2019.06.24 登録

絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

西湘アングラー

2021.05.15

27回目の訪問

湯花楽秦野

[ 神奈川県 ]

今回最後のスマイル銭湯で土曜だけど600円入館

此処に来るとほぼ毎回当たり(客入り)だったけど、土曜の夜はそうもいかなかった。

土曜の夜じゃどこもそうだろうし、でももしかしたら近隣?(どこからどこ?)のスーパー銭湯?(宿泊有るとこは対象外なの?)の営業時間短縮による影響があったりして?

とにかく混んでた。1セット目はサウナ室満席。
テッペン付近なのにまだ客が入ってきてたし。


いつもはサウナ室の温度計は100℃とか指してるけど、一昨日の夕方は90℃とかで、その日はアウフグースもあったから、そのための調整かなと思ったりしてたけど、今日の遅い時間もまた91〜93℃くらいだった。

たしかにロウリュ有りとなるとこのぐらいの温度がちょうど良い感じはするけど、誰もロウリュしないと若干ヌルイ感じ。
そのせいで回転悪く、サウナ室満席が長いこと続いた説あると思った。

100℃の時は、一定以上水かけると慣れてない人だと耐えれないレベルの熱さで、チ○チ○痛くなるし、足の裏火傷するぐらいだったから、このぐらいの方が無難な感じはするけど、個人的にはやっぱり寂しい。

あの刺激が!!!

以前の感覚でそこまでやりまくれなかったけど、今の設定(でありますように。不調とかでなく)ならもっと水かけれると思うから、今度人居ない時に試してみよう。

  • 92℃
    16.5℃
続きを読む
18

西湘アングラー

2021.05.13

26回目の訪問

湯花楽秦野

[ 神奈川県 ]

今日は数日前からオアシスに行くと決めていた。

私にとってのオアシス。
その名も『オアシス御殿場』
文字通り〜とはまさにこの事。

オアシスは、行ってない時に「イキタイ」と押し寄せてくる気持ちがすごく強い。

だけど、いざ行ける当日になってみると「いや、今日オアシスじゃなくてもいいな」となることが多々ある。

今日もそうっちゃそうだけど、今回は訳がある。
湯花楽秦野がその“訳”を作っている。

期間限定『スマイル銭湯プラン』
…対象地域に住んでいる人は入館が500円 or 1010円で入館+食事処の一部のメニュー付き

『3と7がつく日はアウフグース』

スマイル銭湯プランで安くご飯が食べれて、アウフグースも受けれちゃう。
そんな訳で、いつもは寝る前のメンテナンスサウナで利用している、湯花楽秦野へ。

オアシスに行きたくて仕方なかったのに、それを押し退ける程、湯花楽の商売が上手だったという訳。

おそらく、スマイル銭湯とアウフグース、どちらか欠けていたら予定通りにオアシスへ行っていた。


17時過ぎに入館し、2セット目がアウフグース、その後もう1セットして、19時過ぎにご飯を食べに上がる。

悩みに悩んだ末に決めたメニューは、食べたことのある石焼ビビンバ。

その後は20世紀少年を読みながらまったり。
実は2Fサウナにいかなくても、階段の下にちょっとだけ漫画が用意されている。

食事処も含めて、館内は換気のためか若干寒く、足元が冷える。

2Fサウナ利用料を払って、館内着と大きいタオルをもらえば、それをブランケット代わりに出来るけど、今日はなんだかやめといた。

アプリのスタンプが貯まってるから無料でつけられるんだけどね。次回のお楽しみということで。

そしたら此処には足湯があることを思い出した。これで足元の冷えを解消出来るし、あったかいお茶を飲みながら漫画が読める。

以前はここでタバコが吸えたのが本当に惜しい。


オアシスは『サウナ屋』だから、ハナから長居することを前提としたサービスを展開していて、居心地が良く、ゆっくり出来るのは当たり前。

湯花楽秦野は所謂『スーパー銭湯』
だけど、スーパー銭湯でもサウナ屋並みにゆっくりすることは出来る。

オアシスのそれに敵わないのは当たり前だけど、ご飯付きで木曜のオアシスよりも安く、それなりにゆっくり出来た。

遊び方が上手くなったなぁと実感した日だった。

  • 92℃
    16.4℃
続きを読む
19

西湘アングラー

2021.05.07

12回目の訪問

OYUGIWA海老名

[ 神奈川県 ]

ご無沙汰しておりました。

3と7のつく日はロウリュイベントということで数日前から決めていた。

前回、二部制の第二部の方が暑そうだった記憶を元に、第一部の整理券を見送って第二部に参加。
(今回は第二部までで収まったけど、もっと人が多い場合は第三部、第四部?までやることもあるよう)

その結果、第二部の方はお目当てのシダネス登場!
今や、館内のポップや、お土産などはシダネスモチーフのデザインのモノで溢れていて、文字通りOYUGIWAの顔といった感じ。

そんなシダネス熱波は相変わらず独特の和やかな雰囲気を醸し出す口上。
この雰囲気が『OYUGIWAロウリュ』

相方は初めましての“みうらさん”
みうらさんは第一部から通しで実演していて、第二部の後半あたりから「暑い💦」と心の声が漏れ出し、「第二部の方が暑いですね💦」とも発し、熱波師の心境とは裏腹に、客側としては「やっぱり第二部参加で正解!」といった感じ。

それに熱波師が辛そうにしているのを見ると不思議と場の一体感が増す。
これは勿論、みうらさんが通しでやってるのをみんな知ってるからであるが、そうじゃないのに辛い感じを全面に出してきて場の雰囲気を作り上げるのがシダネス。
マニアの間ではもはや名人芸として認知され、客も案外それを期待していたりする。笑

まぁ本当にキツイんでしょう💦笑

客側も終了の合図と同時に退出するぐらいに極限まで蒸されて水風呂に浸かると、目の前でシダネスが服を着たまま頭にかけ水を行い始める。

これがOYUGIWAロウリュの醍醐味だと思ってる。

調子が良いと()目の前でスッポンポンになるところまで拝めるが、今日はそれは見れなかった。笑

水風呂を出て緑溢れる露天エリアの椅子に腰をかけ、目を閉じた。

外気浴が気持ち良い季節だし、平日の昼間のOYUGIWAはとても静かで、とにかく癒された。

今日も雨降りで、此処に来る時は雨の日が多い気がするけど、そんな曇った気持ちも、一瞬忘れさせてくれるシダネス熱波はやはり天晴れ。

尊敬する熱波師の一人です。

(おかわりいらない人!?出るかと期待してたけど出なかった笑)

  • 90℃
    17.3℃
続きを読む
15

西湘アングラー

2021.05.04

24回目の訪問

湯花楽秦野

[ 神奈川県 ]

セルフロウリュ用アロマオイルの試用。

GW終盤、さすがの繁盛っぷり。
今日は現地集合した友人もいることだし、言い出しっぺのクセにすぐに手を出さなかった“アロマボトルセット(600円)”をやっと購入。
(サウナには行くけど小銭気にするくらいの貧乏人なんです)

アロマは『熱波』を入れてもらった。
中身のみの補充売りだと、ペパーミントとローズミントは200円、熱波は300円なので、セット売りでお得なコレを選択。

だけどもう一つちゃんとした理由があって、割と最近他の施設(より道の湯)でこのアロマロウリュをぶつけてもらった時、今まで感じたことのないような肌の痺れのようなビリビリ感を感じたので、ジンジャーオイルの可能性を確認すべく熱波を選択。

結果、上から浴びるロウリュ(ぶつけてもらうものではなく)でも肌に感じるものがあった、気がした。。

アロマボトル満タン量のオイルで、設置のバケツの2/3くらいの水がちょうど良いとの説明があったので、その半分の量のアロマ水を作ってみたけど、説明通りにちょうど良い香り具合だった。
その量の水で、柄杓3.5杯分くらいになる。
残り半分はまた次回以降に使うつもり(貧乏性)。

ちなみに此処のサウナ室でかける水は、一度に2杯で十分にロウリュを感じることが出来、一度に3杯以上やると、慣れてない人では最上段でなくても暑過ぎると感じるようです。
また、ドアの開閉によるロウリュの漏れは少ないような気がしています。
(これは体感よりも自論によることが大きいです。一度展開していますが、またいつか展開します)
→水をかける前に室内のコンディションを確認しましょう。

そしてさらに情報を補足して、以下を本日のまとめといたします。

アロマ界において、抗菌、抗ウイルス効果を目的とした場合に真っ先に名前が挙がるのが“ティーツリー”のアロマだそうですが、先述した『熱波』はジンジャーとティーツリーのブレンドとのことなので、定期的に『熱波』をロウリュにより体内に取り込んで、みんなでこの時代を乗り越えましょう!

  • 99℃
    16.5℃
続きを読む
14

西湘アングラー

2021.05.01

23回目の訪問

湯花楽秦野

[ 神奈川県 ]

また来ちゃった。
定例だと順番的に今回は小田原コロナってところだけど、それを押し退けるぐらいに湯花楽気分だった。
てか、調子いいんだろうな、総合的に見て。

一昨日、土日祝日だろうが600円券をもらった(今回もまたもらった)ので、コロナの回数券節約的なこともチラついた。

湯花楽って、常になんかしらの割引がある。
来週?今度のスマイル1010は小田原市入ってるし。

肝心のサウナは、GW中で土曜ってこともあって遅い時間にも関わらずまぁまぁ混んでて、あんまりロウリュできなかった。
前回は相当暑くできたけど、やはり人入り次第ね。

と、ここでまた要望シリーズを展開します!
(店長は「忌憚なき意見はありがたい」と仰ってくれ、また実行もしてくれるので)

ロウリュ用ストーブは最奥にあるため、そもそもやりづらい(やるのがめんどくさい)位置というのはまぁしょうがないとして、そのすぐ前に座席があるため、そこに誰か座られると実質ロウリュ不可みたいになってしまうんですよね。
大抵の人はあそこに座られたら諦めると思います。
私みたいに図々しくて必死なやつはそれでも掻き分けてやりに行くんですけど、それでもまぁやっぱりやりづらい。

そんな訳で、バケツ置き場および座席の位置を調整して欲しいです。

その座席を無くす訳にはいかないでしょうし、ちょっと難しそうではありますが。。

それともう一点。
水をかけるのに一声かけるのを、実際に声を発さずに指差すだけで周りの人に意思表示出来る“そのようなポップ”でもあれば便利だなと思いました。

まぁそもそも、この水かけていいかの確認および、セルフロウリュ可能ということ自体が、なんとも言えないところであり、複雑ではあると思います。
実際、大体の人が自分しか居ないタイミングを狙ってやったりしているようですし。
(私は人が居てもかける。人が居なければ、かけまくる笑)
それ言い出すと、そもそも此処のサウナ室にロウリュが必要か(十分に高温)と言う話にもなってきちゃいますし。。

(そう言えば“黙浴”ポップは、さりげなくリニューアルされていたかも?それで思いつきました)

  • 99℃
    16.4℃
続きを読む
19

西湘アングラー

2021.04.22

25回目の訪問

スパリゾート オアシス御殿場

[ 静岡県 ]

木曜日は吸い寄せられるようにスパリゾートイン

なんだか一週間ぶりと思えないくらいに新鮮さがない。
一週間があっという間なのか、スパリゾートが落ち着き過ぎてそう感じるのか。


いつかやろうと思っていて出来ていなかったことを今日初めて試みた。

サウナの後の水風呂を上がったら、速攻で館内着を着てサイレントルームのリクライニングに着座して“ととのい切る”遊び。

これは以前、赤坂見附のサウナで覚えた、施設がコンパクトであるが故に可能であり、そこでの遊び方の王道とされていた手法。

此処スパリゾートは館内広く、浴室も広く、また浴室内に満足に休憩出来るエリアもあり、上述の施設とは色々と勝手が違うが、浴室上がってすぐにフェイス、バスタオルと共に館内着も用意されており、リクライニングまでも10歩ほどで到着出来るため、一度やってみようと思っていた。

いざ、3セット目を終えたらそのまま速攻で体を拭き上げ、館内着を纏い、要らないだろうけど念のために白い方の毛布を手に取りリクライニングに着座。

結果、久々に『ととのいの向こう側』(睡眠状態)へ行けることが出来た。

お腹の空き具合と相談して、またこの手法で遊んでみよっと。
この手法のいいところは体が冷えないところ。
免疫維持のためのサウナで免疫下げちゃ本末が転倒ってなもんだからね。


そんなこんなで、起きてからタバコだけ吸いに上がって、水飲んで、今日はもう早めに帰ろうかとも思ったけど、有効期限が明日までの食事処料金から100円引きのLINEクーポンの存在を思い出し、せっかくだから利用しよう、ということで食べたことなかった毎月の人気メニュー常連である『とんぺい焼き』だけ頼んでみた。

とんぺい焼き…めっちゃ美味いのね。
そして思ったよりもボリューム(高さ)があった。
後は、鉄板焼餃子だなぁ〜

こーゆー地方メニュー的なのがあるのが嬉しいんだよね、スパリゾートオアシス御殿場の食事処は。


そんでもって、帰りの会計時にLINEクーポンを使うのをすっかり忘れた。
先週買って、翌日にすぐ無くしたマスクも買い直した。

  • 95℃
    15℃
続きを読む
34

西湘アングラー

2021.04.21

92回目の訪問

水曜サ活

天然温泉コロナの湯 小田原店

[ 神奈川県 ]

『絶対にゆずれない戦いが、そこにはある』と書かれたのぼりが並んでいた。

そう言えば、すぐ近くにマルハンが出来たので、そーゆーことかぁ、と思ったけど、「そこには」じゃなくて、「ここに」の方が良いよな〜なんてことを考えながらイン。

でも、コロナはパチンコで勝ったお金でサウナ入ったり、アカスリやったり、飯食ったり、カラオケやったり、映画観たり、サウナ入ったりと出来るから、絶対に負けて欲しくはないな、と思う。

そういえば初めてパチスロ機にお金を入れたのは、此処だったことを思い出した。

北斗の拳の一番最初(?)のやつ。
当時、誰でも勝てると言われていたイベントの日に、トントンで終わって、面白いおっちゃんにビール奢ってもらった記憶が蘇った。

噂の水曜イベントのアロマロウリュはミント的なやつで、オートロウリュが重なって、足の指にビリビリ来る感じがした。
マット交換のタイミングでやってるんだろう。

今日はなんだか満足度低いような感じでいたら、帰りがけになって掲示板を見つけて、設備の不調により温泉薄めであることを知った。
言われてみればって感じ。

頑張れコロナ!!パチンコやらんから良く分からんけど!

  • 85℃
    15.8℃
続きを読む
49

西湘アングラー

2021.04.17

21回目の訪問

湯花楽秦野

[ 神奈川県 ]

ついに予定が合いました。
初めての湯花楽アウフ!!

そして『サウナ×鉄板焼き』

前回、友人と来た時
「あーそうだったね、此処は鉄板焼きが出来るんだったね。昼から優勝したいね。」
ということで、優勝計画を考えていたところ、今日は7のつく日でアウフグスもあるぞ!決まり!

いつもの友人に加え、普段サウナ入らないけどグリーンサウナには連れて行ったことがあり“ととのい方”は知っているバカを連れて訪問。

昼頃の湯花楽には初めて来たけど、土曜にも関わらず超静か。浴室には年配の方がまぁまぁ居られるけど、とにかく静か。雰囲気が最高。

そんなこんなしてると3セット目あたりで若者連中が増え始め、そいつらをギリギリかわすようにして入浴完了。(我ながら上手)


お目当ての鉄板焼きブースは食事処最奥にあるため、一品ものを頼んだり、飲み物を追加したりする度にカウンターまで行くのはちょっと億劫で、また注文するにはカウンター近くの券売機を利用する必要があり、そのために現金を持っていかなきゃいけない。
今後頻繁に利用するとなれば会員カード(プリペイド機能有)は必須であることに気付いた。

3人で『コロナ禍のもんじゃ』を楽しみ、私は以前からずっと食べたかった石焼ビビンバで締めた。

飲み物は、生搾りグレープフルーツサワーがあるのが嬉しい。

温浴施設での鉄板焼きは、館内着(岩盤浴着)で食べるから、鉄板焼きの最大の敵である臭いが服に付かずに済むというところが最大のメリット。
(結局もんじゃ一品しか焼かなかったけど)

ただ、唯一失敗というか、優勝しきれなかった点として、雨降りの今日は、館内着(岩盤浴着)だけでは寒くて、宴をしている間に体が冷え切ってしまった。

〜肝心の湯花楽アウフ〜
担当は評判の『腰抜け』こと斎藤店長と広田さん。
広田さんは宴の時に食事処で働いているのを確認していた。

店長は、途中で逃げ出すことをウリ(?)にしているようで、私ももちろん逃げ出す所を期待していたが、どうも今日は調子が良かったようで、逃げ出す所は見れなかった。笑

しかし、初めて実際に受けてみて感心したのは、やりながらまぁよく喋る。
やりながらあれだけ喋っていたら、逃げ出すこともまぁあるかもな、と思った。

JN魂は秦野の地でしっかりと受け継がれていた。

でも店長、明らかに只者ではないガタイの持ち主なので、今後どうしていくか分かりませんが、客としては期待しています!

私も、湯花楽秦野を応援します!!

(アロマの件、賛同される方が他にもいっぱいいたようで安心しました)

  • 95℃
    17.2℃
続きを読む
13

西湘アングラー

2021.04.15

24回目の訪問

スパリゾート オアシス御殿場

[ 静岡県 ]

これだよこれえええええ!!!!

随分ご無沙汰で、数えてみたら35日振りのオアシス。
食堂でヨッシーに「久し振りですね。ダメですよ、もっと来てもらわないと😃」と指摘されたけど、それにも関わらず10分くらい迷って決めたメニューがメンチカツと味噌汁で420円也。

ましてや木曜メール会員の日。細客ですんませんw

あ、でも今日は、普段滅多に気を取られない、“温浴施設のフロント前アイテム”に気を取られて、迷った挙句に買ってしまった。

『接触冷感マスク』

水に濡らして使うことを前提にしていて、こりゃーありそうで無かったなぁ?ということで、早速使ってみたけど、感想は「微妙」。

普段、どこでも忍者巻きだけど、その後忍者巻きしてみたらそっちの方が息苦しさがなかった。

まぁこれからいろいろな使い方を試してみよう。

なんつって、これを書いてるのは訪問日の翌日の今日なんだけど、今日、見事にマスク無くした。。超ショック。またオアシスで買うか。
それか、小田原コロナとかでもそのうち売りそう。


話飛ぶけど、私はお気に入りの施設に対して、「チャンピオンサウナ」とか、「一位」とか、サブタイトルみたいなのをつけがちで、オアシスはまぁ「キングオブサウナ」とかでもいいんだけど、私にとってどんな所かってのがやっと分かった気がする。

「一番ゆっくり出来る所」


最後にサウナあるあるを言わせてください。

「サウナの後の千切りキャベツ美味過ぎ。」

  • 94℃
    28℃,15.6℃
続きを読む
21

西湘アングラー

2021.04.10

20回目の訪問

湯花楽秦野

[ 神奈川県 ]

湯花楽秦野の進化が止まらない!!

私が気付いた箇所でテンション上がったものを幾つか。

サウナ室の柄杓変更、ロウリュ用ストーブに石(ケルケス)増量

私がサウナイキタイにて指摘してしまって、すぐに対応していただいちゃったかもしれないヤツですね💦

これ、相変わらず悪い癖と自覚してはいるんですけど、一般的な意見との認識で書きました。
その結果、すぐに対応いただいて、私からはもちろん感謝しかありません。
ありがとうございます。

あのケルケスはJNの魂が入ったものなのか、気になるところではあります🤔


炭酸泉とカランの間の壁沿いにデッキチェア設置

もしかしてこれは、JNのあの涼しい所(リフレッシュサウナだったっけ?)に置いてあったやつなのでは!?

私は気付かなかったけど、他の方のサ活によると露天エリアにもデッキチェアがあったとか?
でも私的には屋内にあるのがとても嬉しい。
また、カランがすぐ近くにあるから、人が使ってなければシャワーで流すことが出来るってのがまた嬉しい。


そんなこんなで、2セット目をかけ水だけしてから露天で外気浴、3セット目でガッツリとデッキチェアに寝転がって、久々に爆ととのいな感じだった。

かけ水だけにするってのも、かけ水が冷たくて、露天までが近い、此処の楽しみ方だよなぁ。

(露天までの二重扉のスペースの椅子は誰か利用するのだろうか?笑)

  • 98℃
    16.2℃
続きを読む
14

西湘アングラー

2021.03.24

1回目の訪問

立ち寄り温泉 伊豆高原の湯

[ 静岡県 ]

『フィンランド×ジャパン サウナ』

こんなところに真の『SAUNA』があった。の巻

伊豆方面へ車を走らせると必ず見る、あの看板(泥パックを塗ったお姉さん)のスーパー銭湯温泉。
観光客向け施設でサウナなんてないんじゃないかという勝手なイメージで、あまり気にしていなかった此処。

コンパクトな内湯から露天エリアへ抜けようとする間仕切り部分に入口があるサウナ室。

対流式ストーブでTVみたいなものは勿論なし。
あるのは地元の常連のパイセンたちの情報交換や昔話。

土地柄観光客が多いかと思いきや、平日夜の常連さんたちのまーー多いこと。
入ってくるお客さんは年齢もバラバラだけどみんな挨拶していた。みんな。

浴室設計が毎日サウナに入りに来る人らをターゲットにしてる感じで、それはフィンランドのサウナを基に設計されたんだろうなと思った。
フィンランド行ったことないし勝手なイメージだけど。

水風呂は外。露天に出て一番近い位置にある。
すぐ近くに椅子もたくさんあり、サウナ室を出てきて水風呂を経由せず外気浴を楽しむ年配の方も居たりしてフィンランド式の策略がバッチリハマってる感じ。

常連さんたちが1回転以上するくらい、割と浴室に長居してしまったけど、どの時間帯の常連さんたちからも必ず名前が挙がる、山口さん(仮)
恰幅良く、ちょっと派手なネックレスをつけていて、当時、三つ隣の町くらいまでも含めてケンカさせたら誰も敵わない、として知らない者はいなかったそうで、今は銭湯の男湯のヌシ(一番の人気者)の風格。
こんな話をたまたま聞けたけど、多分この話、何十回もされてきたんだろうな、と思った。
(当時のエピソードを話す知人の語り口がモノマネチックだったから確定)

当時はかなりヤンチャだったけど、今は十分真面目じゃねぇか!仕事もちゃんとしてるしよぉ!と語る山口さんだったけど、山口さんが上がった後に登場した常連さんによると、マット交換で現れたお姉様にちょっかい出したりしてるそうだから、今でもヤンチャだった。笑

(マット交換はお姉様は一切手を付けず、常連さんたちでほとんどを終わらせていて、私も一応参加した笑)

いやーしかし、こんな所にこんな形のサウナがあるとは。
温泉も、てっきりしょっぱいのかと思ってたらクセが無くて、ほのかに甘い香りがした。好き。
でも飲泉は甘くなくて、むしろ硬めの無味だった。

泥は、有効成分をって事じゃなく、キレイにするって感じだった。でも面白い。

昼行くなら絶景の赤沢温泉、夜ならフィンランドノリな雰囲気を味わうために此処って感じかな。

おじゃましました。

  • 85℃
    17℃
続きを読む
50