ノルス

2020.10.04

1回目の訪問

サウナ:よもぎ18分 × 1 タワー10分 × 2
水風呂:2分 × 3
休憩:10分 × 3
合計:3セット

一言:
自宅から8キロなので、自転車で行くか電車で行くか迷うところにある「喜楽里」へ。
自転車で向かったおかげで、ローソンでコクバタ
を温冷交代浴の手助けのために購入。先食べ。

さて、その友人、通称「太筋」はサウナにハマってまだ数ヶ月で、良サウナに足を運んではいるものの、経験日数としては浅い。
彼にサウナの良さを伝えるべく、意気込んで大浴場への暖簾をくぐった。

まず目の前に飛び込んできた光景は、人の海であった。日曜の夜ということもあり、ある程度混むのは予想できたが、どのスペースに身を落としていいかわからないという混雑具合ははじめてである。唯一空いていたジェットバスで一週間のコリをほぐす。

その後露天の黒湯(41度)に浸かるが、やはり人が多い。だが、一人一人、明日の仕事に飛び込む直前の特攻隊員のような、覚悟、諦め、恍惚、実に色々な表情を浮かべていて楽しかった。若く鍛えられた男性が多く、マナーが良かったのも隊員らしさを助長させた。

そしていよいよ、こちらも隊員のような筋肉をもつ「太筋」を連れ、よもぎ塩サウナに入室。視界が白で覆われたことで、嗅覚への意識がするどくなり、よもぎの甘く懐かしい香りが強調された。体に塩を塗り、サウナマットに座る。好きなスチームサウナだ。オートロウリュで温湿度が高まり、水風呂欲が高まるも、先に水風呂へ向かった「太筋」が5秒で戻ってきた。早すぎだろ、とツッコミを入れる前に小声で「アイテナカッタ」と伝えてくれた。水風呂は4人のスペースしか入れない。
隙をついて水風呂にはいる。水温は20度くらいで
、落ち着くがやはり待っている人に申し訳なく焦って出ることに。露天の沢山ある整いスポットに座り、首を垂れて整いの姿勢をつくる。じんわり広がる脳汁。十分に整った。
水風呂は浅かった(時間、水深)が、サウナとの相性がよく整えた。「太筋」はイマイチとのことで、水風呂の時間を長くするようアドバイスをした。そして本命のタワーサウナへ。80-90度くらいかな、最下段がぬるく感じたので、途中で最上段へのぼり、10分で出た。下段の「太筋」はまだ残る。お互いマアマアの整い具合だった2セット目の後、黒湯炭酸泉にハマる。何分でも居られる。

3セット目、彼は上段で15分を超えるタフさを見せた。生意気にもアドバイスをしていた自分は、このスーパールーキーに尊敬と畏怖を抱いた。筋肉のある人は、やはりタフだ。最後はシルク湯でまったり。混んでたが、いい湯だ!また来たい。

  • 60℃,85℃
    20℃
9
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら

  • サウナーリンク集
  • サウナイキタイSTORE
  • 水曜サ活