2020.12.22 登録

  • サウナ歴 3年 4ヶ月
  • ホーム 別府鉄輪温泉やまなみの湯
  • 好きなサウナ 合法的に寝転べるサウナ
  • プロフィール 旧.ととのっちゃうおじさん。〇〇おじさんが没個性化してきたのと、本格的にアラサーになるのでおじさんへの抵抗として名前を変えました。お酒は大して嗜みませんが、よろしくどうぞ。
絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

サウナ:10分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
昨日の。

映画を観る都合があり、下道の峠をいくつか越えて日田市まで。遠いね……
小雨混じりの中ランニングして、入浴せんと移動。

途中の道で梅まつりってイベントをしてて、それなりに人が集まっていた。今週が最後かな。梅林の中にひっそり建っている施設がここ。だいぶ久しぶり。

工事の関係で、当面は入れ替えをしないらしい。実際、緑宝の側しか入ったことない。岩盤浴はしないのであまり関係ないといえばそう。

洗体し、湯通し。内湯はちょっと琥珀色に見えるお湯(床面の色の影響?)。温泉だけでも当然良い。温まったらサウナへ。

静かなサ室。三連休初日、またこの梅の季節ということもあり、今までで一番人が入っている感じがある。それでもガヤガヤなっておらず、BGMに聴き入るくらい集中できる環境なのが良い。日田市街の花の湯ではこうはならないんだけど、現在入浴料がほとんど変わらなくなってしまってるから、移動や日帰り受付してる時間の都合が付くならこっちを選んでしまうかな。

水風呂。
どんどん水が足されているもの。隣のぬる湯だった浴槽は空になっている。丁度いい温度のぬる湯だったら入れてほしいなと思ったり。

外気浴。
やっぱり山の風景って曇り空の方が映えるな、と考えたりする。水墨画の世界観。いつも言ってるけど。

訪問難易度の高さが快適度に繋がってる分かりやすい例と思う。ここはこのクオリティであり続けてほしいなと。工事後の改装に期待しつつ退館しました。

移動して日田リベルテでアキ・カウリスマキの「枯れ葉」を鑑賞。前の晩にアキじゃなくてアリの毒親映画を観てどよ〜んとなってた気持ちが、この映画でリフレッシュ。フィンランドの人達が皆こんなに繊細な感覚で生きてるとは思わないけど、そういう機微ってサウナにも通じるところがあるように思える。劇伴も良くて(カラオケ王の歌のシーンではちょっとだけ寝てしまったけど)、良いサウナに良い映画で癒された一日でした。

続きを読む
26

サウナ:10分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
昨日の。

新規開拓。
下関。海を渡ればすぐ行けるのだけど、渡るためには必ずコストが発生すること、市域がめちゃくちゃ広いこと、あといつも門司港の辺りが混むのを天秤に掛けると、選択肢として入れにくい地域ではある。
とはいえ、土曜なら時間の心配はあまり要らない訳で、午後からドライブがてら行っちゃおうと考えても何ら問題ないということ。

かくして、えっちらおっちら豊田町方面へ。
途中の看板が示す通り、r34は長門市まで続く道。山陰道は長門側から伸びてくるみたいだけど、豊田から先は未定と。山口県って市街地が点在してるからルートの選定が難しいってのも、山陰道完成の困難さに拍車をかけている気が。まあ、ドライブでは延々下道の雰囲気も好きなんだけど。

道の駅に到着し、早速入館。
料金も、山口県の山陽側の施設にありがちなやたら高い金額じゃなく、リーズナブルな価格設定なのが嬉しい。

浴場にて洗体し、湯通し。
最近、サウナにハマる前から好きだった温泉巡りも再燃の兆しがあって、ここのトロトロのお湯触りが気に入った。それもあってここにしたのもあるけど。

お湯で温まったらいざサウナ。
ホタルサウナと銘打たれたもの。明るい時間に行ったのでホタル要素はあまり感じられなかったが、おそらく辺りが暗くなってくると丁度良い調光具合になるのだろう。普通に雰囲気はよし。
ストーブはかなりの大きさ。石が積まれていてロウリュ出来そう……と思うけど、「水をかけるとただちに故障します」という注意書き。ただちに、なんて言われると流石にイタズラは出来ないだろう。

大きなストーブはガンガンと温度を上げ、8名定員のサ室はしっかりと熱くなっている。熱さと湿度感、かなり丁度良く作られていてなかなかレベルが高い。

水風呂。
かかり湯を浴びてから。かかり湯の位置と温度、そして水風呂までの動線……コンパクトに収まってて素晴らしい。何が必要か分かってるね。

外気浴。
露天スペースにコールマンのインフィニティチェアが4脚。この4脚というのが非常に良い。奇数で並んでたら、奇数番のイスばかり座られて壊れるんだよね。2脚だと少ないし。分かってる、分かってるね。

全てにおいて、納得できる設備を整えている施設だと感じた。この解像度の高さ、自分の好みと合ってるとなお嬉しいね。やっぱりちょっと遠くはあるけど(笑)、近くにあったらどれだけ良いだろう……と考えてしまうほど、満足度の高い施設でした。

続きを読む
22

サウナ:10〜30分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
昨日の。

連休中は遠出せず、映画鑑賞に没頭。近くの映画館で「コット、はじまりの夏」と「哀れなるものたち」を、家で金ローの「かがみの孤城」、アマプラで「西鶴一代女」を観る。それぞれの境遇において生き方を模索する人達の姿を描き出している……とざっくりまとめる事は出来るが、こころやコットの繊細さとベラの大胆さはあまりに違い過ぎて苦笑。でも、いずれの生き方も肯定されるべきと感じた(お春がベラの生き方をするのは許されないのだろうけど)。

自分の体のことは自分で決めたいが、社会において自分という存在の定義は自分だけでは成し得ないというジレンマもあり、人間はその葛藤の中で境遇に抗うことがそもそも自己の存在を認識する手段なのかなと考える。それは日常の中に非日常を求めるようなことで、本来それをしなくても足ることを敢えてするということでもある。すなわち、入浴におけるサウナみたいなものだと。前置きが長くなったけどサウナの話。

18:30のアウフグースに参加する為にコロナの湯へ。
洗体、湯通しして普通に2セット消化。オートロウリュで照明が落ち、静謐な時が感覚を研ぎ澄ます。自分を知る瞬間。

時間を合わせてはむちょさんのアウフグースに臨む。昨年7月受けられなかったリベンジ。
「オールドスクールな技でリラックスしてもらう」という説明の通り、基本の形に忠実に、ヒーリングを目的にしたアウフグース。リチュアルな形式でウィスキングに近い。賑やかしいアウフグースもいいけど、今の僕にはこの形のアウフグースがかなりヒットなもので良し。おかわりのアウフグースまで受け切って、お礼を述べて離脱。

ミントの水風呂で冷えてから、椅子の増えた外気浴スペースで休憩。しばらくするとはむちょさんが、鮭山さんとかもやってるお鈴を鳴らすやつを実施して下さる。内面に染み渡る音の不思議。音なのに、聞いていると景色が広がってくる。

人が悩みに囚われるのは常だけど、大局的に見ればそんな悩みは些末なものであったりする。勿論、皆がそう思えるものではないから簡単じゃないのだけど。だからこそ、一旦心を無に、リセットする時間が必要。サウナに何も求めてはならないのだけど、今時「何も求めない」ことを許してくれるサウナって懐が深いんだなと。

整理券の案内とかどこに告知してたんや?とかオペレーションがPoor thingだったとこはあるけど。アウフグースは素晴らしかった。ありがとうございました。

続きを読む
41

サウナ:10~25分 × 4
水風呂:1分 × 4
休憩:10分 × 4
合計:4セット

一言:
昨日の。

いつもの風呂の日の無料券を消化すべくこちらに。

車は多いもののすんなりといつも止めるあたりに駐車することが出来て、いざ。
受付して、浴場で洗体したら1ターム目。
メディテーションサウナ。まあいつも通りな雰囲気。ロウリュすると熱くなるのは当然なんだけど、ハット被ってる奴が砂時計を無視して先走りロウリュをしていて閉口。

高温サウナ。最上段でオートロウリュを待つ。3連のオートロウリュはガッツリと効いてくるやつ。なんかもうロウリュに関しては、高温サウナの方がイライラしなくて好きだわ。

水風呂に浸かって休憩。
ボロボロでリクライニングも出来なくなっていたインフィニティチェアも取り払われ、プラのゆっくり座れる椅子がもう一脚追加されていた。これでいいのよ。

一旦上がって食事へ。
今月までの限定という鰤の定食を注文。しばらく(30分くらい?)YouTubeなど見て過ごしていて、あれ、僕動画を見に来たんだっけ?とか思い始めたころに厨房内がソワソワしていることに気付く。あっ、これ多分作り忘れてるな、どうしたらええんやろ……と考えていたら、フロアで動いてる若手ではなく上司っぽい方が来られる。てか、オカッシーさんやん。
オーダーが遅れてたお詫びに飲み物を付けてくれると。別に高いものをせびりたい訳では無かったが、何故か普段頼むのに今回は頼んでなかったオロポを発注。嫌な顔せず出してくださってこちらも恐縮。管理職って大変ね。

お腹いっぱいになって2ターム目。
メディテーションサウナ。21時が近づくにつれてこちらも人入りが多くなる。そして早漏ロウリュをするハットの人(さっきと別人)。何か、ここでハット被ってる人って本当にレベル低いわ。最近はどこの施設でもそうなのかもしれんけど。ハット被ってる奴がルール無視してたらそれがルールみたいになるじゃん。ストーブが壊れないと分からないのか?

離脱してイベントに合わせて高温へ。
獄炎ロウリュ。体裁が決まってきたね。オカッシーさんも最大限サービスで風を送ってくださる。客の対応もして、イベントもして……本当に頭が上がりませんわ。

ホスピタリティに関しては文句を付けるところが今のところ無いのだけど、マナーが悪い利用者がいつも目につくところは正直憂慮してる。ガチガチに縛るのもどうかなって感じだけど、施設のあり方は常に考えていてほしいなと。要望としてはそんなところです。

ぶりの幽庵焼き御膳

焼きと刺身の鰤にとり天まで付いてきて1000円。他の施設なら1500円で出すだろうね。

続きを読む
28

高温サウナ:20分くらい? × 2
シアターサウナ:15分くらい? × 1
水風呂:1分 × 2
クーリングルーム:5分 × 1
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
昨日の。

湯らっくすで開催される五塔熱子さんのシアターアウフグースに参加する為、1年ぶりくらいに熊本へ。

午前中は熊本駅をぶらついて、昼過ぎは熊本ピカデリーでプリキュアオールスターズFのLVを鑑賞。てか新シリーズがめちゃくちゃ良くて、21年目のシーズンも楽しく見ていられそう。

終わるなり湯らっくすへ。今までイベントの時は朝から入っていたので意識していなかったけど、夕方近い時間に行くと駐車スペースが本当に見つからない。

受付でイベント参加を申告して入館。早速浴場へ向かい、軽く洗体してサ室。16時の熱波へ。ギリギリ入ったので最上段だったが、痺れる良い熱さ。
漢祭?とシリーズ化されてるらしいもの(フル◯ンで扇ぐのが伝統らしい)。容赦ないロウリュと、卓越した技術。これが両立してるのが湯らっくすよね。

ちゃんと身体を洗ったりしてたらすぐに17時の熱波前。担当はたかくらさんだったのが、飛び入りでくりはらさんも。ACJへの景気付けってな感じでやってたら、さっきの漢祭のやまとたけるさんが乱入し、ゴリラ井上CPが乱入し、客として来てたアウフギーサーの方が乱入し……湯らっくすオールスターズFかな?これがタダで受けられるの普通に凄いですよ。

17時の熱波が終わるとすぐに18時のイベントのアナウンスがあり、30分前には参加者がほぼ全員集結。
やっと入れた湯らっくすのサウナシアター「THIS IS IT」。広いし、スクリーンもデカいし、DJブースもあるし……これ本当にサウナか?と思うもの。

満を持して登場した熱子さんは昨年のACJの演目を披露。圧倒的な技術に裏打ちされた説得力に、サウナシアターの音響・ライティングが加わって、でぐちさんの「これが日本のアウフグースの最高峰だ!」という謳い文句にも首肯するしかない。最前列のストーブ横に置いてる道具台の前辺りに座ってたので、細かい演出の準備も見ることが出来て大変良い経験に。

湯らっくす。最高峰でありつつ、その頂が今も伸び続けている様な印象。今回もスタッフさんで知ってるのは井上CPとでぐちさん位に変わってたのに、皆がサウナでのし上がろうとしてる。温度以上に熱い、本当に凄い施設だと改めて思わされました。

ひとすじうどん、肥後ストロングオロポ

何だかんだ未食だった定番メニュー。えっ、めっちゃ美味い……

続きを読む
33

メディテーションサウナ:10分 × 2
高温サウナ:12分,25分
水風呂:1分 × 4
休憩:10分 × 4
合計:4セット

一言:
昨日の。

午後休を取って諸々の用事を済ます。不動産屋と映画。ガンダムSEED FREEDOMは「ああ……ロボット好きなお兄ちゃん達は喜ぶんだろうね……」って内容だった。恐らく、まだ1月だけど今年観た(観る)映画でワーストの出来だと。B級映画として観るならオススメ。

映画が想像していたものと違い過ぎて肩透かしを食らった気分でいつものランニングコースに入り、規定周回のランニングを終えて施設に入館。何だかんだここも久しぶり。

風呂の日の無料券をしっかり受け取り、浴場へ。
洗体し、湯通し。本来ならここで一旦上がって食事を……と考えていたが、時間があまり無かったので食事はイベント後に。

という訳でいつものルーティン通りにメディテーションへ。こうやって人が多い日はサウナにきちんと向き合いたい人が多く、逆説的に静かになるのである。とはいえ、途中砂時計を無視してロウリュした、ハット被ってる割にフリーダム(悪い意味)な奴もいて。あの砂時計、もうストーブの囲いに取り付けて絶対に目に付くようにしない?と、先日スカイスパYOKOHAMAのロウリュサウナの設備を見た時に思った。

水風呂からの休憩。
何故かいつも埋まってるインフィニティチェアが空いてるな、と思ったら、支柱が取れてリクライニング出来なくなっていた。うーん、大切に使ってほしいよな。まあ、1台に負担が掛かりすぎなんだよな、とも。

高温はオートロウリュも効いてよし。
イベント時はいつも通り20分前に下段の定位置へ。段が減った今のセッティングだと最上段でも耐えられると思うけど、やっぱり相当前からスタンバイしとかないといけないことを考えると……今回も超満員だったし。

熱波の担当はオカッシーさん。
ストーンに水を掛け、タオルや団扇、ブロアーでとにかく風を送るオールドスクールなもの。途中水が足りなくなって追加しに行く事になってた。これは流石に初めてやな。

今更ながら今年初のおとぎの杜、安定の盛り上がりで良いものでした。

獄麺焼討、オロポ

辛いホルモン焼きそばやな。値段相応にボリューミーで美味い。

続きを読む
23
スカイスパYOKOHAMA

[ 神奈川県 ]

ロウリュサウナ:10分 × 2
水風呂:1分 × 2
休憩:10分 × 2
合計:2セット

一言:
またまたいつもの「いつの話やねん」シリーズ。連泊2日目、日〜月の泊まりの分。

横浜アリーナで20,21日に開催された「全プリキュア 20th Anniversary LIVE!」。諸々の都合で日曜の昼と夜の公演しか参加出来なかったけど、20周年に相応しい華々しいライブでした。随所に20年の歴史の中で、途切れ途切れでも応援してきたファンに対する感謝の念が込められているのを感じ、「いや、感謝すべきはこちらだよ……」と。フィナーレの挨拶は万感の思いでした。

さて。新横浜からスカイスパに帰るなら、混むし乗換もある横浜線じゃなくブルーラインでね。ゆったり戻って22時。早速入浴へ。

洗体・湯通しして、やっぱり入りたいロウリュサウナ。土曜夜よりも流石に人が少なくて、昨晩座れなかった最上段にも座れた。ちょっとやっぱり、世界観が違うね。ロウリュなんかすると激熱に。正直中段だと「まあ……よくあるセルフロウリュできるサウナやな」という印象だったけど、この最上段の席を設けるかどうかで感じ方が全然違いますわ。

水風呂。
いつもキリッと冷えている最高なもの。しっかり蒸されてからのコレがたまらんね。

休憩。
2セット目は3台のインフィニティチェアのうち、窓に面したやつに座ることが出来て僥倖。Kアリーナの明かりなどを見つつ(Kアリーナ、まだ行ったことない。今年1つ行きたい公演があるが1回目の抽選は落ちてしまった)。

2セットで疲れて……というか、まだ食事処開いてんだっけ?とか思いつつ上がったら、普通に閉まってた。金曜と土曜だけね、夜遅くまでやってんのは。疲れ過ぎてそれすら考える余裕もなかった。

翌朝もだいぶ長く寝て、昼の飛行機までにやっとく用事をバタバタ済ませる事になり。スカイスパすらおざなりに使うようになっちゃダメだな。今回は何なら時間に余裕があったのに。何度でもお世話になります。

朝食バイキング

いつもながら食いすぎィ!昼食も夕食も軽めで済みました……

続きを読む
40
華の湯HIBURAN

[ 福岡県 ]

チェックイン

続きを読む
スカイスパYOKOHAMA

[ 神奈川県 ]

メインサウナ:10分 × 2
ロウリュサウナ:10分 × 1
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
泊まりの分。

横浜アリーナで土日にあるイベントに参加する為、こちらへ。普段はパシフィコだから何の躊躇いもなくスカイスパなのだけど、新横浜だと泊まれてサウナも良くてというところは少ない。ただ、最近しばらくスカイスパに行けておらず、記憶もまだ塩サウナがあった頃で止まっている。色々考えるのも面倒なので。

着いて受付し、ロッカーに荷物を入れて早速。
洗体、湯通しからいきなりのロウリュサウナ。
なるほど、なるほどねという感じ。質感はスカイスパ基準。スカイスパのロウリュサウナはこうなるだろうと、期待を裏切らない感じ。攻めすぎて逆になんだコレ?ってサウナになってなくて安心。
最上段の席は争奪戦になりがちだけど、それぞれの席でそれぞれの楽しみ方が出来るもの。
ラドルとバケットがストーブ前に置かれていて、砂時計は設置済み。もう、セルフロウリュできるサウナにはどこも砂時計を置いたほうがいいと思うのよね。

水風呂で冷えて、いつものミストのある椅子で休憩。鳥の鳴き声が……なんかジャックの問題なのか、時折破裂音みたいなのが。大丈夫そ?

メインサウナ。
夜景を眺めつつ……ポツポツと発動するオートロウリュが適度な湿度を保っていて、しっかり熱い。

23時のお泊まりロウリュ、担当は山本さん。ほうじ茶とコーヒーをそのまま使ったロウリュは贅沢にフレーバーの香りがするもの。扇ぎの力強さも相まって、ノートが室内にくまなく広がる。本当に熱波のレベルが高い。

イベントがある時より人が少ないのかな?ちょっと空き目なのも嬉しかった。ではまた。

家系総本山 吉村家

ラーメン、ライス

始まりの味にして、最高峰の味。

続きを読む
33
華の湯 片野店

[ 福岡県 ]

チェックイン

続きを読む
天宿の杜 桂月

[ 山口県 ]

サウナ:10分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
土曜日の2箇所目。

1箇所目の益田・SAUNA BREEZEがかなり良くて、もう何ならそのまま帰ろうかな?なんて思ったが、やっぱりランニングの準備もしてるし体動かさないのも、また温かい風呂に入らずに帰宅するのもな……という気持ちがあったので、丁度帰り道にあって以前から課題になってたこちらへ。

近くにグラウンドがあり、しばらくランニングしてから入館。
重厚感あるエントランスホール。立派な宿の風情。これは1800円支払う価値あるものだろう……

階を降りて浴場へ。
内湯はよくある旅館やホテルのそれ。洗体して、熱めの内湯で温まる。

外の露天風呂はちょい温めで、そろそろ熱される準備が出来たかなと思いつつ、サ室へ。
入るなり、違和感。何か異様に汗臭くない……?
輪切りの丸太に腰掛けるスタイルで、マット類が無いのはそういうものだから仕方ないとしても。汗で板材がかなり傷んでるんじゃないかな……

水風呂。
床の下に掘り下げられたフラットなもの。温度はほどよく。とはいえ、普通にそばに蛇口があるのに何故か水風呂からロウリュの水を取っていく人が居て、何かそれもあの臭いに拍車をかけている気が……

外気浴。
椅子の数は十分。景色を眺めながら心地よく。うん。ネガがなければ普通に楽しめただろう……

途中、ロウリュをしまくってやいのやいの騒いでるグループがいて、それもあーあって感じ。泊まりで来た時に、のんびりする施設なのかなと。もう一方のサウナに入れるタイミングを図ろう。

続きを読む
14
SAUNA BREEZE

[ 島根県 ]

メインサウナ:10分 × 2
ロウリュサウナ:10分,15分
水風呂:1分 × 4
休憩:5〜10分 × 4
合計:4セット

一言:
土曜日、ちょっと足を伸ばしてみるかと島根県の端っこのほうへ。
うちの地元、大分と隣の宮崎とは「陸の孤島」として比較されがちな島根と鳥取。正直、孤島度はこちらの方が高い。同じ県でも交通網が弱く、隣の県の大きな街に出る方が早いということがザラにある。能登半島地震の様な災害時に孤立状態に陥ることも想定されるため、途切れ途切れになっている山陰道などの高規格道路が早晩整備されていってほしいな……と、途中いわゆる「酷道」を興味本位で通っていて感じた。

至る所で東映ロゴの様な波飛沫が上がる日本海の海岸線を走り、目的のこちらへ。
お洒落なカフェや宿泊施設もあるところの一角に建てられたサウナ。車を駐めるとすぐにだだっ広い日本海が一面に。そして建物に近付くと既に漂っているアロマな香り……なんか、久々にワクワクしてる。

受付し、スタッフさんに丁寧な説明をして頂いて浴場へ。
シャワーで洗体して、まずはメインのサウナに入る。3段の一番上に。
静かな空間に、大きな窓からは波押し寄せる海岸の景色が。風景画のような窓からの眺め。波の音は遮音され、ただぼーっと見続けられるのがいい。
暫くすると、オートロウリュが作動。HARVIAのストーブに満遍なく水が投下され、室内がやにわに熱くなる。ロウリュ後はポツポツと水が落ちる状態なので、湿度高めな状態が続いて体感温度の高いまま入れる。

水風呂。
どんどん注がれている水はこれまた至適な温度。ゆっくり入っていたくなる心地よさ。

外気浴。
外のデッキに出ると、波のうねる音が相当に激しいことに気付く。瀬戸内の穏やかな波とは比べるべくもない。潮風も感じつつディープなリラックス。

ロウリュサウナ。
小さいストーブながら、定員4名でもぎゅうぎゅうなサ室にロウリュするとしっかり熱くなる。白樺のアロマ水の香り、外からも感じられたけどどういう構造なのかしら。
穏やかなヒーリングミュージックと水風呂に注ぐ水の音でこれまた癒やし。

両方のサウナを2回ずつ、たっぷり堪能して退店。
これは僕がサウナを褒めるときの最高褒章、「近くにあったら通いたい」を差し上げたい。ごみごみしてなくて、自然が近くに感じられて、ゆったりした時間が流れている……全ての調和が取れている素敵なサウナでした。

余談。昼食に食べたうどん自販機のうどん。本物がこんな所にあるとは……山陰、もっと来たいね。

うどん自販機(有)ごとう

肉うどん

自販機だけど手造り感満載。ゆず香る滋味深いもの。

続きを読む
28

サウナ:10〜15分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
昨日の。

トトノエの日ということでこちらに久々の訪問。暫く行ってなかったなと思ったら、なんと3ヶ月振り。家から近いのに……
若干土日のイベントの人の多さに辟易してるところがあって、平日トトノエの日のイベント位が丁度よい塩梅に感じられる。駐車場もすぐに停める場所が見つけられる程度。酷いときは裏まで行かなきゃだものね……

早速受付し、浴場にて洗体からのサ室。
いきなり19:45のアロマロウリュに当たる。藤井支配人がバケツとラドル、キューゲルを持っておずおずと入ってくる。予告の通り、ジンジャーフレーバーのロウリュとのこと。
ラドルでストーンにアロマ水を掛けると……ボン!と、GTカーのアフターファイアの様にストーブから炎が上がる。え、大丈夫?と思うも、至って平然としている支配人。後のロウリュでもその状態は続いてて、そういうものと認識されてるのかもしれないけどアウフグースチャンピオンシップでは減点ですそれ……
とはいえ、ほのかに香る生姜のスパイシーさはいい感じ。

水風呂。
定番になってきたハッカとミントを合わせた涼し気なもの。冷感強いけど身体に負担は大きくない温度で心地よい。

大休憩でササッと食事したのち、1セット普通にこなしてから21時のロウリュへ。
ブロアーを使ったフレアロウリュ、梅の香りのアロマを使用するとのこと。アロマ水をストーンに掛けて、時々発火しながらも広がる梅のノートは新年の幕開け感がある。
どんどん熱くしていって、いつもの定位置(下段のど真ん中)でもしかと熱さが感じられるようになって来た頃「これは熱すぎるんで換気します!あとクールダウンもします!」と支配人からの発声。クールダウンとは?と思っていると、バケツいっぱいの氷水に冷やしたイオンウォーターが入れてあり、それをひとり一本配布するとのこと。これは嬉しい新年のサービス。
皆で乾杯して、そっからまたブロアーの熱を浴びて、心地よい水風呂に浸かる……なかなか満足度の高いイベントに。しばらくはトトノエの日に攻めることにしようかな、とか考えるサウニングでした。

ロースカツカレー

がんばろう北陸。今年は本場で食べたい味。

続きを読む
34
シーサイドスパ

[ 福岡県 ]

ドライサウナ:10分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
昨日の。

連休最終日。年末から連休だった人もいるのかな?そうじゃない自分も通常進行に戻るのに(というか、明けてからすぐやらないといけない業務を思い出して)戦々恐々としていたから、日中は手造り餃子を包むなど家事に明け暮れて気を紛らわす。

ほどよく夕刻になって、家事(ほぼ餃子造り)も一通り済んだため、ランニングとシースパでの入浴のため八幡東区へ。いつもシースパとセットで行ってたランニングコースの駐車場がいつの間にか有料になっていて、まあ明らかに放置された車とかあったしな……と。とはいえ、今後の使い方は色々考えるね。

思ったより軽快に動けたので連休で疲労は解消されてそう。気持ちはそのままの勢いでシースパへ。
まあまあ混んでる?あまり来ない施設なのでどの位で混んでると言えるのかが分からない。
入口で料金改定の案内を見る。土日祝は70円アップ。780円ならまだ許せる……と思いつつ行ったところがコレだから、家からの距離もあって今後も訪問回数はあまり増えなさそう。いい施設だとは思うんだが。

文句を垂れながらも受付して、ロッカーも首尾よく確保して浴場へ。
ロッカーの空き具合から見ても、めちゃくちゃ混んでる感じではないけどなあ。値上げの影響もあるのか。まあ、快適に過ごすためのコストと考えたら十分。

洗体、湯通ししてサ室。
時間によっては違うかもだけど、テレビの音以外は静かな空間。いいよね。この静寂感を味わうコストなら(料金改定気にしすぎだろ)。でも実際、料金の安さと客層の悪さは比例関係にある。悲しいことだが。

水風呂。
よく冷えているもの。まあ、外気も寒いし当然か。入るのにしんどいというものではない。むしろサウナにベストフィットな感覚。

外気浴。
ここもテレビの音がまあまあするけど、他にBGMも小さく流れている。ジャジーなやつで、以前これサ室もそうだったよな?と。僕はむしろサ室でテレビの音を小さくして、BGMの方が聞こえやすくしてほしいと思うけど。多分「テレビの音が聞こえない!」と言う人がおるんやろな。

偶然にもテレビは海外の騒音問題を扱う内容で、バラエティ的な演出だったけどゴールデン帯でこんなドキュメンタリ番組を流すのか……と感心した。音を聞きたい人と聞きたくない人の対立とか描かれていたので。

少なくとも温浴施設は公共のものなので、やってくれて有難いという気持ちでいる。そこを読み違えてはいけないね。いくら値上げすると言っても。色々言いつつも、定期的に訪れたい施設です。

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 15℃
41
寒の地獄旅館

[ 大分県 ]

サウナ:10分 × 6
水風呂:1分 × 6
休憩:10分 × 6
合計:6セット

一言:
昨日の。

正月明けから2日の平日を挟んだ連休。……まあ、本当にそういう休みとしか感じられない。来年の正月休みは長いらしいけど。
ということで遠出も億劫なので、実家に寄る都合に合わせて、改装後なかなか行けていなかったこちらへ。

タイミングよく雪の影響もなく、長者原までスムーズに登れる。何だかんだ最近こんな山の自然に触れる機会がなく、やっぱりいいなと思ったり。

受付して、早速更衣し入場。暖簾が掛って誇らしげな祠(ラップ)に一礼し、サ室へ。
以前は暖房室が2つあり、使われてなかった方が改装されてサウナになっていた。あれ、思ったより広くない。でも暖房室を作り変えたものならそうよなと納得。

壁材の香りだけでもリラックスできる室内。HARVIAの薪ストーブから広がる均整のとれた熱加減が心地よい。九重町産茶葉を使ったロウリュ用の水を石に掛けてやると、しかと蒸発して香りと熱気が降りてくる。これが早すぎても遅すぎてもダメだと思うのだけど、ここのサウナはその点もピッタリな塩梅。

水風呂。
霊泉を水風呂に使うのは不敬なのでは?と、最初はしっかりサ室前の掛け水で汗を落として、それから入る。初体験の、真冬の霊泉。元々「冬場は水が冷たすぎるからやっていない」という建前だったが、自然の湧水は不思議で出てくる時には一定の温度を保っている。グルシン水風呂などとは別で、水風呂としては本当に入りやすい温度に。

休憩。
各所に用意された椅子で休む。確かに今までは霊泉→暖房室の流れだったからそういうものは要らなかったのだけど、今はこれがあって大変嬉しい。飲泉も紙コップが用意されていて、胃腸に効くという水をガブガブ飲むことが出来る。

暖房室も普通に稼働していて、今まで通りの入り方を試すのもあり(流石に今回はその気になれなかったが)。ただ、暖房室のあの歴史を感じる書き込み達が殆ど塗り潰されてしまったのは少々残念に感じた。ああいうものこそ、かけがえのないものだと思うんだが。

2時間でガッチリ入って終了……とならないのが凄いところ。その後1時間はあたたかい温泉に入るのもセットで付いてくる。その温泉、霊泉をかなり熱めに加温したものと、先の水風呂より少しぬるい程度のものの浴槽があり、ここでも温冷交代浴が楽しめるもの。こんなフルセットで楽しめる施設になったのか……と感動すら覚える。霊泉の使い方としては汗を出してから鍛錬というのは矛盾してないと思うし、敬意を以て入ればよろしいのかと。2500円は寧ろ安いのでは?と思うほど。素晴らしい体験が出来ました。

続きを読む

共用

  • サウナ温度 110℃
  • 水風呂温度 13℃
36
華の湯HIBURAN

[ 福岡県 ]

チェックイン

続きを読む

【1/1】
炎熱地獄サウナ:12分 × 2
スタジアム山サウナ:10分 × 1
薬草の杜サウナ:12分 × 1
水風呂:1分 × 4
休憩:10分 × 4
合計:4セット

【1/2】
炎熱地獄サウナ:10分 × 2
水風呂:1分 × 2
休憩:10分 × 2
合計:2セット

一言:
新年初更新。
セッション割で書いている通り遡ってのサ活で、2回分を一緒にしてます。

年末年始、なんだかんだ忙しくて(主に昼のEテレで響け!ユーフォニアムの劇場版4作が毎日流れてたから)サ活の時間が取れず。と言いつつ、外に出る用事があれば外で入浴するのが常。別府・大分方面で用事があるなら、色んな選択肢が考えられるけどやっぱり勝手知ったる施設に落ち着いてしまう。

炎熱は両日とも見た目の混み具合より人が入っていないからか、十分汗をかけるコンディション。ロウリュも適度な間隔。多分そういう事を気にしてる人は僕くらいだったが……

スタ山は常時混雑してたため2日は入らず。何だかんだ、普通のサウナに入りたい人がスタ山に入ってくれるから棲み分けが出来ていて、それがここの良さだと。

薬草の杜も時間の関係で2日はスルー。とはいえ、やっぱりこのデザート(Dessertでもあり、Desertでもある)的サウナがあるのは嬉しい。

スタッフさんがやたら高圧的なところ以外は、本当に良い施設なのよ。広めだし、サウナが3つあるし、規模で言えば湯らっくすと一緒だからね。で、湯らっくすよりあくせくしてない。それが一番重要。

1日の入浴後、ここの待合室で地震の報道を見た。2日は入る前に羽田の事故があり……鬱屈とするニュースばかりだけど、せめてサウナの時だけは何も考えず、癒やされていたいなと。というか、今年の夏頃に人生初の北陸遠征へ!と思っていたそのタイミングだったので。落ち着いたら、サウナも含め応援に行こうと思う年始でした。

続きを読む
41

サウナ:10分 × 3
水風呂:1分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
昨日、実家への帰り道に寄った分。

家で昼食を摂った後の大掃除第二弾を終えて、もう家では何もしたくない。とりあえず実家方面へ行くが、道中で汗を流したい。ルート的にここか!と直感で。帰り道だと道路左側になるのも良い(そんな理由?)。

久々すぎて色々ルールを忘れてる。靴箱は10円ノーリターンとか、JAF会員証で割引とか(会員証を忘れて正規料金に)。
今回も大藤の側で、未だにもう一方の福智山の浴場へ入ったことがない。なんでだろうね。

洗体し、サ室へ。
まあまあの広さのサ室。マットの間隔も広めなため皆ゆとりを持って座るのでキャパの割に人は入っていないが、そのくらいゆったりして入れる方がいいよね。
上段は熱さも十分。この位のセッティングが一番好みという人も多そうで、サウナハットを被ってる人の多さがその証左かな。

水風呂。
奥の方が少し深め(よく転びそうになる)な、至適温度なやつ。ここの水風呂はいつもちゃんと冷えている印象。深いところできっちり冷やされるのが良し。

外気浴。
福智山の稜線を眺めつつ。ロケーションも悪くなくて、景色も込みのディープリラックス。

3セット。
31日は諸々用事でサウナチャンスが無さそうなので、今年の投稿はこれが最後かな。
今年は「サウナブーム」という雰囲気がかなり薄らいできた年だったと回顧してる。自分の中でももうブームという印象は殆どなく、日常に溶け込んでいる感覚。新規開拓にあくせくしなくなったのもそうで、普段使いで心地よい施設に通うのが一番と思えるようになったから。
引っ越して今まで日常で通えなかった施設にも通える様になり、色んな経験も出来た。

来年は何をしよう?日常と非日常、その両方の楽しみを覚えたから、さらにその先の「ととのい」へ、辿り着けるように。

続きを読む
22
ウェルビー福岡

[ 福岡県 ]

森のサウナ:15分 × 1
メインサウナ:20分 × 1
水風呂:1分 × 2
休憩:10分 × 2
合計:2セット

一言:
年末進行ですが、今日も一日遅れの記入です……

夜に映画を観るため、午前中はいそいそと大掃除第一陣を行って、昼食を摂ってゆっくりしてから福岡へ。もう年末年始の期間に入っているから、JRのお買い物往復きっぷが使えるのね。3100円で小倉⇔博多の特急が乗れて、アミュプラザで使える1000円のクーポン付き。丸善でクーポンを使いまだ買ってなかったSAUNA BROS.を入手するなど。

さて、レイトショーで上映まで時間があるから、どう過ごすかと考える。特に何か買っておかないといけないものとかもないしなあ。天神やキャナルのいつも行くところを周回してから、サラッと入って済むところ。てか、キャナルに来てたらもうここに行くわな。

ウェルビー福岡もこの日から特定日料金。普段ならそういうタイミングは避けるけど、サウナに入りたい……というか、洗体したい欲が勝つ。何か知らんが、髪がやたらぺったりしてたので……
で、受付に行くと、「大変混み合っていて、サウナに入るまでお待ち頂きます」と。まあ、そりゃそうよね。カプセルも満室だし。

館内着に着替えて浴場へ行くと、浴場のロッカーは全て埋まっていて、ロッカー前の待ちが出てるほど。流石に今までこれ程の混み具合に出くわした経験が無かったのだけど、このシステムなら浴場へ入ってしまえばそれほど中で混雑を気にする必要がない。やっぱりサウナ前で裸で待たされるのはストレスになるしね。

首尾よく10分弱の待ち時間で浴場へ。
ガシガシ洗体してから、まずは森のサウナに。

しばらく来てなかったからいつそうなったのか知らないけど、ロウリュが出来なくなっていた。今回は故障に係るものだろうけど、まあ、混み合う時期は敢えてロウリュさせなくするのもアリかもね。ロウリュしたいだけで入る人達が居なくて快適。動線最高の水風呂も快適。

からふろは空きそうになかったので、メインサウナの熱波に合わせていく。かなり早めに入ってアリーナ席へ。白樺の香り(OSMIAっぽい)の蒸気を、あの狭い空間でタオルを回して撹拌。ここで熱波をするのは本当に大変だと思う。

じっくり蒸されてからの強冷水は飛ぶね。比喩じゃなく。これぞウェルビー福岡の真髄。

さっぱりしてからサウナ飯を食べて、ぶらぶらしつつKBCシネマに移動して、ギャスパー・ノエ監督作の「ヴォルテックス」を鑑賞。認知症がテーマの作品て最近日本でもあったけど、これはドキュメンタリでなくちゃんとドラマだなと。どうやって死ぬか?来年も(というか永久に)これが生きるテーマな私です。

餃子の店® 旭軒 駅前本店

餃子

手羽先が売り切れで3人前に。でも普通にペロリと食べられる。

続きを読む
31
華の湯 片野店

[ 福岡県 ]

チェックイン

続きを読む