2020.09.21 登録

  • サウナ歴 3年 10ヶ月
  • ホーム 美楽温泉 SPA-HERBS(スパハーブス)
  • 好きなサウナ きれい ・いいにおい ・みどりがある ・水風呂アンダー15 ・おしゃれ ・フラットととのいいす ・しずか
  • プロフィール 訪問したことのあるサウナをなるべく大げさに、読んでもらって行きたくなるようにレポートします。
絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

mnm

2020.09.27

1回目の訪問

カフェ パラム

[ 大分県 ]

チェックイン

続きを読む

mnm

2020.09.23

1回目の訪問

ロイヤル胎内パークホテル

[ 新潟県 ]

ここはまさに秘境のサウナ。  

田舎道をひたすらに進むと突如として豪華絢爛な館が現れる。 まるでバイオハザードの洋館の佇まい。

受付に入ると豪華な造りで天井がこれでもかというに高い。走ってきた道程を考えるとキツネにでも化かせれているのかと疑いたくなる。

サ室は大人数が入れる大きな箱に110度という申し分ない温度。新潟県の中では温度は非常に優秀な部類。この大箱をひとり占めできるのが、ここのサウナの魅力。

オートロウリュは故障している。 
他の人も書いてあるが、セルフロウリュをしたり、ひとりアウフグースができる。
注意書きにはサウナストーンに水をかける場合はスタッフにお声がけくださいと記されている。

水風呂は常に新しい水が循環しているようだが、8月の夏場だと体感18~19度くらい。
冬だとキンキンに冷えてそうだ。

そしてここの醍醐味は宿泊で来た場合の満点の星空。人里離れた立地故に星には期待できる。

それを売りに宙の方舟なる新しいシャレた外風呂と ととのいスペースが用意されている。

私はこれを楽しみに2回目のサウナに繰り出した。

ところが目の前には神々しく光り輝くナイターの照明があった。そう、目の前に野球のグラウンドがあるのだ。

私は満点の星空をあてに 思う存分にととのうつもりであったが、あいにくの曇り空ということもあり
野球を見ることにした。

あ、両チームが整列してるのがよく見れる。
男湯からは目隠しが無いので向こうからも丸見えであろう。

私は外風呂でヌルヌルになりながら、仁王立ちで野球のナイターを眺めていた。

そんなととのいであった。

  • 110℃
    19℃
続きを読む
246

mnm

2020.09.18

1回目の訪問

しきぶ温泉湯楽里

[ 福井県 ]

私の地元サウナ

武生市が創った施設だけあって非常に豪勢なつくりとなっている。施設に入ると吹き抜けの開放感があるロビー、ピアノや白熊の剥製に驚くことだろう。

受付を済ませると、この施設の最大の特徴である長い傾斜エレベーターで山を登っていく。 

階段にすると どうだろか300段くらいあるかもしれない。
この長いエレベーターが私を日常から切り離してくれる。
湯冷めしないようにエレベーターには6畳を軽くまかなえるほどのエアコンが装備されている。なんとも贅沢な施設だ。
私は上昇するエレベーターの中で横目に流れる緑を楽しみながらサウナへの高揚感を膨らませる。

エレベーターはゆっくりと動き2分くらいで山の上に到着した。

風呂場にいくまでの床は暖房がきいており、足の裏が心地よい。
風呂場の前の休憩スペースにも軽食コーナーがあり油の匂いが食欲を掻き立てるが、ここはととのうまでがまん。軽食コーナーの休憩スペースからも山の景色が広がり目を癒やしてくれる。

風呂場につくと贅沢に石を使った風呂が目に飛び込む。そして、山の上の緑の大パノラマが広がる。
この風呂は太陽がある時間帯がいい、特に朝はさわやかで最高だ。

サウナ室は85〜90度といったところ、特筆することはないが木の匂いが心地良い。サウナマットは自分で交換するスタイルだ。

客層は地元のお年寄りが多い、皆すきなのようにサウナを楽しんでいる。

水風呂は大人二人が限界のサイズで深めのつくり100cmはあるか、温度は体感で15度以下。小さい分、温度は申し分ない。
あまり知られていないが福井は水がいい。
柔らかい水あたりがたまらない。

ととのい場所は、外風呂のベンチかうち風呂のベンチ、脱衣場のベンチ。
外風呂での外気浴はベンチが狭く足湯用のベンチになるのがこの施設のおしいところである。
これで外気浴ができるととのいいすがあればローケーションも相まって最高の施設になのに。

そんなことを差し引いても、しっかりと ととのい私はエレベーターで現実の世界に戻ってゆく。

ちなみに風呂には高温の45度の湯がある。この湯でもととのい可能。

福井は米もそばも水もうまい。 サ飯は何を頼んでも満足するだろう。

そして、一番のととのいポイントは施設を出たときの森の香りである。昼は太陽の木漏れ日、夜は虫の声をききながらの森のさわやかで、あまい香りを堪能する。夜は森が控えめにライトアップされて幻想的だ。私はこの瞬間に最高にととのう。
この車に乗るまでの贅沢なひとときが最高の瞬間。 
都会のサウナでは味わうことができない醍醐味だ。

  • 85℃
    15℃
続きを読む
31

mnm

2020.09.17

1回目の訪問

サウナしきじ

[ 静岡県 ]

初めて体験した120度のサウナ。
ストーブの真横、二段目に座り皮膚がバリバリと割れるような感覚になった。暑い、凄く暑い。
なんとか6分耐え、出口に向かうと身体はアチアチの真っ赤になっていた。
お楽しみの水風呂へ、掛水をして水風呂に入る。
なんだろう、冷たさはそれほどでもないのに、体験したことのない爽やかさだ。水が柔らかい。
思わず笑みが溢れる。
薬草サウナは扉を開けた瞬間に爆発でもしたのかというくらい煙がドカン!と出てた。
中に入って5秒くらいで退出する人続出。
常連のおじさんがしばらくドアを開けて煙を逃していた。おじさんが入る。誰も挑戦する者はいない。
よし、ここだと薬草サウナに挑戦。
息ができないくらいに熱を感じる。すぐにタオルを口に巻いた。隣のフィンランドサウナよりも体感はこちらが暑いように感じる。出たい、出たい。
そんな気持を堪えてがまん。なんとか6分耐えて、出口へ急ぐ。その時、蒸気が体にぶつかり暑い暑い!信じられない暑さだ。部屋を退出するその瞬間が最高の暑さになる。出た時に思わず口を歪めて苦しい表情で声が漏れる。 いっそうあの水風呂が恋しくなる。何セットか繰り返しととのいイスに座ると、丁度その時風がふいた。
そこは街の真ん中にあるサウナなのにさわやかな風がふくと、私は森の中にいた。

続きを読む
35