This is sauna

2022.12.29

1回目の訪問

長野・山梨サ旅松本編

冬の休みに仲間たちとサ旅へ。
本当はThe saunaに行きたかったがブームもあってか予約が取れない。

以前、訪問したタビシロサウナが良かったので今回も行こうと考えていたが、どうやら松本市内にはもう一軒プライベートサウナがあることが判明。
これは行かなければ!という思いで予約をとる。
当日は15時の枠であったが、この時期らしく雪が舞っていた。ここは若干山沿いに位置するので天候が変わりやすいのだろう。
外観は古民家風である。駐車場は向かいのガススタの横にあるので注意が必要である。
玄関を開けると、受付が出てくるがサウナグッズに目が行く。これだけでテンション爆上がりである。受付を通ると応接室のような場所に通される。サウナグッズや書籍などがあり、半日は時間を潰せるほどの居心地の良さである。
会計を済ませ、サウナ室に向かう。
プライベートサウナらしくドライヤーやシャワー室など完備されている。バスタブも用意されており、最後に温まることが可能だ。
身体を清めて、いざサ室へ。
入った瞬間、今までに体感したことのない湿度と暑さが出迎える。一瞬で汗がでてくる。温度計はそこまで高くないが作りもあり、体感温度は高く感じる。他の方のレビューでもあるが、コの字型に作られており、座る位置が上段になっている。ハルビアの薪ストーブが見下ろせる高さである。高さもあるので足のつま先まで暖まることができる。
タオルなどで簡易的にアウフグースをすれば熱風が身体を包む。
ロウリュは一回で満足するほどであった。
他の方が精神と時の部屋と例えていたが言い得て妙である。
下界を忘れ、自分と向き合う。これは禅に通じるものがあるのではないか。
しっかりと温まったあとは水風呂である。ゲストハウスの裏手を抜けると現れる。二つバスタブがあるがこの日は気温が低いこともあり、片方が凍結のため使用不可となっていた。
天然のシングル水風呂は中毒性がある。10秒も入っていられないが、何度も入りたくなる。
その後は外気浴である。インフィニティチェアを倒し、見上げると雪で覆われてた木々が見える。雪の寂しさと神秘性を考えているうちに、整ってしまっていた。
2時間はあっという間であった。
冬季は休業する期間もあるそうだが、リピートしたくなる魅力を感じる施設であった。
余談だが、サウナグッズが可愛くTシャツを買いたかったが、あいにく売り切れであった。
次回は絶対に買うぞ!

This is saunaさんのシマシマサウナ・Shimashima Saunaのサ活写真
This is saunaさんのシマシマサウナ・Shimashima Saunaのサ活写真
This is saunaさんのシマシマサウナ・Shimashima Saunaのサ活写真
2
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら

サウナグッズ