絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

ゴロリ

2021.02.12

4回目の訪問

サウナ&カプセルホテル レインボー新小岩店

[ 東京都 ]

ミッキー山下が、レインボーを応援したい気持ちが前のめりすぎて、企画提出前から宣伝してた(!?)ロウリュイベントに参加。
浴室に入ると、ももちさん、まゆまゆさん、たいしょーさんなど、見知った顔と偶然偶然。なんでも、21時回が盛況すぎて、人の出入りで熱くならなかったらしく「ぬるかったね」と言われたのが悔しかったとか。おかげでサウナ室は120度。熱湯7リットルを用意する気合の入れよう。

当然、3段目から悲鳴を上げて人が逃げていくのだが、あいた席に下から人を上げて座らせようというミッキーのドSっぷりよ。下の段、授業で当てられないように目線を外す生徒のように、妙な緊張感が漂ってたのが面白い。
しかし、3段目で耐え抜いていた人のガード用につけていたタオルやサウナハットを剥いでから熱波を送る「追い剥ぎロウリュ」はヒドすぎるwww
2段めに座ってた俺も追い剥ぎにあって、身の危険を感じて即逃げ出した。

そんな地獄のような状況でも3段目で耐え抜いた、「今日も帰ってこない」で定評があるたいしょーさん。

「ぬるかった」煽りを続いて行ったため、ミッキーも悔しかったのか
、23時半の回では団扇を持ち出してピンポイント攻撃。苦悶の表情で2段めに転げ落ち、出荷を拒否する子豚のように四つん這いで耐え抜いていた。
途中、ミッキーが抜けて水を浴びに行ってたので、たいしょ―さんの勝利。
終了後、肩が真っ赤になっていたので、絶対に真似したくないwwww

サービス精神と男気あふれるイベントだった。ミッキーGJ!

続きを読む
19

ゴロリ

2021.01.31

39回目の訪問

アクアプレイス旭

[ 東京都 ]

チェックイン

続きを読む

ゴロリ

2021.01.30

63回目の訪問

サウナセンター

[ 東京都 ]

チェックイン

続きを読む

ゴロリ

2021.01.30

38回目の訪問

アクアプレイス旭

[ 東京都 ]

チェックイン

続きを読む

ゴロリ

2021.01.26

21回目の訪問

天然温泉 湯どんぶり栄湯

[ 東京都 ]

今日も今日とて、レジェンドプリズンは阿鼻叫喚だった。
客を客とも思わぬ女看守は、怒声をあげながら次々と囚人たちを二段目で立たせる。
なぜか、毎度望まぬ特別待遇を受ける俺は、二段目立ちはないものの、「着てないからセーフ」という、レジェンド謎理論でタペストリーと称した顔Tシャツを掲げられ、アロマ水を顔射されまくる。なんの辱めだよ!

ロウリュするたびに、二段目立ちん坊囚人たちの呻き声が上がる。よく見たら、この店で一番偉いはずの若旦那も囚人になって立たされてた。なすがままかよ!

余りに長い責め苦に、次々と脱獄する囚人たち。終盤は10人中3人しか残らなかったが、立たなかった(精神的責め苦だけだった)ので、なんとか満期出所に成功。

合計20分くらいサウナ室にいたので、いくら水風呂にはいっても熱が引かない。
5分くらい入ってると、すごいディープなととのいがやってきた。椅子に座っていると、水が流れる音が妙に強烈に耳を刺し、シャーーーーーという幻聴が聞こえる。重力が倍になったような錯覚を覚え、鼓動をーが打つ度に絶頂の脳汁が体内を駆け巡る。平衡感覚が失われ、手足が痺れる。キンキンの外気でもはや寒いのだが、いつまでも収まらないので、そのままずっと快楽におぼれ続けた。

終わった後、炭酸泉で5分放心。
過去最高にととのったかもしれん。
色々辱めをうけたが、最早どうでもよくなった。(^q^)アウアウアー

続きを読む
67

ゴロリ

2021.01.23

58回目の訪問

サウナセンター

[ 東京都 ]

チェックイン

続きを読む

ゴロリ

2021.01.21

57回目の訪問

サウナセンター

[ 東京都 ]

サウナセンターで、最も熱いのは、21時の根本さんのロウリュだろう。
この時は、普段は7分くらいしか入れないアロマ水が入ったバケツが、並々についだ状態になる。

痛い目にあった人が多いのか、3段目は中々埋まらず、2段目、1段目と満席になっていき、最後に入ってきた人は3段目しか空きがなくて、顔を歪めていた。
1~2巡目は普通なのだが、3巡目でアロマ水をかけると、2段目に座っていたのに、背中が激しい痛みを感じる。
「えー、普段はここで終わるんですが。最後の回ということもあり、もう少し熱くしていきます」と耳を疑う言葉を聞いたサウナーが、バラバラとサウナ室から逃げていく。そして、俺も耐えられず水風呂へ。

はーーー極楽極楽。

気持ちよかったので、2セット目をやって、水風呂を味わうために体を洗っていたら、ぺちゃくちゃうるさい、2人組のドラクエ(2でいうと、ムーンブルクの王女と合う前)くんたちが。

席を外すかーと、浴室をでていこうとすると、入り口に張り紙が。
『お客様にお願いするのは大変心苦しいですが、浴室サウナ室で大声で話したり、迷惑がかることはやめてください。コロナ禍なのでどうかご理解よろしくお願いします(うろ覚え)』

きたあああああああああ!!!
頑なに張り紙をすることをしてこなかったサウナセンターが、とうとう張り紙を!!

ロウリュ前に注意を入れるのはしていたものの、張り紙がなかったので、これまでは客同士の注意はしづらかった。でも、これがある以上、彼等は施設のいに沿わぬ客ということになる。

ふっふっふっふ。
相手は2人組の王女と会う前の低レベルパーティ。
こちとら、重量級ボストロール。
「あの~、もう少し声のボリューム押さえてもらえますか?」
と、つうこんのいちげきを食らわしたら、おとなしくなり、気まずくなった勇者たちは消えていった。

勝利。

ドラクエくんたちを見かけたら、どんどん(優しく)エンカウントバトルに持ち込んでいくことを心に決め、サウセンを後にした。
腹が減ったので、帰りに牛丼を買って公園で食ったら、美味かった。

続きを読む
65

ゴロリ

2021.01.15

20回目の訪問

天然温泉 湯どんぶり栄湯

[ 東京都 ]

今日も、恥辱にまみれながらととのった。

月曜日に訪問した際、若女将さんのオススメでレジェンドさんの熱波イベを予約したので来訪。中に入ると、泥酔配信者のミッキー山下くんや、はじめましてのかべおさんとみずさんと、偶然偶然。
さすがの集客力だなーと感心していると、飄々とレジェンドさん登場。
「今日はTシャツで仕込まなくていいからね!?」「わかった」と事前に言葉をかわしたのに、拭えぬ一抹の不安。

サウナ室に入ると、とくにそんな仕込の素振りはなく、ひと安心。
主導オートロウリュから、本格ロウリュに切り替える時に手にしたものは、タオルではなく…Tシャツ!?

おい、なんで俺の顔が書かれたTシャツを手に握ってるんだあああああ!!
「今日はこれで振っていきます」

オイイイイイッッ!!!
「あ、これですか?これは、ジャパニーズッサウナアイドルッゴォロリッ!!J/S/I/Gです!!もう一枚ありますんで、裏表でリバーシブルにして~~」

確かに、Tシャツは着てないけど、そんなトンチやめて!!!!
「これで、みなさんに、風を送っていきます」

くっ…!!ころせ!!!(オークに襲われる女騎士のキモチ)

ブワッ

あ、普通にいい風送ってきやがる…上手い…。
ネタだと思ったのに、Tシャツアウフグースで2周3周とずっといじくり倒されているうちに15分経過し、限界で離脱。途中腕を掴まれたけど「ムリムリムリムリ」といって逃げ出した。

はああああああ!!!悔しいけど、今年1ととのってしまった…。
覚えておけよ!!!倍返しだからな!!

続きを読む
77

ゴロリ

2021.01.11

19回目の訪問

天然温泉 湯どんぶり栄湯

[ 東京都 ]

チェックイン

続きを読む

ゴロリ

2021.01.09

56回目の訪問

サウナセンター

[ 東京都 ]

南大門に行こうと思っていたが、緊急事態宣言もあり、延期に。こんな時は、ホームサウナで過ごすのが良いだろうと、15時半くらいにINN。

入館処理を終えると、バックヤードから吉田部長が顔を出して笑顔で迎えてくれる。こういう気遣いはとても嬉しい。帰る時も送ってくれた。

8時間滞在なので、もうヤミツキになってきた昼カプを確保。家で昼寝してから来たのに、すげー眠くなる。マジでよく眠れるな。自宅より眠れるかもしれん…。

16時のロウリュを受けて、食堂でハイリキとモツ鍋などを頼んでプチ豪遊。スタミナピーマン×納豆、スタミナピーマン×ゆで卵は酒が良く進む!そしてモツ鍋。至福過ぎて、写真を撮って嫁さんに送り、軽く煽る。フハハ愉快。(あまりやると、本気泣きされるからほどほどにしておいた)

満腹になったので、カプセルで仮眠。
いくら寝ても、睡魔が襲ってくる、春の風のような優しい暖かさはたまらん。

19時のロウリュを受けて外気浴に行くところで、サウセンのヌシ、コーダさんと偶然偶然。普段なら、食堂で軽くご一緒するところだが、20時で締まってしまうのが残念。

熱波師のマスザワさんに、以前から気になっていた疑問「なんでアウフグースやった後、湯船につかっているのか?」と尋ねてみた。何でも、従業員用のクールダウンができる屋上が寒すぎる為らしい。納得w

今日も1日、楽しかった。
サウセンはいつ来ても満足度が高いので、外さない。6階のトイレがいつも臭いの以外は、全部好き。

続きを読む
52

ゴロリ

2021.01.07

26回目の訪問

東上野 寿湯

[ 東京都 ]

肌を刺すような、0度近い寒気。
自転車で走っていると、たわわな天然防寒具をまとったその身でさえ、底冷えしてくる。

こんな日は、寿湯の熱湯と塩サウナが良い。

冷え切った身体に、42度の熱湯は強烈で、一気に縮こまった血管が開くので、痺れどころか痛みすら覚える。そして、そこからの塩サウナ。深夜1時近いと、利用者も減り、出入りがなくなるので温度計は112度を指していた。くっそ熱い!更に、部屋の中のシャワーを壁にぶちまけ、蒸気を発生させる。熱で痛くなる。0度からの3桁への強烈な温度変化に皮膚が悲鳴を上げる。ぐっとこらえて、心の中で井上さんの108回ロウリュを再生する。
「…5.6.7.8!!寿湯サイコー!ワオーーーー!」
脳内井上氏が雄叫びを上げた瞬間に、引絞ったゴムの様な勢いで塩サウナから飛び出るデブこと俺。
シャワーで塩を流し、洞窟水風呂に身を沈める。コンコンと水面に注がれる清水が響き渡る音で、時がゆっくりと流れる気がした。

そして、露天での外気浴。
椅子も床もクソ冷たいので、露天風呂のお湯をぶっかけてから座る。さっきまで痛かった冷気が、火照った身体から適度に冷気を奪ってくれ、真冬のサウナ体験を、より一層素晴らしいものにしてくれる。

寿湯は四季が感じられる、良い銭湯だなぁ。

続きを読む
13
続きを読む
28