2020.11.18 登録

  • サウナ歴
  • ホーム サウナニュー大塚
  • 好きなサウナ サ室はどこも推し。存在で推し。やわらかなお湯、トキントキンの水風呂、露天に外気にぼーーっとできる椅子があればとってもごきげん。 さらにはカラオケ舞台、大広間、Jポップ&歌謡、そろいのムームー、的な健康ランドっぽい古きよきを愛でてしまいます。ついついうっかり。
  • プロフィール 熱波師検定Aへのステップアップセミナー修了/温泉ソムリエ/サウナスパ健康アドバイザー。 東京銭湯のお遍路さんとサ活を兼ねて、 平日メインにのんびり湯浴みを行動中。 昭和気質の大レトロな建造や、 バブリーな遺構に潜入するのも好み。 なにより好きなのが銭湯キャラのゆっポくん! 自転車か電車を乗り継いで、 しっとりじっくり汗しながら、 人生の先輩がたの背中や所作に、もの思う日々です。
絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

栗かの子

2021.04.09

1回目の訪問

天然戸田温泉 彩香の湯

[ 埼玉県 ]

野球サウナ! 本日はヤクルト2軍戦の戸田球場からレンタサイクルで20分、戸田公園は彩香の湯さんにズームイン⚾️

ぽかぽか陽気から風ぴゅーぴゅーの春爛漫、荒川沿いにあるヤクルトスワローズ2軍ホーム・戸田球場にて、対日ハム戦をがっつり楽しんだ帰りのこと。

最寄駅からかなり距離があるため、レンタサイクルに跨ったわたくし。足がある、となればそれはいつでもサウナチャンス!

Googleマップで場所をあらため、途中でラーメン活動を挟みながら温泉サウナに駆け込みました。

平日夕方17時過ぎ、ちらほらお客さんはのどかな雰囲気。ゆるめのスチームサウナで半分眠りかけ、いかんいかんと露天の壺湯(ナトリウム系おんせん!)を楽しみ、高温サウナにそろりと入室。

ちろちろと炎ゆらめくガス式サウナは、ほんのり温もり。壁の上にある室温計は90℃、下部のものは82℃ぐらいだったかしら。

サ室のドアが階段上、というおもしろい作りなので、先客さんをよけつつ進むとなんとなーく下段になります。お好みで、ご決心いただくのが良さそうです。

水風呂も階段、ひろびろ! 7.8人は埋まって泳げそうな豊かなお水に身を委ね、またも露天の半身寝湯(おんせん)に横たわります。

ああ……とろとろする……冷たい風がお腹を撫でる……ここで10分は本気で寝てしまい、ふわふわになった身体を起こして熱湯をかぶり、ヨイショと着替えて自転車に。

とっぷり暮れた戸田の町並みを楽しみながら、野球サウナは旅路のままに、ゲームセット⚾️

  • 40℃,90℃
    17℃
続きを読む
38

栗かの子

2021.04.09

4回目の訪問

歩いてサウナ

続きを読む
37

栗かの子

2021.03.28

1回目の訪問

土橋温泉

[ 広島県 ]

ここは広島、
平和記念公園を突き抜けた先にある、
とっぷり真っ暗な住宅街……

道にヌーっと突き出した、逆さクラゲ光る「♨️土橋温泉」の看板に、これは良い出会いになるなと胸に灯りがともりました。

ほそ道に入ると、男女別のノレンがひらひら。
年季の入った番台方式がたのもしい。
「サウナで」と告げて、銭湯代+100円を支払い、そのまま脱衣所に踏み入りました。

昭和で時を止めたような、とは、まさにこのこと!
年代物のお店の看板。
ウグイス製のロッカーキー。
ガラス張りの浴室入口に花柄のステッカー。
水風呂の小窓には造花の花壇。

ペンキ絵と呼べる大きさのものはなかったけれど
壁にはところどころ筆絵が描かれていて、
タイルをタテ3個、ヨコ4個使った富士山が見つかりました。

関西式のアイランド型浴槽のふちは、
小さな色タイルが覆っていて手触りにもぬくもりが伝わります。

サウナは小ぶり。
4人入れば満員で、ベンチの背もたれはかなり大幅に木がえぐれていたり、
サウナストーン周りの壁紙が剥けていたりするけれど、
それもまた営み。

80℃を示したサ室は足元がちょっと冷えるけど、
カテンカテン頭に届く熱さがめぐるのをじっくりゆっくり、お楽しみ。
すぐ横の、まあるい肌触りの水風呂に長めに浸かって、
主浴槽のへりにある段差に足を浸しながらしばしとろとろ。

さっき見つけた小さな富士山は、ここ広島からはちょっと遠い存在なのかもしれないなあと、
メルヘンな味わいの絵筆のタッチに想いを馳せる夜でした。

  • 80℃
    20℃
続きを読む
38

栗かの子

2021.03.24

1回目の訪問

健康ランド武蔵野

[ 埼玉県 ]

26の日セールのワオチケ利用で、初ホワイトハウス。
広々サウナはガキッと熱くて「効く!」という感じの力強さ。
水曜レディースデーということもあり、どのぐらい混んでいるのか分かりませんでしたが、
たどり着いてみればとても快適な空きすき具合。

外気浴では、たぽたぽ震える水面を撫でつつ、フルフラットのひろい青空を独りじめしてしまいました。

寝そべって。
独りで。
青空で。
全裸で。
湯気を立てて。

替えようもないこの幸福を、美しい人生を、限りない喜びを、サウナ好きの皆さんはどこかで感じたことがあるのではないでしょうか。
わたしにとっては、それが今日。
南浦和の青空の下なのでした。

平日15時から650円のあんかけ焼きそば、とっても美味しかったな。
クーポンについてたドリンクは、サワーも選べて嬉しかったな。
おふろの薬湯、2種類もあって効きそう感、満点だったな。
ゲームコーナーと卓球コーナー、カラオケボックスも、いつかの華々しい季節がよぎってしまうな。

ととのい最中を慌てて乗った、帰りのバスはなんだか胸キュン。

暮れなずむ国道沿いを20分ほど頬杖をついて眺めながら、
発信するでもない撮れ高を計算するでもない、ただ感じるだけで良いという、小さな幸せのありがたさが沁みました。

ありがとう。また来ます。

  • 98℃
    16℃
続きを読む
46

栗かの子

2021.03.23

1回目の訪問

【閉店】地蔵湯

[ 東京都 ]

サウナ室、「26℃」の室温計ーー。

3月末に閉店する銭湯・地蔵湯のお別れ入浴に。

清潔でこじんまりと心行き届いたしつらえが、
フロントから隅々まで伝わります。
浴室にはオレンジ色を基調としたタイル画が、
その場をあかるい太陽のように照らしています。

カランは両壁面、島を合わせて16個と立ちシャワー。
ケロリン桶と、大小のお風呂椅子を選んでゆっくり身体を清めます。

一列に並んだお湯はバイブラ、白湯、そして、
前方後円墳のようなタイルで仕切られたおひとりスペースのジェットバスがくるまれるように居心地よい。

ちいさな水風呂の横にあるサウナ室には養生テープの〆切と、利用の終了を告げる紙。

ありがたくぬくもり脱衣所に戻ると、
ちいさな窓から照明の消えたサウナ室を覗けました。

室温計の指す26℃が、サウナとしての役割を終えたせつなさでした。

終わりを告げる、この風景をゆっくり眺めていたい。

小窓越しのサウナ室のなか、目に留まるのは、新品さながら、きりりと美しい白木のベンチと壁。

帰りしな、女将さんに伺えば、万感のうなずきが返ってきました。
サウナはコロナの1年前に建て替えたばかりだったのだと。

胸が詰まる。
うまいお返しなどひとつもできず、
柔らかくていいお湯でした、ありがとうございます、
と辞去いたしました。

いつもの風景、いつもの挨拶。
湯けむりに響くおなじみさんたちの声掛けが、
これからのどこかで、続いていく未来を祈りました。

  • 30℃
    20℃
続きを読む
37

栗かの子

2021.03.21

1回目の訪問

大星湯

[ 東京都 ]

ニュースのとおり、東京の夜は暴風雨🌀
つまり絶好の快適サウナチャ〜ンス!

屋根や看板がガタピシ言う中、
Tシャツにゴアテックスを羽織っただけの軽装で、
自転車で漕ぎ出したのはよいものの……
横殴りの雨粒でまぶたが痛い。
うお、痛……しゃれにならんぐらい痛い。

なかば忘我でペダルを漕ぎ漕ぎ、
「水通しオッケー」と念じつつ訪れましたは、
新宿・抜弁天の大星湯さん。

雨水ふきふき下足キー26番を頂戴し、
フロントで950円を支払いますと
「いまサウナはどなたもいませんね」という
嬉しいお言葉。
これ! これよ、これ!
暴風雨のサウナチャンス神、ありがとう!

感極まりつつ黄色いバスタオル、小タオル、腕巻き青バンドを、恭しくいただきます。

カランは多く、中の島2列に左右壁&立ちシャワー。
ゆっポくんボトルのリンスインシャンプーとボディソープも完備でした。

さっと身体を清めて全面ガラス戸のサ室にIN。
3名ベンチと、マット上に置かれたミニ椅子1名の計4名が定員で、
コンパクトな空間ながら窓やドア部の採光がよく
明るい印象。
5分砂時計も2.3個置いてありました。
室内は84℃のカラカラ系。テレビ無しの無音がいい。
ドアを出て2歩で、深めの水風呂24℃あり。
どなたもいないのを良いことに、
浴槽の端から端まで手足をピンと伸ばしてゆるゆる浸かってよい気持ち。

サ室ドア横に簡易フック数個があるので、
そこにマイマット入れをぶら下げてから
身体を拭って脱衣所の横広ソファでチルいたしました。

男脱衣所から聞こえてくる「男はつらいよ」フルコーラスにそそられながら思ったのは(女湯でも見たかった!)、
高温バキーン&冷水ゴリーンの落差系こそ至高……と思いがちだけど、
日常づかいの銭湯ライフにはこのぐらいのホコホコ感もいいなということ。

しっかりぬくもり、いい塩梅を楽しんで、
帰りはギコギコすっかり風のやんだ街をマイ自転車で漕ぎぬけました。

  言ってみりゃあ、リリーも俺と同じ旅人よ。
  見知らぬ土地を旅する間にゃ、
  それは人には言えねえ苦労があるのよ……。

寅さんありがとう、今夜もよかった、
あたいもがんばれそうな気がするよ。

  • 84℃
    24℃
続きを読む
41

栗かの子

2021.03.10

2回目の訪問

水曜サ活

大東洋レディススパ

[ 大阪府 ]

📝みんな知りたいカプセルホテル宿泊のしおり📝
・公式HPに直前割引プランもあり。空室日を要チェック
・カプセル布団はエアウィーブ採用。ふこふこ。横幅も両手を広げて余るぐらい広い
・電灯も無段階調節なので使い勝手◎
・めちゃくちゃ空いていたのに、上下段に人を入れる謎システムは改善してもらえるといいな
・カプセルゾーンに電源デスク3-4席あり(お静かに)
・共有リビングにも電源テーブル&スツール多数
・無料ベンダー(ジョージア)のコーヒーメーカーはミルクや砂糖を調整できるありがた性能
・ロッカーに支給されているパジャマは上下セパレート、ロング丈のシックなもの。フロント階を歩く時に羽織るガウンが、ハリポタ調で気分あがります(参考写真)
・パウダールーム4面は、すべて別メーカーのドライヤー&コテを設置。美容的にも嬉しい
・トイレも10室ほどで助かるけど、通りかかるだけで全ての便器から水音が連鎖するので、ラスベガスの噴水ショーみたいだった

🧖‍♀️おまけのサウナメモ🧖‍♀️
インフィニティチェア3脚のうちひとつが、目の前でビス部崩壊という事件を目撃。すぐに撤去、修繕をしてもらいました(めっちゃ迅速丁寧にご対応くださいました)。
インフィニティは全身をゆだねる設計なので、危険防止、みなさんも座る前、気をつけてみてください。豊かなととのいライフのために……栗かの子との約束だよ🌰

  • 75℃,90℃
    17℃,21℃
続きを読む
43

栗かの子

2021.03.07

1回目の訪問

徳の湯

[ 神奈川県 ]

「サ室138℃」に「水風呂8℃」だと……!?
その温冷落差、未知のゾーンの130℃。
3/7の本日、東横線沿線をゆく自分は、こちら徳の湯さんでサウナの日という元旦をお祝いすることに、決めました。

最高気温9℃という、めちゃくちゃ寒い一日でした。球春到来、ハマスタのオープン戦で吹きっさらしとなった身体が、東白楽駅にたどり着く。
改札を出たなら東口から徒歩1分。横断歩道を渡って路地のすぐ、大きな看板が迎えてくれます。

サウナは銭湯プラス100円。実にお値打ちじゃないですか。
フロントさんに下足キーを預けると、先客キーが机にずらっ。サウナ利用者はかなりの数がいそう。

心して伺った、女湯は本日2階のご指定。
ありがたいことにのどかな脱衣所、のどかな浴室が待っていました。

奥の島のカランでさっと身体を洗い、マイマットを持ってサウナ室へお邪魔します。

ほのかなぬくもり、木のにおい。奥から小さなテレビの音。
対面式のベンチはテレビ側1段、反対側が2段の形式。常連さんとおぼしき方々が3名ほど、美顔ローラーを使ったり、背中を向けたりと思い思いに過ごしておられる。

途中交わされる会話もすこしあったけど、困る!ほどではなかったのでそこそこマナーな雰囲気で居心地もウットリ。

冷え切っていた身体も8分ほどで火照ったので、サ室すぐの水風呂にとぷん。バイブラが効いた12.3℃の体感でした。

シュッと抜けておたのしみの露天風呂へ。
お空、すこーん! 
ととのい椅子は2脚あり、どちらも空いていたのですっぽりおさまり、じゅわじゅわ蒸気をたてました。

「サ室138℃」のナゾはどうやら「室温計がぶっ壊れているため」と判明したけど、そんなこたぁどうでもいいの。ギッチリ埋まったサウナ先客はほとんど男湯だったみたいだけど、それもいいの。
ほわほわぬくくて、カキンと冷えて、お空の下で肺の中から酸素を換える、その瞬間がいつもの大事で、この日だけの一期一会で、だからわたしは銭湯をめぐるのです。

3/7はサウナの日。

とびきり賑やかなイベントや、プレゼント配布のお店もたくさんあったはずだけど、なぜだか自分にぴったりきたのは、地元に愛されヨソ者もふぅんと受け入れてくれる、ふところ深いこんなお湯。
しみじみ、のんびり、感じ入っちゃう元旦でした。

  • 90℃
    13℃
続きを読む
43

栗かの子

2021.03.06

1回目の訪問

稲荷湯

[ 東京都 ]

腕が鬼のように痛い。鬼って。鬼になったことなどないのにわたしたちは、ついうっかりと鬼っぽくなる。

痛みの理由はここ八王子駅から数駅先、相模原の「JNファミリー閉店なんでもバザー」で感涙きわまり、藤の脱衣カゴ(100円)山盛りに、家族のサウナマットや館内着を買ったからだ。

自慢じゃないけどクルマはない。これから混み合うだろう電車のなかで、「カゴに山盛りのサウナマット」を抱えた女が必死のパッチで東京を目指す、そんな未来が決まっていた。

ならばこの瞬間をどうしよう。
サウナに行くしかないじゃないか。

わたしは「腕の痛みと汗を流す」というミッションを定めた。お邪魔するのは評判ばつぐんの地元系銭湯、稲荷湯さん。ちなみにゆっポくんの東京銭湯スタンプラリーももらうことが可能だ。

八王子駅から徒歩7.8分。住宅街の入口にある、なごみ系おしゃれな外観が嬉しい。
時刻は15時。お客さんの出入りも多い。

財布を開きつつフロントのおじさまにビシッと「サウナつきで」と話しかけると息を呑まれた。
うろたえたわたしは「あの、女の」と、特にいらなさそうな情報もお伝えする。
するとおじさま、「後ろに券売機があるんですよ」と指をさしてくださった。

着いて早々やらかした。

あらためて券売機でサウナ付き券600円を購入し、ロッカーキーとサウナ目印のスパイラルゴムをいただく。

番号は偶然、33。
愛する広島東洋カープ・菊池涼介選手の背番号に心が躍る。

笑顔でJN脱衣カゴを抱えなおしたところ、「フロントでお預かりしますよ」と優しい声。甘えさせてもらう。

今日は奇数日。女湯は2階のロッキー&露天、予習した通りの嬉しい日。

モダンな暖簾をくぐると、脱衣所も清潔。おばあちゃまたちでちょっと混み。浴室にはカランも5割埋まった活気がある。シャワーはノブ式なので、両手を使えてありがたい。

サ室はオートロウリュ付きロッキー。数分ごとに輝きながらスプラッシュ。気持ちのいい湿度がある。ベンチはテレビを挟んだ対面型の2段式で、マット交換もこまめであった。

このフロアの素晴らしいところは水風呂の奥に、露天風呂と長い背もたれベンチがあることだ。心ゆくまで外気に触れる。

大丈夫、汗はもうやんだみたい。ハーブ袋入りのオレンジピールの薬湯をあみ、わたしは再度、脱衣カゴをかかえて中央特快に乗りこんでいく。

訪ねたおりの痛みや鬼は、八王子のきよらな風にそよいで消えた。さっぱりとした。ここにいない誰かに向かって、ありがとうを伝えたかった。

  • 98℃
    18℃
続きを読む
62

栗かの子

2021.03.05

1回目の訪問

カプセル&サウナロスコ

[ 東京都 ]

水風呂のなかで膝を抱え、顎の先まできっちり埋まる。ライオンの口からだばだばと猛烈な勢いで放出される、まろやかな地下水に裸を呑まれながらこう思った。

「サウナには陰陽がある」と。
「そしてロスコの陰を誇りに思う」と。

浴室内にあえてむき出しのまま張り巡らされたパイプやダクトは、経年の味をまとって無骨な構造美を見せる。

タイルの壁床はほの暗さを保ったまま、常に新鮮な冷水を波打たせる。

窓の外のちろちろとした日差しが水面をなでるように落ちていて、当たり前のようにやる気なくもきらめいている。

ドライサウナは乳白色の、毛足ふわりとしたマットを敷き詰めていて、まるで猫バスのお腹の中のような居心地をくれる。

サウナ室全体をしじゅう揺るがす、ごぉん、ぼぉん、という機械音は、心を沈静化させる「1/fのゆらぎ」に満ちている。

ロスコは陽キャを目指さない。
陰キャの美学をつらぬいている。

影があるから光は輝き、日常があるからハレは愉快で、水風呂があるからサウナはいつも、美しい。

そんなことを考えていたら、鼻から漏れる息がミントを含んだようにキレキレになっていた。まちがいなく今のわたしは内臓がクールだ。

耳元でもうぼっこぼこにバイブラが責め立てる。
どうやら膝を抱えたまま、ずいぶん長いこと水風呂に浸かっていたらしい。

よっこい庄一と自分にむけて声をかけ、だばだばと豪快に溢れまくる18℃の汲み上げ水から身体をおこした。目の前にポツンと置かれたととのい椅子にお尻を押し込む。

ざあっと網目のあまみが広がる。ここのサウナはガキンと熱い。血流のほどける落差感を、存分たのしめる楽園なのが間違いない。

ふは、とからっぽの浴室の中に声が漏れてしまった。
誰もいない部屋で声を漏らすだなんて、わたしも陰キャだ。

もうぞんぶんに身体は冷えた。
さあ、あつあつの猫バスのお腹に戻らなくてはね。

立ち上がったつま先のムーブにぱしゃりと爆ぜた冷水が、光をまとって渦巻ながら、つやめく溝にひゅるりと消えた、ような気がした。

  • 45℃,98℃
    18℃
続きを読む
73

栗かの子

2021.03.02

1回目の訪問

スカイスパYOKOHAMA

[ 神奈川県 ]

今日からハンズ横浜店で「湯沸かし市」。
夜は馬車道のビルボードでライブもある。
平日、昼過ぎ、横浜駅にて訪れちゃったスキマ時間……

こりゃまたとないスカイスパチャーンス🧖‍♀️

おそらくフロント&食事で見た限りですが
ぞくぞくと混んでいった男風呂にくらべ、
たぶん女はスッキスキだったと思います。

いろんな席を選び放題、孤独サ室も2セットクリア。
動線に困ることもなく、エエ匂い……
敷物もフワッフワ……

😇よかったところ😇
・ストーブ真横のくぼみ席(アリーナ最前)で受けたロウリュの蒸気。
・座面奥行きが広いため、どんな座り方も気兼ねないところ。
・冷ミストをちろちろ全身にまぶせるテルマーベッド。
・スタッフさんのこまめで明るいお声掛け。

😈うーむなところ😈
・勝手な期待値&思い込みもあり、存外に狭かった。
たとえば(価格帯同クラスの)池袋タイムズスパレスタのフロア1/3ぐらいの印象。
・窓前席はナイスビューだけどキックが弱い。
イメージ図を見ると、そこだけボナが無い場所なのかな。
・公式サイトに女性アウフのスケジュールが掲載されたままなので(熟読してました)
再開したのか! と走ってチェックインした……
のですが結果としては「30分おきのロウリュのみ」。
断り書きもサ室入口で初めて見た具合なので、
もうすこしアナウンス欲しかったなぁ。

ともあれチゲ(小)ごっそさんでした!
来世はメンズに生まれようと思いました(涙)。

  • 60℃,80℃
    17℃
続きを読む
50