絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

Otsuka Akihiko

2020.11.01

2回目の訪問

つま恋リゾート 森林の湯

[ 静岡県 ]

チェックイン

続きを読む

Otsuka Akihiko

2020.09.22

1回目の訪問

森のかおり

[ 青森県 ]

みちのく潮風トレイル帰り、夜の新幹線までの待ち時間に八戸でお風呂イキタイと探してたら発見。サウナイキタイの書き込みを読んで面白そう〜と思いこちらの温泉銭湯へ。本八戸駅から徒歩15分くらい、運動公園の裏手。
実際かなりユニークだった。壁も床もカランも浴槽も全面板張り、木造で木の香りに満ちてる(青森と言えばヒバ?)。経年で浴室が全体に焦げ茶っぽい色あい、よくあるタイル張りの明るい銭湯とは対極的な薄暗さ、酸ヶ湯などの山奥の渋い温泉に来たかのような気分。これは落ち着く…。あとカランは40個、各浴槽もやたら広いのも驚き。
一方、フィンランドサ室内は新しい、白い木材(ヒノキ?)。ここのリョウリュウ(と書いてある)はサウナストーンではなく壁に水をかけて湿度を上げるフィンランド式だ(と書いてある)。ちょうどスタッフのおばちゃんが手動ポンプ噴霧器(農薬とか撒くアレ)を持ってきて、熱くなってる石タイル壁にチュッチュと丁寧に水を散布していく。ああ、たしかに湿度上がった…。室温80℃表示だったけど、たやすく発汗した。
水風呂も当然木の香り、下から湧き出るかたちでかけ流し。ととのいスペースは入口脇に畳の寝そべりスペースあり。まあ広いので、浴槽の脇とかにぼんやり座ってととのってても邪魔にならないと思う。
塩サウナのほうは、低温のミストサウナ。入浴前に番台で塩を買って持ち込むルールとのこと、今回は買い忘れた(惜しい)。
総合的に、銭湯価格なのにすごく面白かった。ヘタなスーパー銭湯よりも「非日常感」が味わえる。ここを日常的に使ってる地元の方はちょっとうらやましい。
ちなみになぜか下駄箱や脱衣所には、不動産屋の賃貸物件の貼り紙が大量に貼ってある。それもまた、非日常なのか日常なのかよくわかんなくてクラクラさせる。また八戸に行ったら寄りたいです。

  • 80℃
    19℃
続きを読む
26

Otsuka Akihiko

2020.09.20

2回目の訪問

侍の湯 きのこ屋

[ 岩手県 ]

チェックイン

続きを読む

Otsuka Akihiko

2020.09.17

21回目の訪問

続きを読む

Otsuka Akihiko

2020.08.29

1回目の訪問

京王高尾山温泉 極楽湯

[ 東京都 ]

チェックイン

続きを読む