Carat2

2022.12.07

3回目の訪問

深夜の仕事が中途半端な時間に終わった。
終電は既に終わってる。
始発にはまだまだ時間がある。
深夜営業してる飲食店は始発の1時間半前に閉まっちゃうし、近くには銭湯はあるけど深夜でも入れるような浴室は無い。
タクシーで帰ろうか…ウチまでどれくらいの距離なんだろう…とGoogleマップを開いてみたら、、、小岩駅まで自転車でなら20分くらいなの?
じゃあ小岩まで移動して、昭和なあのサウナだな。

一年振りくらい?久しぶりのニュー小岩310。
到着したのが浴室清掃の真っ最中。
一旦リクライニングでひと休み。。。ということは、清掃直後の浴室が使えるってこと。。。残念だけどラッキーといえる。
清掃が終わる頃に浴室に降りてきて、洗体を済ませたらお湯に浸かってリラックス。
下茹でが完了したら、サウナ室。

ストーン型の乾式ヒーターが放つ熱は、カラカラと言うよりはパサパサと言った方がハマりそうなくらい乾燥した100℃超え。
イマドキの流行り(?)なんて何処吹く風…といった、いわゆる昭和ストロングってヤツ。
水風呂がしっかり冷たいのは嬉しいし、何より『ほぼ無人の浴室』『サウナ室を独り占め』な状況が嬉しい。
浴室清掃をするくらい深夜だから当然かもしれないけど。

間にお湯も挟みながら、やや深めにじっくりと3セット。
気づけばそろそろ始発が動き出すか。。。

『自転車なら20分で小岩』って事に気づいて良かった。

43
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら

サウナグッズ