りゅーえの

2020.12.14

1回目の訪問

休暇をとってUoさんたちとサウナスイートキャビンの1泊旅行に来ました!
10時過ぎにオーパークおごせに到着し、本館のサウナ〜レストラン〜ハンモックを楽しんだ後、チェックイン時間になった瞬間にサウナスイートキャビンへin。

玄関を入ったら正面にテラスがあり、その奥にはバスタブが!ということはここが『サウナを愛でたい』でヒャダインさんが入っていた水風呂か…?ということで早速テンションが上がる!
室内を色々探検すると、玄関から左がリビング、右が寝室&ロフトとトイレとシャワールーム。テラスの左奥にサウナが設置されていて、ありがたいことに入室してすぐにサウナに入れるように、あらかじめ加熱されていました。ただ、バスタブを水風呂代わりに使うため水を張るのに時間がかかり、すぐにはサウナに入れませんでした(短めに見て30分ぐらいかかったはず)。
アメニティはFinlaysonで揃えられていて、フィンランドのテキスタイルを楽しめます。室内の暖炉はパワフルで、外気浴で冷えた身体が暖まります。

しばらく時間をつぶしていたらお腹が空いてきたので先にディナーにすることに。前菜・肉野菜・カレー&ナンがあり、しっかり食べてからサウナへ。

サウナ室に桶とラドルがあるので、まずは取り出して水を汲み、フロントで借りたアロマオイルを垂らす。そしてサウナ室に入り、ロウリュを駆けつけ3杯。ストーブが強力なのか、ロウリュしたアロマ水が一気に蒸発してサウナ室に充満していく。プライベートサウナなのをいいことに、持ち込んだタオルを回して攪拌し、セルフアウフグースを行うことに。サウナ室の温度は92℃ほどで、攪拌すると心地よい熱気が室内に巡り、自分でアウフグースするのもなかなか楽しめる。とはいえ、自分でバスタオルを振っても強い風が送れないし、結構肩や肘への負担が大きい。熱波師の方々への頭が上がりません🙇‍♂️
セルフロウリュしていると心地よい熱さに包まれて、スッキリ汗をかいたら待望の水風呂へ。この時期は水もしっかり冷えていて、外気の気温も考慮して水風呂はサクッと15秒。身体をしっかり拭いてから備え付けのポンチョを着てデッキチェアに腰掛けると、ゆっくりと意識が遠のいていく感じがしました。足の冷えを心配してバスタオルを足に掛けておいたのも功を奏し、全身冷やさずにゆっくり外気浴することができました。暖かく外気浴をできるアイテムとして、ポンチョがとてもありがたかったです。

サウナ室はタイマーが付いているので、寝る前にタイマーを入れて朝ウナできるように備えておきます。セルフロウリュで湿度を上げて、スッキリ汗をかいたあとの朝食なんて考えただけで、明日の朝が楽しみですね🤤

りゅーえのさんのサウナスイートキャビン(オーパークおごせ内)のサ活写真
りゅーえのさんのサウナスイートキャビン(オーパークおごせ内)のサ活写真
りゅーえのさんのサウナスイートキャビン(オーパークおごせ内)のサ活写真
りゅーえのさんのサウナスイートキャビン(オーパークおごせ内)のサ活写真
りゅーえのさんのサウナスイートキャビン(オーパークおごせ内)のサ活写真
りゅーえのさんのサウナスイートキャビン(オーパークおごせ内)のサ活写真

共用

  • サウナ温度 92℃
  • 水風呂温度 14℃
55
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら

サウナグッズ