しろくま

2021.06.18

9回目の訪問

歩いてサウナ

長き時を経て、私も2ヶ月ぶりの(サウナ)ピアニストになろうと、東海道を駆け巡り海運と路面電車の征くハイカラな街に足を運んだのであります。いつもの通り真夜中にしか来ないせいで豊橋がどんな街なのかいまだに全然分からないのです、10回くらい来てるんだけど🤔
このご時世、サウナは変化の潮流で数多ものニューカルチャーが爆誕し続ける最中、変わらないという驚異的なイニシアチブを保ち、快適さと共にテレビが10くらい連なる昭和のそれの光景を見ると何故か私も懐かしく感じるものが込み上げてくるのです。テレビエリアは絶対左下のアレ見るよね!😏
ただ、唯一驚くべき変化点があったのです。外気浴スペースにコールマンの無限椅子が2脚追加参入していたのです。
これはまずい、人々が群がるぞという通説もこの施設の穏やかな時間は軽く凌駕してくるのです。だって浴室には自分しかいないのですから!🙌
金曜の夜、普通ならどんなサウナ施設も客がいないなんて事はないのが今のサウナブームの勢いでありますが、お酒もない、娯楽も8時でフィニッシュとなれば私のような少数派の清純派おじさんが光放つものであります。ちなみに髪はふさふさです。
104度のサ室も冬の頃は激アツに感じておりましたが、岐阜の悪魔達に鍛え上げられたせいでのほほんと最上段で時間を弄ぶ程に私の肌も進化していたのです。それでもなおガチサウナピアニストの通過儀礼「外気浴は芝生で青天」までは行かないです。それする人ほんと凄まじいな🤔
無限椅子どころか浴室エリアも贅沢に1人の時間だけが流れていく心地よさを堪能しまくって私の平日の徒労は全て豊橋にぶち込んだのです。
溜め込んだストレスは汗に流し、まっさらな気持ちとなって緑に囲まれた外気浴スペースでのんびりする時間、梅雨の湿った冷たい雰囲気がまた私の身体を新たなるステージに誘うのです。家のガスが止まって…じゃなくてサウナ通いを始めて1年が経とうとしております。この施設に来ると前に来た時の自分からどう変わったかを見つめられる原器のような指標を感じるのです。めっちゃサウナ原器。
サウナーが取り上げる施設なのに、いつ来ても時が止まったような佇まい、その平穏で揺るぎない一途な存在がまた私の中で次なるサウナの楽しみ方を見出してくれるような気がするのです。温故知新。
いつもよりサ室の温度が低かったので、今度来た時は110度台で心を燃やせるのを楽しみにまた土日の欲望を満たしていきたいと思ういいサウナでした😆
夜は短しととのえ小僧みたいな感覚で黒髪の美少女が出てきたりしねぇもんかな〜と思いに耽る今日この頃であります。前は遠く感じましたけど、今日1時間で来れたので、散歩みたいなものですね!

歩いた距離 0.2km

  • サウナ温度 104℃
  • 水風呂温度 16℃
48
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら

サウナグッズ