たわる。微妙に椅子が傾いていて落ちそうになる感覚がまた良い。

グータッチしてくれたな。彼らしいな。
そんなこと考えていた。

2セット目。よもぎ塩サウナ。
今日はよもぎ20倍の日?
香りが良い。ここも温度計は50℃を指している。
これも壊れてるのか⁉︎
ここは貸し切り状態。
擦り込んだ塩を洗い流すと肌がすべすべしている。

3セット目。ドライサウナへ。
水風呂後、外気浴。
その時、かなりの雨が降ってきた。
長椅子に横たわり、全身で雨を浴びた。
気持ち良い。熱った身体に冷たい雨。すごく良い。
彼もこの雨、浴びているだろうか?
そのまま雨の中、しばらく露天風呂に浸かっていた。

今日もととのってるよ。私。

その後炭酸泉の湯(36℃くらいの不感の湯)に浸かり、(本当に不感で、お湯に入っているのかどうか錯覚を起こす感じが良い)その後ジャグジーなどを楽しみ、風呂をあがった。

支度を終えて食堂に向かったら、丁度彼も出てきて「なんか2階にマンガあるらしいから行ってみたい」と言うので2階へ上がってみた。
休憩所があり、ドリンク、ソフトクリームなどの販売店もあった。
彼はマンガの量に感動し、しばらくマンガを読んでいた。その横顔を見ているだけで私は満足だった。

「そろそろ帰るか」となり、でも彼が「またマンガ読みたい!近いうちにまた来ようぜ!」と言った。

続きを読む
40

サウ七

2022.08.06

2回目の訪問

サウナ:8分 × 3
塩サウナ8分×1
水風呂:1分 × 4
休憩:10分 × 4
合計:4セット

一言:今週2回目のサ活。今日は私から彼を誘ってみた。「サウナ行くけど、一緒に行く?」メールしてみた。間髪入れずに「行くー」って返信があった。嬉しかった。
彼と言っても付き合っているわけではなく、私の一方的な片想い。もう1年以上もだ。追いかける恋愛が好きなのでこれで良いのだが、最近は彼から誘ってくれることも多くなっていた。

車で彼を迎えに行き、相模・下九沢温泉湯楽の里へ。
温泉汲み上げ機が故障とかで、沸かし湯営業になっていて、100円安くなっていた。
お昼時だったので、まずご飯にした。 
相変わらず向かい合って座るのは恥ずかしい。

1時間半後に待ち合わせて、いざ入浴。

洗体、洗髪を済ませてまずは岩風呂。
温まってからサ室へ。
80℃くらいか。2人先客がいるだけで土曜日の午後にしてはすいているな。
水風呂15℃。
外気浴、ベッドタイプが好き。
曇っているし、風が吹いていて気持ち良い。
気持ち良いが、意識ははっきりしていてずっと彼のことを考えている。

次は塩サウナ。こちらは75℃。
貸し切りだ。
水風呂、外気浴を繰り返し、今度は壺風呂へ。
やっぱ、ここの壺風呂好きだ。

ドライサウナをあと2回繰り返し、最後にととのっている時に一瞬寝てしまい、その短時間に見た夢が彼とキスをするという…ドキドキした。
やっぱり今日もととのったな、私。

あがったあと、かき氷を2人で食べた。

案の定、どこに寄ることもなく彼を送って帰ることになったが、帰り道にとあるラブホテルの横を通ったら、「サウナあります」というのぼりが立っていた。
横に乗っている彼の顔をチラッと見たら、彼もそののぼりを見ていたようだった。
またドキドキした…。

続きを読む
26

サウ七

2022.08.03

2回目の訪問

水曜サ活

サウナ:5分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:5分 × 3
合計:3セット

一言:もうかれこれ3週間ほど彼から連絡がこない。サークルにも出てこない。
いつだったか、酔って電話をしてきてとても不機嫌だった。何かに怒っていた。そして私にあたりちらした。こちらから連絡するのは避けていたが、とても心配だったし、会いたかった。
そんな彼から、何事もなかったようにメールが来たのだ。
「サウナ行きてぇ」
「7時に駅に着くから迎えに来てほしい」
こちらの都合も聞かないところが彼らしい。
「はい」とだけメールで返信をした。
でも心踊った!

森乃彩に着いて、また1時間半後に食堂で待ち合わせした。

夜に来たのは初めてだった。やはり昼間に比べたら混んでるな。
洗体、洗髪後にまずは岩風呂。
いざ、サ室へ。というところで爆風タイムに突入してしまった。怖くて入れなかった笑

なので、よもぎ塩サウナの方へ。
今日は一段と香りがたっている。
室温は50℃…え?50℃?もっとあるように感じる。
5分ほどで出た。
水風呂は15.1℃。
そして外気浴。
夜は日焼けを気にしなくて良いのがラクだわ。長椅子に横たわる。
あぁ、気持ち良い。

あとで彼にこの前はどうして荒れてたのか、この3週間どうしてたのか聞こうか聞くまいか考えていた。

2セット目、3セット目は爆風タイムを避けてサ室に入った。
こちらも相変わらず、熱い。熱すぎる。
85℃。いや、もっとあるでしょ…。
身体中、つねられてるようだな。
サウナハットを被っている姉さん3人が、最上段でじっと耐えている。何分入ってるんだろ?

私はまたしても5分で出て、外気浴。
ここのところ、彼のことをずーっと考えていたし、心配していた。
でもこうして今日、一緒にサウナに来れている。
それで良いじゃないか。

そんなこと考えながら、
今日は心がととのったな、私。

冬では無理だろうが、露天風呂でいくらでも半身浴でいられる。夜のサ活も良いもんだ。
また来よう、夜に。

あがったあと、ふたりでオロポを飲んだ。
「ご飯どうする?」って聞いたら。
「いや、帰る」と彼らしい返事をされた。
この3週間、連絡をとらなかったこと、会わなかったこと、怒っていたこと…何もなかったかのような振る舞いの彼だった。

私も忘れることにした。

続きを読む
26

サウ七

2022.07.21

1回目の訪問

サウナ:8分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:5分 × 3
合計:3セット

一言:「山に登りてぇー。って気分になってるんだが」彼からLINEがきた。
「じゃ、高尾山行く?で、下山したら極楽湯。の夢のようなコースで」と返事をしたら、「行くかぁ〜」だって。
平日休みの彼に合わせて休みをとり、またもや現地集合で高尾山口駅で待った。

彼といっても、私の一方的な片想い。追いかける恋愛が好きだが、このところ彼に誘われることが多くなってきた。
ますます好きになりそうだが、一方であまり来られると冷めてしまいそうでもあった。

高尾山は稲荷山コースで登った。彼に前を歩いてもらった。途中で足を滑らしてしまい、膝をついてしまった私に彼は手を差し伸べてくれた。
その手を見えないふりをして自力で立ち上がった。

下山をして、麓でお蕎麦を食べ、いよいよ極楽湯へ。
1時間半後に食堂で待ち合わせをし、別れた。

平日のわりには混んでいる。
洗髪、洗体をしてまずは、岩風呂。日に焼けそうでなるべく日影を探してお湯に浸かった。
ここのお湯は肌に纏わりつく。そして肌がすべすべになる。
しばらく温まって、いよいよサウナへ。

先客が3人いた。
84℃、今回すぐに汗が出てこないな…と思っていたら、5分も過ぎた頃からちゃんと出てきた。
水風呂は17.7℃
そして外気浴。私は椅子よりベッド派だ。
横たわってととのうのが好き。
彼のことを考えた。
あの時転んだ私に手を差し伸べてくれた。どんなにその手を掴みたかったか。
もし掴んでいたら、そのまま手を繋いで登山したのかな?
考えただけでドキドキした。
多分少しでも彼に触れていたら、もう気持ちが抑えきれなかったかもしれない…。
君のことが好きって言ってしまったかも…などと色々なことが頭の中をぐるぐるしていた。

2セット目。
サ室が混んできた。マットが敷いてあって空いているところが1箇所しかない。どうにか座った。
3セットして、あがった。

替わり湯が、不惑の湯といって36.4℃くらいのぬるいお湯で、お湯に浸かっていないような錯覚におちいる。それが気持ち良く、風呂の中でウトウトしてしまった。

気持ちは揺れたが、今日もととのったな、私。

食堂で彼はコーヒーフロートを、私はクリームソーダを飲み、「この後どうする?」って聞いたら
「うちに帰ってYouTube観る」と言ってバイクで帰ってしまった。
私は電車に乗り「これで良いのだ」と心の中で思った。
まだしばらくは彼のこと追いかけられそうな気がした。

続きを読む
10

サウ七

2022.07.11

1回目の訪問

大蔵湯

[ 東京都 ]

サウナ:7分 × 3
水風呂:2分× 3
休憩:5分× 3
合計:3セット

一言:以前から行きたいと思っていた町田市の大蔵湯さんへ行ってきた。
今回、彼は一緒ではない。ひとりでゆっくりととのいたかったのだ。
最近、心身共に疲れていた。心は彼に乱され、身体はジム疲れだった。

駐車場に着いた。2ヶ所空きがあるが、どちらも車を停めにくい場所…どうにか停めた。空いていただけラッキーなのかも。

昔ながらの銭湯。リニューアルしているので中はキレイである。
下駄箱も昔ながらの木札の鍵でレトロな感じがかわいい。
受付を済ませ、(サウナ利用は720円。バスタオル、フェイスタオル、垢すりタオルがつく)脱衣所へ。

脱衣所は畳のお部屋。いい感じ。
そして、さすが銭湯。壁のすぐ向こうから男性の話し声がはっきり聞こえる。

スーパー銭湯とは違って、シャワーが固定のものだ。洗髪、洗体して総檜風呂の湯船に浸かった。
お客さんは少ない。広々とした湯船にひとりだ。

いよいよサウナへ。
遠赤外線サウナ。92℃。広さは6人くらいでいっぱいだろうか。
最近サウナに行く頻度が高いからか、2分くらいで汗が吹き出てくるようになっている。
92℃のわりには、そんなに熱く感じない。

そして水風呂へ。
18℃。
えっ⁉︎なに、この水風呂…
気持ち良い。非常に気持ち良い。
水風呂苦手な私だが、何分でも入っていられそうな、そんな水風呂。
軟水だから?
軟水ってこんな⁉︎
…素晴らしい!

外気浴できるちょっとしたスペースがあり、そこへ。
気持ち良い。

そして2セット目突入。
外気浴の時、またびっくり!
いつもは1セット目を超えるととのいに出会ったことがない私が、1セット目よりはるかに気持ちが良い。
そして、3セット目はさらに上だったのである。

今日はいつになくととのったな、私。

素晴らしい!ここ、素晴らしい!
来る、絶対また来る!

帰り支度をしている時、壁の向こう側から聞こえてくる男性の声に、
彼と来ていたら、
「Kくん!そろそろあがるよ〜!」とか声かけたりしちゃうのかなぁ?
なんてこと想像しつつ、彼にここ教えてあげよう!
と、車に乗ってからすぐにメールを送った。

「行ってみてぇ」と返信が来た。

続きを読む
26

サウ七

2022.07.07

1回目の訪問

サウナ:8分 × 2
塩サウナ8分×1
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:「お願いがあるんだが」
彼からメールが来た。粗大ゴミを出したいから私の車を出して欲しいということだった。「オッケー!じゃあ近くのスーパー銭湯行かない?サウナあるし…」一か八か言ってみた。すんなり「おっ!行こうぜ」となった。

恋人関係ではない。一方的に私が好きなだけ。
先日初めてサウナにふたりで出かけた。そこで「お前、俺のこと…」と言いかけた彼の言葉を怖くて遮った私。でもその言葉の続きを聞きたくなっていた。
彼のアパートに迎えに行って、用事を済ませ、湯楽の里へ。
1時間半後にロビーで待ち合わせた。

彼に会うため、しっかりお化粧をし髪をセットしたが、全て落とした。洗髪洗体をして岩風呂で温まる。そしていよいよドライサウナへ。80度くらいだがすぐに汗が吹き出てくる。
水風呂…15度くらい。
そして外気浴…毎回1セット目はととのう感覚がすごいな。
彼はどうなんだろう?どんなととのい方するんだろう?あとで聞いてみよう…。

ここの壺風呂が好きだ。
ひとりで入れるってことと、入る時にお湯がザーっとあふれる贅沢な感じ。
しばらく浸かってから、塩サウナへ。

塩サウナは75度くらいかな。
誰もいない。貸し切りだ。
水風呂、外気浴を経てまた壺風呂に入った。

3セット目はドライサウナ。
そして、外気浴をしていた時に「チクッ!」と首筋に痛みが…。ブヨに刺されてしまった!
しばらくして腫れと痒みがきた。

でも今日もととのったな、私。

彼と待ち合わせの時間より少し早かったが、あがって化粧をバッチリした。
もう一つ作戦があったのだ。

今日のサ飯、パンにしない?近くに美味しいパン屋さんがあるのよ。テラスで食べられるし…
「それ、いいな。」
私たちはパン屋さんへ向かった。
カレーパンをうまい、うまいと言って頬張る彼。

「このあとどうする?」まだ一緒にいられるかと少し期待して聞いてみた。

「もう、帰って寝たい気分」と言われた。
こういうツンデレなところがまた、大好きなのだ。

彼をアパートまで送り、彼が家に入っていくのをバックミラーで見届けた。
あの言葉の続きも聞けなかった。
ミラーで自分の姿を見た時、首筋が赤く腫れていた。キスマークに見えた…。

彦星と織姫は出会えるのだろうか…☆

続きを読む

  • サウナ温度 75℃,80℃
  • 水風呂温度 15℃
27

サウ七

2022.06.29

1回目の訪問

水曜サ活

「サウナ行かねぇか」彼からLINEが来た。
ドキドキした。サウナに限らず誘われたのは初めてだった。
彼といっても、私たちはお付き合いしてるわけでははない。趣味のサークルで一緒になり意気投合したがLINEで時々やりとりをする程度の仲だった。ただ私は彼のことが大好きだ。この1年くらいはずーっと彼を想い続けている。彼も気づいているはずだ。
私は追いかける恋愛ばかりしてきた。追いかけるのが良いのだ。
しかし相手にこちらを向かれるととたんに冷めてしまう。
今回誘われたのは飛び上がるほど嬉しいのだけど、少し彼がこちらを向いたのかと思うと複雑だった。

わたしは車で、彼はバイクで現地集合した。
サウナの良さを教えてくれたのは彼だった。「ととのう」ってこういうことだよ。って教えてくれたのも彼だった。
チェックインを済ませて、男湯女湯へ向かう途中彼が「ここのサウナ爆風タイムがあるから気をつけろよ」と言った。
「うん、気をつけるね」って答え、1時間半後に食堂で待ち合わせすることにした。

身体と頭を洗ってまず露天風呂に浸かる。いろんな想いが頭を駆け巡っている。
そしてドライサウナへ。
熱い!温度計80℃…100℃くらいの体感。
5分が限界。水風呂1分。外気浴へ。
長椅子に横たわる…またもやいろんな想いが頭を駆け巡るが、今度は頭がぐるぐる回る…彼も今、ととのっているだろうか…何で誘ってくれたんだろうか…
次はよもぎ塩サウナへ。
こちらは50℃。しかし体感は80℃くらいある。(あくまでもまだまだ初心者の私の感想ですが)
よもぎの香りが落ち着く。天井からポタポタ垂れてくる雫にあたると熱いっ!ってなる。
10分入って、水風呂1分、外気浴。
水風呂に入るといつも、心臓の鼓動が聞こえそうなくらい脈打つ。
外気浴している時に脈を測ってみたら80に落ち着いていた。
3セット目もドライサウナに入り、露天の温泉、室内の炭酸泉など満喫し、あがった。
幸か不幸か爆風タイムには出くわさなかった。
でもととのったな、私。

食堂へ行くと彼はもうオロポを飲んでいた。
私はソフトクリーム(とっても美味しい!)を買って彼のいるテーブルに行ったが、恥ずかしくて向かい合って座ることができず、彼の横に座った。
爆風タイムでやられた!とか露天風呂が気持ち良かった!とか感想を言い合って、帰ることにした。
駐車場で「じゃあね!」と別れる時に彼が「お前さ、俺のこと…」何か言いかけた。咄嗟に「雨降りそうだよ!バイクでしょ?早く帰りな!」って私が言葉を遮るしかなかった、あの時は…。続く…?

続きを読む

  • サウナ温度 50℃,80℃
  • 水風呂温度 14.5℃
34