絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する
藤の湯

[ 北海道 ]

サウナ:5-7-7-5
水風呂:1-2-2-1
休憩:3-3-3-3
合計:4セット

一言:
熱いお湯に浸かりたいと思い労働後に笑福の湯へ向かったものの駐車場が満車でご時世ですから蜜を避けなければならない為、さらに西にお湯が熱いと噂の藤の湯さんがあることを思い出し初訪問。
番台は低くて昔ながらの銭湯。
脱衣所には寝台式のマッサージ機みたいのが置いてありました。
浴室正面に副浴槽と主浴槽。灯台のモザイクタイル絵があり趣があります。
左にサウナ室と小ぶりな水風呂が。
無音でノーゲストなので黙々と身を清めた後にバイブラの効いている副浴槽に足を浸ける。
アチーッて!
水圧が強そうなジェットとライオンの口から湯が流れる主浴槽に足を浸ける。
だからアチーッて!
たしかに熱い。サウナの前にボイルするのが習慣なので調子が狂ったがどうせぬるい湿式サウナへ入る。
石のシートでシャワーがついておりギャシャンシューッと何分かおきに蒸気がたつよく銭湯にあるストーブなんですが、シートを流して座る。
アチーッて!!!
尻が熱い。床にすのこが敷いてありシート下のレンガの隙間からも熱気が来るのでふくらはぎが熱い。
天井から落ちる滴も顔を上げるなど蒸気の中で動くと熱い。銭湯の湿式サウナとタカをくくっていた自分が恥ずかしい。
5分程で上がり水風呂へ。身体の火照りをしっかり鎮めてくれる温度で肌あたりも滑らかで気持ちいい。
いい意味で期待を裏切られたど変態なセッティングしかも3セット目まで完全なる貸切ですっかり気分が良くなり4セット重ねて全身あまみまくりで水風呂から出て気持ちが大きくなりもうさっきの熱さも克服できると思って主浴槽へ直行すると後ろからさっき入ってきたおじさんが声をかけている。
深い浴槽に下肢が浸かり振り返ったところやっぱり自分に何か話していると認識したと同時に下肢に刺し込む様な痛みが。
慌てて浴槽から上がると熱いから水で薄めて入らないとダメだと教えてくれました。
よくインターネットでは水で薄めると常連さんに怒られるとか見るのでとか訳のわからない返事をしながらお礼をしてさっき薄めてくれたという副浴槽を勧めてくださったのでバイブラの効いた副浴槽へ浸かり主浴もガンガン水を足してくれたので多分45〜6℃位に落ち着いたお風呂も楽しむことができました。
飛び上がる程熱かった主浴槽は48℃だったようでそれは熱い訳だなぁと思いました。
常連さんとうたた寝している番台さんに感謝を伝え気持ちよく帰宅。
久しぶりにサ活書くくらいインパクトのある銭湯でした♨️

  • 55℃
    15℃
続きを読む
33
サウナリゾートオリエンタル札幌 (センチュリオンホテル&スパ札幌)

[ 北海道 ]

サウナ:10-17(オートロウリュ)
水風呂:1.5-2.5
休憩:10-5
合計:2セット

一言:
最近日帰り開始と聞いて気になっていたこちらへ。
90分700円タオル付。
フロントの方も丁寧で地下の浴室はカードキーで。
脱衣所ロッカーはキーナンバーがバラバラ。
浴室はコンパクト仕切りありの洗い場5席。椅子と桶は木目プリント。ゆったり目な浴槽は人工ラジウム温泉を備えます。42℃くらいで気持ちいい。
サウナ室前にガラスのドアがあり薄暗い非常階段前にととのいスペースと椅子とオットマンのセットと水風呂横にもう1セット。水風呂の表示温度は8.7でしたが多分12〜13℃位。
サ室は最奥にメトスのikiが鎮座しその正面に1人掛け二段。テレビあり。壁が変則的なので入口横に4〜5名席の変則シートで広さの割にシート数が少ないです。
1時間に1回のオートロウリュウの時間に行ったのですが、3人組の賑やかなおじさんがいたのでズラし気味に1セット目は通常時温度湿度とおじさんグループの水風呂浸かり時間チェック。全ては2セット目で最高のタイミングでオートロウリュを当てることに専念しました。
水もキリッと低音を保ち気持ちよく水流も少ないので羽衣が壊れないので長く浸かることができました。天井に謎のグラフィックもあって浸かっているとき眺めてよかったです。
気持ちいいのですがなんせおじさん3人が賑やかでサウナでもサウナ出てもおしゃべりが響き渡り、1セット目の休憩中には水風呂から桶で水汲んで勝手に石に水をかけ「熱い熱い」とはしゃいでいる声が聞こえてきて、ルールを守って利用している自分が馬鹿らしくすら思えてきましたがタイミングが悪かっただけでまあ仕方ないですね。
他人を気にして集中できない己の未熟さを痛感し、2セット目で潔く立ち去ることにしました。
銭湯だとタオルロウリュや床ロウリュは気にならないけどこういう密度が高い場所だとおしゃべりは気になるなと。
設備やアメニティは良いです。
ボディドライヤーみたいのもあって身体乾いた後に気がつきました。
浴室内に水飲み場がないので脱衣所にペットボトル飲料の持ち込みをおすすめします。また浴室前にサービスのデトックスウォーターがあって気が利いてます。

  • 100℃
    12℃
続きを読む
38
大豊湯

[ 北海道 ]

サウナ:10-14
水風呂:3-2
休憩:5-1
合計:2セット

一言:
朝起きて日光浴をしながら月曜日休みでサウナ入ったし週末はサウナ行くしで水曜恒例の議会でも決が取れず労働を終えると雨が降りはじめた。
あそこは水が冷たいと聞いた。夏に水が冷たいというのは魅力的なのでさつき湯へ向け走り出した車は結局大豊湯へ向けてドライブをはじめた。

初訪問です。
家族風呂もありますが、一階の銭湯へ。
入口を潜るとロビーがありフロントでチェックイン。冷蔵庫には細い缶のポカリと大きな900mlのポカリがあり大きなポカリを購入し脱衣所へ。
昔ながらの体重計とセンターに脱衣籠のラックがあり浴室はガラス越しに見えます。
注意書きが多くとにかく下半身を洗う様注意喚起がされていました。
入って右手に桶左手に椅子があり取りに行くのに一手間かかります。
洗い場の奥に主浴槽をセパレートして手前に電気風呂。左手に水風呂と奥にサウナ室のドア。右奥には打たせ湯とバイブラの副浴槽を備えます。
照明は白色の蛍光灯でやや暗めです。
身を清め、ぬるくてゆるい打たせ湯からスタートし電気風呂で離陸。下茹でもほどほどにサウナ室へ。
変則のコの字で最大二段。暖色照明で無音。銭湯サウナにしては珍しくケンコーの12分計が備わっております。
さらに特徴的なのが壁やシート下が赤煉瓦で作られています。
シートの木は水捌けの良くない節材で固め。匂いはさほど感じません。
ストーブは石式で室温82〜90℃とドアの開閉が大きく影響しますが煉瓦の効果で体感温度はさほど影響を受けず奥にあるストーブからの輻射熱と煉瓦から独特な伝導熱により心地よい発汗が得られます。ドアの閉まりが甘いのでやや隙間ができるのが気になりました。
水風呂は二人用で水温は体感15℃付近。夏に嬉しいピンとした水温で特筆すべきは深さです。しっかり全身浸かれます。
塩素臭もなく、浴槽したから水が出るのでオーバーフローもまずまず。
水にゆっくり浸かり脈で上がるタイミングを見極めいい具合で上がりますが休憩迷子になり、1セット目は浴室の椅子で休んでから脱衣所で、2セット目はふと視界に入った激ぬるい打たせ湯へ直行しこれがまた気持ちよかったです。
ここから温冷浴へ切り替え6セットを重ね終了。
脱衣所で完全に水分を拭き上げながらふと壁の上部に目をやると「万歳我らサウナ党」のスローガンが掲げられていました。
こだわりの煉瓦造りのサウナはサウナ党員ならではでなるほどなぁと感じました。

  • 90℃
    15℃
続きを読む
42
奥の湯

[ 北海道 ]

サウナ:8-10-10
水風呂:3-2.5-3
休憩:5-5-5
合計:3セット

一言:
今朝起きた時に空を見て「気持ちはわかるが外気浴は諦めなさい」と天からの啓示を受けました。
したがってさつき湯行こうと思いタイトに労働をこなしていそいそと向かうが駐車スペースがなくふられた。
それならばと卑しく新規開拓に気持ちを切り替え気になっていた奥の湯さんへ。
外装がきれいで入口は男女分かれておりシックな上にアルコールスプレーとビニルシールド対応のフロントでチェックイン後、男湯へ。
脱衣所はフローリング調でベンチやチェアがあります。
そして浴室は入口を背に三方に洗い場があり中央にブラックシリカの主浴槽(42℃)と副浴槽(じっこう湯、ジェット×2、40℃くらい)が連結された楕円形で鎮座し左奥にサウナ室と水風呂とシンプルな作り。
身を清めジェットで下茹でし、いそいそとサウナ室へ。
煉瓦で囲まれたオリンピア遠赤外線ストーブ新・汗・覚で小窓の枠に砂時計が3つ。無音で照明も薄暗く好み。長方形でシートは二段L字に配置されています。
ストーブ正面2段目でグリルし発汗は充分。あと常連さんが話していましたが温度設定高くなったようです。施設情報でサ室85℃とありますが、体感で93℃の湿度低めです。ウレタンマットが備え付けであります。換気はいまいちなのか呼吸がととのえにくかったのと天井が低いからか結構暑く感じます。
水風呂は程よい深さの16℃位。下部から穏やかに水が注がれるのでいつまでもはごろもがこわれずついつい長く浸かってしまいがちな感じです。やや褐色で塩素臭もなくまろやか。上を向いて浸かると全てのセットで天井が流れました。
休憩は常連さんの賑わいを感じつつ椅子で休みましたが水から上がりたてをピークの穏やかな休憩。2と3セットの間に3セット主浴槽を利用して温冷浴をしましたが主浴の水質も絶妙でした。
3セット目でストーブに向けてタオルロウリュする方がいて去年の今頃の自分だったらさぞかし腹を立てただろうなぁなどと思い出し自身の成長を感じられるセッションでした。
清潔感がある良い銭湯でした。
外へ出るとなまあたたかい空気で、しとしと雨が降り対向車のヘッドライトが眩しく運転席で仕上がりをむかえました。

  • 90℃
    16℃
続きを読む
51
温泉銭湯 夢元(ゆもと) さぎり湯

[ 北海道 ]

サウナ:9-15(途中マット交換の為)
水風呂:2-1.5
休憩:5-5
合計:2セット

一言:
白老でキャンプ後に虎杖浜温泉と迷った末初訪問。
以前から噂はきいており脱衣所から気分は高揚していました。
温泉銭湯なので備付けのシャンプー等はありません。
洗い場は清掃が行き届いており気分良く身を清められます。床材も滑りにくいタイルで良いです。
下茹で温泉に浸かりましたがすごく滑らかな乙一号泉サッとした肌あたりの目の湯の二種が堪能できます。
サウナは石式で無音。12分計と砂時計を備えマットは湿気を逃す使用。
室内の湿度が良く木張りなので輻射熱が良く下茹でが良かったこともあり発汗は抜群に良かったです。
水風呂もゆったりしており天然水掛け流しの体感15℃位で肌の当たりが絶妙。温度も良いが水質が素晴らしい。
水風呂横の椅子に座ってしばし放心。
2セット目は8分過ぎにマット交換があり、ドアを開放して交換する為、水を我慢して再入室しストーブ正面二段目を確保するも温度不足で立つなどして調整しました。
仕上げに温泉を利用した温冷浴を繰り返し着地もビタビタ。
上がって温泉卵をいただきましたがこれまたうまい☺️
また2時間は入りたい施設でした。
すばらしい!

  • 92℃
    15.4℃
続きを読む
45
旭温泉

[ 北海道 ]

サウナ:10-12
水風呂:3-2
休憩:10-5
合計:2セット

一言:
稚内を発ち札幌へ向かう途中で身体を清めたくなり道北に向かいながら余力があれば行きたかったこちらへ訪問。
オロロンラインから山へ6km入るとポツンと温泉があります。ただならぬ雰囲気が気分を高揚させてきます。
JAFカードで割引を受けて廊下を歩いて新たになっている浴室へ。
シンプルな脱衣所は清掃も行き届いており、綿棒と冷水機が備えつけられています。
浴室は和風風呂(洋風もあるそうです)で小ぶりながら採光窓が大きく圧迫感はないです。シンプルな浅めと深めの旭の湯と露天では富士見の湯という二種の温泉が楽しめます。サウナ室と小さな水風呂というシンプルな配置。
時間の都合で75分の入浴時間だったので身を清め浅めの内湯でアイドリング後サウナへ。
薄暗く暖色の照明と年季の入った縮んだ木張りの室内は乾燥した白銀荘のヒバ材に似た香り。石式のストーブは珍しいクレピオン社製!熱がよく伝わり湿度は低めながら体感で95℃くらいで温泉効果なのか恥ずかしい位汗がドバドバです。今年の頭くらいまでセルフロウリュできた様ですが、できなくても充分あたたまります。
水風呂は13℃位。手動で水量可能な為、サウナ前に蛇口を開けておくとチンチンです。とても水質が良く肌触りがまろやかで、崩れない羽衣がきもち良くて1セット目で久しぶりに浸かりすぎました。
露天へ直行してベンチに腰を下ろし霧雨が降り注ぐなか曇天の視界を遮る物のない森を眺めると鳥のさえずりや小川のせせらぎに包まれ極上のリラックス感がありました。森は迫って来るし目を瞑ると斜め軸に歪むというか凄かったですね。それでいて肌を霧雨が静かに治めてくれるというか素晴らしい体験でした(昇天)。
だらだら書いてもあれなので割愛しますが2セット目は貸切だったので長座位で寛ぎながら汗を流し水風呂で鎮め外で雨足が強くなった為、露天風呂から交互浴を20分。
明日からもまた労働に勤しめそうです。
お世話になりました!
温浴施設は数字や文字だけではわからないので楽しい部分が多いというシンプルなことを再確認できる素晴らしい施設でした。

  • 95℃
    13℃
続きを読む
51