2019.08.07 登録

  • サウナ歴 3年 2ヶ月
  • ホーム 松本湯
  • 好きなサウナ ひっそり銭湯タイプで、あまりワイワイしていないサウナを好みます🧖‍♂️ 清春湯のキンキン水風呂のおかげで、冷たい水にも慣れてきました。
  • プロフィール 92’ Suginami TOKYO バイブラの浮力を利用したV字冷水浴法には定評あり。シングルの水風呂では手も挙げてます。松本湯お手伝いやってます。
絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

杉並バイブラー

2022.09.24

49回目の訪問

歩いてサウナ

清春湯

[ 東京都 ]

チェックイン

歩いた距離 0.3km

続きを読む

  • サウナ温度 92℃
  • 水風呂温度 10℃
松本湯

[ 東京都 ]

チェックイン

歩いた距離 2.5km

続きを読む

  • サウナ温度 96℃
  • 水風呂温度 28℃,16℃

杉並バイブラー

2022.09.18

184回目の訪問

歩いてサウナ

松本湯

[ 東京都 ]

チェックイン

歩いた距離 2.5km

続きを読む

  • サウナ温度 94℃
  • 水風呂温度 28℃,16℃

杉並バイブラー

2022.09.15

48回目の訪問

歩いてサウナ

清春湯

[ 東京都 ]

こちらも久々の清春湯。脱衣所の床板が新しくなっていて、さらにまだニスを塗る前とあって、サラサラで心地よい。今週末の三連休でニスぬるんですって!

歩いた距離 0.3km

続きを読む

  • サウナ温度 92℃
  • 水風呂温度 10℃
3

杉並バイブラー

2022.09.11

1回目の訪問

キャンプ帰りに。前回は勝手に祝日だと思い込んでた月曜日に訪問し、まだオープンしていなかったという凡ミス。でもこの日は大丈夫、日曜なんで!!

ロビーにはキジの剥製が鎮座。受付を済ませて脱衣所へ。なんだここ!?キンキンに冷えてやがる。。!!夜の道志村並に涼しくて、冷房がガンガンにかかってるだけだったんですけどね。

中に入り左手の洗い場で体を清めます。その後奥の広い主浴槽へ。バイブラがしっかりあって気持ちいい。そしてここの目玉は薬湯。日本一の薬湯を目指しているとのこと、独自に薬草をブレンド、それを粉末にして湯に溶かしているようだ。茶色いお湯はたしかに体に効きそうだ。深さがありぬるめの温度設定にされているので、いつまでも入っていられる。常連のおじいちゃんは、ずっっと入っていた。よっぽど好きなんだろうなぁ。主浴槽の隣にも薬湯があり、こちらはお茶とヨモギの緑色のお湯だ。かなり濃いめの緑だが、微かに香る香りがよかった。

サウナは2段構成で、旧中山産業の対流式のストーブが設置してある。テレビが設置してあり、新婚さんいらっしゃいが流れておる。毎回クセ強めの新婚さんが登場するが、今回もまぁまぁやばい。旦那は妻がベランダに干したパンツを、パン食い競争のようにパクパクするわ、妻は家で仕事中の旦那のTシャツの中に潜り込み、全身くまなくクンクンするらしい。実演する姿はなかなかのカオス具合で、サウナで見ている我々も失笑。

テレビにすっかり夢中になっているといつのまにか汗びっしょり。隣の水風呂へ急ぐ。こちらの水は地下水を利用しているようで、向かいの蛇口かは流れ出る水は飲料水としても利用可能だ。

休憩は浴室内にいくつかある椅子でもいいし、風呂のない露天エリアのベンチも利用できる。夜になると星が綺麗に見えるらしいが、木が生い茂っておりちょっと怖いかも。

宿泊もできるし、ご飯も充実。今度はもう少し早く来てご飯も堪能したいところだ。

続きを読む

  • サウナ温度 85℃
  • 水風呂温度 16℃
2

杉並バイブラー

2022.09.10

2回目の訪問

久々にきましたサウナ堂。今回は友人夫婦と一緒にキャンプです。
去年から色々変わっていて、外壁ができたり、ライト?看板?てきなのが出来てたり。日々進化する姿勢、素晴らしいです👏

続きを読む

共用

  • サウナ温度 95℃
  • 水風呂温度 14℃
1

杉並バイブラー

2022.09.09

1回目の訪問

歩いてサウナ

会社のゴルフ帰りに立ち寄り。久しぶりの千葉ゴルフだってので、この時をずっと待っていた
中に入ると女将さんが色々説明してくれた。
まずはフロントでロッカーとフェイスタオルを受け取る。そしてロッカーの中にガウンとパンツ、そしてバスタオルが入っているので、ロッカーと同じ番号の棚にそれらを入れておくと、お風呂あがりに便利とのこと。さらに、つぼやは飲食物の持ち込みが禁止。ペットボトルのお茶を持っていたので、フロントに預けた。

シャワーは独特な形をしており、パイプが剥き出して伸びており、上部に固定式のシャワーヘッドが取り付けられている形。湯船は二つで、ひとつは水風呂と共に天井から青いライトで照らされている。浴槽の内側は白塗りで、プールのような質感。もう一つは茶色い湯船。石油系の匂いがほのかにする。黒湯の温泉と思われる。そして一番奥には水風呂がある。

中山産業のメトス製対流式アツアツサウナ!
2段構成で奥に長いサウナ室内。最奥に巨大なストーブがあり、大きなテレビは少し音量が大きめ。床には黄色いサウナマットが敷かれ、地面には珍しい青いサウナマットが。
サウナ上がりはととのい椅子で。パラソルの下に6つ設置してある。ミストサウナもあったようだが、2020年以降はボイラー故障のため休止中だ。

お風呂上がりはパンツとガウンを羽織って休憩室へ。小腹が空いていたので80円のゆでたまごを2つ。アジシオもある!最高の組み合わせだ。
そしてリクライニングシートに座ってみる。絶妙な座り心地で足置きが高めになっているのがまたいい。毛布をかぶって座席を倒せば、すっかりいい気持ち。1時間ほどぐーぐー寝てしまった。

帰り際、ゆで卵代を支払に行くと、預けていたペットボトルを返してくれたのだが、なんと冷蔵庫で冷やしておいてくれるという神対応。さらにフロントを飛び出したと思ったら、下駄箱から靴を取り出してくれる、これまた神対応!!

続きを読む

  • サウナ温度 118℃
  • 水風呂温度 19℃
1
大垣サウナ

[ 岐阜県 ]

恵みの湯を出て再び駅まで歩く。ここに来るときは名鉄で来たが、今度はJR高山線で岐阜駅へ。JR各務原駅は無人駅で、改札口はICカードをタッチする機械のみで慣れていない私は少し困惑。電車が来るまで10分ほど。青い空と誰もいないホームがなんだか非日常感を感じさせてくれ、夏休みであることを実感させてくれる。次に向かうは大垣駅。大垣駅前はバスのロータリーがあったりお店が並んだりと比較的にぎやか。そこからバスに乗りバス停からさらに歩いて向かったのは「朝日屋」。前日訪れた時は臨時休業のため急遽別のお店でご飯を食べたが、どうやら今日はやっているようだ。あたりは住宅街で、平日昼間であることもあり、誰も見かけなかったが、朝日屋に入るとすでに満員に近い。早速席に座り、名物の中華そばとかつ丼をオーダー。中華そばはあっさり懐かしい味。そしてかつ丼はかつ丼らしからぬ見た目!メレンゲのように泡立てた卵がカツの上に乗せられているのだ。ふわふわとした触感がなんとも不思議だが、ダシが混ぜ込まれているのか、これがまたおいしい。あたりを見渡すと、多くのお客さんがこの組み合わせを注文しており、地元のお客さんにも人気メニューであることがよくわかった。
腹ごしらえをした後、朝日屋から歩くこと20分強。食後の運動がてらに歩き到着したのは大垣の名を関する地元サウナ「大垣サウナ」だ。住宅街の中でひときわ存在感を放っていた。入口に向かうと、若者が写真撮影をしていた。一緒に取っていたのは支配人のトオルちゃん。SNSなどでも露出機会が多く、今や有名人だ。にこやかに、そして親切に対応している姿がとても好印象だった。撮影を見届けてから、受付。受付下の口から靴を渡し、鍵を受け取る変わったシステム。中に入ると左手に早速縦長のロッカーがずらり。そしてロッカーの上にはタオルが置かれている。通常なら、ロッカーの上は埃が積もっており、汚い印象だが、タオルには埃一つついていない。それだけロッカーの上も綺麗に掃除されている証拠だろう。そしてこのタオル、少し長めの作りで、とにかく使いやすさが抜群によかったことを覚えている。
タオルを持って浴室に入るとすぐ左手の棚に常連さんのものであろうお風呂セットがずらり。崩れ落ちそうなぐらいの数で、多くのお客さんに愛されているのだろうなぁと感じた。まずは身体を清めつつ歯磨き。すると足元がヒヤッとする。振り向くと後ろには同じ大きさの二つの浴槽が。片方が水風呂になっていて、どうやら溢れて流れてきた水が足に触れたようだ。かなりの冷たさで、期待が高まる。
お風呂で軽く身体を温めた後にサウナへ。

歩いた距離 2km

続きを読む

  • サウナ温度 112℃
  • 水風呂温度 14℃
0

恵みの湯
岐阜サウナ旅最終日。宿泊先であるゆせんの里で朝サウナをし朝食を食べ、8時前には出発し向かうは岐阜駅。まずはレンタカーを返却するところからこの日は始まる。返却後はスーツケースを駅のコインロッカーに預け、JR高山本線に乗り込む。この度ではじめての電車ということもあり、なんだかワクワク。各務ヶ原(かかみがはら)で降りて向かうは「恵みの湯」。こちらも前日に田辺温熱保養所の女将さんにオススメいただいた施設で、自社で薬草園を保有していること、そしてハーブの使い方が素晴らしいと教えてくれた。駅から恵みの湯までは徒歩で10分ちょっと。この日は快晴で真夏のような暑さ。日陰の少ない通りを歩き、名電の踏切を超え、恵みの湯に到着する頃にはすでに汗だくだった。
.
平成8年に誕生した恵みの湯は、江戸時代に皇女 和宮が美味と讃えた天然水「御前水」に惚れ込んで開業された温浴施設。この天然水はミネラル豊富な黒墨土壌に染みこんだ天水と、御嶽山伏流水からなると謂われ、少しの炭酸を含む、カラダがとても温まる性質を持つという。また岐阜県では太古より薬草やハーブが多く生育し、奈良時代から天皇に献上され、後の戦国時代には織田信長によって広く薬草 ハーブが栽培された歴史を持つようだ。そんな天然水と薬草 ハーブに日本一こだわり運営をされているようで、熱意が伝わってくるようだ。
.
館内に入ると、早速ビンに詰められた大量の薬草がお出迎え。裏手にはには薬草を使用した入浴剤もあり、まだお風呂にすら入っていないが、都内の友人へのお土産として購入。さて気を取り直して受付で会計を済ませて浴室へ。浴室は一般的なスーパー銭湯で、入口手前右に水風呂、左手にサウナが。進んだ先の空間の壁沿いにカランが設置されており、中央に湯船が複数設置されている構成だ。身体を清めてから湯船で軽く温めりサウナへ。
.
サウナは二段構成で座面は広々していて、さらにサウナマット二枚敷で座り心地がいい。正面の二台の遠赤外線ストーブに加え、入り口横には小さな対流式ストーブが。こちらのストーブの上にハーブが設置されている。これが「ととのい生ハーブ」で、この日はセージが設置されていた。毎時30分ごとにオートロウリュがされるとのことで、2セット目は時間に合わせて入室。オートロウリュで蒸気が発生することで、上に設置されたセージが蒸され、香りがサウナ室全体へ。強すぎずほのかに香るハーブが心地良い。サウナでハーブに恵みを体感できるとは、すでに満足度が高い。

歩いた距離 1km

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 17℃
0

杉並バイブラー

2022.09.07

2回目の訪問

翌朝は6時からもう一つの浴室が利用できるとのことで、朝食前に向かう。本館にある浴室は「みのり乃湯」と呼ばれ、露天風呂が設けられている。こちらにはドライサウナが設置されているが、温度はちょっと低め。お客さんは私以外いなかったので、1人座面に立って熱さを感じる。汗をかいた後は水風呂へジャブン。こちらはしっかりと冷たさを感じることができる水温だ。休憩のため露天エリアへ行くと、インフィニティチェアが!緑に囲まれながら、朝の涼しい外気を全身に感じる。最高!朝食前から全身が満たされたようだった。

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 17℃
1

杉並バイブラー

2022.09.06

1回目の訪問

いずみ湯を出た後向かったのは本日のお宿「養老温泉 ゆせんの里」。日帰り温泉としても楽しめるこの施設は、大垣市から見て南西に位置する養老郡に位置し、養老温泉が楽しめる地域だ。さらに事前のリサーチでも印象的だったのが、汗蒸幕が楽しめる施設のようで、暖色のライトでライトアップされた室内が美しかった。到着したのは21時ごろ。食事どころのラストオーダーが21:30とHPに記載されていたので、夕食食べられるなぁと思ったのだが、コロナの影響か、20時までの営業となっておりレストランはすでに営業を終了していた。そのためチェックアウトをした後は近くのコンビニでお弁当を買ってきてホテルの室内で食べることに。。しかし、ご飯の前にお風呂に入らないとお風呂も終わってしまうので、空っぽになったお腹を鎮めつつ、浴室へと向かう。

ゆせんの里は、本館と温熱療法館の2棟から成っており、汗蒸幕などは温熱療法館に位置する。この日はすでに21時を回っており、本館は終了してしまっていたため、温熱療法館を楽しむことにした。部屋で館内着に着替え、タオルを持って温熱療法館の二階へ向かう。まずは早速汗蒸幕を満喫!とはいえ実は初めての体験で入り方がよくわからない。汗蒸幕の前には説明書きがあったのでしっかり読み込む。説明によると、室内は高温であるため、レンタルの靴下を履き、ビート板を下に敷いて、その上に座ること。さらに大判のタオルを頭からかぶって、5〜10分ほどを目安に室内で汗を流すように書かれている。室内から出たら、椅子に座って休憩し、また汗蒸幕室に入ってというのを3セットほど繰り返すといいそうだ。要するにサウナとほぼルーティーンはほぼ変わらないようだ。

早速中に入ってみると、薄暗いドームが広がっており、写真の通り暖色のライトに照らされている。壁沿いには太いパイプが通っており、ここを熱い蒸気的なものが通っているのか?と考えを巡らす。元々は韓国の伝統的なサウナで、黄土と薬石を積んだドームの石から遠赤外線が発せられることにより体が芯から温まり短時間で汗をかくことができるというもの。こちらも石が積み上がった構造をしており、床にはタオルや麻布が敷いてある。素手で床を触ってみると、かなりの熱さで、確かにビート板や靴下がなければ座っていられない熱さだった。室内の熱さの感覚としてはカラカラの遠赤ストーブのサウナ室に近くて、中に入るととても喉が乾く。座る場所を変えながら時間を過ごしてみたが、ドーム状になっており熱や遠赤外線が反射する仕組みになっているため、基本的にはどこに座っても同じように熱さを感じることができた。

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 17℃
1

杉並バイブラー

2022.09.06

1回目の訪問

いずみ湯

[ 岐阜県 ]

モリモリ村を後にし、再び大垣市方面へ向かう。しかし館内を出た時かなりの雨が降っていた。これは岐阜県が台風11号の暴風域に入っているためで、雨風はなかなかのもの。さらにすでに18:30ごろで、あたりは真っ暗。しかも山の中とあって街灯もなく対向車もほとんどなし。伊吹ばら街道という細く暗い山道をひたすら運転すること30分、ようやく目的地の「いずみ湯」に到着、のはずが、全然見つからない。裏の細い道に回ってみると、ようやく駐車場の入り口を発見。駐車場にはぎっしり車が停められていて、狭い中なんとか駐車する。さていずみ湯へ、と思ったが今度は入り口が見つからない。駐車場から見えるのは倉庫の入り口のようなものだったので、大通りに回ってうろちょろしてみるも、見つけることができず。。再び駐車場に戻って探してみると、2階へと続く階段を発見。恐る恐る登ってみると、いずみ湯と書かれた扉が出現。ようやく見つけられたことへの安堵感を胸に中へと進む。
.
中に入り下駄箱へ靴をしまう。目の前には薄暗いロビーが広がっており、ソファーとテレビが設置してある。のだが、どこを見回してもお店の人が見当たらない。それどころか券売機もなければ、受付も見当たらない。お金はどこで払えばいいのだろうと思いながらも、とりあえず暖簾を潜ってみると、男湯と女湯の間に番台さんがいて、そこでお金を支払う仕組みだった。そのまま脱衣所へ向かうと、ロッカーの鍵は下駄箱でよくみる木製の鍵がついている。しかし番号によってはプラスチック製だったり、鍵の溝の部分が明らかに自作したような荒さだったり、様々。木製の鍵は水分を吸うと膨張して鍵穴に入らなくなることがあるのだが、この荒さなら大丈夫だろうと木製の鍵をチョイス。

中に入るとコンパクトな浴室内が広がる。固定式のシャワーでさっと体を流し、湯船へ。かなり年季が入っており、浴槽の至る所から心配になるぐらいの水漏れが。。見て見ぬふりをしてゆっくり湯船でゆったり温まる。ワイワイしているきれいで明るい浴室も好きだが、薄暗くこじんまりとしたローカル感溢れるこの雰囲気も大好きで、決して意図して人工的には作れない環境の価値はとても大切なものだ。

さて一通り湯船を堪能したらサウナへ。サウナへは一度脱衣所を経由し、隣の扉から入る。暗い空間に向かい合うように座面が設置してあり、片方は2段、もう片方は1段で、その上にテレビが設置してある。幅は2名が座れるほど。ストーブは対流式の電気ストーブがあるのだが、ストーブは女湯サウナと共有で、ストーブが設置してあるところだけ、壁がなく、女湯側と繋がっている状態。

続きを読む

  • サウナ温度 100℃
  • 水風呂温度 18℃
0

杉並バイブラー

2022.09.06

1回目の訪問

田辺温熱保養所で3時間丸々過ごし、施設を出たのが17時。この後は銭湯を数軒回る予定だったが、急遽女将さんにおススメいただいた施設に行くことに。その名は「かすがモリモリ村リフレッシュ館」。田辺温熱保養所でも使用している薬草園のある春日市伊吹山の麓にある温浴施設だ。こちらでも薬草をふんだんに使ったお風呂が楽しめるそうで、女将さん自身も「この施設の薬草の使い方は素晴らしい」と絶賛するほど。女将さんが言うなら間違いない!と思い、訪問予定を変更し行くことに。と、その前に、せっかく大垣市まで来たのだから、老舗和菓子屋さんの金蝶園に行かねばと、おやつを食べにちょっと寄り道。その後雨の中山道で車を走らせ遂にモリモリ村に到着。黄色い壁が特徴的な建物で、表の看板ではマスコットキャラクターのモリモリ君がお出迎え。

中に入ると野菜やお茶など、この辺りで採れた食材がずらり。その中には薬草のコーナーもあり、伊吹山で採れた薬草がずらり!さらに写真も飾られており、実際に薬草を採取するから様子や、薬草畑の様子などが展示されていた。その中の説明文によると、春日地区では古より「薬草で自分を守る」という文化があり、地域にとって薬草は医薬品もなく医師もいない時代に自分を守る大切な植物だったと言う。代々引き継がれてきたこの薬草文化を守りたいというメッセージが写真には添えられていた。

薬草について学んだ後はいよいよ浴室へ向かう。券売機でチケットを購入し、受付でロッカーキーと交換する。浴室は週毎に入れ替えており、この週は男湯が伊吹の湯 木の風呂、女湯が八千代の湯 岩の風呂だった。伊吹の湯にはドライサウナ、八千代の湯には薬草ミストサウナがそれぞれ設置してある。

浴室に入ると地元のおじいちゃんたちで賑わいを見せていた。壁沿いにカランが設置してあり、奥にマッサージやバイブラなどが楽しめる白湯、そして中央には円形の黒いお湯が。恐る恐る近づいてみると、手すりに袋が3つ括り付けてあり、その袋が湯船に浸かっている。そう、この袋の中には薬草が詰め込まれているのだ、それも3つも!円形のお風呂は決して大きくはなく、男性が3人入れば満員になる程の大きさ。そんな広さの湯船に、パンパンに薬草が詰められた袋が三つも贅沢に入れられている。後から店員さんに聞いた話では、オープン時に1つ、昼ごろに1つ、17時ごろに1つ袋を追加しているようだ。たっぷり薬草エキスが出たお風呂は本当に黒くて、手ですくってもその黒さがわかるほど。様々な薬草がブレンドされているのか、いい香り、と言うよりはなんだか体に良さそうな香りが。とにかくこの薬草風呂は規格外の品質だった。

続きを読む

  • サウナ温度 94℃
  • 水風呂温度 20℃
1

杉並バイブラー

2022.09.06

1回目の訪問

田辺温熱保養所

[ 岐阜県 ]

田辺温熱保養所

今回のサウナ旅最大の目的、それは田辺温熱保養所の畳でゴロゴロしながらお茶飲んで、夏を感じること。そんな安易な気持ちで来てしまった私は、後に自分の安易な考えを反省することになる。

車のナビが示すままに大垣の住宅街を進むと着いたのは立派な平家の大豪邸。恐る恐る中に入ってみると、確かに田辺温熱保養所の暖簾がかかっていた!入口目の前に車を停められるようになっている。

暖簾をくぐり中に入ると女将さんと旦那さんが迎え入れてくれた。先に利用料2,000円を支払う。ふと机の横に目を向けると、SAUNA BROSが置いてある。ちょうど田辺温熱保養所と松本湯が同じ冊子に載っていることもあり、付録に松本湯ステッカーがついていることもありで、会話がはずむ。そして今回私は初めての利用だったので、女将さんが丁寧に入り方を教えてくれた。

まずは休憩場所のセッティングから。風通しの良さそうな畳の部屋に案内され、こちらに毛布と木製の枕をセット。そしてやかんに麦茶を入れて出してくれた。これが自分専用の休憩セットになるのだ。続いて浴室へ。扉を開けた途端、立派な樽型の蒸し風呂が目の前に!美しいフォルムで、少し開けられた入口からは上記がモクモクと立ち上る。最初はかけ湯をしてからだを綺麗にしてから。蒸し風呂は「熱くなったら出る」が基本。特に時間は決められていない。出たら初回は汗を流してから休憩。熱が冷めたらまた蒸し風呂へ。2回目以降は体の芯があたたまり、汗も綺麗なものが出るため、タオルで拭き取る程度でよいとのことだ。3回ほど繰り返したら、畳の部屋へ行き、ひとやすみ。これを3セットほど行うとよいとのことだ。1セットするのに大体1時間要することから、初めての利用の方は3時間を確保する様に、予約の際に言われている。

浴室は薬草の香りで満たされている。浴室は非常にコンパクトで、この樽型の蒸し風呂が中央に一つ、右手にはかけ湯場、左手にはシャワーが一台。さらにその左には休憩用の椅子が4つ。蒸し風呂の扉が開けられているのは、中に誰もいないという証。扉を開けて中の蒸気を外にだしているのだ。いざ中に入る。中はさほど広くないが、一人なら十分余裕のある空間(基本定員は2名)。床板と側面の隙間から蒸気が出てくるようだ。香りはしきじのような漢方系の香りとは違い、ナチュラルなハーブの感じ。少しレモングラスのような香りも感じ取れた。蒸し風呂の中は約50度。締め切ってからはどんどん熱く感じるようになってきた。やはり湿度が高い分熱さを感じやすく、サウナほど長くは入っていられない。あまりにも熱い時には少し扉を開けながら入ったり工夫してみた。

続きを読む

  • サウナ温度 51℃
  • 水風呂温度 16℃
8

杉並バイブラー

2022.09.06

1回目の訪問

朝は男女入れ替え。1回のお風呂は白を基調とした空間で、大きな湯船はモルタル調の壁によって仕切られており、まるで迷路。こちらにはストームサウナがある。タイル張りの座面が温かくなっており、岩盤浴のよう。

そして昨夜の入れ替えされた湯船は、こちらも畳張り。ただし奥にも小上がりの木製湯船が。地下にもお風呂があり、一つは岩に囲まれており、もう一つは竹に囲まれていて、さらにナノバブルのせいか白くなっている。
さらにサウナもすごくて、私と同じぐらいの高さの四角柱対流ストーブに、ストーンが大量に詰め込まれている。しかしこちらも、1段構成で天井が高めであること、また分厚い壁で座席との間が仕切られているため熱が入りづらい。背面には焼き杉を並べて模様が描かれていたり、照明もほとんどが間接照明でおしゃれ。麦飯石風のタイルが壁に貼られており、シックな空間。誰もお客さんがいなくなったタイミングを見計らって座席に立ってみたら、しっかり熱いではないか!立ったまま追い込んで水風呂へ。こちらの水風呂は昨夜のよく浴室より多少広めで、水風呂横には一人が寝そべることができそうなサイズのウッドデッキが設置してあった。
こちらも階段を下ると壁面を木に囲まれた露天風呂が!湯船がふたつあり、片方は岩に囲まれたお風呂、もう一つは竹に囲まれており、マイクロバブルなのか白みがかったお風呂。さらに木製の椅子も設置されていたので、そこで休憩した後に湯船でゆっくり。

続きを読む

  • サウナ温度 96℃
  • 水風呂温度 18℃
4

杉並バイブラー

2022.09.06

2回目の訪問

小川屋

[ 岐阜県 ]

朝は男女入れ替え。1回のお風呂は白を基調とした空間で、大きな湯船はモルタル調の壁によって仕切られており、まるで迷路。こちらにはストームサウナがある。タイル張りの座面が温かくなっており、岩盤浴のよう。

そして昨夜の入れ替えされた湯船は、こちらも畳張り。ただし奥にも小上がりの木製湯船が。地下にもお風呂があり、一つは岩に囲まれており、もう一つは竹に囲まれていて、さらにナノバブルのせいか白くなっている。
さらにサウナもすごくて、私と同じぐらいの高さの四角柱対流ストーブに、ストーンが大量に詰め込まれている。しかしこちらも、1段構成で天井が高めであること、また分厚い壁で座席との間が仕切られているため熱が入りづらい。背面には焼き杉を並べて模様が描かれていたり、照明もほとんどが間接照明でおしゃれ。麦飯石風のタイルが壁に貼られており、シックな空間。誰もお客さんがいなくなったタイミングを見計らって座席に立ってみたら、しっかり熱いではないか!立ったまま追い込んで水風呂へ。こちらの水風呂は昨夜のよく浴室より多少広めで、水風呂横には一人が寝そべることができそうなサイズのウッドデッキが設置してあった。
こちらも階段を下ると壁面を木に囲まれた露天風呂が!湯船がふたつあり、片方は岩に囲まれたお風呂、もう一つは竹に囲まれており、マイクロバブルなのか白みがかったお風呂。さらに木製の椅子も設置されていたので、そこで休憩した後に湯船でゆっくり。

続きを読む

  • サウナ温度 85℃
  • 水風呂温度 18℃
5

杉並バイブラー

2022.09.05

1回目の訪問

サウナ飯

小川屋

[ 岐阜県 ]

チェックインだけ先にして、夜ご飯は予約していたうお藤へ。遅い時間だったのもあり、お客さんは私のみ。大将にビールとにぎりを注文。その間に、飛騨牛の煮込みとみょうがじゃこ、そして郷土料理のお豆腐を食べた。お寿司を順に出してくれる。途中、飛騨牛握りも。ビールがなくなり、地酒を一合飲んでいい気持ち。
大将曰く、この辺りは季節のものを出すお店が少ないのだとか。だから、うお藤はそこにこだわり、じゅんさいや、ふぐなども出しているようだ。

小川屋の部屋はなんと最上階&広々お部屋。布団が一枚だけなのが少し寂しい。夜のお風呂は全面畳張りので中央にどデカい湯船。湯船の真ん中あたりにさらに木枠で囲まれた湯船がある。湯船イン湯船。さらに木の香りが漂う階段を降りると、洞窟のような露天スペースが。目の前を流れる飛騨川がすぐ目の前を流れる迫力ある眺め。ちなみにサウナもあり、小さな対流式ストーブで、座面は一段。天井が浴室とほぼ同じ高さなので、一段構成にしては高め。ゆえに熱さはそんなに感じない。目の前には小さな水風呂がひとつで、低い位置に設置してあった。

うお藤の飛騨牛握り

続きを読む

  • サウナ温度 85℃
  • 水風呂温度 18℃
4

杉並バイブラー

2022.09.05

1回目の訪問

幸乃湯

[ 岐阜県 ]

幸乃湯
下呂温泉街にある銭湯。
そもそも下呂温泉は、各施設毎に汲み上げているのではなく、12の源泉を集中管理し、混合した温泉を55℃で各施設に分配しているそう(ちなみに源泉で一番高い水温は82℃だそう)。そんな下呂温泉をこちらの銭湯でも楽しめる。入浴料は430円と格安。扉をくぐって脱衣所へ。脱衣所のロッカーは10円が必要。こちらはリターン式ではないので、何度も開け閉めがないように注意。私はタオルを取り出すのをわすれてしまい、20円消費しました。

浴室は左右の壁沿いに合計18個のカランがあり、固定シャワーは計10個。カランの前にはケロリンの黄色い風呂桶と椅子が置いてある。
中央には円形の湯船がふたつ。手前の湯船にはジェットがついており、さん方向から噴き出している。奥はジェットはないものの、少し熱めの温度設定。少しぬめっとした質感だが、さきほどのスパー美輝ほどではない。こちらも透き通っており透明のお湯だ。

サウナは一度脱衣所を経由して、浴室の隣の扉からイン。とても綺麗な室内で2段構成の座面にはバスタオルが敷いてある。ガスの遠赤ストーブでテレビのある環境だ。薄暗く木張の室内はとても落ち着く。熱さもしっかりしていて、汗をたっぷり流すことができた。

水風呂は比較的深めの作りで、冷たさも申し分ない。露天スペースで休憩しようと思ったが椅子がなかったため、奥の浴室の縁に腰掛け休憩。その後露天風呂へ。木製の浴槽はとても肌触りが柔らかく快適。夜の露天は薄暗くこれがまた落ち着く。露天の奥には大きく深めなプールのような浴槽があるが、こちらは使われていないようだった。

風呂上がりにロビーのソファーに腰掛けテレビを見ながら飛騨のコーヒー牛乳をゴクゴク。ちなみに下呂には幸乃湯を含め銭湯が2軒。もう一つは小川屋のすぐそばにある白鷺乃湯だ。

続きを読む

  • サウナ温度 95℃
  • 水風呂温度 18℃
5

杉並バイブラー

2022.09.05

1回目の訪問

南飛騨馬瀬川温泉 スパー美輝
しみずの湯からさらに20分ほど車を走らせついたのは美輝の里。こちらは宿泊や食事ができる複合施設で、その中にある温浴施設がスパー美輝だ。到着したのは夕飯時、ちょうど宿泊のお客さんがみんな食堂に集結していたため、浴室はガラガラ!にしても広い浴室。真ん中に謎の管制塔のような建物があり、その周りを囲うように様々な設備が並んでいる。入口入って左手にカランがびっしり。右手前にはぬる湯、その奥に深湯、さらにその奥には寝湯がある。入り口と反対側の面には打たせ湯が8箇所も。左壁側には謎の箱が4つ。その反対側ら管制塔の下にはスチームサウナとドライサウナ、その目の前には水風呂とマッサージシャワーが設置。とにかく充実の設備だ。

まずは深湯でかるく温まり、スチームサウナへ。スチームサウナは普段入っているものとは全く違う。一言で表すならば「暴風雨」。スチームは天井から降り注ぎ、明らかにスチームの粒が大きい。さらにかなり勢いもかなりのもので、一瞬ででびしょびしょ。火災の時に稼働するスプリンクラーのようだ。

その後に向かったのは隣のドライサウナ。座面の最下段は全然高さがないので、実質2段構成。ストーブはMETOS製の対流式ストーブ。座面には正方形のカーペットが置いてある。が、おそらくこのカーペットが匂うのか、サウナ室内は耐え難いにおい。。せっかく温度もあったのだが、さすがに耐えきれず直ぐに出てしまった。一応水風呂に入り、露天エリアへ。

露天エリアといえば、周りから見えないように周囲を建物や木々で覆うところがほとんどだが、こちらは遮るものがほとんどない。平原という感じ。というのも、この施設は横に長く、宿泊湯から露天エリアが見えない構造。さらに高台に位置しているため、他の建物や路上から見られることもないのだ。故に開放感がすごい露天エリア実現できたのだ。露天風呂が二つに、謎の小屋が一つ。小屋の中は岩に囲まれており、触れるとかなりの熱さ。でもサウナのような熱さはない。釜風呂と書かれているが、温かい休憩室のようなものだろうか。

さて最後に浴室内の謎の箱へ。扉を開けてみるとスチームが噴き出す。そうか、箱型のスチームサウナなのかと、中の座席に腰掛けると、天井がだいぶ低い。すると天井が持ち上がることに気づく。そのまま押し上げてみると、四角い蓋が取れ、天井が観音開きのように開いた。蓋が置いてあった場所には、丸い穴が。。そうか!この穴から頭を出して、身体をスチームであたためるのか!なんか打首のようで、周りからの見え方が気になるが、とてもユニークなスチームサウナだ。なんでここだけ説明書きが何もないのだろうか。。教えて欲しかった笑笑

続きを読む

  • サウナ温度 95℃
  • 水風呂温度 17℃
3

杉並バイブラー

2022.09.05

1回目の訪問

しみずの湯

ひめしゃがの湯から20分ほど、今度はしみずの湯へ。外観は木製のルーバーに囲まれていておしゃれで先進的な印象。中に入ってみると、畳の休憩所があったり、思いの外アットホームな施設のようだ。こちらにはプールも併設されているので、家族連れも多く、なかなかの規模となっている様子。

こちらのお風呂も温泉が楽しめる。無色透明の温泉。
サウナは格納式で2段構成。私の他に4人ほど入っており、大人気だ。熱さもしっかりあってよい。サウナの中ではJ-popが流れていた。

出て目の前に二人ほど入れる水風呂あり。
露天スペースには木製のベンチとととのい椅子が一つ。露天風呂の木製の縁に寝転がるのも気持ちよさそうだ。
目の前には丁寧に手入れされた緑が並び、こちらでも自然を感じることができる。奥の方からは鳥の囀りも聞こえ、いい癒しになった。

他にも施設にはレストランやお土産コーナーも併設

続きを読む

  • サウナ温度 92℃
  • 水風呂温度 16℃
3