もれちゃん

2019.11.14

1回目の訪問

まだ雪降る様子ないし、休みだし少し足を伸ばしてちょっと遠出するかーとサウナイキタイで見て気になっていた、まだ行ったことのないこちらへ車で向かう。
雪が積もる前に今のうちに遠出しちゃえーと思って行ったのに、峠に差し掛かったところで唐突に猛吹雪に。この状況で峠越えるのは怖かったが、もう後戻りできないのでそのまま突き進んだ。
ここはスーパー銭湯的施設だが、道の駅の一部で、ナビは道の駅を指すのだが道の駅とは別の道から山を登らないと温泉には到着しないので少し戸惑った。
しかし初めて来る施設はいい。いつもワクワクする。フロントのお姉さんが美人で入るなり9割ととのう。
いざ浴室へ、洗い場が上がり湯をコの字型に囲んでいて面白い作りだった。シャワーが針のように刺さってきて痛すぎて最高。痛いシャワーは貴重。壺湯が浴室内にあるのは初めて見た。露天にあるのしか見たことないので面白かった。
露天は電灯1本だけで暗め。オレンジの明かりが雪を照らすものの真っ暗で、雪が降るなかすごく落ち着く環境で外気浴に期待が高まる。
いざサウナ、14人ほど入れる広さだが8人も入ればかなり窮屈、地元のおじさま達が多いが初めてみる顔の俺にも場所を譲ってくれる。北海道の田舎のサウナは大勢の常連のじっちゃんが占領して普段見ない顔には一切譲らないようなところもあるのでホッとする。(これが普通なのだが)
室温90度。デカめのストーンストーブで、ストーブ前に座るとアツアツでたまらん。
ただ、サ室のニオイがちょっと…どうやらストーブからにおっているようだった。
水風呂は温泉水をイオンなんちゃらした水とのことで濁っている。温度は14度以下か、キンッキンに冷えている。ひゃっこ〜い!こりゃ冷たくてたまらん・・・
水風呂横にはこれまた上がり湯をコの字型に囲んだ石の休憩スペースがあり、サウナー向けの施設と感じた。足元にはけっこう効く足つぼマットがひかれているのも良かった。
さて、外気浴。道の駅の看板では気温マイナス3度となっていた。露天にはととのいイス1席とベンチがあり、少し雪の積もったととのいイスにお湯をぶっかけて雪を溶かし座った。氷点下の雪が降る中の外気浴はそりゃあもう文章で表現するのは不可能の気持ちよさであった。これは冬の北海道でしか体験できない気持ちよさだろう。
平日の夕方のわりにけっこう混んでいたが、寒いからか露天風呂に来る人は1人もいなかった。ほとんど露天は貸切状態であった。
2セット目は水風呂カットで即外気浴、それも良かった。
サ室のテレビで北海道暴風雪警報とみて怖くなって急いで帰った。3セットしたが良い施設なのでもう少しいたかった。また来る!

もれちゃんさんのチロルの湯のサ活写真
もれちゃんさんのチロルの湯のサ活写真
もれちゃんさんのチロルの湯のサ活写真

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 12℃
43
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら

サウナグッズ