マウンテンサウナマン

2022.01.24

3回目の訪問

今は道民割(※1月21日より新規受付停止中)を使えば日帰りよりお得に宿泊できてしまうと知り、初宿泊。
小腹が空いたので近くの「えびそば一幻」へ行くことに。
Googleマップで調べるとかなり近い。ってか徒歩圏内。5分ほど。サウナ前のいい運動だ。
意外と細い路地にあるので初めて行く人は少し迷うかもしれない。駐車場は3、4台しか停められないのでゴールデンタイムに車で行く際は覚悟した方がいい。人気の店なので日によっては結構並ぶ。
とは言え日曜の20時に行ったが意外や意外、あっさりと車を停められ(徒歩圏内の説明なんだったんだ)待ち時間ほぼ無しで入店できた。
店に入ると有名人のサインがびっしり。
これだけいっぱいあると何個かは近所のおっさんのサインでも混じってんじゃないかと疑っちまうがサイン一枚一枚にしっかりと顔写真がある。
それに比べてメニューには写真も無く数行しか書かれてなくいたってシンプル。裏にはこれまたシンプルな飲み物とトッピング、自慢のえびおにぎりとギョーザ。

ラーメンの味は塩、醤油、味噌の3つに
スープが3種から選べる。
甘エビ(正式名ホッコクアカエビ)の風味を使った「そのまま」と豚骨スープをブレンドさせてより味わい深くなった「あじわい」。そしてその中間の「ほどほど」である。
これらを組み合わせると実に9種類のラーメンが楽しめる。さらに細麺、太麺も選ぶと計18種類とあのシンプルなメニューからこれほど多種多様な味を楽しめるのは全国的に見ても、、、まぁ多分結構あるだろう。

今回頼んだのは「あじわい」×「えびみそ」の太麺。やはり味噌といえば太麺だろう。そんな簡単なこと言わせないで欲しい。
やっぱりえびそば専門店。えびの風味と濃厚具合が他のなんちゃってえびそばと違って群を抜いている。数年ぶりに行ったけどやっぱり美味しい。
そこにさらに濃厚な豚骨スープが加わるとくればもう溜まったもんじゃない。大量に使った甘エビ(正式名ホッコクアカエビ)の香りがロウリュしたサウナのように口いっぱいに広がる。ここはフィンランドか?さらに濃厚でとろとろのスープが舌に纏わりついて離れない。人間の生のためにわざわざ犠牲になってしまった甘エビ(正式名ホッコクアカエビ)たちの最後の抵抗である。「わかった!ストップ!STOP!俺の負けだ!!」気付けばそう叫んでいた。

このラーメン屋には甘い想い出(ラーメンはしょっぱい)もいっぱいある。人間は前ばっかり向いていられない。時には後ろも振り返ることもある。だって脆い生き物だから。俺も道を失って振り返りたくなる時が来たら、またここに再訪するだろう。

ん?ああ、サウナ?
最高でしたよ!

マウンテンサウナマンさんのプレミアホテル-CABIN-札幌のサ活写真

  • サウナ温度 88.5℃
  • 水風呂温度 14℃
45
2

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

2022.01.24 21:01
0
私の推しは「えびしおそのまま細麺背脂抜き麺硬め」です。
狂おしいほどのあっさり具合!最高です。
ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら

サウナグッズ