サンム

2021.10.24

1回目の訪問

都内三大アクアなるものがあるらしい。キンキン水風呂と屋外プールが特徴の「アクア東中野」、高級住宅街にひっそりと佇む「アクアガーデン三越湯」の二箇所に加え、本日訪れた『アクアプレイス旭』こそがその三つ目に数えられる施設のようだ。

ということは、本日の訪問でめでたく都内三大アクアを制覇したことになる。個人的には板橋のアクアセゾンもその一角に食い込むクオリティを持った名銭湯であると思うので、アクア好きは是非チェックいただきたい。

さて、本題。アクアプレイス旭は入谷駅から15分ほど歩いた距離にある。良い運動になる。つくばエクスプレスの浅草駅からだともう少し近い。

番台で620円を支払う。サウナ料金140円はお安い。タオル類は別。フックキーを受け取って脱衣所へ。コンパクトながらも清潔感がありとても綺麗。

浴室には壁一面にタイルアートが描かれており、可愛らしい。アクアプレイスという屋号に紐づいて、海に浮かぶヨットと南国の島をイメージした絵柄。ボコボコと沸き立つ生姜湯で身体を温めながら、のんびりと眺める。

♯サウナ ★★★★☆
浴室内の階段で二階へと上がるとサウナと水風呂のあるスペースに辿り着く。首にぶら下げたフックキーを使ってサ室の扉を開ける。

コンパクトなサイズ。二段掛けで収容は8名ほど。熱源は縦長の遠赤外線ガスストーブ。室温は114℃を表示しているものの、そこまでの熱さは感じない。

壁面にはヴィヒタが掛けられており、森の匂いが鼻先をくすぐる。照明は明るめだが、とてもリラックスできる空間である。やっぱり匂いってとても大事。

♯水風呂 ★★★★★
水質抜群の16℃。贅沢にも天然地下水の掛け流し。まろやかで肌触りが良い。適温でいつまでも入っていられる。アクアが店名に付く銭湯はやはり水風呂に強みがあることを再確認する。

♯休憩 ★★☆☆☆
水風呂の脇に腰掛けられるスペースがあるが、座面の幅が狭いため少し窮屈な格好になる。通用口付近のそれはわりとたっぷりとしたスペースになっているが、ここは競争率が高い。脱衣所の椅子での休憩も可能。

サクッと2セット。85点。
水風呂のまろやかさが特徴的な街の銭湯といった印象。日曜日の夕方の訪問であったため、客入りも多かったが、サウナ待ちは発生しない程度。落ち着ける雰囲気でリラックスできました。

  • サウナ温度 114℃
  • 水風呂温度 16℃
250
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら

サウナグッズ