2021.02.03 登録

  • サウナ歴 5年 4ヶ月
  • ホーム 天然温泉 延羽の湯 本店 羽曳野
  • 好きなサウナ
  • プロフィール 浪人時代に「魚介類」と「ラジオ」と 「村上春樹」を教えてくれた予備校の友人。 彼が刺青の人たちのいる神戸の銭湯で 「温冷交代浴」を教えてくれた。 それ以来サウナ好きになりました 色んなサウナイキタイ。
絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

ヤマモト

2021.06.22

1回目の訪問

前職場の仲間と来店。
延羽は最近、サウナに注力しているそうな。

2ヶ月ぶりに訪れたのだが、
確かにびっくりする程熱くなっていた。



リニューアルによる休館前日だったが比較的空いていた。

私と仲間は1時間ぐらい露天辺りで
長風呂していたが、サウナ室はほぼずっと満室。

20時半のロウリュウ直前にサウナ室にIN。
一番奥の角、最上段が空いていたので座る。

私と連れで満室になる。
ロウリュウが始まるまでに何人も門前払いを食らっていた。


若い男性スタッフ2名が担当だった。

短めの口上の後、スタッフがアロマ水にかける。
その瞬間!耐え難い熱が全身に纏わりつく。


「あッ!めっちゃ熱いッッ!!!」


そばに座っていた私を含めた数人が
あまりの熱さに顔を顰めた。

温度計は確か90℃辺りを指していたが、
体感温度はもっと高い。

アロマの蒸気がひと通り循環すると、
スタッフに大きな団扇でひとりずつ扇ぎ始める。

私の番がくる。
若いスタッフが目の前で容赦なく熱波を送り続ける。
全身の表皮がひりつき、乳頭に通電されたような感覚が走る。

気がつくと汗でずぶ濡れになっていた。

スタッフが全員を扇ぎ終えると、
数人が一目散に退室。


2度目のアロマ水がかけられる。

アロマ水のかけ方も変わっていることに気づく。
柄杓から少しずつ溢すような感じで回しかけていた。

ものの数秒で先程より強烈な熱気が
サウナ室内に充満する。


こッ、これはあかんッッ!!!
手を組んで項垂れるような姿勢になる。

横に目をやると、この期に及んでバンザイの体勢で熱波を浴びる者もいた。


もう一度、団扇で扇がれる。
側から見た私は、恐らく桃色に発光していたのではないかと思う。

スタッフが〆の挨拶をすると拍手が起きる。
そして一斉に皆が退室。水風呂に飛び込む。

半ば本能的に冷たさを欲していたのだろう。
浸かってすぐ、ととのいに近い感覚がやってくる。


1分ぐらい経ったとき、先程私に熱波を送ってくれたスタッフが
今度はさも当然のごとく氷を水風呂に投入し始めた。


氷塊が漂う水風呂はとてつもなく冷たく、
思わず猫のような声を発してしまった。

側から見た私はあずきバーのように固くなっていたに違いない。


水風呂を飛び出てベンチに腰かけると、
すぐさまととのった。
もう1S行きたかったが終始満室。でも満足。


リニューアルを心待ちにして、
7月中の再訪を仲間と誓った。

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 16℃
49