2020.12.22 登録

  • サウナ歴 1年 11ヶ月
  • ホーム 別府鉄輪温泉 やまなみの湯
  • 好きなサウナ 合法的に寝転べるサウナ
  • プロフィール サウナと声優とプリキュアが好きな限界おじさん。日曜朝8:30とサウナ3セット目の休憩中に毎回限界を迎える。そんな悪い子はととのっちゃおうね〜
絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

サウナ:10分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
昨日の。

仕事終わり、ランニングするにも雨もパラついているので今日はルームランナーが使えるとこかな……と考えていたが、こちらの回数券の販売が11月いっぱいという事を思い出す。雨も小降りになりつつあったし、買えなくてもスタンプ2倍の日だからヨシ!と田川方面へ。

いつもの場所でランニング……が、雨足は弱まるどころか強くなる一方で、普段の半分程度走ったところで断念。正に暗雲立ち込める展開。

身体も冷えたのですぐに源じいの森へ移動。
回数券の掲示があり、購入の可否を確認。購入可能とのことで、1冊購入。よかった、そこまで悲しいことにならなくて。
さっそく1枚消費し、スタンプカードも2倍押ししてもらってから入浴。洗体、湯通しして暖を取る。

サ室へ。19時台だとまだそれなりに混んでいるという状況はかなり見慣れてきた。常連さんがいつもの位置に陣取れない様子も見受けられる。それでも自分は首尾よくストーブ横の最上段を確保でき、ガッチリ蒸される。

水風呂。
今日はメイン水風呂の温度が14℃台、小さい方が13℃台と逆転する現象が起きていた。やっぱり何だかんだこの温度のが入りやすい。

外気浴。
奇数日だったので露天風呂が広い方。東屋の幽玄な雰囲気が良し。

2セット目に入ろうと棚の所に戻ったら、部活の高校生らしき団体が大挙して押し寄せていた。最近このパターン多いな。まあ確かに、キャンプの需要が増えてると考えたらこのくらい稼働してもらいたいものか。

部活生達がサウナに入ってきているようには見受けられなかったが、それ以外の人達が浴室から押し出されるようにサウナに来て、サ室内はほぼ満室。去年の20時台では考えられない盛況ぶり。

そんな中でもルーティンを崩さずサウニングが出来た。残り20枚消化するのに、月2回は行かなきゃね。色々調べていると近傍にルームランナーのあるトレーニング室を備える体育館があるという知見を得たので、雨の日でも気兼ねなく通っていこうと思います。

続きを読む
26
カフェ パラム

[ 大分県 ]

サウナ:10分 × 4
水風呂:1分 × 4
休憩:10分 × 4
合計:4セット

一言:
昨日の残り。

竹田の花水月で洗体ついでに軽くサウニングしたら、清川に戻って本チャン。カフェパラム、来るのは実に1年8ヶ月ぶりらしい。ロッジきよかわには時折行ってるのに。
突然行ったら火入れに時間がかかるんだよな、とか朧げな記憶があったので前日電話すると、14-16時の枠しか空いてないと。やっぱり昨年とは全然状況が違うのね。14時まではサウナに団体で来てる人らが複数居たり、「サウナ巡ってるんですか?」と話し掛けられたり。前はカフェ目当てで来た人達に「何で半裸の人がいるの?」的な目で見られてたものだけど、今や昔ということか。

食事セットにして1500円。前回は食事をすればサウナに入れるシステムだったので、実質500円程度の値上げ。とはいえ、安い事に変わりはない。

店主に案内され、モロ人んちな脱衣場で着替えてサウナへ。
座る場所も増えたサ室。ストーブの熱が直に来て足が熱くなったりして、荒削りなのだけど心地良いのは変わらない。リビルドサウナが清湯系ラーメンなら、こちらは家系ラーメンとでも形容すべきか。
ロウリュ用の水にはパックで煮出す白樺の葉のやつ?が入っていて、わざとらしい香りでないのも良い。いや、わざとらしい香りもいいけど。ストーブ天面の石より両サイドや煙突の周りに詰められた石にロウリュすると効果的に霧散する。

水風呂。
日本一動線の悪い……という触れ込みだが、前のボルダリングの頃よりはずっと行きやすい。岩場に嵌って水に浸かり、冷却。

崖を登って外気浴。
新たに設置されたデッキは食事と休憩のスペースを兼ねる。てか、前は柵も何もなく崖だったので、椅子が飛んでいかないか不安だった。デッキで休むとパラムを感じられるね。

僕の入った枠は結局誰も来なかったので自由にさせて頂いた。昨日もテレビでここ含めた豊後大野のサウナが紹介されてて更に混み合うのだろうけど、こんな時間帯なら快適に過ごせるのだな。手作りのレベルの高まりも感じられたし、また気軽に来たいと思います。

ロウリュカレー

このロケーションで食べたら何でも美味いよ!ビビンバも食べてみたいな。

続きを読む
35

ととのっちゃうおじさん

2022.11.27

3回目の訪問

竹田温泉花水月

[ 大分県 ]

サウナ:10分 × 2
水風呂:1分 × 2
休憩:10分 × 2
合計:2セット

一言:
ロッジきよかわでの朝ウナ後、緒方の運動公園でランニングしてから竹田の市街へ。竹田市運動公園でも良かったのだけど、昨日行ったときに「27日はマラソン大会」という文字が見えたので……

さて、サウニング前に昨日の思い出を振り返る。
昨日の荻の里温泉に行く道すがら、白水ダムと円形分水を見学した。自然の水の力は大きく、時に人間に牙を剥くのだけど、人間の生活に豊かさももたらすもの。その力の一部を分けてもらう時の水の美しさは言葉に出来ない。

そしてその白水ダムと円形分水のジオラマが、ここ花水月の大浴場に落とし込まれていると。水の良い竹田の地ならではという感じがする。何だかんだここに来るまで白水ダムや円形分水のことは全然知らなかったので、今回機会があってやっと見学できたという訳。

さて、今日はドライサウナのある花の湯の側。白水ダムの方でもある。
洗体し、そのジオラマの方で湯通し。本物を見た後だと迫力は流石に欠けるけど、こうやって自然に対する畏敬が見て取れるのが良いなと。

サ室へ。
この辺りのいくつかのサウナに見られるフローリング敷の座面。コロナ対策で5名制限になっているのは変わらず。遠赤のオーソドックスなサウナで蒸される。

水風呂。
入った瞬間「ああ〜良い」と呟いてしまうもの。川の水風呂とかでないのに凄く柔らかくて、天然水の恵みを感じられる。

外気浴。
開けた空を眺めつつ。風と一体になる感覚。街中にありながらこんなに自然を感じられる施設もないね。

2セット。
水風呂にて、今度81になるというおじさん(おじいさんと形容するのが躊躇われるくらい見た目が若い)が、サウナハットに突っ込んできた。髪を守ったり出来るんですよと言うと、兄ちゃん美容師か?と。話してたらお孫さんと僕が同年みたいで、嬉しそうにしていた。この水あっての若さかな。自然の力を借りつつ生きていきたいね。

続きを読む
23

ととのっちゃうおじさん

2022.11.27

4回目の訪問

サウナ:10分 × 4
水風呂:1分 × 4
休憩:10分 × 4
合計:4セット

一言:
竹田市方面の新規開拓から今回の宿へ。といっても割といつもなこちら。
今年の7月頃、シティ情報おおいたのサウナ企画でこちらの無料招待券が当たるキャンペーンが催されていたのだけど、有難いことに当選させてもらいました。まあ、本当に県内駆けずり回ったからね。
券が使えるのが今月いっぱいなので、滑り込みで来たという訳。
とりあえず部屋の予約だけして来てたので、サウナは日曜朝に。ツリーハットで就寝。

昼間は20℃前後で暖かかったが、朝はなかなか冷える。サウナには丁度良いコンディションと言えそう。
いつもの川沿いにテントサウナがあるのだけど、モルジュが2基にEX-PROが1基。去年なら小さいイベントやってる時くらいの規模じゃない?自分も例外じゃないが、サウナ目当ての人が本当に増えてるんだなあ……僕にはモルジュが宛てがわれたが、同枠でもう1基のモルジュも稼働してて、カップルが入っていた。

いつものOSMIAのサウナセント使うぞ!と持参してたが、置いてくれたアロマ水にはどうも同じものが入ってるっぽかった。これは有難いね。ガンガンロウリュする。
イベント時のテントサウナでないので、フリーダムに利用。TVerやdアニメ見ながらテントサウナって最高だよ。

熱されて、これまたいつもの川へ。この時期の川は冷えてんな〜澄んでいてとても心地良い。

ガッチリ冷却されて休憩。心地良い風の中で時間を忘れてリラックス。テントサウナ、イベントで入ることがほとんどなので焦らされるのがしばしばだけど、本来はこうやってパーソナルに楽しむものだよなあ。

イオンウォーターを川の水で冷やしてるところをいいちこのポスター風に撮影したり、ダラダラとアニメを見ながら入ったりして終了。
チェックアウトでサウナハットを貰う。ありがとうございますやでほんま。自由に楽しませてくれるホスピタリティに感謝。

続きを読む
20
荻の里温泉

[ 大分県 ]

ミストサウナ:10分 × 2
休憩:10分 × 2
合計:2セット

一言:
疲れて書けてなかった分。
竹田市街で色々した後、荻町方面へ。
熊本県境に接した町で、開けているけど遠くの山は低い位置に見えるという高原地帯。

ちょっとした観光をしてからこちらの施設へ。
周囲は田畑で田舎然とした雰囲気ながら、そこそこ立派な雰囲気。しかも車の多いこと。大分・熊本ナンバー以外に他地域も含めた車が駐車場にひしめいていて、人気の高さを伺わせる。玄関には今日宿泊する団体名が掲示されていて、健康ランドのそれ。失礼ながらこんな場所でそのビジネスモデルが生き残ってるのは奇跡でなかろうか。

食事セットの受付は券売機でなくカウンターにて。専用の食券を渡されるので、予めメニューを決めておく必要あり。

浴場へ……と、ここは入れ替え制なのか。ドライサウナとミストサウナで入れ替える様で、今回はミスト側。うーん、さっきミストサウナだったのでここはドライだと嬉しかったが。あとミストの情報が全くない。

洗体、湯通し(ミストサウナ側はイベント湯があるのも売りではあるみたい)し、ミストサウナへ。
ミストのユニットが室内奥に2基備え付けられていて、9脚のプラ椅子に座って蒸されるスタイル。まあ、奥に行かないとあまり熱さは感じられない。また床にすのこが敷かれていたが、これはユニットからの排出湯の温度がかなり熱いためと思われる。実際そのお湯に足が触れて「熱っ!」となってしまった。

サ室を出て水風呂……と思ったが、ミストのすぐ横の浴槽が水風呂なのかと思いきやこれが電気風呂。何故その位置に……それを挟んで反対側は露天スペースだから、ここは本来水風呂なんじゃね?もう一方の浴場はこちら側と左右対称に作られてるみたいなので、電気風呂の位置が水風呂なんだろうけど……

とりあえず掛け湯して身体を拭いてから露天スペースで外気浴。
ベンチも一脚しかないが、開けた先に見える山並みの眺望よし。心地良い風に洗われる。

とはいえ、だいぶまったりな内容だったので早めに切り上げて2セット。
こっち側は本当に温泉メインなんやな、と。また来る機会があればどちら側なのかは確認しとかないと、ね……

さて、レストランの開店に合わせて入ったので首尾よく一人でも食事出来ましたが、泊まりの団体の多さもあってか席は全て埋まっている状態。今のタイミングというのもあったかも知れないが、こんなに地域に愛されてる施設が埋もれているとはね。
この日1軒目に行った施設でもそうだったけど、やはり百聞は一見に如かず。行ってみないと分からんこともあるものです。

だんご汁セット

だんご汁もそうだけど、野菜のバイキングは地元が譲ってくれるんだと。凄く美味しい。

続きを読む
29

サウナ:10分 × 2
水風呂:1分 × 2
休憩:10分 × 2
合計:2セット

一言:
今週末は竹田市方面へ。
竹田での用事の際は竹田市総合運動場のランニングコースで走るようにしているが、久々に訪ねてみて驚き。唐揚げで有名な竹田丸福がネーミングライツを取得していて、場内の全ての施設の冠スポンサーが「竹田丸福」になっている。12時過ぎに着いたので、嫌でもはらペコるね。

ランニングを終えて、こちらの施設へ。
名称に岡城を冠するが、岡城がある方とは市街地を挟んで反対側の国道沿い。人里離れた場所かと思いきや、すぐ近くに分譲地やアパートが並んでる意外さ。まあ、温泉がすぐ近くにあるのは憧れるかも。

入館し、洗体、湯通し。お湯の良さは言うまでもなし。普通に心地良いもの。

ミストサウナへ。
恐らくミストサウナというだけでうーんとなる人も居ると思うし、僕も漏れなくそうなのだけど、ここのミストは「お?」となった。めちゃくちゃ熱いとかではないのだけど、濃いミストが頻繁に出ていて心地良い。
駒込のロスコでも見かけたSGE鉱石が張られた低温サウナという売り込みだけど、耐え難いほどの低温でなく、気分良く入れる低温サウナ。石のお陰で保温がなされている感じもある。流石SGI。……それはカルト宗教や(いつも言ってる)。

水風呂。
常温のものだけど、ミストに対して冷え過ぎた水というのもキツいから丁度いいね。竹田の水の良さは僕が語るべくもない。

休憩。
露天スペースの浴槽の縁で。割と浴場内の質感は高いのに、露天スペースだけ若干野暮ったいような。まあ、混んでないからいいさね。

2セット。
いやー、サウナイキタイの情報だけで見くびってたが、ミストで十分な時は全然アリな選択肢じゃないか。花水月のミストより好きだな。
帰り際にサウナの貸し切りの案内をしてたけど、強みを活かした思い切ったアクションを起こせるのも良いと思う。

竹田の街は雰囲気が好きだけど、温泉も素敵なんよな。百聞は一見に如かずなサ活でした。

天神丸福

丸福定食

あんだけ宣伝されたらねえ!唐揚げ(はね)のデカさたるや。

続きを読む
20
府内温泉

[ 大分県 ]

サウナ:10分 × 2
水風呂:2分 × 2
休憩:10分 × 2
合計:2セット

一言:
昨日は大分市へ。
デリシャスパーティ♡プリキュア ドリームステージがグランシアタであって、親子連れに混じりながら鑑賞。オリジナルの話なんだけど、普通に感動するんだよな。ごはんを美味しく頂くという普遍的な主題が、子ども達の心にも残り続けて欲しいと思う。

ごはんを美味しく頂くために必要な要素とは?僕としては、ごはんに限らず「〇〇に耐えたから△△を得られる」という対価が体験をより深めてくれるものと考えている。だから、遠方で道具を準備するのが困難な旅行先でもない限りはサウナ前には極力ランニングを入れて、サウナ後にする食事が至上に美味くするという流れを作るようにしている。食事がマシマシに美味くて、ダイエットとかにはならないのが難点ですが……(笑)

そんな訳でいつものランニングコースで走った後、こちらの施設へ。
実は以前、サウナに入らんと訪問したらコロナ対策とかで使用出来ず、涙を呑んだ施設でもあった。今回は直近に公式Twitterで「サウナ室改装しました!」という発信もされてて、問題なく利用できるのを確認しての訪問。

早速浴場へ。そこそこ新しい施設で什器もそれなりに綺麗。明るめだけど明る過ぎない調光とモール泉の深みのある色合いのコントラストが良い。

洗体し、サ室。
壁材などを張り直したサ室はほんのりと木の香りがするもの。ロウリュ等は不可となるが、丁度良い温度が保たれている。オーソドックスなサ室ながら明かり等の雰囲気は良し。

水風呂。
井水汲み上げの少し色味がかったもの。チラー無しで温度はある程度季節に左右される面もあろうが、この柔らかさに浸っているには冷た過ぎない方がよいのかも。

休憩。
置いてある洗面用の椅子(実際のカラン前にあるものとは別)で。外気浴は出来ずとも、換気がある程度行き届いていて落ち着いて休める。夏場とかは流石に脱衣所に戻ったりしないとキツいかな。

時間の都合で2セット。
大分では珍しい都会風の銭湯なのだけど、値上がりしても570円というリーズナブルさ。つっても、市内には300円台のスパ銭が複数あるので、これでも街中価格なんだよね。別府もそうだけど、日常に温浴文化が溶け込んでいる大分ってその点は本当に贅沢。ごはんは笑顔、サウナも笑顔!ですね(笑)

横浜家系ラーメン 高崎家

Bセット(ラーメン、ネギ盛り丼)

「カタメコイメオオメ」が大分で通じるのって、ここと明野の馬力屋と山香のラーショだけでは?

続きを読む
30

ととのっちゃうおじさん

2022.11.22

1回目の訪問

豊島園 庭の湯

[ 東京都 ]

フィンランドサウナ(アウフグース):12分 × 1
テルマリウムサウナ:10分 × 1
フィンランドサウナ(ロウリュ):10分 × 1
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
昨日の話。

日曜日の横浜でのイベントを終え、明朝スカイスパを脱して東横線で目黒方面へ。いつもの某ガッツリ系ラーメン店で食事した後、更に地下鉄を乗り継いで豊島園まで。豊島園と言えばココですね。何故か東京まで来て水着を持参してたら、行くしかないでしょう。

入館して、早速水着に着替えてバーデゾーンへ。
開放的な空間。外気温を気にせず日光浴が出来るのはいいね。監視員室横のアウフグース予約受付で待機して、首尾よくトップで予約完了。

温泉に浸かったりして待機し、13時のアウフグースに参加。
バーデゾーンのフィンランドサウナ、暗い部分と明るい部分のコントラストが良くて好きだな。窓から庭を眺められるポジションだと中々。
アロマ水を投下して、タオルで撹拌していく。ゆとりあるサ室なので降りてくるのにある程度時間を要するか。スタッフさんがお手本のようなランバージャックを行っていくが、上段に座ると遠い位置からの風になるのでどちらを取るべきか。
広いサ室で15名限定なので、落ちついて受けられる。勿論、混み合わなければという但書きは付くだろうけど……

温室内の常温水風呂でクールダウンして、庭を歩いてみる。都心からすぐのこの街中にあって緑を感じながら休憩できる環境は特別。

男湯のサウナ区画に入り、テルマリウムサウナへ。
ここも雰囲気良し。何というか、アラビアンな感じ。香りで癒やされる。
水風呂はバーデゾーンのものより冷えていて、それでいて入りやすい程度。深さも良い。
また、サウナ区画は他より寒冷めな室温で、休憩にはピッタリな環境。ここだけで完結できる造り。

ロウリュに合わせてフィンランドサウナへ。
こちらのサ室はどちらかといえば本来のフィンランドサウナっぽい、小屋の雰囲気があるもの。まあ、これはこれで良い。個人的に窓からの景色が好きというだけで。
スタッフさんが入り、アロマ水を投入。先程のものと違う(アイスミントだったか?)熱いけど鼻に抜けるとひんやりする香り。それを熱波でなく純粋に蒸気の広がりを楽しむスタイルは本当に「それ」っぽさがある。

設備に若干の古さを感じる面はあったが、それを含めて地元でよく行っていた温水プールを思い出した。皆がゆるやかに健康を求めて来ていて、ヘルシーな雰囲気を楽しめる環境。久々に行ってみるのもアリだなと思いつつ、羽田に向かいました。

続きを読む
33
スカイスパYOKOHAMA

[ 神奈川県 ]

【2回目】
サウナ(アウフグース):10分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:10~20分 × 3
合計:3セット

【3回目】
サウナ:8分 × 2
水風呂:1分 × 2
休憩:10分 × 2
合計:3セット

一言:
昨晩からの続き。

世界一可愛い声優さんのファンクラブイベント、大団円のもとに終了。今までのFCイベントって他の声優さんのイベントと大差ない企画が多かったけど、今回のは一緒にツアーを回ったバンドの皆さんとのトークセッション多めで、一座の繋がりを垣間見ることが出来て非常に有意義でした。来年の予定も出たし、また生きる希望が出来たというもの。

さて、有意義な時間はあっという間で、スカイスパの戻りは21時過ぎ。箸休めサトシさんのイベントはおろかもくもく兄弟さんのイベントも逃してしまうという。まあ、イベント終了時間の見積が普通に甘かったな。
食事して荷物整理やソルトクーリングで明日の予定を確認して時間を潰してから、ミッドナイトアウフグースに合わせて始動。

1セット目は下段の定位置(入って奥の一番窓際)でまったりと。水風呂からのゆったりジャグジーで少し冷やし目に。
2セット目、上段でしっかり汗をかくのにストーブ横に。ぼーっとしてるとバシュッ!とオートロウリュが発動して飛び上がる。何か知らんが、ジワッとロウリュされる時と勢いよくロウリュされる時があるよね。

時間帯もあり、ファンの風が心地良いインフィニティチェアで寝、起きとかなマズいと思って移動したプラ椅子で寝、気付けばもうすぐ24時。アウフグースへ。
担当は平林さん。ケミトロンのカモミールをバケツに惜しげなく投下。ラドルでどんどんストーンに掛けていく。タオルで撹拌し、いい感じの熱さ。オーソドックスなアウフグースもいいよね。
完走して水風呂からのミストで休憩。良きでした。

カプセルで就寝し、7時半から朝風呂。
2セット目でストーブ横に座ったら、待ってましたと言わんばかりにバシュッ!とオートロウリュ作動。気に入られたのかな?

少なくとも2月にはまた横浜に来ることになったので、イベントの都合が付けばまた楽しめるところもあろう。帰りにベイブリッジに向かって「OK愛してるよ横浜ー!」と叫びました。

秋刀魚ときのこの炊き込み定食

ちょっとこれ旨すぎるんちゃう?毎日食いたいよ。

続きを読む
45
スカイスパYOKOHAMA

[ 神奈川県 ]

【1回目】
テルマーレ:10分 × 1
サウナ(アウフグース):10分 × 1
水風呂:1分 × 2
休憩:10分 × 2
合計:2セット

一言:
【テーマは陸、山、そして空】
世界一可愛い声優さんのファンクラブイベント、ここ数年開催地はパシフィコ横浜が定番になっている。約束の地となったみなとみらいへ、またまた飛行機と電車を乗り継いで参上。

そういえば、横浜で土日イベントって時は大抵日曜夜には都内に移動して、明日の帰りの都合に備えていた。今回は帰りの飛行機までしばらく滞在できるし、何より旅行支援を使って実質780円で泊まれるから、わざわざ都内で泊まる必要ないよねってこと。

物販したり、阪東橋のアルペンジローで山みたいなモンブランを食べた後、イベント前に一旦入浴。

洗体し、まずはテルマへ。
先月来た時は正直まだ自分のコンディションが整ってなくあまり楽しめなかったけど、寒さに体が順応してきていい感じに汗が出る。真ん中でぐてーとしてると心地良し。

キリッと冷えた水風呂でサッパリし、隣の温いジャグジーで休憩。一番落ち着くのよ、これが。

浴槽で暫く舞っている(言うほど誤字でない)と、サウナ室前に行列が。14時からの陸さんのアウフグース、やっぱり世界を経験した人の熱波は誰しもが受けたいよな。勿論遅れを取らずサ室へ。

アウフグース開始。今日はシトラスと白樺とブラックフォレストとあと何かを混ぜたやつ。4種混合は初かも。複雑な香りを使いこなすのって技術いるよね。並の熱波師には出来ない。
送られてくる熱の圧も重いものになってきて、しっかり熱される。確か陸さんのアウフグースは世界に行く前に北欧で受けたきりなのだけど、ブレない強みがあると思う。

今回、サ室の入口側で受けたけど、そっち側から見る空も良かったなと。そういう発見もありました。夜と朝の分はまた明日書きます。

アルペンジロー 本店

鶏・豚・牛トリプルコラボカリー

この肉めっちゃ美味いけどどんな味付けしてんすかね?

続きを読む
22

炎熱地獄サウナ:10分 × 2
薬草の杜サウナ:10分 × 1
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
今日は部活の試合の予定が、早朝より降っていた雨によりキャンセル。昨日に続き、久し振りに何の予定もない週末。だったらホームサウナに行くしかないね。ホームサウナの訪問が2ヶ月振りというのもどうかと思うが。

いつもの公園でランニング後、入館し浴場へ。
洗体、湯通しの後、まずは炎熱から。
あれ、こんなに熱かったっけ?と思わず考える。なかなかの高湿。温度計は70℃を示すが、正直ホンマかいなと思わざるを得ない。
では非常識な人間がロウリュしまくったのか?と言えば、そんな感じでもない。それは自分でロウリュしてみて分かった。普段来る時よりもちゃんと石が焼けている。こういう混み合わないタイミングだとストーブも本領を発揮できるのね。

水風呂。
DCWBの冷却たるや。実際めちゃくちゃ冷えているかと言えばそういうものではないのだけど、心地良い温度はしっかり保っているもの。

外気浴。
前回来た際はコールマンのインフィニティチェアが壊れていて一時撤去されていたが、それが復活。ただ、モスグリーンの二脚は買い直したっぽい。元からあったカーキの一脚は支柱が取れてリクライニング出来なかった。本当、壊さないように使えよ!!!

何故かスタジアム山サウナがかなり混んでたので、2セット目も炎熱へ。昨日入った小倉のコロナの湯も熱いと言われるが、温度の割に熱さはこちらも同等くらいに思える。

3セット目は薬草の杜。
ここが3つのサウナの内一番マイルドなセッティングになっている。この時間だとのんびり入りたいおっちゃん達の溜まり場に。まあ、炎熱はともかくスタジアムも割と熱いものね。つっても炎熱と表記上の温度は同じなのだけど。

リラックスして3セット。
やっぱりここはこういう休日の朝に来るのが正解なんだなあ。夜は悲しいかな、無法地帯になるので。炎熱も正直見くびってた。良いものを造ってくれたなと4ヶ月経って思ってる。通わないとダメだね。

青い鳥∞黄い蜂

チキンカレー、冬瓜とハヤトウリの豆カレー

昨日アド街で幡ヶ谷の方の店が出てたので。重ね煮の丁寧な旨さ。

続きを読む
21

サウナ(アウフグース):10分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
昨日の。
コロナの湯のイベント、月1化したとかで。今週は特に予定が無かったので部活の練習後、小倉に移動し食事してから入館。
この系列のMOKUタオルが出来て売られてたので購入してみる。まあ、顔を覆う用のMOKUタオルを持ってくるはずが忘れたのもあり。勿体無くて使えないMOKUタオルばかり増えるのもアレなので、使い倒せるものがあってもいいよね。

洗体、湯通ししてサ室。
やっぱり湿度があって体感温度も高いセッティング。夏場はキツいけど、この時期になるといい感じ。
程なくしてオートロウリュ発動。一発で少ないけど、全体に蒸気が行き渡り熱くなる。高湿なのはこのロウリュの為ね。
あと数分……と考えていると、更にオートロウリュ発動。5〜8分で作動と書いてるけど、10分1セット中に2回出くわすということはそれなりに早いペースで水が投下されてるのか。そりゃこの湿度になるよ。

水風呂。
イベント恒例のハッカ油が投入されたもの。温度以上に冷感があって、高湿で熱された身体をクールダウンするのにピッタリ。感覚的に冷たさがあるけど、水自体は身体に負担が大きくない程度の温度なのもメリット。

外気浴。
ラッシュ時は休憩場所を選ぶのが難しいが、休める場所を見つけられると後はぐったり。MUSIC FOR SAUNAがまあまあ大き目の音で流れてて、ギャーギャー騒いでる大学生の声よりマシだとは思うが、何か「それでええんか?」という気も。

さて、3セット目にアウフグースが来るように合わせて入室。1・2セット目はまだ浴場自体も空いていたのが、イベントの時間になるとサ室は隙間なく埋め尽くされる。今日は空いてんのかな?と思ったけど全然でしたね。
3名のスタッフさんが次第に沿ってロウリュと扇ぎ。サ道Tシャツのスタッフさんが強く扇ぎすぎて団扇の柄を折ってしまうなどハプニングはあったけど、そんなローカル感が良かったり。
あと、スタッフさんの説明によれば、今日はオートロウリュの頻度も上げているらしい。やはり敢えてのセッティングなのね。

コロナの湯系列でサウナ推ししていく流れ、いいと思う。体系化されたイベントプログラムになってるのが、僕らだけでなくスタッフさんもやりやすいのでは?月イチ開催を維持していって欲しいですね。

津田屋 官兵衛

大根ぶっかけ(冷)、とり天(3個)

往路にて。細麺なのにコシがあって飲むように食うと危ない。だが旨い。

続きを読む

  • サウナ温度 94℃
  • 水風呂温度 15.1℃
31

ととのっちゃうおじさん

2022.11.07

1回目の訪問

サウナ:12〜15分 × 4
水風呂:1分 × 4
休憩:10分 × 4
合計:4セット

一言:
土曜の九州サウナオールスター感謝祭から始まった西九州サ旅、2日目にして最後の施設(投稿数の都合上遅れになっています)。
島原のホテル南風楼で海と一体化しそうなサウニングを楽しんだ後、北上。諌早湾を渡り、県境を越えてすぐのこちらの施設へ。

実はこちらの施設のサウナが凄い事になっているというのを先週教えられるまで全く知らず、「蟹御殿でサウナって何だよ……」と考えてた。何なら道中「南風楼の3倍以上の値段取ってショボかったら笑えんで……」とまで思ってた程。

早速入館……あれ?あの筑豊ナンバーの車って……受付して二階の脱衣所に入るとやはり居たこの方、ジャグサウナーさん。示し合わせてもないのに予約制の施設で本当に偶然偶然してしまうとは。てか、何だかんだこの枠で入ったのってジャグさんと僕と、空いてるから予約なしで入れた?ご家族連れのお父さんの3名のみ。正に穴場じゃない。

ワイワイしながら浴場へ入り、2箇所目なので軽く体を流す程度に湿らせてサ室。
目の前の大きな窓から広がる有明海。そして大きな樹の幹をそのまま切り出してスムースな座面にした雛壇。太い幹だから胡座するに丁度いいんだね。常設のサウナマットを引かないというのも拘りの1つか。
お父さんはゆっくり湯船に入ってる様だったので、ジャグさんのサ話にヘーヘーほーほー言ってたらオートロウリュ作動。天井からワイヤをikiまで垂らして、そこに水を伝わせて石を湿らせるもの。こんな感じのロウリュなんすね〜とか話してると再びロウリュ作動。早ない?とはいえ少量なので湿度を快適に保つ工夫か。温くないのに長時間居てもキツくなく、景色を存分に楽しめるもの。

水風呂。露天スペースのデッキにありながら、デッキを刳り込む浴槽。落合の松本湯以上に「縁を越えたらあとは下がるだけ」な造り。ザブザブ浸かって最下段に着くと、視覚的にも海が近く感じられる。水質も申し分無し。

外気浴。コールマンを含めたインフィニティチェア4台。開放感は午前入った南風楼を凌駕する。予約制なのもあるけど、プライベート感が高い。

気合の入ったサウナ。オールスター感謝祭でMETOSのスタッフさんが「ikiは東京の開発部門を通じてしか納入出来ない」という趣旨の事を話されていたので、ここもMETOSお墨付きの施設であるということ。それだけ本気度が認められてるのだと。こんなロケーションでikiの熱を楽しめると思えば十分価値があるだろう。

これで今回のサ旅は終了。どの施設も非常に満足度高く、良い経験となる時間でした。

続きを読む
34

うみのサウナ:10分 × 1
高温サウナ:10分 × 1
瞑想サウナ:10分 × 1
水風呂:1分 × 3
休憩:5分 × 3
合計:3セット

一言:
土曜日の九州サウナオールスター感謝祭から始まった西九州サ旅。
MINATO SAUNAで感激の夜を過ごしてから、島原市方面へ移動。
雲仙や島原を訪れるのって、小学校の修学旅行以来?あれが雲仙普賢岳か〜なんて、その時に火砕流の事故の資料館にも行ってるのに全く話を聞いてないのが今と変わらず、全然成長していない。

見晴らしのよい運動公園でランニング後、海辺まで下りこちらへ。
中はライオンズクラブの集まりか何かで混み合っていたが、日帰り入浴でも嫌な顔せず案内して下さるスタッフさんに感謝。

早速洗体し、いきなり目玉のうみのサウナへ。
露天スペースからせり出すように作られた専用のブース。サ室に入ると、眼下に広がる有明海と絶え間なく押し寄せる波の音に彩られたこじんまりとした空間でほうじ茶の香りのするロウリュを楽しむことが出来る。海を愛でつつサウニングする、まさにうみのサウナ。

水風呂。うみのサウナの方の壺水風呂は気泡が発生して心地良いもの。冷たさも十分。

外気浴。海風に当たりながらいつものコールマン(青いコールマンは初めて見た)で休む。これ以上ない海を感じるロケーション。

2セット目、オートロウリュの時間が近づいていたので高温へ。
ストーブの柵が大きく、恐らく以前は遠赤ストーブが置かれていたのであろう。変わった全容は最初見えなかったが、オートロウリュが開始となると照明でどっしりした対流ストーブが鎮座しているのが分かる。1分間しっかりと水が投入され、モイスチャーな空間へ。

高温からの内湯水風呂。「サウナーの要望に応えてキンキンに冷やしました!」という触れ込みをしてるところの水風呂はイマイチ冷えてないという個人的見解があるけど、ここは13℃台と妥協ないもの。島原湧水で入りやすさも抜群。

3セット目は瞑想サウナ。
湯らっくすや伊都の湯どころのメディテーションサウナほどの瞑想度合ではないが、狭めのサ室でZIELと対話する感覚。うみのサウナよりもロウリュが効果的で熱い。

水風呂、休憩して終了。
満足度は相当高い。普通に入浴するにも沢山の湯船があって入り方を色々楽しめるし、サウナは言うまでもなく。島原湧水が飲み放題な給水器に加え、露天スペースにコーヒーサーバーを置いて、備え付けの雑誌を読みながらカフェを楽しむ事も出来る自由度。
これ程質感の高い温浴施設が島原にあったとは。感動に次ぐ感動を覚えながら、最後の施設へ向かいました。

島原グルメバーガー A Burgers Cafe

ダブルエーバーガー

比喩でなく、肉を喰らうバーガー。よくあるご当地バーガーとは一線を画す。

続きを読む
41
MINATO SAUNA

[ 長崎県 ]

ミストサウナ:10分 × 1
ドライサウナ:10分 × 2
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
九州サウナオールスター感謝祭に端を発する西九州サ旅、3箇所目は長崎での宿地。

長崎市って本当暫く振りだなあ……とはいえ軽く夕食摂って寝るだけなので感慨に耽る暇もないのだけど。
思案橋のエモい飲み屋街で食事した後、こちらに戻ってサウニング。

明るい浴場。まずは洗体を……と思ったら、カランに蛇口がない。お湯は鏡とカランの間に流れてる手湯を使うらしい。綺麗さも相まって非常に洗練されたスタイル。

初めはミストサウナへ。仄暗い室内と、恐らく元々物置か何かだった部屋を鏡張りにして中庭のようにしたスペースとのコントラストがいい。セッティングは初心者向けと言えるもので、長居するには心地良い程度。疲れてたので普通に10分。

水風呂。
これも初心者向けなセッティング。とはいえ不満を覚える程のものではない。心地良く入れるもの。

適宜休憩を取り、2セット目はドライサウナへ。ローカルルールでバスタオルを腰に巻くのだが、このタオルがフカフカなのが良かったり。
3段目に座ると、これがかなり熱い。ドライでこのタイプの熱さは九州では中々お目にかかれない。オートロウリュの湿度、ストーブの温度……上野の北欧や草加健康センターのサウナに近い、中上級者向けのセッティングと言える。
オートロウリュが発動すると更に熱気は上昇。何れにしても長崎でこんなサウナが体験できるとは。

水風呂からの極冷サウナ。
ウェルビーやサウナラボのアイスサウナ程の世界観は無いが、機能はちゃんとそれらに比肩する。よくあるちょっと涼しいだけのアイスサウナでなく、髪がパリパリしてくる様な本気度が感じられるもの。だから濡れタオル持ち込み不可なんだな。

極冷サウナ前の冷風が当たるベンチで休憩。
外気浴風味もあって非常に心地良い。熱いサウナとクールダウンにこれは効くぜ。

このあと日曜日もサウナの予定があるから朝風呂は固辞して退店。
にしても、感動だよ。北欧やSKCのサ室が恋しくなったら、長崎に行けばいいんだと分かったのだから。極冷サウナや施設の至る所に配されてる給水器など、僕がサウナに求めてるものがコンパクトかつ不足なく詰め込まれてる施設。長崎市に泊まる用事があればココ!って所が出来ました。
サ飯に書ききれなかったけど、歩いて5分位の所にあるbread A espressoってパン屋さんのパンも美味しかった(50分待ったけど)!長崎、まだまだ知らないことが沢山ありそう。

中国料理 康楽(かんろ)

ちゃんぽん、チャーハン

「ちゃんぽんの胡椒はたっぷりがおすすめ」と2回言われた。確かにクリーミーさにキレが加わる。

続きを読む
34

ととのっちゃうおじさん

2022.11.06

1回目の訪問

サウナ:10分 × 3
漢方燻蒸:30分 × 1
水風呂:1分 × 1
休憩:15分 × 4
合計:4セット

一言:
再びの西九州サ旅、九州サウナオールスター感謝祭を午前中で引き上げて、泊まりの長崎市内方面に車を走らせる。

もう少しで嬉野市を抜け長崎県へ……という辺りで信号にかかり停車していたところ、突然運転席の窓をノックされる。え、何、警察?と思ったら如何にも農家という感じのおじさん。ウインドウを下ろすよう促されて従うと、おじさんはニコリ笑って

「左のブレーキランプば切れとるよ」

そう言って後ろの軽トラに颯爽と戻った。
……すみません、ありがとうございます。

長崎新幹線と並行しつつ諫早市まで下り、離合出来ない山道を登っていきやっとこちらへ到着。
中に入り受付。「遠くから来たの?」「いや、大分からなんですよ」「遠いね!そしたら漢方蒸しもせんと!」……上手く乗せられてフルコースの方へ。

さて、軽く洗体してからタオルを腰に巻いてサ室の扉をノック。出てきたおばちゃんに麻袋を被されると「最初は手を引いて行くけんね」とおばちゃんと手を繋ぎ炉内にランデブー。燃え滾る炎以外ほぼ何も見えない状態でうつ伏せで寝かされ放置。韓国式サウナと聞いてたが、韓国を通り過ぎてシ○リアに連行された気分。
シベ○アとの違いは、寝ているとポカポカ温かくなってくるところ。ゴワゴワの麻袋すら赤ちゃんのおくるみの様に感じられる。

出たら汗を流して休憩。出来るだけ冷やさない(水風呂にも入らない)でいると汗を更にかきやすいと。

2セット目で更にポカポカしたら、漢方蒸しの部屋へ。
床屋の様なビニールカバーを巻かれた上に分厚い保温シートを被せ、トイレみたいに座面に穴の空いた椅子の下から漢方を焚き上げる。担当のお母さんが「お尻の穴から吸収するイメージで〜カエルさんみたいに足を開くんですよ。あっ上手上手!」何このエロ漫画みたいな展開。
でも本当にトロトロ心地良くなり、移動の疲れもあってか30分があっという間。保温シートを取るとビニールがグショグショになってて「あら〜すごいわね」……だから何このエロ漫画。

お母さんに来磊の中でのアドバイスを受けて最終セットでそれを自分なりに試してたらおばちゃんに「ちゃんと全身被らんとダメよ!」と注意され(自分がよく聞いてないのが悪い)、終了後「仰向けに寝たいならやり方教えてあげたのに。また次来た時に教えるね」……エロ過ぎん?(そういう店ではない)

水風呂で〆。暫くポカポカ感が続いた。
サウナも人も温かい施設。おせっかいが恋しくなったら西九州へ、という公式が僕の中で出来ました。

続きを読む
35
サバス

[ 兵庫県 ]

サウナ:15分 × 1
水風呂:1分 × 1
休憩:10分 × 1
合計:1セット

一言:
今週末はいつ振りかの西九州サ旅ってことで、早朝より移動して武雄温泉へ。
佐賀県武雄市の白岩運動公園で開催された「九州サウナオールスター感謝祭'22」にてサバス初蒸車。

にしても、九州でのまあまあ大規模なイベントということもあってか、ラッシュ時は並ぶ並ぶ。西鉄バスかと。いや神姫バス?関係ないか。
やっと蒸車に漕ぎ着けて、ヤンキー席(最後列、僕が普段バスに乗る時にそう思ってるだけ)に腰掛ける。
時折前の運転席・物販スペースに入ってくる人による振動があり、グラグラ揺れるサウナという初めての体験をしながらまったりと蒸される。これが色んなところに移動できるのだから凄いよな。

そういえば入口(神姫バスも後乗り前降りなので正しいはず)に「ロウリュできます」と書いていたが、肝心のロウリュは何処に?キョロキョロ探していたら、ストーブ直前の席の横に「ロウリュします」ボタンが付いている。僭越ながらそこに座っている方々に「ロウリュして頂けませんか?」言うと、承って下さりボタンを押下。押しただけHARVIAのどデカいストーブに水が投下される。流石に全席このシステムを配するのはコストも掛かるし、ルールを守らない奴が出るとアレだけど、バスの醍醐味を味わえる造りだったら尚良かったかな。

湯らっくすの西生社長の尺八演奏(笑)がサバス内であるとかで打ち切りになったけど、それがなければ30分位は居れた感じのサバス。普段はあまり長居しないけど、この前にMETOSのicoyaが体験できるブースでスタッフさんとテントサウナ内で20分くらい話してて、長時間入れるサウナもいいなと思ってた。テントサウナも多種多様なれば、サウナそのもののあり方も多種多様。今回はいい体験をさせてもらいました。

餃子会館

餃子2人前

ホワイト餃子、九州にもあるとは聞いてたが、まさか武雄にあったとは。家から一番近いホワギョーだわ。

続きを読む
24
筑紫の湯

[ 福岡県 ]

地獄熱波サウナ:10分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
昨日の分。

買い物と映画のため福岡へ。
キノシネマ天神でペドロ・アルモドバル監督作品の「パラレル・マザーズ」「ヒューマン・ボイス」を鑑賞。「パラレル・マザーズ」は名作「オール・アバウト・マイ・マザー」の再解釈という感想。その時は若くして母になってしまった修道女を演じたペネロペ・クルスが、今度は本当の意味での「母親」を演じていて心打たれた。アルモドバルにとってもペネロペにとっても、描きたい「母」「娘」そして「女性」をこの映画の中に投じることが出来たのかな、と。2時間ちょっとがあっという間でした。

さて、映画終了後、筑紫野市へ移動していつもの場所でランニング。
今までならここから天拝の郷へ……という流れが定番だったけど、よくよく考えたら未だに行けていなかったこちらを訪問。

早速入館、洗体、湯通しと行ってから、サ室を確認。普通のテレビのあるサ室と、噂の地獄熱波を受けられるサ室があるのね。逡巡していたら熱波開始を知らせるパトランプが回り始めたので地獄の方へ。
程よいサイズ感のサ室に見慣れない銀のダクトが3本出ている。何か、厨房にいるみたい。ダクトの向きに当たる位置に腰掛けると、ドライヤーの熱風を全身で浴びている感じ。成程、遠赤ストーブのサウナでこれをやるのは面白い。乾燥した風がブチ当たるので、目とかもめちゃくちゃ乾くけど(笑)
乾燥した分、出入口で降り注ぐミストを浴びると気持ち良いかも。装飾もわざとらしいけど雰囲気よし。

水風呂。
サウナー向けに低めにしたと記載。丁度良く感じる人が多いのでは?天然水を売りにしてるので尚更。

外気浴。
壁沿いに並べられたプラ椅子で。それにしてもここはテレビの設置台数が多い。テレビが見られないのって地獄熱波サウナ内だけ?需要にお応えした結果なんだろうな。浴場内も綺麗だし、しょっちゅうスタッフさんが清掃に来ていて非常に好感を持った。

残り2セットも地獄熱波を浴びる。
多分これ、本当にオートロウリュ出来るストーブになったら、雑色のCOCOFUROたかの湯位あっついサウナになる。もしそうなれば、出入口のミストが更に気持ちよくなるかも(耐えられない人も増えそうだが)。
母なる水を活かした湯と、きめ細やかな心遣い。映画で描かれた、スペイン内戦で行方不明になった遺骨を故郷に帰そうとする人々のように、皆があるべき場所を作ってくれるスタッフさんに感謝して帰宅しました。

青空食堂 筑紫野店

しょうが焼き定食(大)

あの海〜どこまでも〜青かった〜遠くまで〜♪……青空違い。てか器がデカい。

続きを読む
34

ヴェレ:10分 × 1
コメア:10分 × 1
オールドログ:10分 × 1
ヴィルデンシュタイン(アウフグース):10分 × 2
水風呂:1分 × 5
休憩:10分 × 5
合計:5セット

一言:
黄金湯での黄金体験(ジョジョ風)からの二郎をキメたら、正直だいぶ満足してそろそろ羽田行こうかな?なんて考えたが、やり残した事があった。

昨日の東京ドームシティホールでのプリキュアライブは昼夜2回公演だったが、間が2時間半ほど空くので「この間にラクーア行ったろ!」と思って直通エレベーター前に行ったら、90分待ちの表示。90分待って入っても、すぐに上がらないとイベント始まっちゃうよ……と泣く泣く断念。やっぱり都心の人気施設は凄いね。

という訳で仕切り直しのスパラクーア。ナカちゃんさんと同じ理由で来るのがあまり気の進まない東京ドームではあるけど、実際東京ドームってどこから行っても便利な立地。田舎者が行くにも助かる。

入館し、館内でまったり休んでから浴場へ。
ササッと洗体して、早速のサウナ。まずはヴェレ。
薄暗く集中できる環境……とはいえ、テレビもあるし割と一般向けか。何だかんだ湿度があって熱いけども。

水風呂。蝸牛型というか、黄金比な形の浴槽に吸い込まれていく。15℃のシャッキリする温度感。

外気浴。東京ドームという誰もが知るイベント施設を目の前に、こんなにゆったり休める場所があるんだなと。時折少し遠くから絶叫マシンからの悲鳴が聞こえてくるのも、非日常感に拍車をかける。サウナ、水風呂からの危険のない外気浴は、正に生きてるって感じ。

コメアとオールドログは方向性の違いはあれど、雰囲気が良く落ち着ける。正直コメアは「ちょっと温いな……」と思ったが、最上段に座ったときに他の人がロウリュをすると中々の熱さ。

そしてヴィトゲンシュタイン……じゃなくてヴィルデンシュタイン。ドイツ風なのかな?元の香りも良いが、お目当ては入館してすぐに予約したアウフグース。
今日は三種の香り(中身は忘れた)をブレンドした南国リゾート風のアロマを利用したアウフグースだと。南国リゾート……めっちゃトロピカってるじゃん。
3回に分けての投入で、大きなモーションでの扇ぎもあって3回目にはかなりの熱さ。じっくり蒸されて終了しました。

やっぱり東京はこういう洗練されたスパ施設があっていいなあ。都心で心の安寧を得るに事欠かない施設だと。プリキュアライブとサウナ施設巡りでお腹いっぱいに満たされた気持ちで、大分行の飛行機に乗り込みました。

タコベル 東京ドームシティ店

タコス

昨日の東京ドームの方のイベントで食えなかったやつ。アメリカのジャンクフードいいゾ〜

続きを読む
29
黄金湯

[ 東京都 ]

【1回目】
サウナ:10分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

【2回目】
サウナ:10分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
東京ドームシティホールで開催されたプリキュアライブ2022。デパプリの「ごはんは笑顔」の精神がたっぷり詰まったライブでした。近くの物販会場で見つけた素敵な(笑)タオルで参戦するなどしましたが、初ライブでも堂々としていた菱川さんや後本さんが最後に見せた涙に心打たれました。最終回まで良いものを作ってほしいなあ。

さて、色々訳あって神保町から乗った半蔵門線で錦糸町に到着。
押上のスカイツリー方面に歩いていき、脇道に入ったら看板の見えるこちらへ。

最近割合リノベされた銭湯というのに行くけど、ここの受付は本当に何か小洒落たショップみたいな感じ。靴箱で「あっ、ここ銭湯か」と思い出す位。

黄金湯お宿利用で来たので寝室に荷物を放ったら、早速浴場へ。
シャワーで汗を流し、サウナのある専用スペースに入っていく。マットを取ってサ室に入室。
コンパクトだが段の座面が広く窮屈さは感じない室内。明かりも雰囲気よい。
オートロウリュのあるストーブで、15分おきに水が投下される。最初の一回はジャバっと掛けられるが、そこからはポタポタと落ちたり、まとまった水が出たり、とにかく間断なく水が落ちてくる。なんだろう、ストーブの気分次第なのかな?(笑)それでも、痛い程の熱さでなく体の芯からじんわり温まるセッティング。

水風呂。
サ室前の水風呂はキッチリ冷えてて、サ室との高低差が堪らないもの。段に配された照明が水中を照らすことで、水面の反射と段の所在の呈示という両方の役を担っているのがにくい演出。

外気浴。
壁際に目一杯置かれた椅子でゆったりと。水をかけるホースや給水器がここにあるのは嬉しいね。

夜はまあまあ混んでいたが、朝のサウニングは快適そのもの。サウナ自体も入りやすくかつ汗もかけるセッティングなので、心ゆくまで堪能しました。

お宿の方は最初「テレビもないのに安めのビジホくらいの料金を取るのか……」と訝っていたけど、軽く想像を超えてきた。あったかい布団でぐっすり寝る幸せを、のび太じゃないが感じました。セク姐さんも言ってたけど、休息は大切。こういうココロデリシャスな時間を尊んでいきたいなと思いました。

ラーメン二郎 亀戸店

小豚ラーメン(汁なし・玉ねぎキムチ・ヤサイアブラカラメ)

朝食兼昼食(場合によっては夕食?)もうこの厚さのブタはステーキなんよ。

続きを読む

  • サウナ温度 104℃
  • 水風呂温度 18℃,13℃
35