サウナ金融マン

2020.03.15

1回目の訪問

【1300km先のサウナを求めて……サ旅北海道編④】


白銀荘でバスの時間まで昼寝とスケジュールを立てる。


上富良野から旭川に行くルートは意外と無い。ただ30分後に来るラベンダー号で旭川に出れる。


そんなこんなで何とか上富良野到着後、駅でサ活を投稿しながらバスに乗る。


これで移動難民にならないと安堵してまた睡。


ノープランサ旅というのは、アタマフル回転の緊張→サウナで安らぎ→爆睡のサイクルになのである。


ようやく旭川に。旭川ラーメンでも食べようかと思ったが、けっこうカラダも疲れている。


でも旭川サウナ入っておきたいよねってことでスパ・アルパへ寄り道。


かのOMOセブンでもいいかなって思ったけど、ホテルサウナは帯広で済ましているから避けた。


遠赤外線サウナで無観客大相撲も観ながら、汗に流す。


入口に「バスタオルは巻いても巻かなくてもどちらでも構いません」もあったけど、


北海道サウナ文化はバスタオル巻くのが普通なんだと勉強になる。


水風呂もジャグジータイプで気持ちいい。


休憩椅子も


「なんでそんなところに堂々と置くの?w」と
思わせる配置が印象的。


有り余るスペースを存分に活用する北海道の性なのか。


こんな感じで旭川サウナ終わるのか……と思っていたらスパ・アルパはそうさせなかった。


ミストサウナだ。このミストサウナは面白かった。


ミストサウナとは思えないくらい、強気な温度設定。


足水用のトトノイ椅子の他に、5脚程度椅子が広いミストサウナ室に散在している。


面白い。実に面白い。足水に浸かりながらそう思う。


するとおじさんが入ってきて、椅子にも座らず床でストレッチするではないか。


東京には広くストレッチができるミストサウナってあまりない。


小生はすかさず流れになって、床で大腿四頭筋をほぐすのである。


乳酸を分解させた所で水風呂。完璧。


サ旅も後半にさしかかり、カラダに疲労がきているなか、スパ・アルパは休息を与えてくれた。


休憩室もシンプルで小生の好み。


もう少しダラダラしたかったが、特急列車の時間が近づく。


旭川サウナもレベル高いな〜と思い、ノープランサウナ旅は最終章、札幌すすきのに向かうのであった。[完]

68
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら