2018.01.16 登録

  • サウナ歴 17年 7ヶ月
  • ホーム 湘南台温泉 らく
  • 好きなサウナ 昭和の香り漂う渋いサウナ。
  • プロフィール
絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

くじら

2020.09.24

156回目の訪問

湘南台温泉 らく

[ 神奈川県 ]

チェックイン

続きを読む

くじら

2020.09.18

47回目の訪問

湯の泉 相模健康センター

[ 神奈川県 ]

チェックイン

続きを読む

くじら

2020.09.17

153回目の訪問

湘南台温泉 らく

[ 神奈川県 ]

ホームのサ活が500を超えた!
サ活が始まった当初はよく投稿する人は決まってたし、自分の投稿ばかりで空いている施設だったけど、最近はかなり混んできたし、駅近のスパ銭として軌道に乗ってきたのかもしれない。

そんなホームでのサウナ、本日は5セット。いつもは3セットだが、いつもよりも多く入った。
今日はホームサウナで素敵な出会いがあった。

いつもの通りサウナに入っていざラスト3セット目。

ん?
サウナ室の前でマットもって入りたそうにしている男の子がいる。どうしたんだろう。と思いながらサウナに入った。
自分がサウナに入っている間、その男の子はサウナ室の外からジッと中を見ていた。
入りたいのかな?どうしたんだろ。
と思いながら、その男の子はずっとモジモジしながらサウナ室内を覗いていた。

自分が出て、水風呂に入ってる時、声を掛けてあげた。
「どうしたの?入りたいの?」
無言で頷く男の子。
「そっか。じゃあ、お兄ちゃん一緒に入ってやるからな。ちょっと水風呂で身体冷やすから待っててな。」
いい歳したオッサンのくせに、自分の事を「お兄ちゃん」と言ったのは許してほしい。

その後、水風呂から出たオレは
「まず身体の水滴はよく拭いて、このマットを消毒。サウナ室内は密室だからお喋りは禁止な。あと、あっついから決して無理はしない事。限界来る前にお兄ちゃんに言ってな。」
なーんて、レクチャーをしてから一緒に入る。

その男の子、緊張してたのか、背筋ピンと伸ばして姿勢良く、オレの言いつけ通り一言も喋らずジッとしてた。
しばらくしてから汗だくで目ん玉まーるくしながら一言、「あっつい…」って。

その後、すぐに出て水風呂レクチャー。
「最初きっついけど、息止めながらゆっくり入って、その後深呼吸。10秒ガマン!ほら、平気だろ?」
最初「ひょえ〜😱」って顔してた男の子、肩までつかれるようになっててオレと同じ時間水風呂入れてた。

その後、休憩しながらお喋り。
中学校1年生のその男の子、今日は一人で来たとの事、すでに2時間くらい浴室にいるとか、お母様もお風呂好きで色んなところによく行ってるとか。

人様のご子息様だけど、なんだか息子と一緒に初めてサウナ入って語らい合ったみたいでとても素敵な時間を過ごせた。

帰り際、心配になって来られたのか母親が迎えに来ていた。
母親に挨拶し、自分は喫煙室でマッタリしながらこのサ活を書いていたら、帰り際その男の子がペコっと頭下げて「今日はありがとうございました😊」って挨拶しにきた。

連絡先聞いておけばよかったな。
◯◯くん、またサウナ一緒に入ろうぜ✋️

続きを読む
84

くじら

2020.09.16

3回目の訪問

水曜サ活

小田原お堀端 万葉の湯

[ 神奈川県 ]

最強で最凶で最狂のイズネス。

前回来訪時、逃げ出してしまったのでリベンジに。
最近、サウナハットを被るのはラッコくらいだったけど、今日は暴君との対決に備えて持ってきた。
入念な水通しもバッチリ。

14時ピッタリのイズネス発動に向けてまずはその前に1セット。
今日の温度は78℃だった。前回よりも少し低い。
そうか、暴君イズネスはオレを舐めてかかっているな。そんな余裕かまされたのであれば、こちらも余裕で耐え抜いてやる。
サウナ室内で熱い茶でも飲んでやろうか。
いや、オレは大人だ。施設の人に怒られるからやめておこう。

14時ピッタリになり、イズネスがライトアップ、少し焦らされる時間があり、1度目の落水。

あっちぃ…くそあっちぃ…

そして2度目
いってぇ…くそいってぇ…

3度目
身体…が…引き…裂かれ…る…

前回のテンプレ通り、また逃げました。
その後、リクライニングでひと眠りし、17時のオートロウリュでも↑と全く同じ状況に。

ここのイズネスサウナ室は全3段で最上段は特別に熱い。下段は耐えられる。

そして、マジで呼吸器やられる。このイズネスと立ち向かうには特殊な呼吸法をマスターする必要がある。
もしくはサイボーグ化。

秦野にしても小田原にしても万葉イズネスといい、コ◯ナの湯といい、箱根◯寮といい、神奈川の県西は凄い。

耐熱に自信のある愛好家の皆様、是非。

続きを読む
61