2017.11.24 登録

  • サウナ歴 26年 10ヶ月
  • ホーム 加賀ゆめのゆ
  • 好きなサウナ 熱くて広いサウナ室が好きです。 水風呂は水温よりも水質、球速よりもキレを求めたい。 サウナを通じて色んな人達と交流したい。
  • プロフィール
絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

蟹ダンディ

2019.11.22

54回目の訪問

加賀ゆめのゆ

[ 石川県 ]

サウナや温浴施設のお気に入りポイントは熱い、冷たい以外にも飯が美味いとか駅から近いとかいろいろあると思うが、意外と多いのはそこに働く『人』ではないだろうか?巡回していて『いらっしゃい!』と声を掛けてくれる人、俺の身体のクセを知り尽くして揉んでくれるマッサージ嬢、そして『いつもありがとうございます』と微笑むフロントスタッフ。皆さんのホーム施設にもそういう人達がいることだろう。常連ならでは、だろうがその優越感も悪くないものだ。

ゆめのゆへ行った。いつものポジションに車を停め、いつもの所に履物を入れて入館。今夜はポイントを使って入る事にした。

『あれ?◯本さん…??』

体調を崩した、としばらく休んでいたフロントの◯本さんがいるではないか!彼女は歴ではかなりベテランのフロントスタッフだが、美熟女でファンも多い(知らんけど)。そんな彼女だが、顔を見なくなってしばらく経っていて、先日馴染みのスタッフに聞いたら休んでる、と聞いたところだった。
昼勤に変わったのかな?いや、もう辞めたのかも、と思っていたので安堵したのを覚えているが、込み入った事も聞けずにいたのだが今日久々の再会を果たしたのだった。それだけでも来た甲斐があるってものだ。

フロントで下駄箱のキーを預けるのだが、もちろん◯本さんのところへ足が向いた。

『ポイントで』

『はい、では50ポイント頂きますね』

『…久しぶりやね』

『そうなんです、今日で3日目です、(俺に)言われると思ったわ笑』

優しく語りかけてくれた◯本さん、ごゆっくり、との一言を添え、ロッカーキーを両手で渡してくれた。

行きつけのスナックのママの様な安定感を感じる応対だ。客は店にではなく人に付くのだ。まだ遅い時間にはシフトを入れていない、と言った◯本さん、今日行ったのが22時半頃だったから24時前には上がるのだろう、12分4セットこなして出た時にはもういなかった。

彼女は誰にでもそう接している。何も自分にだけ特別な訳ではない。だが多くの男は自分が特別なのでは!?と感じてしまうものだ。冷静になろう、水風呂は今日も冷たかった。

客は店にではなく人に付く。何か上手いこと言った感があるが、自分もそうありたいものだ。肩書きや仕事、年齢も超えた裸の付き合いをし、何処の誰だか知らない人と友達になる。そんなサウナとの関わりでありたい。

続きを読む
53

蟹ダンディ

2019.10.29

1回目の訪問

天然温泉 羽二重の湯 ドーミーイン福井

[ 福井県 ]

仕事のフリした飲み会で福井へ。どうせ片町で呑むのでいつもはアパホテルが多いのだが、今日は満室だったので前からチェックしていたまだ新しいこちらへ参った。結論から言うと安定のドーミーイン、と言うところか。

実は到着前に目の前で車と車の事故が起きた。あわや巻き込まれそうだったが、何とか回避するもかなり動揺した。それもあり早くサウナに入りたい!とチェックインと同時に風呂へと向う。ちなみにドライブレコーダーがあるわ💡と現場のお巡りさんにその旨伝えるも当事者の証言に食い違いが無いので大丈夫です、との事だった。後で見てみるとバッチリ映っていた!皆さんも是非装備を!

そんなこんなで9階のお風呂へ行くと今日ご一緒するお客さんとバッタリ、『いやー偶然偶然!』と言うも全く伝わらなかった。
浴室は貸し切り、洗体後に即サウナへ。温度計はちょうど100℃を指していて、2段目に陣取りテレビを観る。夕方の地元番組はどこへ行っても面白いが、せっかくプレゼントのルーレットに当たったものの電話7コールで出なかった荒井さん、勿体なかったよ!

サウナのベンチは℃(ドシー)の様な感じで隙間から下が見える。以前Pンダちゃんが言っていた◯玉から垂れ落ちる汗をその隙間に落とす、と言う競技を実施、なかなか難しいが、スッと落ちると気持ちが良い。

そうこうしているとすぐに10分経つ。露天風呂にある椅子で外気浴を決める。気温は夕方には16,7℃になっており、とても気持ちいい。3セットやって飲み会に備える。軽めに、と思ったが、結構ガッツリになってしまった。

しかし、ドーミーインお馴染みのあのお風呂用の細長いタオルはサウナには不向きやな、俺のBIG BOYを覆うにはちと心許ない。

さて、そろそろ福井の夜へ参ろう!明日の朝に早朝サウナを決めたいところだが、多分無理やろうな…

続きを読む
40

蟹ダンディ

2019.10.24

1回目の訪問

金春湯 大崎

[ 東京都 ]

出張と称したサボり旅の最後に初訪問。大崎駅から徒歩8分との事だってが確かにその位で到着した。方向音痴の身としては上出来だった。Google先生ありがとう。

番台にはお母さんかな?470円を支払い、トントゥ抽選会で当てたサウナ券を出す。引き換えにサウナマットと無料のタオルをお借りする。マットの袋には『うし』と書いてあった。

一応出張なので荷物も大きかったが、大きなロッカーもあり問題なく収納しいざ突入。綺麗な浴室には地元のお爺ちゃんと思しき人たちが4、5人いたがサウナを利用している人は1人しかいなかった。その人がサウナ室に入っては2、3分で出てベタベタのまま入ってくるってのを繰り返していて眉を潜めたものの、発汗よく3本こなす。実はボナサウナの熱が床の隙間からも襲って来るのが1番熱く、足の裏がやられたので胡座で乗り切る。2段目角地をキープして奥行きを活かす。

何が良いって無駄な注意喚起の貼紙などが殆どない事。常連さんによる自治で運営されているのでは?ってくらいマナーが良かった。

女湯から聞こえる会話や帰りがけにお母さんが常連さんに何かお裾分けしてたり地元に根付いた銭湯なんやな、と言うことがよく分かった。

ホッコリして大崎駅まで歩く。来た道を戻るだけの簡単なお仕事だが、無事大崎駅へ。しかし大崎から品川までの山手線車内はまるでラグビーのモール状態で正に『モールアンプレアブル』のペナルティを取られた様になり汗だくになり振り出しに戻ったのは頂けなかった。

以前出張時に山手線に飛び乗ると大崎止まりって事があった。何のたーめーに??と思ったがこれからは大崎止まりなの悪くないな、と思った。頬を撫でる大崎の風はすっかり秋のそれだった。

続きを読む
41

蟹ダンディ

2019.10.19

53回目の訪問

加賀ゆめのゆ

[ 石川県 ]

吉田拓郎の名曲の一節に『君がいたから勇気を覚えて〜知らない場所も目を瞑って走れた』とある。KinKi Kidsの方が知られているかも知れない。

会社を経営していると朝に夜にと社内、工場内を駆け回る事があるが、特に夜は電気を点けるまでは真っ暗だったりするので恐る恐る歩いたり最近はスマホのライトを頼りにしたりしている。以前は片付けられているはずの台車が思わぬところに放置されていて足を強打した、なんて事がよくあった。サウナハットならぬヒヤリハット事案だ。
キチッと整理整頓された工場内なら通路が確保され余計なモノが置いてないからそれこそ暗闇でも普通に歩けるだろう。ウチはまだまだだなぁ、と思ったものだ。

そこに無いはずのモノがあるから驚くし、無いと思っているからこそ人は無防備なのだと思う。見えている時ならそんなことすら気にしないはずだ。

ゆめのゆへ行った。遅めの時間だったが休み前だからかそこそこ人はいた。何回かサウナに入って出た時、若者3人組が目に入った。オロオロと何かを探している様だったが特に気にも留めず掛け湯をして水風呂へ。気温は10度近くになり、水風呂も冷たく外気浴も気持ち良くなってきたな、そう思いながら勢いよく腰を落とす俺…

考えてみて欲しい。水風呂に入った時、そこに何かあるのでは?と注意する人はどれ程いるのか?少なくとも俺は考えた事など無かった。そう、今日までは…

痛っ!!
鈍い痛みが俺のケツを襲う。!!?となった俺は恐る恐る手をやる…すぐさま正体は分かった。それはロッカーキーだった。キーは収納されていたが本体は上向きで俺の右臀部を直撃したのだった。あと数cmズレていたら俺の操はどうなったんや、という寸前で助かったのだが、その時さっきの若者3人組が自分らが居たであろう場所を巡って水風呂近くへ来た。

『兄ちゃん、これ探してるんじゃないの?』別に普通に言う俺。

『あ!それです!ありがとうございました!』爽やかに礼を言う若者。

『ロッカーキーは財布と一緒や、身体から離したらアカンぞ』特に面白い事も言えず手渡す俺。

そう言って俺は露天スペースへ行き、深夜の外気浴を楽しんだのだった。冷えたベンチがキーの刺さったケツを優しく冷やしてくれた。雨は酷くなっていた。明日はゴルフだ、早よ帰ろ。車に乗り込んだ頃にはケツは何ともなくなっていた。

続きを読む
37

蟹ダンディ

2019.07.29

52回目の訪問

加賀ゆめのゆ

[ 石川県 ]

チェックイン

続きを読む

蟹ダンディ

2019.07.27

51回目の訪問

加賀ゆめのゆ

[ 石川県 ]

チェックイン

続きを読む

蟹ダンディ

2019.07.26

2回目の訪問

スパ・アルプス

[ 富山県 ]

梅雨が明けた炎天下、高校野球の決勝戦を観る、という簡単なお仕事があり富山まで。会場の富山市民球場は甲子園の銀傘の様な屋根が一切なく、どこにいても日差しを受けるという過酷な状況だが俺にはさほど苦ではない。これもサウナ効果か。

早くから会場の駐車場でサーカスの公演があって車を停めるスペースが少ない、とアナウンスされていて劇混みは必至、と2時間前に到着、程なく入場し好位置をキープ、試合開始を待つ。18時のダイナミックロウリュを三段目で待つ感覚、とでも言おうか。

試合は満塁ホームランも飛び出す熱戦の末、贔屓のティームが勝って甲子園出場を決めた。時間にして15時半くらい、約4時間くらい炎天下にいて干乾びる寸前だった。
控えの野球部員が応援御礼とばかりに大きな板を持って吹奏楽部員を扇いでいた。金管楽器は特に熱くなるので大変だと聞いたが気温は34℃とか、それでは送られる風も正に熱風だったであろう。部員たちがロウリュ前の口上とか言ってたらおもしろいな、と思ったがそんな事は知る由もないか。

試合後の渋滞を抜け、富山ICまで車を走らせる。当然着替えやタオルはある。たまには違った所へ、と思い近くの高原鉱泉へ行くも駐車場がいっぱいで断念、王道へ戻る。
汗でベタベタだった身体を洗い、水風呂へ。水分補給と共に日に焼けた肌をクールダウンさせる。隣のオッさんが『こいつ、サウナにも入ってないのに!?』みたいな顔をしていたがお構いなしだ。冷た過ぎず程よい水温なのは気温が上がったからか。

8分位を3セット、オートロウリュが2回重なるターンもあり気持ちよく発汗、お絵かきマンやネックレスじゃらじゃらオッさんなど多様な登場人物も多く1時間ほど堪能した。やはり水温よりも水質だな、豪速球よりも丁寧に外角低めを突く、往年の北別府のピッチングのような水風呂が好きだ。これも年をとった証しなのか。

しかし何故サウナ室内の看板はLOCKY SAUNAと書いてあるのにその下に『サウナ ロッキー』と書いてあるのか?ロウリュではなく『リョウリュウ』なのか謎は深まるばかりだ。

続きを読む
23

蟹ダンディ

2019.07.24

7回目の訪問

水曜サ活

セントラルホテル

[ 東京都 ]

チェックイン

続きを読む

蟹ダンディ

2019.07.24

1回目の訪問

水曜サ活

スパリゾートプレジデント

[ 東京都 ]

今月初の東京出張。
今日は毎月定例の会に出るための出張で、その会は昼からなので午前中は資料作成や精査する為の時間としている。場所はだいたいサウナなのでやった試しはないのが。
その会の場所は丸の内なのだが、出来れば近くなくても乗り換えとかしたくないので大抵行くのはニューウイングである。過去にはスカイスパへも行ったが、飛行機の時間の関係で早く着き過ぎるのでそれきりになっている。

飛行機を降り、上手くバスに間に合い、ギリで乗り込んだ。何だかオリンピックに向け道路の規制実験があるそうだが程なく錦糸町駅に到着。あ、錦糸町辺りは関係ないのか、と後のニュースで知る。

面倒くさいメールが届いていて、その処理の為駅のカフェへ入る。コーヒーを飲みパンをかじり対応する。
おっと、各地の高校野球が始まっているじゃないか、地元石川の星稜はプロ注目の奥川君が先発か、おお、大船渡の佐々木君もきたか!実は岩手は黒沢尻工にも注目しているぞ!早実と國學院久我山も熱いな!何!?日大三高が劣勢だと!?

…あ、サウナ行って見りゃいいじゃん!吉田さんとこのスマホ固定させるやつで寝ながら観よう!と外へ出るととんでもない大雨が降っとるやないか!遅れてスマホに『墨田区に大雨が』みたいなのが来る。朝は日差しが暑かったのに。そして傘はない。ニューウイングまで歩けない。。。

そこでここ、プレジデントに予定を変更、御徒町駅からはさほど降らなかったので無事チェックイン、とりあえず寝る。
あ、ギターを弾いてる支配人さんや、ホントにおるんや、あれ?夢か?むにゃむにゃと暫し微睡み、その後ハムエッグ定食を食べてようやくサウナへ。
洗体後、先ずは階段を登ってスチームサウナへ。熱くてイイね!ミニしきじと言われるだけある。そして下のサウナへ。当地区最大と言うだけあり確かに広い。水風呂も15℃程との事、浅いものの冷却してイスでまた微睡む。

残念ながら寝てたため、ここまでほんの30分程だった、勿体無い。案の定、冷やし不足で仕事場までに汗が吹き出した。水曜サ活でイオンウォーターを飲んでて良かった、次は泊まりで来よう。

続きを読む
30

蟹ダンディ

2019.07.20

1回目の訪問

桜ヶ池クアガーデン

[ 富山県 ]

先週、娘や遊びに来ていた甥姪らを連れて当地にあるボルタリングをしに来た。何処へ行っても帰りには風呂へ行くことが多く、その日は『のちほどサウナで』の初ロケ地となった満天の湯白山インター店へ行こう、となっていたのだが、ここにも日帰り温泉があるしここで入っていこう、となった。
良いお湯だったが、残念ながらサウナが無かった。17,8年前に来た時にサウナに入った覚えがあったのだが、確認するとホテル併設のスパ施設の方にあるとの事。イキタイにもタイムにも情報はない。となれば行くしかなかろう、と今日和園からのハシゴで訪問。

スパ施設は利用料金1,500円でプールとサウナ、先週入った天然温泉まで含まれておりおトク感があるが、温泉以外は男女兼用なので水着着用だ。
プールもそこそこにサウナへ向かう。表示80℃だが男女兼用、その年齢層を考えれば致し方あるまい。プールで遊んでた家族連れが来たりするのでプールの更衣室的な匂いが漂う。
水風呂は『水風呂ではなく冷水浴』とか書いてあったが、21〜26℃設定との事で深さはあるが温かった。
更に隣にはハマムもあるが、さすがにぬる過ぎて思わず寝てしまった。

実はアウフグースがある、との事で期待していたのだが、会員向けのプログラムでの実施らしく、外来客は基本対象外のよう。ま、客層を考えればかなり軽めだとは思うけどね。東海北陸道城端SAに隣接していてそこからも行けるのは使い道あるかも。

という事で、スペックはともかく貴重な男女兼用施設だった、の巻でした。

続きを読む
30

蟹ダンディ

2019.07.17

50回目の訪問

加賀ゆめのゆ

[ 石川県 ]

昨日のことだ。
娘を塾に迎えに行った際、とあるパチンコ屋の前で信号に引っ掛かった。極普通に停車したのだが、そこに小柄で白髪のジジイがいた。パチンコ屋から出てきたのだろうが雨も降ってないのに長靴を履いていて変なジジイやな、と思っていたらタクシーを止めるかの様にヒョイと手を上げた。俺が停まった事に礼を言ってるのかと思い、車内から『そんなのいいから早よ渡れよ』とばかりに手を道の反対側へ払った。
するとジジイは何故か俺の車に寄ってきて助手席に乗り込もうとするではないか!!咄嗟にロックしたので乗られる事はなかったが、閉めてからも手でノックしてきて何か言っている!窓を少し下げ、何か間違えていませんか?という内容をここでは書けない様な言葉で言って信号が青に変わった瞬間に車を出した。あのジジイは何者やったんだろう、今思い出しても鳥肌が立つ。

そして今晩、明日回収のビンを出しに行くミッションを課せられた引き換えにゆめのゆへ行った。暑かった今日だが、そんな日こそ更に発汗し、水風呂へ入りたい。そう思って入館した時、時計は23時を少し過ぎていた。

館内は空いていた。
居たのはこの時間帯によく見るオッさん数人だった。
サウナも初めは1,2人いたが、後半は貸し切りで熱々なサウナを堪能していた。水風呂も冷たかった。

さて、最後は7,8分やって〆ようと最上段に陣取る。テレビではマツコと有吉の番組が流れていたその時、1人のオッさんが入ってきた。入り口でマットを取り、のそのそ歩いている。せいぜい2段目辺りに座るやろ、と思っていたらズンズンと上がってきて俺の横に来やがった!

そこにマットを敷いてあぐらをかくオッさん。オッさんの右膝が俺の左膝に触れる。そのくらいオッさんは一気に距離を詰めていた。2人しかいないサウナ室で何故ここに座る!?やっぱアレなんか!?

俺は動かない。いや動けない。下手に場所をズレたりすると刺激しかねない、と思ったが実際には身体が硬直していたと思う。やがて予定の8分になり俺は逃げ出す様にサウナ室を出た。

窓越しにオッさんを見る。
よく見るとちょいちょい見かける顔だ。ならアレではないのかな?いや、なら何であそこに座ったんだ?ただ熱いのが好きなのか?色んな事を考えたが、サウナ上がりで気持ちいい身体と裏腹に心の中は気持ち悪かった。

昨日の信号のジジイを思い出す。
何やったんだろう?二度あることは三度あるのか?明日も気をつけよう。
多分めざましテレビの占いは最悪だったんだろう。きっとこうだったに違いない。

『オッさんとジジイに気をつけて!ラッキーアイテムはサウナです!』

続きを読む
35

蟹ダンディ

2019.07.14

1回目の訪問

天然温泉 佐野温泉 福の湯

[ 福井県 ]

ノンアルコールビールが好きではない。

確かに運転せねばならない時には助かるのだろうが、だったら代行を頼むし、運転しなければいいと思う。そんな事言われても、という方々もいるだろうが、俺ならコーラとかジンジャーエールにする。

今日、福井で客先のコンペに参戦、後の懇親会にも参加した。実は丸いグリーンの後は四角いグリーンを囲もうと誘いがあったのだが、帰らねばならないので、とコンペのみの参加予定だったのだけど、いやいやせっかくだからとお誘い頂いたのだった。

お互いに飲めないのは分かってるので早速ノンアルが提供された。乾杯の後、歓談があり、やがて表彰式が始まった。

今日のコンペは雨には当たられなかったが、暑かった事もあり、ノンアルは本数を重ねて5本目に手が付いていた。
こんなの何本飲んでも酔わないし(当たり前)コーラが欲しいな、と思ったが料理は中華だし我慢した。本当は店自慢の餃子をかっ喰らい生大を流し込みたい。だが今日は我慢だ。

やがて散会し、景品を抱えて客先の社長や担当部長らに挨拶して帰路に。
当然ながら腹に溜まったノンアルを吐き出したい!いや、吐き出すのではなくサウナで毛穴から発散させたい!そう思ってナビとイキタイを見てこちらへ訪問。宴会場や宿泊もできる施設の様で風呂も沢山の人で賑わっていた(圧倒的に爺さんが多い)
男女入れ替えの様で、今日はドライサウナがある方だった(もう一方はミストサウナ)
実はゴルフ場にもサウナがあって1発入っていたが水風呂が温くてさっぱりだった。そのリベンジもあってドアを開ける。

…熱い。これはいい!5分もせずにビッシリ汗が出る!
しかしドアの建て付けが悪く、時に開けっ放しになるし、マットは交換された気配もない。壺式の水風呂も子供達の遊び場と化していた。せいぜい20℃ほどだったので横の立ちシャワー全冷で代用した。3セット入ったが、サウナ自体は熱く、外気浴もできるので非常に惜しいと思った。

その後、東尋坊付近から芦原温泉街を経由して帰宅、ようやく唐揚げとビールをしばいている。

続きを読む
32

蟹ダンディ

2019.07.08

49回目の訪問

加賀ゆめのゆ

[ 石川県 ]

チェックイン

続きを読む

蟹ダンディ

2019.07.05

23回目の訪問

アパホテル〈小松グランド〉アパスパ

[ 石川県 ]

奇数月の第1金曜日は取引銀行の若手の勉強会が開催される日だ。14,15年前に既にあった会の下部組織的に発足した会で、私も4代目代表幹事を務めたことがあり、当時は確かにまだ若手だった。年齢の上限が50歳までなのでいつまで若手なのか意見の分かれるところだが、70過ぎてもうるさ型が多い地方都市ではそんなもんだろう。

当時は色々な方を講師としてお呼びし、16時から例会、18時から懇親会と言ったスタイルだった。当地らしく航空自衛隊の基地司令をお招きしたり、上場会社の工場見学など様々な企画をしていたものだ。

その後、会員の高齢化による自然減で会員が減り、夜の例会を昼開催にしたり、女性会員を増やそうとしたりと来易い環境作りを進めていたが、それに反して私の出席率は下降気味だった。

昨日は久々の夜開催だったので、支店長や担当行員からの勧めもあり参加したのだが、昼頃に案内を見ると17時からとあった。ふと昔と変わったんだな、と思ったが、これはサウナタイム捻出チャンス!と悪い俺が脳内で呟いた。
15時過ぎ頃から準備を開始、15時半には『行ってきまーす』と事務所を後にした。俺自身がそうだった様に社内でもこの会は16時からだと認識されている確信があったからだ。

軽く8分程を3セット、冬場程の冷たさはなくなった水風呂を長めにしてクールダウン。例会の会場は程近くなので1645に退館して向かった。
仕事を抜けて来た暑そうにしている者もいればキチンと着替えて来てる者もいる。だが俺が1番涼しい顔で来ていたのは間違いない。

この会にサウナ好きでまだ20代の後輩会員がいるのだが、彼もここをホームとしている。後の懇親会で酒を注ぎに来た彼にサウナへ行ってから来た、と伝えるとマジすか!と驚いていたが、羨ましがる彼に『時間は作るもんやで』と偉そうに伝えておいた。

続きを読む
5

蟹ダンディ

2019.06.30

22回目の訪問

アパホテル〈小松グランド〉アパスパ

[ 石川県 ]

ふとサウナ室に入ると壁が新しくなっている事に気付いた。白木が貼られ、室内全体が明るくなった印象だ。
温度計などを囲む部分も見事に加工されている。木の匂いも漂い、気持ちいいのだが、ふと元の色が気になった。
…全く思い出せない。解体された更地を見て元が分からないのと同様に分からない。黒っぽく霞んでいた様な気がするが今となってはその気配もなく、悶々としながらテレビを観ていた。

当施設では日曜午後に『東大王』の再放送をやっている事が多く、今日もそうだった。
東大の学生とタレントさんがクイズで対戦したいる。その時は1位から20位までの1日あたりの乗降者数が多いJRの駅を順番に当てる、というもので頭文字のみ平仮名で出ていて、関東圏外の駅もあるとの事だった。

その時、1人のオッさんと同浴だった。
1位の『し』から始まる駅はすぐに新宿だと分かった。細かい順位は忘れたが上位にランクしていた『い』は池袋、『と』は東京、『し』は渋谷と軽く分かった。
その際、同浴だったオッさんがブツブツと喋っていた。
『あー、新宿な、新宿』とか
『お?お??ああ、大阪か』といった具合にだ。そのうち『ここは行った事がある』とかどうでもよい情報も盛り込んできて、元のサウナの壁が分からなくなり、それを振り払う様に真剣に考えていた俺にはウザったく感じた。

9位だったかの『お』は難問だった。タレントティームから大崎や御徒町などが出たが全て不正解、多くのライフを消費している。
だが俺は直ぐに分かった。答えは『大宮』だ。関東圏で『お』と言えば大宮だろう、と思わず口にしたところ見事正解、オッさんにおお、と賞賛される。

下位の難問『き』にやって来た。これは難しかった。錦糸町、苦し紛れの北参道など大宮同様に多くのライフを食い潰していた。
何となく『北』がヒントの様に言われ、俺も『北、北』と心で口ずさむも全く分からない。オッさんも同様に『北、北』とぶつぶつ言っている。
東大生に回答権が移り、サラッと正解の『北千住』が出た。なるほど、と唸っているとオッさんが悔しそうな顔をして呟いた。

『『北鯖江』じゃなかったか』

ええっ!?北鯖江!?オッさん、何言ってんの!それは北陸道のサービスエリアやぞ!?全く予想出来ない一言に俺は思わず本人にそう言ってしまった。

『おお、ほやったな、何か違うと思ったわ』
そう言ってオッさんはサウナ室を後にした。俺は暫く笑いを堪えるのに苦労した。

俺もオッさんだ。否定もしないし、淡々と受入れている。捻くれる事も多いが知らない事は知らない、教えてもらうことには有難く謙虚にいたいと思った。

続きを読む
27

蟹ダンディ

2019.06.29

1回目の訪問

ホテルウェルネス能登路

[ 石川県 ]

歳をとるとリカバリー能力が最も衰えると思う。飲んだ翌日、スポーツした後、暴食の後、そして時差ボケからの復帰。バルサから帰国し5日過ぎてもまだピンと来ない。

そんな中、豪雨を物ともせずコンペに参加、一軒サウナに入ってからの帰路、土砂降りでの疲れとまだ残る時差ボケとに襲われ堪らずピットイン。ぶらり寄り道旅は下道で帰る醍醐味でもある。

先に能登島の風呂で使ったタオルと小銭を持って訪問。券売機へ向かうと係りの女性が本体を開け、集金業務をしているようだった。
その女性が俺に気付き振り返る。
目が合う。

…美人だった。
歳の頃俺より少し若いくらいか?いやそんな事はどうでもいい、茶色の髪が肩より長く伸びた彼女は涼しげな顔で俺に言った。
『あ、440円そのまま頂きますよ』
そのまま、とは機械を開けたまま、ということでコイン投入口からでなく直接もらいますよ、とのことだった。
俺はポケットから100円玉を5枚出し、彼女の掌に乗せた。俺の指先が彼女に触れる。
彼女はお釣りを60円くれた。今度は彼女のスラっとした指先が俺の手に触れる。
ボサッとしてる間に彼女は機械を閉めた。発券などされるのかと思っていた俺は彼女に聞いた。

『もう行っていいの?』
『どうぞ』

時差ボケだ、何だと言ってた疲れは何処行った!?ってくらいに目が覚めた。そうしている間に彼女は去って行った。長身で細身の後ろ姿に暫し目を奪われた。

ハッとして風呂場へ向かう。通路横には宴会場が連なり、2,3組の団体が宴の闌だった。どこにも風呂はないまま突き当たりまで来た。

道を間違っていた。そのまま直進するところ右に行ってしまった様だ。いそいそと来た廊下を戻り、券売機まで来た。その横にあった地図を見て風呂の位置を確認、改めて向かう。どうかしてるぜ、俺!

100円投入型のロッカーに焦るもポケットにはギリ100円玉が残っていた。服を脱いでサウナへ。定員5人、表示98℃、先に行ったサウナが温かったので熱さは感じるがマットがびしょ濡れだった。お湯との交互浴の方が良かったかも知れない。
水風呂も広かったが、同様に温めでどれだけでも入っていられそうだった。露天スペースにベンチ状になって腰を掛けられる場所があり、そこで外気浴をする。雨はまだ降っていた。2セットやって退館。

ロビーの売店などは既に閉まっていて、もう一度彼女を見ることはなかった。

宝達志水町。滅多に来ることはないが近々また来る様な気がしている。。。

続きを読む
20

蟹ダンディ

2019.06.29

1回目の訪問

ひょっこり温泉 島の湯

[ 石川県 ]

能登島ゴルフアンドカントリークラブでコンペに参戦、豪雨の中のゴルフだったが、まあまあ調子が戻ったので良しとしよう。

デスクの引き出しにいつ貰ったのか、いつからあったのか分からないが当施設の招待券があった。もちろん行った事はあるが、何故それがあるのかは分からない。

石川県民にとって能登島へ来る理由は
①子供を連れて水族館、海水浴
②民宿に泊まり魚を食べまくる
③ゴルフ
この3つに集約されると思っていて(異論は認める)金沢からのアクセスも良くなったが、地元勢でなければそうそう普段来る所ではない。また、その3つの理由の際も1人で来る事はないので帰りに風呂へ、とはなり難くい。なのでいつからあるのか分からない招待券はずっとそこにあった。

今回のコンペでようやくチャンスを得た。とある生保の主催なので1人で参加、かつて六大学野球で鳴らしたという当社の担当との勝負ももちろん楽しみだったが(飛ばしに勝ってスコアに負けた)バッグにはしっかりと招待券を忍ばせていた。

コンペ、表彰式が終わり、コースを後にする。雨はピークを過ぎたようだったがまだ降っていた。ジムニーを駆り、程なく当施設に到着。持参したタオルを持って行くも有効期限などは記載されていないが、とにかくいつのモノか分からないので念のため小銭も持って行く。

結果、余裕で🆗だった。
ヒャッホーと浴室へ向かい、ゴルフ場でも風呂に入ってるので即サウナへ。

アカン、温い…表示80℃程、湿度があり汗は出てるものの、表面的なもので水風呂も温い。子供が遊ぶレベル。

お湯は海沿いらしい塩っ気のあるお湯だ。広い露天風呂もある。能登島からは天気が良ければ立山連峰も見える。能登旅行の際にはサウナには期待せずに行かれてはどうだろうか。

  • 80℃
    25℃
続きを読む
19