2020.12.22 登録

  • サウナ歴 1年 5ヶ月
  • ホーム やまなみの湯
  • 好きなサウナ クッソ熱いサウナ(+クッソ冷たい水風呂)
  • プロフィール アウフグースの後、熱波師さんが水風呂に入ってるのを見るのが好きな人。ととのっちゃおうね〜
絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

ととのっちゃうおじさん

2022.05.29

1回目の訪問

サウナ(含アウフグース):17分くらい?,10分
水風呂:2分 × 2
休憩:10分 × 2
合計:2セット

一言:
昨日の話。
久々のウェルビー福岡も中々だなと合点しながら映画を鑑賞。「ダイナソーJr./フリークシーン」。ここまで曲が流れる度にうおおおお!!!ってブチ上がる映画もないですね。好きなバンドのドキュメンタリーなので当然っちゃ当然だが。心地よいノイズの残響を覚えつつ、都市高で天神から西区に移動。こちらの施設に突撃です。

早速洗体を済ませ、21時のロウリュに合わせて露天スペースにあるサ室へ。
5分前に入って、久留米の游心の湯の様に庭が眺められる窓から外を見つつソワソワしていたが、ラドル等の準備はされたものの正時になってもスタッフさんが現れず。イズネスの真横上段に座っていたのでかなり負荷が掛かっていた状態で、3分程度遅れてスタッフさんが入室し、ロウリュ開始。

工場でナットとかを詰めてそうなプラ箱から徐ろに取り出されたのはデカい氷塊。これをイズネス内の大量の石の上に載せると、忽ち蒸気が拡散され始める。それに留まらず、スタッフさんがバシャバシャとアロマ水を投入。ベリー系の香りが心地よい。
熱波用のデカい団扇を扇ぐと、とんでもない重厚感の熱が襲来。1列ずつ扇いでいくと、もうどうにかなりそうな程の熱さ。
1周目が終わり「おかわりご希望の方はいらっしゃいますか」とコール掛かるも、自分以外はひとえに青色吐息という様子。したら、スタッフさんも「すみません一旦出ます」と水を掛かりに行ったので、自分も水風呂にザバンと入ってから再度熱波へ。
2週目からは下段。流石に上段ほどの強烈な熱さは無いが、それでも刺すような熱波。正直気持ち良いとか良くないとかそういう次元ではない、水風呂を楽しむために受けてる感じ。
スタッフさんの再度のインターバルを挟み、3周目。残りのアロマ水を全て投下し、サ室全体に蒸気を送る。最後の目一杯な風はJマスキスが激しく掻き鳴らすギターの様。ダイナソーJr.の「音が、巨大すぎた」という売り文句に掛けて「熱が、巨大すぎた」と言いたくなるもの。

ロウリュ終了からの水風呂。
普通の露天風呂然とした広めの岩風呂に水がたっぷりと張られてて、それがしっかり冷たい。深さもあって素晴らしいもの。

放心状態で休憩してから、もう1セット。
ギリギリ残っていた氷が溶けていくのを見ながら蒸される。映画にも出てたMBVのケヴィン・シールズが、Jとは対象的に微動だにせず弾くギターから発されるノイズの如き心地よさ。
水風呂浸かって、ライブ終わりの様な気持ちで退館しました。

続きを読む
6
ウェルビー福岡

[ 福岡県 ]

サウナ(アウフグース):8分 × 1
芬サウナ:7分 × 1
強冷水風呂:20秒 × 1
弱冷水風呂:2分 × 1
休憩:10分 × 2
合計:2セット

一言:
昨晩の飲み会の影響でヘトヘトな状態なのに今日も朝早い時間に仕事があり、吐き気と頭痛に耐えて帰宅。
本当は福岡で映画を見るのに、直で行くつもりが仮眠を取らざるを得ない状況。
1時間ちょっと位寝て昼食を取るとだいぶ楽になったので、ゆるゆる移動。結局仕事後シャワーも浴びてないんだよな……映画は夜からだから夕食も摂りたいし……福岡の街中で……( ゚д゚)ハッ!ウェルビー行こう、と回らない頭で一番何も考えずに済む選択肢を取る。

とりあえず提携駐車場に車をカチ駐めて受付に走ると、よもやの入場規制中。確かに今までここに来る時は極力人が少ないと思われる時間を狙ってたからな……と打ちひしがれる。仕方なく天神での用事を済ませて、早めに映画行くか、でもその前にもう一度空き状況見とくか……と再び受付に行くと、入場規制の立札が消えている!勿論入館。

最速で洗いを済ませて、17時のアウフグース5分前に高温サウナに入室。空いていた上段の席で万全の熱波態勢。
オートロウリュと共に開戦の火蓋が落とされ、スタッフさんがアロマ水を美しく掛け流していく。ある程度広がったら、タオルで蒸気を攪拌。ウェルビー福岡名物の狭いサ室内でスタッフさんがタオル片手に暴れ回るアウフグースなのだけど、段々その動きが真剣の乱斬りのように見えてきて面白い。

強冷水風呂で一気に冷えてからの休憩のあと、慌ただしくフィンランドサウナへ。ここのロウリュ用の水が先程のアウフグースと同じ香りでこれも良き。
弱冷水風呂にはじっくり浸かり、アイスサウナでヒンヤリして終了。

やっぱり外さない良さのウェルビー福岡。
というより思ったのが、ここは浴場内に入れる人数がロッカーの個数で制限されてるから、どう頑張っても30人しか入れないんだよね。それ考えると、入館してしまえば割とサ室内では快適に過ごせるのだと今更認識。ウェルビー、フィンランドを感じたい時はお世話になってしまうな。疲れを忘れて映画に向かったのでした。

からあげ6こ(定食セット)

寧ろ何故今まで無かったの?というメニュー。唐揚げにうるさい大分県民の私も納得の美味しさ。

続きを読む
10

ISOサウナ(オートロウリュ、アウフグース含):10分 × 4
水風呂:1分 × 4
休憩:まちまち × 4
合計:4セット

一言:
今日(というか昨日)は佐賀で映画を見る都合があり、朝から移動。
シアター・シエマでアピチャッポン・ウィーラセタクン監督のメモリアを鑑賞。
……まあ、途中「環境映像か?」と思うような画が続くところもあり、幾度となくうつらうつら。記憶というテーマの中に神話や亡霊といったイメージが織り込まれているのは分かったが、終盤に出てきたとある存在がどう見ても禍威獣だった(昨晩シン・ウルトラマンを観た為)。その前くらいの漁師の男が川のそばで眠って死の世界に近づくシーンで、僕もそのまま死ぬ位の勢いで整わないとダメだなと、見終わるなりこちらの施設に直行(無理矢理)。

開業からまだひと月なこちら。綺麗なエントランスから入館すると、受付で店員さんと言葉を交わさずとも浴場に行けるスムーズなシステム。かるまるの館内着がない感じ。
時間の都合で食事を摂ってから浴場へ。洗体、湯通しし早速サ室。

広いスタジアム型のサ室にikiが鎮座。最近の流れだと複数の志向の違うサ室を用意してる施設が多いが、1つのサ室で全てのニーズを賄うという潔さも良いと思う。
サイドの最上段に腰掛けると、湿度による体感温度も丁度よい熱さ。大きいサ室でも大味なセッティングでない。

水風呂。15℃台のセッティングで広さも深さもあり、サ室のキャパに見合うもの。しっかり冷える。

近くに線路が走っていて、列車の駆ける音をBGMに休憩(死んだ様に(笑))した後、2セット目はオートロウリュを狙う。
プロジェクターの映像がTVから焚火に変わり、ストーブの頭上から水が勢いよく2度注がれる。ファンが動き、熱気が攪拌されて体感温度上昇。映像と段の照明が連動して明るくなっていくのも中々。

一旦オロポを飲みに休憩し、3セット目もオートロウリュを浴びた後、ラストは21時半の熱波。
スタッフさん3人で賑やかに。水をラドルで掛けているところにオートロウリュも発動してサウナサン味を感じる。団扇での熱波はついつい複数回所望。「足りなそうですね!」と力一杯扇いて頂いて最高でした。

最近どこの施設も混んでいてそれがストレスになっていたが、ここは少なくとも男性側はキャパのゆとりで落ち着ける好例になっていると感じた。いつ行っても同じコンディションで入れるのは重要よね。皆が同じサウニングを享受できる懐の深い施設だと。欲を言えば、男女入替えの日があると嬉しいかな(全く逆の感想言ってますが)。その時はまた来たいですね。

アジフライ,ごはんセット

最近TVでやたらアジフライが取り上げられてるので。松浦産の旨さは別格。

続きを読む

  • サウナ温度 94℃
  • 水風呂温度 15.2℃
31
伊都の湯どころ

[ 福岡県 ]

サウナ:まちまち(アウフグース含) × 8
水風呂:1分 × 8
休憩:まちまち × 8
合計:8セット

一言:
昨日ボーッとツイッターを眺めていると目に飛び込んできた「伊都の湯どころ アウフグース」の文字……僕がGWやり残していたことはコレだ!と、いつもの土曜部活後に福岡へ直行。

前回こちらに来た際に「ここでアウフグース受けられたら良いだろな……」という感想を持ったのだが、今回天拝の郷の柴田さん、湯らっくす出身の福永さん(「出身」と言わなければならなくなった)と増本さんの3人の風が受けられると。

14時から1時間おきに19時までイベントがあるので、16時からの参戦となった自分も長期戦を覚悟し、塩分を多めに摂って(サ飯を参照)参戦。

早速16時の回……と思ったが、いきなり満席でサ室に入れず。確かにメインサ室のキャパってそんなに無いよな……と思ってたら、この時間の担当ではなかった増本さんが「メディテーションの方でちょっと扇ぎますよ!」とお声掛けして下さり、あぶれたメンバーも熱波を受けられることに。増本さんの熱波、ベッド&スパに行った時は怪我されてて受けられなかったので初だった。
かなり暗めのゆいる(改装前)で熱波を受ける感じ。広さはウェルビー福岡とも似る。ここで熱波を受けられる機会はそう無いだろう。大満足の熱さ。

17時の回も増本さん。
しっかり10分前に入室。開始前、準備している増本さんの代わりに換気を行っていた福永さんに絡むオヤジが居てヒヤヒヤしたが、増本さんの演舞に黙らされていた。あの熱波を受けてダル絡みは出来まい。

18時の回は福永さん。
先日の湯らっくす卒業以来に受ける福永さんの風。Eric ClaptonのChange the Worldを使われてたのは色んな思いがあるのだろうけど、世界を変えるような熱波で、アウフギーサーの太陽になって貰いたいですね。

ラスト19時は今回参加の熱波師全員で。
3人の熱波を2セットずつ。盛り沢山な内容……が、早めに入り過ぎて最後の柴田さん2周目直前で退室。3段目でもキツかった……というか、途中普通にメディテーションに入りつつ熱波を受けてたので、流石に8セット目は堪えたね。 

この施設の普段のゲリラ熱波もすごく良さそうなのだけど、今回こういった形でイベントアウフグースより施設のポテンシャルを知れたのは良かったと感じています。まあ、イベントアウフグースは予約制にしてほしいとか、細かい注文はあるけども。
何れにせよかねてからの希望が思わず叶い、嬉しかったサウニングでした。熱波師の皆様、スタッフの皆様に心よりの謝意を申し上げます。

ラーメン 安全食堂

ラーメン,焼飯

胡椒辛い、だがそれがいい。

続きを読む
37

ととのっちゃうおじさん

2022.05.10

6回目の訪問

やまなみの湯

[ 大分県 ]

塩サウナ:10分 × 1
高温サウナ:10分 × 1
薬草サウナ:10分 × 1
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
仕事終わり、ホームと思ってるのに久々のこちらで。

サウナハット被ってるグループが居ててほーとなったけど、買ったばかりで嬉しかったのか休憩中は勿論、湯船に入っているときも被っていて苦笑を禁じ得なかった。その彼ら、高温サウナが混んでるからと、空いていたここの名物薬草サウナに入ろうとしたが、開けた瞬間「臭っ!」と言って混んでる高温に渋々入っていた。しきじとかベストパワーランドの薬草サウナを知らない人達ですかね?おかげで一人でゆっくり薬草サウナを楽しむことが出来ました。
まだまだ始まったばかりの彼らのサウナライフに幸あれ。

追記.ガチャ機にカプセル砂時計が導入されていました。サウナ内では使えないけどね。

続きを読む
26

ととのっちゃうおじさん

2022.05.07

2回目の訪問

おさるの湯

[ 大分県 ]

サウナ:10分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
久々にこちら。

大分市に行く都合があり昼に別の施設でサウナに入ったけど、期待が少し外れたのでリベンジで。
前回来た時は日が高い頃だったが、今回は完全に日没後。カーナビをセットして行くが、途中看板が出ているところに従って幟を目印に走るのが正解である(途中私有地?みたいなコンクリ道を通るので)。
家族風呂の客で賑わう中、当然当然のサウナ代金600円を支払い、店主のおじさんにマットを貰ってサウナの入口へ。前も書いたけど、ここの風呂のみの方の入口とサウナ付きの方の入口が分かれていて、テーマパークのアトラクションで二人乗りの列と一人乗りの列の通路が異なるような動線になっているのが良い。というか外観の賑々しさ的にもテーマパーク感がそれなりにある。

脱衣場の目の前にもう浴場が開けていて、広い温泉と水風呂の2つの浴槽と洗い場という最小限の構成。初めて来た時は面食らったが今思えばこれは凄くサウナ施設感のある造りだなと。脱衣場の椅子もそのまま休憩に使えるし、限られたスペースでありながら狭さを感じさせないもの。電球色のライトは温かみがあって落ち着く。

洗体し、早速サ室へ。
ログハウス調のサ室で壁自体は質素に見えるが、体感温度は上々。ヒーター正面の最上段なんかは良い熱さ。調光が山のバンガローを思わせる明度で、野趣が感じられて素敵。

水風呂。
蛇口から目一杯噴出している水は地下水掛け流し。今時期が丁度よい水加減。蛇口から掬った水を飲むと、スッと染みるナチュラルさ。

休憩。
せり出した軒先に屋根を付け、そこに大きな木から切り出したのであろう長い一枚板の椅子。腰掛けたり寝転んだりして休む。外気も感じつつ、雨でも濡れないのが良い。

水の良さを感じながら3セットし、最後に熱い温泉からの水風呂で締める。温冷交代浴も十分楽しめる設備なのよな。源泉58℃と書いてるし。琥珀色の湯に柔らかな光が揺らめいて、視覚的な癒やしも十分。

山の中にサウナ施設を作ったらこんな感じ、というのを体現した施設だというのを再認識。それも最近のオシャレ系じゃなく、昭和ストロングのままのコンセプトで山にサウナを作ったという趣。それが存外にもリラックスできるもので良いなと。本当に山の中で道に注意しなきゃいけない部分もあるけど、ここも定期的に来なければという思いを強くしたサウニングでした。

続きを読む

  • サウナ温度 94℃
  • 水風呂温度 16℃
26

ととのっちゃうおじさん

2022.05.03

1回目の訪問

ほていの湯

[ 大分県 ]

サウナ:10分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
本日2ヶ所目。
本当は黒川温泉に向かっていたが、目的の施設にいざ着いてみると入口に「サウナは入れません」の文字。うーん、何だかね。公式ページなんて未だに「緊急事態宣言中のため休業中」だし。
人も多く風情もへったくれもない黒川温泉を早々に離脱し、久住へ転進。未訪で気になっていたこちらの施設へ。

周囲に合宿用の施設が並ぶエリアにあって、鄙びた雰囲気を存分に出しているこちら。人も少なめで、GWでも日常だ。

浴場へ。新しくはないけどしっかり温泉施設という趣き。洗体、湯通ししてサ室に入る。

92℃を示す温度計。オリンピアの遠赤外線ストーブは中々の熱さ。銘板を見たら名前の部分が完全に褪せて消えていたのだけど、遠赤ストーブの説明書きに「九州オリンピア工業」の名前があった。市外局番で気付いたが、オリンピアの工場って宮崎にもあるのか。今更だけど。

水風呂。水道が引かれているような場所でもないので、当然地下水かけ流し。最近山間のサウナのある温泉に限っては「水道通ってないといいなあ」などと考えてしまう。しかもここは水風呂にかけ流されている水の管がそのまま分岐して水飲み用の蛇口が付いている。飲める水がそのまま水風呂になっているというのは否が応でもテンションが上がるもの。実際、心地よく柔らかい水当たり。

休憩。
プラ椅子は内湯に1つのみ。外では岩場に腰掛けたり、コンクリで平らになってる部分に寝転がったり。周りに緑が多くて、しかもそれがわざとらしくないのが良い。

ガッツリ汗をかいて3セット。
出る頃には夕方近くなっており、受付には複数組の県外から来たと思しきグループが家族風呂を待っていた。明らかに受付のおばちゃん達の処理能力ではキャパオーバー。うーん、やっぱり温浴施設経営て大変ね、なんて。
いいランニングスポットも見つけたし、次回は人入りが落ち着いてる時にランニングしてから入って、サ飯に上がってるごはん屋さんに行ってみようと思います。

続きを読む

  • サウナ温度 92℃
  • 水風呂温度 19℃
24

ミネラルサウナ:10分 × 1
遠赤外線サウナ:10分 × 1
水風呂:1分 × 2
休憩:10分 × 2
合計:2セット

一言:
2日のファッキン仕事を終えて3連休。
やはり今年の連休は高速を使うメリットが無いので下道で行ける範囲で行動。となると、下道で行ける一番遠くは熊本なのでそちらで行程を考えることに(福岡方面も考えてたが、後から渋滞情報を見ると高速は事故でとんでもない事に)。
まあハナから爆混みしてるのが分かってるところには行かないつもりだったので、いつもの運動公園でランニングの後こちらへ。

この施設。アメニティ類を持ち込めば400円で入浴できるのは本当にありがたい。熊本には何度も来ていていつも帰り道に通ってたのに、何故使わなかったんだろうと思う。

洗体、湯通ししてまずは前回入りそこねたミネラルサウナ。
博多駅前のキャビナスにあるロイヤルサウナみたいに湯が張られていて高湿な空間。湯自体がキャビナスのそれより高温なので室内自体も温かい。寝られるように板が引かれているスペースに横たわると、ハマームぽくサウニング出来て気持ちいい。湯の中央でマッドサイエンティストの研究室にありそうなゴボゴボ湧いてるミネラル発生器(?)があるのは謎だけど……

水風呂。
温度は数字だけ見るとあまり冷えていないように感じられるが、ナチュラルな気持ちよさと丁度よい冷感で素晴らしいもの。やはり熊本の水は外さないね。

外気浴。
あがんなっせにも型は違うが何故か置いているブランコ。おっさんが恍惚の表情でブランコに揺られている姿はそう見られない。あと露天スペースは前回来た時は水風呂だったが、今日は水が張られていなかった。というか、しばらく動いていない感じだった。

遠赤外線サウナ。
ストーブ2台構成のサ室、温度計は104℃を示す。カラカラなのでこれも数字の割にインパクトは少ないが、入っているとしかと熱さは感じられるもの。

時間の都合で2セットで。
締めに熊本チンピリこと漢方風呂に浸かる。本家チンピリよりピリ具合は抑え目だけど、浴場に入った瞬間から香ってくる漢方フレーバーは効果覿面なもの。「お客様の要望で香りを抑えている」という張り紙があったが、分かってない客がいるんだなと。

値段的にも2セットで惜しくないサウニング。というか本当、24時間営業というのもあるから今後も熊本からの帰りに積極的に使っていきたい。あと何だかんだここのカプセルも泊まったことがないので、何かの機会に。まあ、22時位にここを走ってたら、もう何とか家に帰ろうとしてしまうので宿泊はいつになるか分からないけど……とにかく、また来ます。

熱々天ぷら 虎之介

極海老とり天定食

海老の弾力凄い。他の具材の旨さも抜群だし、何よりコスパ良し。

続きを読む

  • サウナ温度 40℃,104℃
  • 水風呂温度 19.2℃
26
いちょうの湯

[ 福岡県 ]

ドライサウナ:10分 × 2
塩サウナ:10分 × 1
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
GW真っ只中!
職場の連中が意気揚々と長大連休を楽しんでいる中、仕事の都合で2日も6日も出勤しなければならない自分……まあ、明日行って休めるだけ幸せなのでしょうけど。

という訳で高速に乗らなくても行ける範囲でランニングとサウナができる場所を検討。すると見つけた見つけた、こちらの施設。まだ出来て1ヶ月弱なのね。

近くの公園でランニングして訪問。ジムが併設されていて、客もジムからそのまま来た風な人がチラホラ。自分もそれに紛れて浴場へ。

洗体して、正時近くになったのでドライサウナへ。
入ったタイミングで既にオートロウリュが始まっていた。大きめのストーブに石が並々と積まれ、それに二口の注水口から満遍なく水が掛けられる。最上段には自然と熱気が押し寄せて心地よい。クチコミ投稿で回数にブレがあって判然としなかったが、今は1回のオートロウリュで3回水が掛けられるようになっているみたい。

アツアツに蒸された状態で水風呂。
水風呂は2種類で、屋根の下にある方が冷た目の冷水風呂。掛水して入ると、ピシャリと冷えるもの。体感14℃くらいか。
もう1つの方は温泉とのブレンドで少し温め。休憩代わりにここに入るのも僥倖。

2回目のドライサウナ。
30分になるとオートロウリュ発動。これもクチコミでブレがあったが、今は30分おきになっているという事か。30分タームのオートロウリュ位が多すぎず少なすぎず丁度よい回数だと思う。正時だとわかりやすいし。

冷水からの休憩。
椅子は限られたスペースなりに置かれている。正直激混みの日にここに来るのは嫌だなとは思う。今日みたいに日曜で早開けしてて、まだ存在があまりバレていないタイミングなら……まあ、店的に認知されない状態が続くのは上がったりだろうけど。

入ってなかった塩サウナへ。
ちょっと暗めな室内と、タイル貼りの椅子の下にLEDの間接照明がチカチカと。まあ、何がやりたいかは分かる。
熱源は遠赤ストーブ。いつものオリ……じゃない。サンバーニング製。そんな大手芸能事務所2つをニコイチしたような名前のメーカーがあるのかと調べてみたら、オリンピアよりは若いが実績あるメーカーだと。まだまだ知らないことが多いな。ただシャワーが熱源すぐ近くにあるのが若干気になった。

ジム併設でここまで設備が整ってる施設が近くに出来たら、すぐに会員になるのになあ。スパ銭の標準って、ここ数年で大きく変わったと思う。歓迎できる変化なので、応援していきたいなと思います。

南京ラーメン 黒門 (くろもん)

ラーメン大、おにぎり、干し海苔

丁寧なスープ、歯切れのよい麺、バラとウデの肉肉しいチャーシュー、風味豊かな海苔……全てに隙がない。

続きを読む
22

塩サウナ:12分 × 1
スチームサウナ:12分 × 1
ドライサウナ:10分 × 2
水風呂:1分 × 4
休憩:10分 × 4
合計:4セット

一言:
GW開始ということで、昨日も動いたりしてたのだけどやはり天候悪いのでサ活に至らず。
今日からは天気が良さそうなので動いていこうかな……と考えてたが、中々どうして疲労のため遠出する気にならない。近場の課題を整理しようとこちらを訪問。

今日こちらを訪問しようと思ったのは、まだ入れていなかった洋風浴場に入るのと、明日だとサ飯で考えてるところが閉まってるため。来週だとまた和風になっちゃうからね。

脱衣場の雰囲気は変わらないが、浴場内はまあ洋風といえば洋風。というか、普通のスパ銭って感じ。

洗体して、まずは塩サウナ。
オーソドックスなヤツだけど……うーん、少し温度が低過ぎる。塩の粒がやっとなくなる位で出たけど、相当長居しないと暖まれなさそう。

塩サウナ横の水風呂。バイブラがガンガン効いてるのでヒンヤリと。めちゃくちゃ冷たい温度でもないので入りやすいね。

外気浴。外は庇に帆布が張られた地中海的な造り。気温も心地よく、最高のコンディションで休憩。

座った椅子の傍に扉があって、そこはスチームサウナに繋がっていた。2つの扉から内湯と外湯に移動できるオシャレなシステム。スチームで蒸されてから外に出ると、露天の水風呂に一直線。十分冷えたら上がってすぐ外気浴。すげーよ、大分でこんな事が出来るんだ。

ドライサウナ。これもオーソドックスなもの。選択肢が多いので普通のサウナに入れるのもいいね。
テレビは和風と異なりケーブルテレビが入っていて、福岡の民放が映るので普段見れないフジや日テレの番組が見れる(大分はフジと日テレがクロスネットなので)。J:COMの売込みなんだろうか。
この日はTNCが選局されていて、江口洋介主演の「スクール!!」の一挙放送をやってた。このドラマ、見てたような見てなかったような。入ってた時は貧乏な少年が金持ちの子から10万円貰うために橋から川に飛び降りる回をやってた。気狂いサウナーがやってるやつじゃん(やってない)。

思ったより和風と洋風で設備の差があったけど、和風は滝という代替出来ないモニュメントがあるので、滝が嫌いな人でなければどちらも楽しめると思う(滝が嫌いな人って何)。380円で楽しめる大分のスパ銭、本当に素晴らしい。MOKUタオルも買えたし、今後も事あるごとにお世話になるでしょう。

嫁の中華そば

旦那の推しメン(味玉抜き)

府内町から鶴崎に移転した東北風のラーメン屋さん。実家の旅館で再開したのが山形の某有名店ぽい。

続きを読む

  • サウナ温度 45℃,60℃,84℃
  • 水風呂温度 17℃,17℃
24

サウナ:10分 × 2
水風呂:1分 × 2
休憩:10分 × 2
合計:2セット

一言:
昨晩の話。

連休前日。明日以降の都合を考えて給油をしたかったのと、絶対に資さんうどんにイキタイという思いがあったので、直方からの田川方面へ。
色んな選択肢はあったが、一番道程的に丁度よいのが未訪のこちらの施設だった。

中々綺麗な館内。この辺りの温浴施設は(少なくとも自分が訪れたことのあるところは)整備が割としっかりしている施設が多くて好印象。この辺に住んでて行く施設を選べる人はいいなと思う。

洗い場に備え付けられた洗面器や椅子もサウナ施設によくあるシュッとしたタイプのやつ。こういうのはテンションが上がる。

湯通しをしてサ室。
低温と高温の2つがあるが、時間もないので高温2セットで。
北海道の家みたいに一旦ガラス張りの玄関フードのような戸を開けると、そこから既にサウナが始まっている感じ。右手の高温に入ると更に異世界。
熱源はオリンピアの遠赤外線ストーブながら、小さめのサ室にガンガン熱を送っているので中々の熱さ。温度計は98℃を指す。少し乾燥気味ではあるが、本当にカラカラだと「そんなに熱いかな?」って感触なので、良い塩梅の湿度なのだろう。

ガッツリ蒸されてからの水風呂。
浴槽内の段が隅にちょこっとしかなく転びそうになったが、これも限られたスペースで広く浸かれる心遣いなのかなと。水温も冷ためでよし。

外気浴。露天スペースに出ると、椅子の多さに驚く。やっぱりここの施設の人は分かってるね。思い思いに休憩。

もう1セットして退散。
近くにグラウンドもあるみたいだし、少し遠いので普段遣いは無理としても休みの日にランニングしてからのここってのも十分アリな施設だなと。そのアリという閾値が高めだったので、近々再訪してしっかり楽しもうと思います。

資さんうどん 田川店

とり天ぶっかけうどん

今週からの期間限定メニュー。普通に○亀の数倍美味い。麺のコシすごい。

続きを読む

  • サウナ温度 98℃
  • 水風呂温度 16℃
33

サウナ:10分 × 2
水風呂:1分 × 2
休憩:10分 × 2
合計:2セット

一言:
GWが迫ってきていますが、連休中はどうも天候がよくなさそう。
加えて、高速料金も休日割が適用されないということもあり、連休は遠出をしない(高速を利用しなくても行ける範囲に留める)と早くも決定。そんなで今週も遠出せず、冒険せず行くことに。

今日も雨なので、バッティングセンターで汗を流した後にこちらへ。

洗体ののち、早速サ室。
券売機前に「サウナ室は10名まで!」と物々しい貼り紙がなされていたが、サ室のサウナマットが10枚千鳥状に置かれていた。前より厳しくなったね。まあ、その方が安心して入れるというもの。
室内の雰囲気は変わらず、仄暗くて電球色の照明と外の光で明かりを取るもの。案外落ち着けていいんだよなあ。遠赤ストーブも心地よい熱さ。

水風呂。蛇口から水がとめどなく注ぎ込まれている。浴槽自体は少し狭めだが、深いところに座って段に足を上げるとこれはこれで丁度良く腰掛けられる体勢になる。温度も程よくてゆっくりと。

休憩。入っている時間も小雨がパラついていたが、こういう時こそここの真骨頂。屋内だけど外気が良く取り込まれる網戸前の位置のプラ椅子に腰掛ける。涼しい風とミストを浴びながらヒンヤリ休憩。この施設、休憩の選択肢が多いからこういう天候でも応用が利いて素晴らしいと思う。

昼食の店が混みそうなので2セットで終了。
10名制限で混み合う時間帯は苦慮するかもしれないが、空いている時間帯なら問題ない。土日は24時間営業してるしね。今後も上手く使わせてもらうタイミングがあると思います。

中国料理 王府

ニラブタ定食

ジョイフルでニラ豚を出すらしいので、本家本元を食す。ピリ辛で美味い。

続きを読む
23

サウナ:10分 × 2
水風呂:1分 × 2
休憩:10分 × 2
合計:2セット

一言:
昨晩の湯らっくすのイベント明け。ごみごみしてないのんびりしたサウナに入りたいなと思いつつあてもなくフラフラドライブしていたら、そういえば杵築に行ってない施設があったなと思い出し、近くのグラウンドでランニングしてから訪問。

地元のJAが運営しているというこちらの施設。やはり地域密着型なのか、周囲に系列と思われる老健施設や介護サービス事業所が並んでいて、田舎の施設あるあるやなと。何のストレスもなく入れるのが良き。

浴場に入ってみると、小ぢんまりとはしているが想像していたより数倍綺麗で開放的。露天スペースはないけど、天井の高さと窓のデカさで圧迫感は全く感じない。タイミングもあろうけど、清掃も行き届いている感じ。

洗体し、サ室へ。
サ室自体は既製品っぽい造りだが、2段の椅子の背後に備え付けられたヒーターでそれなりに暖まっている。湿度も良くて、10分で程よい汗が出てくる。毛の長いタイプのサウナマットが敷かれているのも好印象だが、折角ビート板が使えるのに誰も使おうとしてなかったのが少しモヤッた。

水風呂。
蛇口が2つあり、それぞれ「井水」「水道」と表記があったが水が出ているのは「水道」の方のみであった。本来はハイブリッドに使うのだろうか?
温度は入りやすく、さりとて温さを覚えるほどでもなくちゃんと冷えるもの。

休憩。
前述の通り露天スペースが無いので外気浴は出来ないが、浴場内に長椅子が一脚と、脱衣場のベンチで休憩することも出来る。空いている時なら洗い場の椅子を使って休憩も出来そう。

まとまりの良さに好印象を覚えて2セット。
隣の老健施設の謎のモニュメントに送られながら退店。

最近はてブで「10億円資産ができたときに知っておいたほうがいいこと」という記事を読んだけど、結局金持ちが暮らすには田舎は不便すぎることが指摘されていた。賑やかな街には沢山のエンタメがあるけど、どんな生活をしていてものどかな町での体験を楽しめる感性は失いたくないなと思った次第。

紙ふうせん

チキンカツピラフ(大盛)

喫茶店の素っ気ないけど美味い飯いいよね……てかサ店の飯でサ飯じゃね?(今更)

続きを読む
21

イベントレポです。
「全員熱波師。第一回ストラックアウトチャンピオンシップ2022 in湯らっくす」に参加。

おなじみのアウフグースストラックアウト、前回のイベントでもちょこっと競われたものだが、遂に大会を開催することに。
社歌斉唱、華々しいオープニングからのストレッチの後、サウナ王の始球式で開始宣言されたストラックアウト予選。年齢層幅広いサウナーが覇を争う……しかし、サウナ王の並ぶストラックアウトはまるで赤壁で倒れない。かくいう自分も「前回優勝者です!」と名乗っておきながら全く倒せず撃沈。今回貰ったタオルで練習します。

マグロ解体、太鼓の演舞とお祭り感満載な催しの後、これもおなじみサウナ王マニアッククイズ。サウナ王と同じ目線でサウナを見ていれば問題に登場した施設全て訪問してるから答えられた筈だが……ぬくもりの湯とサウナラボの問のみ。これも精進が足りず。

捌かれたマグロを食した後、西生社長からの告知。湯らっくすの今後の大変革について。今の素晴らしい設備に飽き足らず、更に新しい事を始められるバイタリティには頭が上がらない。実はMADMAXボタンはデ・トマソボタンだったという話も面白かった。

決勝。やはり中々倒れない厳しい戦いとなった。台風の目の少年は特別賞で黒と赤タオルを進呈。こういう温かさは良い。


そしてメインイベントのスペシャルアウフグース。
今日で共栄観光を退社し、プロアウフギーサーとしての一歩を踏み出す福永さんの熱波。18:30からのイベント参加者限定の回はときめきさん、岩本さん、井上CPと大団円の熱波。アロマが桜のフレーバーということで、花の香りは勿論、少し木の焦げたような香りもあって非常に趣深いじゃあないか。春の日に、残る者と去る者(猿じゃないよ)……交わされる熱い想い。

19:20からの女性熱波師つがさんのおジャ魔女まなみアウフグース。おジャ魔女とプリキュアという、僕が熱波師だったら確実に演目に組み込んでる構成。曲がプリキュア5、スマイルgogo!だったら僕一人でもコールしてたね。

そして20時、福永さん最後の熱波。岩本さんとの師弟アウフグース。この2人ならではの美しいタオル捌きと共に、アロマの桜の香りが広がる。後輩の言葉に送り出される福永さん。彼が築いたものが熊本の地に残り続けるのは間違いない。

自分のストラックアウトは散々な結果だったけど、福永さんに「前の時の方が力が抜けてて良かったです」とアドバイス頂き、前回のイベントのことを覚えて下さっていたのが何よりも嬉しかった。
福永さんのこれからの益々のご活躍をお祈りしています。またどこかのサウナでお会いしましょう!

本まぐろカツ、焼き鳥盛り合わせ

今日限定のマグロメニュー。めっちゃうま!

続きを読む
42

ととのっちゃうおじさん

2022.04.15

2回目の訪問

サウナ:10分 × 2
水風呂:1分 × 2
休憩:10分 × 2
合計:2セット

一言:
花金っつーことで小倉で映画を見る道すがら、山小屋ラーメンの期間限定メニューであるやまじろう(山小屋が作ったラーメン二郎インスパイア系麺)目当てでこちらを訪問。

前回来た時と反対側の浴場(福智山)へライド。
洗体し、深めの浴槽の風呂に入った後、早速サ室へ。

温度計は90℃を示し、湿度もあってなかなかの熱さ。凄く丁度よいセッティング。

水風呂。深めの浴槽に段が付いていて腰掛けることが出来、肩までガッツリ浸かれるもの。楽な姿勢でクールダウン出来るのはいいね。14.8℃を示す温度も素晴らしい。

外気浴。開放的な露天スペースで種類の多い椅子を選んでのんびりと。少し肌寒い今日……先日までとても暑かったのが嘘のよう。

とはいえ、時間もないのであまり感傷に浸る暇もなく2セットで終了。

さて、やまじろうを食べようと山小屋に入り、註文。「これ(やまじろう)あります?」「あ〜今日終わっちゃったんですよ〜」……退店。

一日限定10杯に泣かされた。しかしもう既に二郎系の舌になってしまっているので、都市高4号線を駆けて小倉のラーメンだるまに飛び込み、小汁なし豚マシヤサイアブラカラメマシ(生卵付属、ニラキムチトッピング)を食べて事無きを得ました。流石に遠いのでサ飯には書きませんが。

今からは映画を見ます。フィンランド映画なので多分サウナの話だろう(フラグ)。→サウナ要素一切無かったです……悪くなかったけど胸糞なラスト……

続きを読む
27

サウナ(ロウリュ):10〜15分 × 5
水風呂:2分 × 5
休憩:15分 × 5
合計:5セット

一言:
今日は早朝から博多駅に。
Tジョイでジュリア・デュクルノー監督作「TITANE」を鑑賞。車と致しちゃう女性の話というあらすじだけ聞いて観てみたが、終始「何だこれは……」と呟くしかなかった。何だこれは……まあ惹き付けられるシーンも多かったけど。

幼少期のただの車好き少女だったアレクシアの様に自家用車のアクセルを蹴っ飛ばし、久留米に到着。昨日の本城おとぎの杜に引き続き、最所産業グループの始まりの施設である游心の湯を訪問。

初訪問にこのタイミングを選んだのは他でもない。筑紫野・天拝の郷の神主で熱波師な柴田さんと、関西のアウフグースチーム素面のりゅーきイケダさんがイベントを行うってんで、福岡方面に来る都合を付けたということ。

到着し、洗体するなり早速1回目、12時の回。福島支配人が恭しく挨拶した後、まずは柴田さんから。
いつもの神主スタイルで粛々とロウリュ、扇ぎを行っていく柴田さん。天拝の郷でのアウフグースでは神社をバックに荘厳な雰囲気が醸成されるが、游心の湯の庭を借景したアウフグースというのも一興ですね。最上段に座っていたが、何とかギリギリ完走。

水風呂、休憩から普通に1セット挟んで、13時の回はりゅーきイケダさん。
花の生育をイメージした3種のアロマ水を用いたロウリュ。場を和ませるトーク(ラミネした張り紙にタオルが当たって落ちたのがすぐバレてたの笑った)を交えつつ、手数の多いタオルワークに魅了される。

また1セット挟んだ後、14時の回。柴田さんとりゅーきさんのタッグアウフ。号砲のようなオートロウリュと共に開始(1回目も2回目もイベントお構いなしに動いてたけど)。
タッグと言ってもりゅーきさん曰く「公式発表されて柴田さんと一緒なのを知った」らしく、ラップバトルの様な技の応酬に。途中バテた柴田さんがりゅーきさんに繋ぎを任せて水分補給しながらサ室を覗いていたりと、天拝の郷でのアウフグースでは見れないお茶目さが垣間見れた。サウナサンの松村さんが作った紫蘇のアロマ水も素晴らしい香り。

りゅーきさんの冷風を受けて終了。
福岡の施設もスカイスパみたいに外部のアウフギーサーを招聘してほしいですね。色んなクリアすべき課題はあるだろうけども。游心の湯はそういうイベントのハコとしても十分ポテンシャルの高い施設だと感じました。サ室の2基のストーブも素敵だしね。ストーンの対流式と、チタン味のある遠赤ストーブ……車と人間のキメラの出産ほどではないけど、竜と鬼のアウフグースもハードで最高って話でした。

オロポ

おとぎの杜でも思ったが、オロポめっちゃ安い。2杯飲んでもいいくらい。

続きを読む
38

【1回目】
サウナ:10分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

【2回目】
サウナ(ロウリュ):10分〜12分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
先日のふろの日に貰った無料券消化のためこちらへ。

にしても、午前の部活中に呼び出しが掛かり、結局夕方まで外作業の対応に追われることに。早速新部署の洗礼を浴びているよ。
今日は2施設巡るつもりが時間的に叶わなくなったので、タダ券の期限が迫っていたこちらに集中。

やっと洗体して、シルクバスで湯通ししてから手始めに3セット。遠赤のテレビではコナンが流れていた。高木刑事と佐藤刑事のやつは昔見た時から印象に残ってたのだけど、EDのDAIGOの曲にズッコケそうになる。まあ、あの話自体何してんのって感じだけど。
水風呂、休憩も快適。外気浴はここ数日で気温の上昇が顕著になっているのでどうかと思ったが、夕方過ぎると流石に暑いとは感じなくなるね。

食事を摂り、大休憩の後再び浴場へ。
2セット入って3セット目でロウリュを受けられるように調整する。

8分前に入り、恙無く最上段ど真ん中を確保してロウリュに突入。
男性と女性のスタッフさんの2名体制。オートロウリュが作動してそのままでも十分熱くなっている室内だが、更にアロマ水を追加してアツアツの状態に。2名が順次客を扇いでいくが、まあパワー的に男性のスタッフさんに扇いでほしいな……と思っていたら、丁度僕が最後になるので二人がかりで扇いでもらえた。
土曜でサ室の出入りが多く温度が上がりきっていないので5セット目まで若干の消化不良感があったが、最終セットできっちり蒸されて大満足。これで入浴料無料ですからね。最高という他ないサウニングでした。

明日は、ここの施設と関わり深いあの施設を初訪問予定。

華味鳥のとり天定食、オロポ

飽きもせずとり天。思ったより量が多かった。オロポも値段の割にたっぷりサイズでコスパ良し。

続きを読む

  • サウナ温度 88℃
  • 水風呂温度 15.8℃
28

サウナ:10分 × 2
水風呂:1分 × 2
休憩:10分 × 2
合計:2セット

一言:
またここに来るのに間隔が空いた……軽く2セット。
金曜がメンズデーなのは嬉しい。どっかのシネコンは金曜メンズデーやめちゃいましたからね(関係ない)。にしてもここは自販機の飲み物の値段も安いよね。サントリーしかないとはいえ。

後述するんですが、宇奈ととでうなめしのギガ盛りというのがあると聞いてちょっと前に開店した大分一号店となる別府店に初めて来たのに、売り切れなのかそもそも別府店は対象外なのか置いてなくて、特というのもご飯が上から見えるくらいのうなぎの量で若干肩透かし食らった。かっぱの湯がメンズデーじゃなかったら気持ちが萎えたままだったかも。しかもメンズデーだったことに券を買ってから気付いて、受付でメンズデーだったから金返せと騒ぐのはみっともないからもういっか……と思ってたら、受付のお姉さんが言うより早く返金してくれて普通に嬉しかったです。

名代宇奈とと 別府店

うなめし(特、ご飯大盛)

上で文句垂れてますけど、香ばしいうなきがこの値段で食べられるなら良いと思います。

続きを読む
18
ぎょうざ湯

[ 京都府 ]

サウナ:10分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
【春の大阪・京都旅⑤〜最終回〜】
ルーマプラザを後にし、今回京都に来た目的であるイベント会場近くに荷物を置いとこうとロームシアター京都へ移動。中々見当たらず結局東山駅のロッカーに荷物を放り、祇園に戻ってこちらを訪問。

見かけは普通の町中華といった風貌……というか、実際餃子店として営業している訳で何も間違ってはいないのだが。
本来営業時間ではない10時前。店は開いているが店内には誰もおらず。おずおずと中に入っていくと物音がしたので「すみません」と声を掛けると、お兄さんが「あ、サウナの人ですか?どうぞ〜」と案内してくれる。

簡単に説明を受けて後は80分間自由に。このスピード感は嬉しい。
4台のロッカーにはアルファベットの記号が振られている。アルファベットとは変わってるなと思いつつ、A、Bと来てOで何だこりゃ?と一瞬なったが、次のABで店主の遊び心と分かる。この自由さはいいなあ。

脱衣し洗体して、早速サ室へ。
サ室前に置かれているヴィヒタの入ったバケットを持って入ると……定員3名のコンパクトなサ室。暗めで雰囲気よし。ラドルはジョウロと普通の柄杓状に掛けるのを選べるやつ。
METOSのZIELには既製品のストーンに加え、オリジナルの餃子型ストーン(笑)。ここならではね。
ヴィヒタ水の弾ける音ともに体感温度が急上昇して気持ちよく蒸されるもの。

水風呂。深めな浴槽と向かいの壁に既視感を覚える赤いボタンが付いた物体。押下すると……頭上から大量の水が降り注ぐ。これぞ京都のMADMAX。貸切サウナは設備コスト面もあって水風呂を作れない施設が多い中、餃子屋の一角にこれがあるのは凄すぎ。

外気浴。外の露天風呂スペースにあるプラ椅子で休む(水風呂もあって露天風呂もあるってマジでスゲーよ)。湯船には桜の花びらなんかが浮いてて趣深い。街のど真ん中で空が見上げられる外気浴、素晴らしいな。

その後もストーブにヴィヒタを直に振ってロウリュしたり、MADMAXで顔に伝った水をそのまま飲んだり(白山湯や船岡温泉でもしてますが非推奨です)と思い思いに楽しむ。最後となった3セット目、水風呂から上がった時に今更注意書きを発見。かかり湯の注意とかがあるのだけど、最後に「水風呂サイコーと声をお出しください」と記載が。言うタイミングを逸したのでここで言います。

「水風呂サイコー!!!」

そんなこんなで食事もし、ロームシアター京都でのイベントへ。時間の都合でこの旅でのサウナはここが最後となったけど、有終の美となりました。

餃子定食(ランチ)

餃子、汁、付け合せ……全てが美味い。おかしい位美味くて「え?美味くね?」って一口食べる度に言ってた。

続きを読む

共用

  • サウナ温度 88℃
  • 水風呂温度 14℃
27

【1回目】
サウナ(ロウリュ):15分 × 1
水風呂:1分 × 1
休憩:10分 × 1
合計:1セット

【2回目】
サウナ(ロウリュ):14分 × 1
水風呂:1分 × 1
休憩:10分 × 1
合計:1セット

【3回目】
サウナ(ロウリュ):13分 × 2
水風呂:1分 × 2
休憩:10分 × 2
合計:2セット

一言:
【春の大阪・京都旅④】
時間は土曜の昼下がり。白山湯六条店の激アツサウナで蒸され、バスで祇園まで戻ってきたところまで遡る。
今回の旅の宿として選んだのは……奇を衒うでなく、いつものルーマプラザ。
とはいえ、ルーマプラザでまだ熱波を受けたことがなく、今回履修してしまおうと思った次第。

着くなり早速1回目のロウリュ。なんとか上段は確保したがめちゃ混み。
ベテランな雰囲気のおっちゃん熱波師さんが入り、挨拶もそこそこにアロマ水をバシャバシャと。
デカい団扇を拝むように扇ぐと蒸気が容赦なく降り注いでくる。2回目のロウリュ後に一人ずつ扇ぎ、3回目後、おかわりと扇いでいくのだけど、緩やかに扇ぐのみなので一発の熱さはそれほどない。どちらかと言えば13〜15分近くのイベント中に耐える事で蒸されていくやつ。結局おかわり前に退室。

カプセルで少し寝てから2回目。タカダさんという更にベテラン感のあるスタッフさんが、愛嬌のある関西弁で説明しながら熱波。緩やかな内容ながら熱さは容赦ないもの。またおかわり前で退室。

食事処でセガールの沈黙の復讐を見ながら食事した後、1セットこなしてから最後のロウリュへ。
2回目に引き続きタカダさん。今回はストーブ最前に座ったが、思った通りロウリュ直後は熱いがそれからは耐えられる程度。
おかわりまで無事に受ける。タカダさんにお礼を言いつつ退室……彼が出ようとしていたので戸を開けて促す。

その後③の施設に行き、戻って就寝。
朝風呂を……と思ったが、疲労が大きく出る時間ギリギリまで寝てしまった。まあ、美味い朝食付いてて安くカプセルも広いルーマプラザ。京都のド定番になったのでまた来ると思います。写真は取りそこねたので朝食と大和大路通の桜でも。

ホタルイカの辛子酢味噌和え,オロポ

太いセガールは長州力にしか見えない。ナニコラタココラ!(※イカです)

続きを読む
33