絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

杉並バイブラー

2022.11.21

2回目の訪問

サウナ飯

ウェルビー福岡

[ 福岡県 ]

朝サウナもしっかり満喫。朝食もいただきました。

朝食

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 20℃
36

杉並バイブラー

2022.11.20

1回目の訪問

歩いてサウナ

ウェルビー福岡

[ 福岡県 ]

ウェルビー福岡
ヘルスイン長尾湯を出てさらに福岡中心街へ。さっきまで真っ暗な山の中にいたのに、ここまでくれば街の明かりが眩しいほど。商業施設も立ち並び、若者が談笑しながら歩く様は東京とさほど変わらない。立体駐車場に車を停めて荷物を持ち向かったのは本日のお宿、ウェルビー福岡。ウェルビー系列では神田のSAUNA LABに行ったことがあるが、ウェルビー自体は実は初めての訪問だ。同ビルの1階が女性専用のSAUNA LABになっており、2階がウェルビーになっている。

オシャレなSAUNA LABに比べれば、ウェルビーはどこか親父くさいイメージがあったが、それは受付を訪れた瞬間に打ち砕かれた。北欧を思わせるような雰囲気は、変に凝りすぎてなくていい。そして、なんとチェックインは機械でのセルフ式。サウナサンのように昔ながらの受付のイメージがあったが、実はその辺りも先進的なのだ。

ロッカーは木製の縦長式。たしか神戸サウナに行った時も同じようなものだったなぁ。そういえばどことなく雰囲気も似ている気がする。館内を散策してみると、同じ2階には、これまた北欧風な休憩室とコワーキングスペースが。リクライニングチェアやキャンプチェアが並べられていたり、個室にもなるワーキングスペースもあり、とても充実している。その隣にはレストラン。そして他にも、暗くなっている寝転びスペースなど、設備は十分!地下一階がカプセルフロアになっている。

ここで一旦夕食を食べに外出。ふらっと居酒屋に入って、福岡名物を食べながら軽く飲みたいな〜と思っていたが、日曜日は営業していない店も多く、結局とんこつラーメンと餃子、そして芋の水割りを一杯だけ飲んでおしまいにしておいた。

そして再びウェルビーに帰ってきて、ついに浴室へ!扉をくぐると、いくつかの木製の扉と白い?灰色?の岩山が中央にあった。奥に進むと洗い場があるので、そこでまずは身体を清める。その後まずは一番奥の扉を開くと、急に目の前に水風呂が現れた!え、でもこれサウナ室ですよね!?そうなんです、サウナ室の中に水風呂があるのだ。たしかに噂では聞いていたが、せいぜい足湯ぐらいなもんだと鷹を括っていた。しっかり肩まで浸かり、足を伸ばせるほどのサイズの水風呂だった。その横には座面があり、セルフロウリュ可能なストーブがある、なんとも異様な光景だ。アロマの香るサウナを楽しんだ後、掛水をして水風呂へ。サウナ室の熱気のせいか、足を入れた瞬間は一瞬お風呂かと錯覚するも、すぐに冷たさがやってくる不思議な感覚。水温は20℃ほど。頭はずっと熱い状態なので、上がった後には水を頭からかぶった。

歩いた距離 0.2km

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 5℃
18

杉並バイブラー

2022.11.20

1回目の訪問

ヘルスイン長尾湯
すでに時間は18時を過ぎ、すっかり暗くなってきた。特に山道は街灯もなく、車を走らせるにはちょっと怖い。那珂川清竜から車を走らせ30分。福岡の中心街から程近い場所にやってきた。目的地は「ヘルスイン長尾湯」。今回の旅ではじめての一般公衆浴場だ。一回部分が駐車場になっている。こちらに車を停めて、階段で2階へ。下駄箱に靴をしまい下足札を受付に預ける。サウナ込みで600円を支払い、サウナ用の黄色いバンドを受け取る。

金属製のロッカーに荷物をしまい、浴室へ。右手にカランがあり、固定のシャワー付きのところもある。身体を清めたら左側の主浴槽へ。かなり深さがあり、しかもお湯はかなりの熱さだ!43℃ぐらいある気がする。一瞬怯むぐらいであったが、後ろに人が待っていたので、エイヤッで一気に入る。深さも腰あたりまであり、膝立ちでちょうど肩まで浸かることができるほどだ。その隣には電気湯、そしてその隣には寝湯がある。この寝湯がかなり入り心地が良く、ちょうどお尻部分に出っ張りがあり、これがストッパーとなって体がずれ落ちるのを支えてくれる。さらに頭付近には銀色のもたれかかることができる枕もある。ジェットと浴槽に敷き詰められた丸いタイルが心地いい。ちなみに浴室内には富士山がたくさん!男湯と女湯の入口上にひとつずつ、そして奥の壁面には女湯までつながった富士山の絵が一枚。九州でもやはり富士山の絵なんですね〜

サウナは2つ。ひとつはスチームサウナで、もの凄いモクモク具合。特に薬草などの設置はないが、かなりの熱くこれほどのスチームが追加料金なしで楽しめるのは嬉しい。もうひとつのドライサウナは、サウナ料金を払ったお客さんのみ。サウナは2段構成でこれまたオリンピア製の遠赤ガスストーブ。ストーブ横に置かれたサウナマットを使うのがルール。しかし、その仕組みをわからなかった私は、そこらへんに放置された、恐らく使用済みのサウナマットを使ってしまった。気づいた時にはもう遅かった。。

サウナ室内でのテレビではバンキシャが流れていた。バンキシャでは、いよいよ開幕となるワールドカップについての話題。中東では初開催となる今大会では、イスラム国家であるが故の現地での注意点などが取り上げられていた。他のお客さんもテレビに夢中。集中しているとあっという間に時間が経っているもので、すっかり汗びっしょり!サウナマットはさっき置いてあったようにサウナ室の端っこに置いておいた。

汗を洗い流し水風呂へ。こちらもなかなかの深さがあり、なおかつちゃんと冷たい!いやぁーーやっぱり銭湯のサウナと水風呂はおちつくなぁ〜と思いながらぼーっとしていると、

続きを読む

  • サウナ温度 50℃,90℃
  • 水風呂温度 15℃
29

杉並バイブラー

2022.11.20

1回目の訪問

那珂川清滝

[ 福岡県 ]

那珂川清竜
あおき温泉を後にした後はおやつを買いに。またもや松本湯の常連さんに教えていただいたお店で、肉まんが美味しいとのこと。大通りに面しているそのお店は、ひっそりと看板を掲げており、ロゴマークは日系の飛行機会社J◯Lのよう。並べられている商品を見ると、肉まんがない。。!!店員さんに「肉まんはもう売り切れてしまったのでしょうか。。?」と残念そうに聞くと、「まだあと9個ありますよ!温かくしてあります」と優しく教えてくれた。温かい肉まんと甘酒まんじゅうを購入してみた!ビニールに包まれた珍しい肉まんで、まるで炊き立ての温泉饅頭のようだ。小ぶりながらも中身はぎっしり!肉まんは玉ねぎの甘みを感じながらも、生姜の味もしっかりしており、個人的に好きな味だ。甘酒まんじゅうもあんがしっかり美味しく、デザートにぴったり!今日ご飯たべすぎなんじゃないでしょうか。。

さて、腹ごしらえをしつつ約1時間のドライブ。途中から箱根の山を越えるかのようなくねくね道を越えて、辿り着いたのは那珂川清竜。山奥の和風スーパー銭湯とうい感じ。日曜日ということもありファミリー客が多く、大変な賑わいを見せていた。

続きを読む

  • サウナ温度 92℃
  • 水風呂温度 18℃
24

杉並バイブラー

2022.11.20

1回目の訪問

あおき温泉
こもれびのあと、川沿いのうなぎ屋さんへ。行ってみてびっくり。まさかこんな田んぼの真ん中のお店でお客さんが順番待ちしているなんて!私はちょうど100番。呼ばれるまであと20組。サウナ以外で待つなんて久々!でも順番待ち耐性はあるので、全然余裕です!回転も良く結局30分ほどで入店できたと思う。
セイロ蒸し特上を注文。

うなぎ屋さんから車で20分ほど運転して、同じく松本湯の常連さんに紹介いただいた「あおき温泉」へ。
店前の大きな看板には源泉100%の天然温泉、と書いてある。これは期待だ!

浴室入り口横の棚にはサウナマットが山積みにしてある。大量のサウナマットからも、多くのお客さんがサウナを利用することが予想できる。
左手に洗い場、右側と奥に湯船がある。天然温泉はかなり濃い黄色をしている。このアルカリ性の天然温泉は、またもやヌルっとする肌触り。昨日今日でかなりの数の温泉に浸かってきたが、そろそろ肌が溶け出してくるのではないかと思うほど。
サウナはこれまたオリンピア製の遠赤ガスストーブ。3段構成だが、1段目は足置きほどの高さだ。ちょっと汗臭さを感じるが、じわりじわりと汗をかく独特の熱さだ。

サウナを出てすぐ隣の水風呂へ。水温計はないが16,7℃ほどだろうか。そして壁には気になる緑のボタンが。目の前にボタンがあれば押さずにはいられない、これが人間の性ではないか。躊躇することなく気づいたらすでに押していた。すると給水のパイプから水が追加された。ぬるくなったり水位が下がったりしたら、このボタンを押して給水するシステムのようだ。マニュアルだか、こうして自分で給水するのも、何か一つのアトラク

続きを読む

  • サウナ温度 84℃
  • 水風呂温度 20℃
24

杉並バイブラー

2022.11.20

1回目の訪問

佐賀の湯処 こもれび
武雄温泉鷺乃湯を出て、車で約50分。次に向かうのは佐賀県の人気スーパー銭湯、佐賀の湯処こもれび。こもれびのように、やさしくあたたかく。近隣の皆様の新たな憩いの場となるよう想いをこめて、名付けられたこの施設は、源泉かけ流しの多彩なお風呂と家族湯、国内最大規模のサウナ、本格的なレストランを備えた温浴施設だ。
炭酸泉など全8種の多彩なお風呂、そしてくつろぎスペースのある家族湯が全5室もあるというのだから驚きだ。

早速男湯へと向かうと、佐賀モダンをモチーフにしたという竹林が見える露天風呂や内湯、黒をベースにした落ち着いたシックな内装で仕上げたくつろぎ空間が広がっていた。炭酸泉には赤ワインの入浴剤も入れられており、これまた贅沢だ。

露天の竹見の湯と名付けられた掛け流しの温泉は、炭酸水素塩泉というアルカリ性の性質をもつ温泉で、 なかでもナトリウム炭酸水素塩泉は皮膚表面を柔らかくするため 皮膚病や火傷、切り傷に良いとされているようだ。少し黄色がかっており、トロトロとしたお湯が石けんのように肌の汚れを洗い流し 肌がすべすべになるため、「美肌の湯」と呼ばれている。

一通りお風呂を満喫した後はサウナへ。男性サウナは「ISOサウナ」と名付けられている。ISOとはフィンランド語で大きいを意味する言葉。その名の通りサウナ室はとても大きく、ikiストーブを囲むように3段の座面が配置されている。でもikiだけじゃこの広さ温めきれないよな、、と思いキョロキョロしていると、3段目の背後にスペースを発見!下を覗いてみると、3台のストーブが並んでいるのが見えた。よくよくみると天井にも金属の天板が設置してあった。そしてサウナ室には大きなプロジェクターがふたつ。毎週水曜日と日曜日は瞑想サウナを開催しており、暗い空間の中、宇宙の映像が流されていた。

突然天井の送風機が動き始めた。送風機といってもパンカールーバーのようなピンポイントのものではなく、オフィスのエアコンのような天井に埋め込まれた横に長いもの。するとikiストーブがライトアップされ、勢いよくロウリュが!同時に背後ストーブにもロウリュがされたようで、送風機によりサウナ室全体に蒸気が満ち溢れていく。これだけ大きく天井が高いサウナ室で、こんなにしっかり汗をかけると思っていなくてびっくり。二重扉になっているもの外の扉が開け放たれていたのだ、余計に心配していたが、そんな心配は無用だったようだ。。

サウナ後は外の大きな水風呂へ。深さもある17℃の水風呂は、他の人と重なることもなく快適。その後はインフィニティチェアが並べられたエリアへ。

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 17℃
24

杉並バイブラー

2022.11.20

1回目の訪問

武雄温泉 鷺乃湯
サウナサンでしっかりモーニングもいただきまして、九州サウナ旅2日目出発!まずはサウナサン近くのクレーマーコーヒーへコーヒー豆を買いに。前回岐阜へサウナ旅に行った時、飛騨のイーグルコーヒーという地元の焙煎所でコーヒー豆とアイスコーヒーを購入。とてもステキなコーヒー屋さんだったので、今回もローカルなお店を訪れてみようと思いまして!しかし、行ってみたらやっていない。。臨時休業中なのかな。。残念だけど、サウナ旅は始まったばかり!また他の場所でコーヒー屋さんに行ってみればいいさ!

気を取りなおして、運転すること30分ちょっと。長崎県を出て、昨日も通った有田エリアを経由。途中有田焼のお店をいくつも通ってきた。そして到着したのが武雄市の武雄温泉。国重要文化財である朱色の建物がシンボル。朝から多くのお客さんが訪れており、すでに駐車場はほぼ満車状態。観光バスでくる団体さんもいるようだ。重要文化財の建物の作り的にはどこか西洋の雰囲気も感じる。そしてその隣にある鷺乃湯が今回の目的地。白鷺の如く真っ白な建物で、瓦屋根の蔵のような外見。しかし中に入ると茶色の装飾や縁が、なんとも洋館のよう。同じ敷地内には他にもいくつか武雄温泉を楽しめるお風呂があるのだが、サウナがあるのは唯一鷺乃湯だけ。ちなみにサウナで有名な御船山楽園ホテルらかんの湯も、同じ武雄市に位置している。らかんの湯にも行きたかったが、どうせなら宿泊で訪れたいと思い、またの機会に。

券売機でチケットを購入し、男湯のある2階へ。着替えを済ませて浴室へ。右手の洗い場で身体を流す。するとまたもや塩味感。。まさかここもシャワーから温泉が出ているのか!?この辺りはすごいなぁ。。そして若干のヌルヌル感。たしかに有田町からもそう遠くないので、似たような泉質である可能性はある。

湯船に浸かってみると、ヌルヌル有田温泉ほどではないが、適度にサラッとしたヌルヌル具合。ちなみにヌルヌル有田温泉はヌメッとしたヌルヌル具合だ。透明なお風呂で、太陽に照らされキラキラと光る水面が美しい。

お風呂を満喫したら、今度はサウナへ。サウナは2段構成で遠赤ガスストーブ。和多屋別荘と同じくオリンピア製のガスストーブで、サウナ室内の温度はそんなに高くないが、ジリジリと汗が出てくる。サウナ室を出てすぐ右手に2名ほどが入れるサイズの水風呂。20℃ほどでゆっくり浸かることができ、こちらもどうやら温泉になっているようだ。心地よい水温に思わず声が出てしまうほどの気持ちよさ。

休憩は露天スペースのベンチで。日当たりがとてもよく、ゴロっと横になって日光浴。

続きを読む

  • サウナ温度 94℃
  • 水風呂温度 20℃
20
サウナサン

[ 長崎県 ]

翌朝も朝からサウナ!昨夜に比べて常連さんのコミュニケーションがよく見られた。そしてモーニングにはふわっふわのパンとハムエッグのセットをオーダー。食堂のおばちゃんが作ってくれるあたたかみのある食事も本当に最高でした!長崎県からはこれで出てしまうけれど、ぜひまた来たいサウナサン!!

モーニングA

続きを読む

  • サウナ温度 55℃,94℃
  • 水風呂温度 13.3℃
26
サウナサン

[ 長崎県 ]

サウナサン
さて、すっかりヌルヌルにまみれた後は、いよいよ本日の宿泊先、長崎県佐世保市へ。ヌルヌル有田温泉からは約30分。いまのところ30分以上のドライブばかり。やはり県を跨ぐ移動は時間がかかる。宿泊先提携の駐車場に車を停め、ついに到着「サウナサン」!!佐世保が誇る名物サウナ!24時間営業で、夜の宿泊の場合はカプセルホテルへ。

受付でカプセル宿泊の旨を伝えると、3階と4階があるとのこと。3階はつい最近カプセルを改装したばかりのようで、4階よりも1,000円ほど高い。普段だったら3階を選んでいたかもしれないが、今回かなりの出費になる予定であるため、極力節約。4階のカプセルに宿泊することにした。ロッカーに荷物をしまい、早速1階のサウナへ。浴室前の棚には〇〇中という形で、各地の中学校の名前が書いてある。私は旭川中にしてみた。

浴室内に入ると爽やかな香りが広がる。その正体は主浴槽の薬湯のようだ。この日は檜の香りのようで、爽やかなブルーのお風呂が涼しげだ。右手のカランで身体を清め、まずは檜の香りのお湯でゆっくり。その後左手にあるサウナへGo!広い段差が4段あるサウナ室。大きなストーブの上には大量のストーンが置かれている。老舗サウナあるあるの座面のところの壁面にはカーペットが貼ってあり、サウナマットもふかふか!これだけでもう気持ちいい!!

さらに気になるのが、サウナの上にある天板だ。普通は平たい一枚の金属板なのだが、一般的なものよりかなり分厚く、吊り下げてあるチェーンも相当な太さ。そしてしっかり座面の方に熱が回るように、角度をつけてある。サウナ室内の形にピッタリフィットした特注品なのかもしれない。。さらに天板に開けられた穴からはオートロウリュの予感。

他にもこだわりは随所に見られ、サウナ室左手の窓はピッカピカ!!水はねがひとつもない!気持ちいいぐらい浴室の様子がよく見えるのだ。さらに、なんかちょろちょろ音が聞こえるなと思ったら、テレビの目の前にはなんと足湯スペースが。。!!サウナ室内で熱いお湯に足をつける。なんとも斬新な体験だった。

室内が乾燥しているのか、サウナに入りすぎたからかわからないが、汗が出にくい。それでもすっかり体は熱々で、満を持して水風呂へ。キレのある15℃の水風呂には炭を入れている効果もありなめらかだ。その後は薬草ミストサウナへ。室内はモクモクでかなりの熱さ。天井から落ちてくる水滴も激熱だ。薬草のとてもいい香りに満たされていい気分。浴室に入った時に感じた香りは、こちらの薬草スチームだったのかもしれない。ちなみに月曜火曜は、あのプレジの薬草レシピを再現した「プレジス」を実施中だ。

歩いた距離 0.2km

かた焼きそば

続きを読む

  • サウナ温度 55℃,94℃
  • 水風呂温度 15℃
11

杉並バイブラー

2022.11.19

1回目の訪問

和多屋別荘を出て車で下道を30分。街灯もなく、相変わらず霧がすごい。ちょっとこわいなぁ〜と思いながら安全運転。そして到着したのは「ヌルヌル有田温泉」。完全に名前で選びました笑。施設の名前にヌルヌルってつけちゃうほどなんだから、よっぽどヌルヌルなんだろうと!楽しみにしておりました!

少し奥まったところにひっそりと木造の建物が。これこそがヌルヌル有田温泉なのだ。建物内に入り、券売機でチケットを購入。受付にチケットを渡して脱衣所へ。金属製のロッカーに服をしまい、いざ浴室へ!

浴室の床もヌルヌルしてるかな、と思いきや、床は大丈夫そうだ。椅子に座りシャワーで身体を流す。すると、ん?気のせいか。またもやシャワーから出てくるお湯が少ししょっぱい気が。。でも和多屋で感じたほどではないし、シャワーだからかヌルヌル感もそんなにない。

身体を清めたら湯船へ。内湯の湯船は広々としており、バイブラつき。入った瞬間にヌルッとした感じが!その後肌を撫でてみると、すっかりヌルヌルに!!これこれ!このヌルヌルを求めていた!!しっとりとかそういうレベルではなく、粘り気さえ出てきそうなヌルヌル具合。温泉名を見てみると、古くは重曹温泉とも呼ばれていたようで、たしかに重曹系だとヌルヌルするイメージがある。しかしこんなにヌルヌルしているのは初めてだ!

温まった後は露天を経由してサウナ室へ。こちらも二重扉になっており、寒さ対策はバッチリ!2段構成で遠赤ガスストーブが置かれている。サウナマットがないせいか、汗臭さは否めない。座面に置いてあるタオルで、自分の汗を拭き上げるのがローカルルールのようだ。サウナ室内ではラジオが流れる。いきものがかりの曲がかかっていた。

サウナで汗を流した後は、外にある大きな冷鉱泉でクールダウン。20℃ほどだろうか。キンキンではないため、この季節でもゆっくり身体を冷ますことができる。水温的に、温冷交代浴でも気持ちよく浸かることができるだろう。こちらももちろんヌルヌル。水風呂がヌルヌルなのは初めて!掃除されていなくてヌルヌルなのは嫌だが、温泉成分によりヌルヌルしているのはウェルカムだ。

最後にシャワーを浴びて出ようと思ったら、やはりヌルヌルする!!あとで女将さんに聞いたら、シャワーのお湯も温泉だそうだ。配管までヌルヌルなのかな。。とおもいながら、ロビーのソファで休憩。すると隣で何かが動いたきが。。よくよく見たは猫が寝ているではないか!!隣に座っているのに全く気にする素振りがない。途中で目を覚ましたようなので、そっと手を近づけてみたら、素直に撫でさせてくれた。

続きを読む

  • サウナ温度 87℃
  • 水風呂温度 20℃
15

杉並バイブラー

2022.11.19

1回目の訪問

天拝の郷を出て車で1時間半、次に目指すのは早くも福岡県を飛び出して佐賀県の「和多屋別荘」。すでにこの時時刻は17時を過ぎ、あたりはすっかり真っ暗に。それに加えて、なんか霧も出てきた。高速道路には街灯がなく、真っ暗で霧が漂う中、ひたすら真っ直ぐの道を運転する。するとふと、お腹がへっていることに気づく。そういえば、飛行機離陸前、12時前に空港のリンガーハットで、ちゃんぽんを食べたきりだっけ。そして目の前にはSAまで2kmの標識が!これは寄らぬわけにはいくまい!と迷わずピットイン。金立SAのフードコートでメニューを見ていると、見た目は大盛軒の鉄板麺のような、その名もビーフバター焼きなるメニューが。頼んでみると、湯気をモクモクさせて鉄板に乗っかったバター焼きが到着!天板の上にパスタが乗せられ、そしてその上にビーフが。こりゃもう鉄板麺じゃん!!濃いめの味付けがご飯に合う合う、、、

そんな寄り道をしながら、和多屋別荘に到着。どうやらこの辺りは温泉街のようで、他にも旅館や風俗店などが並んでいた。建物の外見はよくある年季の入った旅館だが、エントランスはすっかりリニューアルされたのか、おしゃれ!さらに館内にもところどころに和風のモニュメントが設置されて、すっかり高尚な空間に。さらにピエールエルメやお香屋さんなど、おしゃれなお店が館内に並ぶ。そしてここ佐賀嬉野といえばお茶だ。ステキなパッケージに包まれたお茶も魅力的。とんでもないですステキ旅館に来てしまったものだ。

日帰り入浴は1,000円。タオルセットを受け取って脱衣所へ向かう。脱衣所や浴室はリニューアル前のままのようで、年季が入っている様子。シャワーで身体を洗っていると、なんだかしょっぱさが、、これはまさか、シャワーも温泉のパターンか!?配管とかすぐダメになっちゃわないかなぁーと心配も、なんだか温泉で身体を流すなんて贅沢な気分。

湯船はプールのような水色のタイルが張られた大きな浴槽、そして奥には檜の浴槽もある。大きな石製のタンクのようなところから、溢れ出た温泉が湯船に注がれるようになっているのだが、ひび割れているのかいろんなところからお湯噴き出ている。これはこれで芸術点高めで面白い。

さてサウナは2段構成のガスの遠赤ストーブ。定員4名ほどの小さなサウナで、年季のせいか少し香ばしい香りがする。コンフォートサウナのように温度は低いが汗が出るような気がした。サウナの目の前には2名が入れるほどの水風呂が。こちらは16℃ほど。コンパクトな水風呂を独り占めっていうのも、案外好きです。

休憩は外のすのこの上で。目の前には塩田川が流れ、向かいにも温泉宿が並ぶ。露天には岩風呂も設置。

続きを読む

  • サウナ温度 85℃
  • 水風呂温度 18℃
14

杉並バイブラー

2022.11.19

1回目の訪問

福岡にやってきました。久々の飛行機。それだけでワクワク。全国旅行支援を利用して予約!しかし直前にトラブル発生!急遽朝の便に乗れないことが3日前に判明。パックでの予約だったので便も変えられず、いまから予約取り直してもキャンセル料がかかってしまうので、結局違う便を取ることに。しかしそうすると、権利放棄とかなんとかで、旅行支援適用外になるとのこと。まぁ致し方なし。せっかく楽しみにしていたんだから!!

そんなトラブルを経てついにやってきたのだ。最初に向かうは筑紫野の天拝の郷。熱波師の柴田さんが以前所属していた施設だ。空港から車で向かうこと30分。坂を登ってたどり着いた。円盤のような屋根が特徴的な建物。中に入り、奥の入浴受付でチケットを購入。

脱衣所は畳張りで肌触り良し。浴室に入るとこれまた特徴的な形をしている。てっぺんに九角形の天窓があり、それぞれの角から柱が伸びており、ドームのような形をしている。さらに天井のうち4/9は木張りになっており、温かみのある雰囲気。残る5/9はガラス張りで開放的な雰囲気となっている。浴室の手前側が木張りになっており、壁沿いにカランが並ぶ。そしてガラス張り側には内湯が設置してある。大きな主浴槽、その隣には35℃のぬる湯、さらに左手壁沿いにはマッサージバスが並ぶ。

そして右手にサウナがある。入口が二つあり、どちらも入口上にはしめ縄が飾ってあった。まず最初に入ったのは「さうな鎮守の社」。入り口から下っていくように3段の座面が設置してある。レッドシダーを使用しているといサウナ室内は、香りこそすでに消えてしまっていたが、消臭効果のせいか、嫌な匂いは全くしない。そして木材の木目と色の違い、さらにあえて段差をつけることにより、モザイクアートのようにも見えた。
さらに正面左には何か祀ってあるようなオブジェが置いてあった。テレビを挟んで右側にはメトス製の電気ストーブ。本来はストーンを置けるようになっていないが、ストーブの上に金属製のラックを設置し、その上の鉄板にストーンを置いていた。暗い空間で、しっかり汗をかくことができた。

さらにもう一つのサウナ室には「さうな天満宮」と書かれている。こちらはメトスのikiストーブが祀られてあり、セルフロウリュができるようになっている。座面は一段構成だが、低い足おき台が設置してある。天井も低く、ロウリュ後の蒸気がしっかりと体を温めてくれる。さらにストーブ後ろには梅のモザイクアートが。藤原道真が何度も訪れ天を拝したことから名付けられた天拝山の様子が描かれているようだ。

サウナの目の前には水風呂。16℃の水風呂は水流がなく、羽衣を纏いながら、ゆっくり身体を冷ますこ

続きを読む

  • サウナ温度 98℃,85℃
  • 水風呂温度 16℃
17

杉並バイブラー

2022.11.17

51回目の訪問

歩いてサウナ

清春湯

[ 東京都 ]

今日はワールドカップ前最後の試合。でも今日は走ってから清春湯へ行くと決めていましたので!!

走り終わって帰ってきたら、ちょうど前半が終わるところ。ふむ、相馬が入れたのか。ハイライトを確認してから清春湯へ。身体を洗って風呂で温まってサウナに入るとテレビではさっかーをやっていた!今日の試合はNHKだから、チャンネルどうなってるかなぁ〜と気にしていたが、流石に今日はサッカー流してたか!

この時すでに後半20分過ぎ。サウナではみんなサッカーに釘付けで、なかなか席を離れようとしない。タイミングを間違えば、2人定員の水風呂には入れない。そう、サッカーと同じで相手がいない裏へ抜け出す動きが必要なのだ。

だいたいプレーの切れ目でサウナ室を出る人が多い。あえてそこでサウナ室を出ることなく、その人たちが水風呂から出た頃を見計らって出るようにする。

しかしのんびりはしていられない。あっという間に残り時間が少なくなる。休憩をしていたら試合がおわってしまう。そこで、休憩をすっ飛ばし、水風呂上がりにそのままサウナ室へ。終了間際に吉田麻也を投入し、3-4-3の布陣を試すように、私もサウナ8分水風呂0.5分休憩0分の8-0.5-0の布陣で挑む。

そして最後の最後、なんとカナダにPKを与えてしまう。サウナ室ではため息が漏れる。きっとPKが決まった瞬間にみんなサウナ室から出るのだろうと、PKを見届けることなくサウナ室を後にした。そう、マンUのロナウドが試合終了を待たずにピッチを後にしたように。。こんなことをした私はきっとサウナ日本代表から干されてしまうのだろう。いや、そんなことよりも水風呂と外気浴を満喫できる方がいいや。。

たまにはスポーツを観戦しながらのサウナも楽しいなと、思った次第でございました。おしまい。

歩いた距離 0.4km

続きを読む

  • サウナ温度 92℃
  • 水風呂温度 10℃
22

杉並バイブラー

2022.11.15

205回目の訪問

歩いてサウナ

松本湯

[ 東京都 ]

チェックイン

歩いた距離 2.5km

続きを読む

  • サウナ温度 98℃
  • 水風呂温度 28℃,16℃

杉並バイブラー

2022.11.14

204回目の訪問

歩いてサウナ

松本湯

[ 東京都 ]

チェックイン

歩いた距離 2.5km

続きを読む

  • サウナ温度 96℃
  • 水風呂温度 28℃,16℃

杉並バイブラー

2022.11.12

10回目の訪問

6時に起きて朝風呂へ!朝からイズネスのサウナでアロマロウリュ!!朝サウナは本当に人気ですな!

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 16℃
7

杉並バイブラー

2022.11.11

9回目の訪問

恒例のゴルフ前日の前乗りハレニワ。サウナがリニューアルされ、さらに露天にはサムライサウナが!外気の影響でぬるめの室内ではあったものの、薄暗い中でじっくり汗を流すのも悪くない。より楽しみの増えたハレニワ、益々大好きな施設になりました!

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 16℃
4
松本湯

[ 東京都 ]

チェックイン

歩いた距離 2.5km

続きを読む

  • サウナ温度 104℃
  • 水風呂温度 28℃,16℃

杉並バイブラー

2022.11.08

202回目の訪問

歩いてサウナ

松本湯

[ 東京都 ]

チェックイン

歩いた距離 2.5km

続きを読む

  • サウナ温度 98℃
  • 水風呂温度 28℃,16℃

杉並バイブラー

2022.11.06

201回目の訪問

歩いてサウナ

松本湯

[ 東京都 ]

チェックイン

歩いた距離 2.5km

続きを読む

  • サウナ温度 98℃
  • 水風呂温度 28℃,16℃