少年

2022.09.23

1回目の訪問

サウナ飯

前日にサ旅を思いつき、予約が取れたこちらへ。&サウナで見て知っていたので、期待が膨らむ。地下の駐車から、エレベーターで2Fのフロントへ。自動チェックイン機があるが、フロントで受付。駐車場代は1,000円、支払いは謎に自動チェックイン機で行う。部屋は綺麗にリノベされ、ソファーに掛け一休み。窓の外には、遠くに海が見える。しばらくするとゴーっと大きな音が、かなり近くを飛行機が通過して行く。サ室中でも、飛行機音が聞こえる。サ室にタオルがあるとのことで、手ぶらで2Fのサウナスペースへ。カードキーをかざすと、一般的な脱衣所。ロッカーは30程、サ室のキャパも30名程。タオルを携え、いざ浴室へ。入口左に蛇口と製氷機、プラカップも備えられてきる。自前のイオンウォーターを注ぎ、キンキンにして飲む。壁際にシャワースペース、押しボタン式で止まるが、水量&水圧申し分なし。シャレオツなクラシエのアメニティ。真ん中に水風呂4つ、低温・中温の各2つ。寝椅子2脚、アディロンダックチェア2脚。寝椅子の横に、謎のバケツに水が張られている。椅子に掛けるための水か?サ室前に無数のビート板。やっとサ室へ。入って左にハルビアの四角いストーブ、ローリュ用の蛇口がついている。正面に2段、右に6段のL字型。段ごとに、壁に15分の砂時計と、温・湿度計が設置されている。湿度は驚きの85%。ベーシックなフィンランドサウナではない、新たなサウナ体験、こりゃいいや。テレビありだが音小さく、角度によっては視界に入らない。照明は座面・手すり下の間接照明のみで落ち着く。茶色のフカフカのサウナマットもよき。30名入れるところに最大3名と、贅沢過ぎる環境。汗なのか蒸気なのか、体はびしょびしょに。シャワーで汗を流し、冷たい方の水風呂へ。注水具合で、前の方が入ってどれくらい経ったかわかる。キンキンの水シャワーで頭を冷やせば完璧だ。整い椅子でボケーっとすると、頭上のクーラーと製氷器の稼働音と水の注がれる音のみのシンプルな環境。水風呂がぬるいとの意見もあるが、この温度がリラックスを誘う。脱衣所には、上中下3連の扇風機が備えられる。隣接のラウンジには、ソフトドリンクにとどまらず、アルコール(ワイン・焼酎・梅酒・ウイスキー等)、1Fの高級食パンワンカラットさんのパン(クロワッサン・メロンパン・あんバター等)まで置かれる。函館関係の雑誌まで備わり、ダラダラできる。極楽か!フロントにはコーヒーマシンや、入浴剤等のアメニティが用意されている。部屋のテレビはYouTube等も見れ、せっかく函館まで来たのに館内で完結しそうになっている。これから酔い覚ましに近隣を散歩し、寝る前にもう1ラウンド臨もうか。明日は谷地頭温泉を目指す。

少年さんのLC五稜郭ホテルのサ活写真
少年さんのLC五稜郭ホテルのサ活写真

成吉思汗 ジンギスカン 大黒屋 函館五稜郭店

肩ロース他

函館で旭川を満喫、羽釜で炊き上げ、タレを掛けて食す、〆の卵かけご飯が絶品❣️

サウナ飯 supported by のんあるサ飯

  • サウナ温度 58℃
  • 水風呂温度 29℃,18.9℃
48
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら

サウナグッズ