2017.11.24 登録

絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

SaunaCamp.

2020.08.09

1回目の訪問

黄金湯

[ 東京都 ]

凄まじい銭湯サウナが完成した。
銭湯の歴史ではお湯のオマケだったサウナが、
メインステージに立った瞬間かもしれない。

デザインされた照明、木の香り、
麦飯石の強烈な輻射熱、柔らかく凶暴なオートロウリュ。
番台のDJブースの音楽がサウナ室でリアルタイムに聴ける仕掛け。
キンキンに冷えた外の水風呂はまるでナイトプールのようなライティング。
見上げる空には、数年前まで薪の湯沸かしに使われていた煙突。

黄金湯というサウナの誕生は、日本のサウナ事情を変えるかもしれない。

「サウナはオマケ」みたいな扱いに、悲しいかな慣れていた。
高級ホテルに宿泊してスパのサウナに水風呂がなかった時、
ビジネスホテルの新館サウナがぬるくて旧館の方がセッティングよかった時、
悲しさの中にあきらめを含んだ喪失感を抱いてきた。
コーヒーも大好きな美食家がフルコースのディナーを堪能して、
最後のコーヒーがインスタントだった時の気持ちに近いかもしれない。

黄金湯は違う。銭湯サウナという歴史においても異端も異端だ。

美食の例で言えば料理と飲み物を同列に考える、
いわば「ペアリング」のような考え方でサウナを作っているとすら感じた。
オマケではない、風呂もサウナも風呂上がりも、すべてが体験のメインなのだ。

令和という時代の温浴文化において、
先端に立っている感覚を味わえるサウナだと思う。
これから新しくサウナを作るすべての人々に来て欲しい。

外資系ホテルや大型スパ銭じゃなく、街の銭湯がこのサウナを作ったんだ、
こんなロックなこと、そうそうあるもんじゃない!

続きを読む
46

SaunaCamp.

2020.08.04

34回目の訪問

スカイスパYOKOHAMA

[ 神奈川県 ]

19時アウフグースにギリギリ到着すると、
スタッフさんから「満席です」という無常の宣告。

こういう時代だし人数制限はやむなし。向かっている時点で想定はしていた。
途中入室可、つまりだれかが出るのを待つだけだ。
ノープロブレムだ、ノープロブレム。

そわそわしながらタオル一丁で待つのは落ち着かない。
目の前で行われるアウフグースを、文字通り指を加えてみている。
なかなか出てくる客がいないが、ノープロブレムのはずだ。多分。
それにしても誰も出てこない。今日の客は全員サウナ鬼強レスラーなのか?

1名出て、やっと入室する。ちょうど拍手、終了の合図。
うん、ノープロブレム。残り香でなんとかする。全く問題ない。
こっちは覚悟してきてるし、次の回もあるし。

諦めていたところアウフギーサーさんから、
「1杯だけ追加でかけさせて頂きます、まだ仰がれていない方いますか?」という声!

はい!!俺です!!俺まだ受けてないです!!!!!!!
心の中で絶叫しながらスッと挙手。
全然ノープロブレムじゃなかった、めっちゃ欲してた。

そこからのアウフグース、もう、グッと沁みた。
最初から受けてたヤツより絶対に気持ちよくなった自信ある。
きっと「満席です」からのしょんぼり入室をみられてたんだな…。
後ろに並んでた数名も無事にアウフグースを受けられた。
全員すごく穏やかな顔をしていたと思う。

スカイスパにくると時たま出会う、こういう小さい奇跡が死ぬほど好きです。

続きを読む
25

SaunaCamp.

2020.06.02

71回目の訪問

スパ&カプセル ニューウイング

[ 東京都 ]

自分にとっては3月11日ぶりの錦糸町ニューウイング。復活初日、どれほどのファンが押し寄せるのかと少し警戒していた。「日帰りは2hのみで最終受付19時」ということで宿泊予約して21時以降に行けば空いてるだろうと踏んでいたが、我慢できずに20時すぎに浴室へ。

目を疑った。棚に1つしか、正確には「神戸」にしか荷物が置いてない。なんてことだ。ぼく「木更津」を入れて、あの広い浴室を2名しか使っていなかったのだ。

もちろんボナサウナもテルマーレ改も貸切状態。めちゃめちゃに大満喫して水風呂プールで我ぞ錦糸町のイアンソープ(そういう店名マジで当時ありそうだな)と言わんばかりに大遊泳かましてオヨダ脳汁ドバドバの大ととのいしてやったものの、その反面でなんかこう、寂しい。

食堂にも人はほとんどおらず、館内はひっそりとしていた。おそらくこの夜に滞在したお客さんはぼくを入れて数名なのだろう。常に貸切状態のサウナを満喫し、誰もいない漫画部屋でゴロゴロし、久方ぶりのNWを舐れた。

ニューウイングは他のサウナ施設と比較しても、かなりしっかりとコロナ対策をしている印象を受ける。そこら中にアルコール除菌あるし入館制限もすると宣言してるし換気できるところは全部開いてるし定期的な除菌タイムもある。

「新しい生活様式」にしっかり取り組んだ結果、声高に宣伝もせずということが、この人数になったのかもしれない。ならば客が言うしかないかなと思い、サ活を書いた。判断は人それぞれ。だから、事実だけを伝えようと思う。きっと少しずつ元に戻るとは思うけど、それでも、なあ!?

続きを読む
86

SaunaCamp.

2020.03.20

3回目の訪問

続きを読む
3
続きを読む
1
続きを読む
1