2020.08.23 登録

  • サウナ歴 1年 9ヶ月
  • ホーム 天然温泉コロナの湯 安城店
  • 好きなサウナ 外で横になれる外気浴設備を持つサウナが好きです😊
  • プロフィール 愛知県在住の自称28歳会社員男性😆
絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

しろくま

2022.06.29

383回目の訪問

水曜サ活 歩いてサウナ

ひっさびさにまあまあ早い時間にサウナにありつけたのです。
6時の退社時間に外出た瞬間驚くのです。この空の青の青さに心細くなるのです。
96年の名曲の断片がふと脳内で蘇る程、今宵はサウナに恋焦がれていたのです。なんなら水風呂よ!
水風呂の心地よさは相変わらずの爽快感だったのです。6月にケジメをつける時期に差し掛かかったのです。現実から逃れるように世界は夜を乗り越えていくのでしょう。
今日も見慣れた蒸務取締役面々が鎮座するサ室でありました。見慣れすぎてこの数年では明らかに両親よりも顔を合わせている存在であります。新たなる家族といえばそうなのかもしれませんが、そう認めたくない自分の矜持がそこにあるのです。裸しか知らない家族ってなんだ、そういうの知らん!
心が折れかけ、諦めそうな時もぎりぎりをのらりくらりと渡るように過激すぎる6月を乗り切った事を称賛する他ないのですが、まだまだ30日、月末が控えているのです。ほんと最後は綺麗に締めたい所であります。6月はほんと油断も隙もない恐ろしすぎる1ヶ月であります。なんなら6月のロスタイム的も7月も過激な精神闘争が発生しそうなのです。
もう夏休みを意識せずにはいられない小学生と化した私であります。
今日もゆったりとサウナに勤しみ、明日の事を考えて眠りに耽る覚悟をサウナが宿してくれたのです。流石サウナ、未来を見通す眼を与えてくれるのです。今を大切に、過去を全て放棄して未来をどうするか考えさせるポジティブメンタル養成所。
サウナに勤しむ時間に外気浴で気持ちをとことん朗らかにしていったならば私は次なる気持ちに立ち向かえるのでしょう。今年の流れがやけに2年前を踏襲してて、その流れが7月も続くとなると、7月もまた鬼みたいな日常なんだよな…くぅ〜💦
水風呂にいる時間だけが今の季節を正しく実感できるような気がする程今年の夏は超絶速攻で私の身体を痛めつけてきているような気がするのです。ほんと水風呂が気持ちよくてたまらないのです。1日蓄えまくった熱量を発散する唯一のタイミングであります。
明日もゆるふわに頑張るしかないのです。

歩いた距離 0.1km

続きを読む

  • サウナ温度 102℃
  • 水風呂温度 15.1℃
22

しろくま

2022.06.28

382回目の訪問

歩いてサウナ

日に日に熱さが過激化していく中、いよいよサウナに行かなくては生存的な支障をきたす所まで達しようという今日この頃であります。火曜だから火の如き熱さでもいいんじゃないかなって加減で天候は日に日に変わっていくのなら明日は豪雨でも差し支えないのでしょうが、どう見ても明日も今日以上にどちゃくそ暑そうであります。サウナァ!というかもう水風呂!
仕事終わりの帰宅道も水風呂がどうしたってよぎるものであります。水風呂が10回くらい脳内通過していった事を私は忘れないのです。もはや水風呂に対する情念はフラれた直後の元カノに等しいのであります。
6月の世知辛さは最後の締めに差し掛かっております。梅雨明けという狂気の極みの4文字は失恋を超える未知との遭遇感があるのです。
流石に7月待たずにマジ夏が来ようとは…ここはもうエヴァの世界なのかもしれません。
蝉時雨もまだ聞こえないこの頃にこの熱さとなると私の季節情緒も乱れ狂うものでありますが、サ室の熱量を承ったら即座に気持ちは夏に誘われるのです。
朝始まりの瞬間から夏が熱帯夜まで続く恐ろしい地獄の中でも水風呂は確かに存在するのです。もはや1日で体温が正常化するのがこの瞬間しかないような気がするのです。
外気浴ですら暑い暑い、なんで!と叫び出す次第、今宵はその暑さも相まって多くの若手蒸務取締役が集っていたのです。
外気浴は当然大人気なのです。皆が思春期の向こう側に旅立つような宣戦布告を夏に告げ、その身を思春期に捧げる覚悟に満ち溢れているのです。水着デートの話を聞くと私もなぜか心躍りますね🤔
夏に向けた準備をスーパー繰り上げて行かなきゃ身体が持たない程に今年の夏は信じられない早さでやってきているのです。こんな事にしやがった晴れ男出てこい、私かも😆
無限椅子に横たわり、夜空を見上げるその瞬間に日々の季節の動きを肌で感じ取るのですが、もう気持ちは8月なのです。なのに夏休みはまだまだ遥か彼方にいるのです。この矛盾がまた私を締め付けるのであります。
とりあえず野球観戦デートをしない事には転勤最終目標に向けた戦場へ突撃する準備が滞りなく遂行できないのであります。こっちならではのデートは記憶に残る大切なピースとなるのです。
明日も夏に負けずテンション上げてがんばろー!💦

歩いた距離 0.1km

続きを読む

  • サウナ温度 96℃
  • 水風呂温度 16.1℃
20

しろくま

2022.06.27

381回目の訪問

歩いてサウナ

梅雨というものは来てほしくはないものの、来てしまっては去ってほしくないものである事を痛感した今日この頃です。ほんと梅雨明けとか冗談でも早すぎるだろ、信じられない、夏に向けた準備はまだ終わってないんだ!よしサウナァ!
随分と月曜から前向きな感覚で今日を過ごした私の汗だくになった鎮魂歌はやはり水風呂しかないのです。その前に徹底的に気持ちよく水風呂を堪能するためには絶対にサウナが不可欠なのです。
サ室は104度を示す激アツ具合でありました。久しぶりのこの快感に私の汗腺もここぞとばかりに躍り狂うのです。その止めどない汗は拍動もより大きくしてくるのです。久々にBPM140行きました。珍しいんよ、サウナ慣れしてきたせいで。
昼間からサウナを堪能し続けているような感覚は今日の得体の知れない疲労感として身体をさらに追い込んでいくのです。月曜からほんと追い込みまくってます🤔
今週で6月とも決別の時を迎えるのです。思えばどちゃくそ早かったものであります。長きにわたる平日がまたしても開幕してしまったのです。相変わらず心の中では5日働いて2日しか休めないことに対する怒りが凄まじいものであります。怒ったところで何も変わらないのです。
流石にいきなり夏がどかーんと襲いかかってきたような感覚なので相当身体に堪える中でもサウナはいつも通りの身体に戻してくれるのです。
7月も過激な1ヶ月となろうという中でも今をしっかりと生きる気持ちを大切にしていかなきゃ7月なんてもってのほかだと思うものであります。
夏が近い事もあり、サウナには先月以上の客足で賑わっているように見受けられるのです。
サウナによって汗を流して体を涼しくしたい気持ちを抱く統合思念が働いているのでしょう。
誕生日付近は少しばかりセンシティブな事になりがちでありますが、今年もまた歳を重ねてしまったと嘆くのでしょう。来年30になる時なんてもう1ヶ月前からどんよりしてそうであります。
明日もサウナ行かなきゃやっていけないものであります。

歩いた距離 0.1km

続きを読む

  • サウナ温度 104℃
  • 水風呂温度 15.3℃
32

しろくま

2022.06.26

380回目の訪問

歩いてサウナ

今日も結局昼夜とこの施設に足を運ばなければならない事情に満ち溢れている世知辛い状況だったのです。とにかくあっついんだ、それだけだ!暑い時にはサウナに行くのが大義名分になる程に水風呂は大正義なんだ!😅
幸せのテンプレートの両翼を担うと言っても過言ではない今日この頃、サウナにいくら若手蒸務取締役がその座を狙い定め、なんかすんげぇ集客力を持つとサ室での噂話が沸き立つ鷲サウナや外気浴が使えないという噂話で沸き立つ隣町の竜泉寺からの振替刺客が来ようと、己の今持つ全ての力を投じてその身にととのいをもたらさなければならないのです。暑いし、明日が月曜なのが悪いですね🤔
7月はハイパーメインイベント、誕生日が控えているのです。最近は誕生日を祝ってくれる人がいるので特段問題は何もないのですが、年を重ねるという目に見えないイベントをこれ見よがしに大事にしたくなるのはやはり転勤でこっちに来た時には26歳のピッチピチ純白ピュアボーイだった私が気付けば30に片足を突っ込む年齢になっているという由々しき事態の他ならないのです。こっち来て3つも歳を重ねるとは信じられない気持ちでいっぱいなのです。心折れて途中帰還すると思ったのに、今やもう実家にいた頃の記憶がないほどにどっぷりとこっちの土地に根を張っているのです。どう考えてもその恩恵はサウナの他ならないのです。(あとこっちでの異性交友の過激ぶりのおかげ)
人生で女の子とお話をした内99.9%は紛れもなくこっちに来てからの2年半だという揺らぎない真実を片手に今宵の私もととのいの次なる扉を開くために虎視眈々と黙して語らず汗を流すだけなのです。
なんとなくそんな過去を大切にしていくうちに、この土地での過ごし方はマジで無駄な何一つもなかったものだと感嘆の意を表する他ならないのです。
水風呂の冷え具合も絶好調、汗腺もキュッと引き締まるのです。
180度とは行かないにしろ、90度くらいはガラリと人生観が変わる出来事が襲いかかった年月を重んじて今宵もゆったり夜空を拝んでととのったのです。
既に転勤して本当によかったと思う事だらけのどちゃくそ濃い日常でありますが、1発くらいはどでかい花火を打ち上げたくなるのが夏の虫であります。

歩いた距離 0.1km

続きを読む

  • サウナ温度 95℃
  • 水風呂温度 16.1℃
17

しろくま

2022.06.26

379回目の訪問

歩いてサウナ

今日も穏やかな気持ちを持ってサウナに勤しむ以外の選択肢を持ち合わせていなかったのです。
夜になると自然と気持ちが昂るのですがそれではあまりにも遅すぎるのであります。朝からフルスロットルで活動的でありたいと願うのが本音なのです。
建前は1日をどれだけ穏やかに過ごすかに平日の命運が握られていると思うものですが、過激に駆け抜けた土日があるからこそ平日はいい感じで手を抜けるのです。
28歳は残り1週間で終わりを告げようという世知辛いアラサー潮流に揉みくちゃにされている最中、日々夏に向けた季節変動が身体と心を容赦なく責め立ててくるのです。そんな時はサウナしかないのです。
昼過ぎから気持ちよく今日をどうやって駆け抜けようかと考える時間すらも与えないサウナの強制執行力に縋る日常を選んでもう2年になろうというのです。
この2年で身につけたものといえば自信を持ってる感じを出せば案外うまくいく事が多いという不可思議な見えない力でありました。
サ室は昼過ぎで穏やかな雰囲気そのものであります。水風呂は変わらない冷たさと土日限定らしいハッカエキスを織り込んだひんやり仕様、外気浴はミストで身体の熱を根こそぎ奪い尽くす仕様なのです。
無限椅子は争奪戦の最中であっても、多くの銭湯民族はその場を守り貫くととのい欲の権化として鎮座しているのです。
気持ちよく自分の心のあるべき場所に誘える場所は無限椅子だけではないのです。ベンチでの青天はたまらなく心地よいものであります。夏だし。
頭の中を空っぽにすれば自ずと今日すべき事が見えてくるのがサウナのとにかく素晴らしい所であります。
温泉に身を投じてゆったりと流れる時を重んじてサ室で時を加速させる流れに今生きている実感をもたらしてくれるのです。
多分今日も暑いから夜もサウナ行くんだろうなーと思うのです。

歩いた距離 0.1km

続きを読む

  • サウナ温度 100℃
  • 水風呂温度 15.4℃
19

しろくま

2022.06.25

378回目の訪問

歩いてサウナ

昼に来て、また夜も来るという通常運転になりつつある夏場のサウナであります。
今宵もまたサ室に誘われなければ凛とした週末を締めるに相応しい挙動が見出せなかったのであります。
多くの銭湯民族が彼の地に足を運び、その身に夏より断然ブチ上がる熱さを叩き込む事こそ次なるステージに行ける何某のような心持ちで臨んでいる次第であります。
関係各所の地元密着型友人達と歓談に溢れる浴室内には本音が歯に挟まったような気配は感じ取れないのであります。
私は毎日本音が喉元を飛び出ない事だらけなのです。本音を叩き込む相手がいるというのは青春の最強の矛なのです。
友人に縋ったことでうまくいかない事だらけだった過去の蓄積が今の自分を生み出したのでしょう。だからこそ転勤して周りに誰も知人がいない環境で自由を満喫できてるのが癪なものであります。
そこに紛れ込んだ僕らはピーナッツのような振りをして嘘で着飾って生きていかなければならない気持ちに至る中でもサ室だけは全部すっぽんぽんになるものなのです。
そりゃサウナで歓談する事で開放的な気持ちで語らえるのはよく分かるものです。サ室でのおしゃべりも私にとったら青春のBGMに聞こえるのです。ドライブ中のラジオみたいなアレ。
梅雨時というのに世間はどちゃくそ熱くて敵わないものであります。
身体から湯気が飛びまくる外気浴の時間もまた朧気が蜃気楼のように目の前を覆うのです。
梅雨が始まったばかりだと思ったらどっかの噂話だと下手すりゃもうすぐ梅雨が終わるとかなんとかだそうです。流石に早すぎるけど、それはそれでいいんじゃないかなってサウナ民族は思うのかもしれないです。水風呂がとてつもなく心地よい季節がもう来てくれるなんてウェルカムでしかないのです。
昼時のサウナと夜のサウナでは込み上げる情念が断然異なるものであります。気持ちが浮つくものであります。
なんとなくゆるふわな感覚で日常を呑気に過ごせる期限も迫り、私にとって3年に一度の転換期が迫ってる足音が聞こえてくるのです。
この真実だけでも胃がもたれていくのは言わずもがなであります。なんとなく転勤前の配置に戻される予感が伝わってくるのです。

歩いた距離 0.1km

続きを読む

  • サウナ温度 96℃
  • 水風呂温度 15.1℃
25

しろくま

2022.06.25

377回目の訪問

歩いてサウナ

土曜の昼といえば新喜劇を見ながらのサウナという日常を胸に宿して私は外に繰り出したのです。今日のサウナはもはや外に出た瞬間から始まったようなものなのです。
えげつない外気温、サ室にいる時と同等の汗腺開放具合に汗が込み上げる中、可及的速やかにサ室へと歩を進めたのです。
今日から3日間は入泉料特売券の販売日ともあって受付でも声かけされるほどに活気だっていたのです。
昨日と異なり、穏やかな雰囲気かつ暴力的な温度セッティングは夏に向けたこの施設の次なる拍車を感じたのです。てかなんでサ室のストーブ前に設置されてる水バケツ増えたんだ🤣
湿度も相まった熱さは100度を示す温度計以上の極熱を肌で感じ取ったのです。
水風呂は15度台、冬場の13度安定から幾分温かくなったものですが、心地よいったらありゃしないのです。なんなら12度でもいいんだよ😏
経年劣化を避けるための温度設定なのか私には全く分かりませんが水風呂からの外気浴の儚げな夏を憂う気持ちはとことん深みに誘われていくような心持ちなのです。今年もこの季節が来たんだと心から感じ取れる麗しき時間の到来であります。
今日の休みが完璧に引き締まる予感しかしない無限椅子にもたれかかる刹那、ミストが降り注ぐその身は心なしか身体と心が離れていくような気がしたのです。大丈夫、熱中症じゃないはず。
サ室には常駐しすぎてるんじゃねぇかと思われる蒸務取締役の姿も散見される次第であります。
外気浴は日光浴民族がベンチで夏の肌作りをこしらえていたり、季節をうかがわせる情景が宿っていたのです。日焼けしたい思いを持つ人が年々減っていくような感じが不思議なものであります。
明日もゆるふわなサウナを堪能して6月にけじめをを付けにいく準備万端であります。

歩いた距離 0.1km

続きを読む

  • サウナ温度 100℃
  • 水風呂温度 15.8℃
29

しろくま

2022.06.24

376回目の訪問

歩いてサウナ

季節の巡りは夏に向けた露骨なサ室大渋滞と目に見える形として現れたのです。
この施設でも遂にサ室待ちという稀有な経験を見たのです。岡崎みたいな事がこの安城にも起こるものなのだと驚きのあまりサ室にいないのに汗をかく次第でありました。
当然私の知る限り今年最大級に混んでるので恐ろしきパンパン具合は水風呂の示す17.9度にも表れていたのです。もはや不感温…!
とはいえ、肌感は去年の16度よりも冷えているように感じたのです。
サ室は常に立ち見客がいる状況、大人気施設感あふれる佇まいにいつもよりサウナストーブも張り切っていたように見えるのです。
外気浴が特に凄まじいことになっておりました。無限椅子やベンチは夜空に逃避行するもので埋め尽くされるところか、最後のオアシスの寝湯ですら埋め尽くされたのです。
何故かそんな時にスカルポーは空いているからこの施設の外気浴にかける力の強さを身をもって感じ取ったのです。
今宵は華金で若手蒸務取締役が雁首揃えて週末に対する英気を蓄えて明日のデートの宣戦布告を聞いている事もしばしばでした。夏に向けた漢の闘いは既に始まっているのです。Fuuuuu!!青春。
梅雨空の合間にのぞかせる夏の陽光のような輝きが外気浴エリアに散らばっておりました。青春がぎゅっと詰め込まれたような歓談で溢れるひとときは私の思春期も大きく揺れ動くものでありました。
◯◯ちゃんと夏に向けていい感じにして行きたい気持ちを露天エリアで語らう青春は遂に私の元には来なかったのですが、ここ数年で一生分の青春を叩き込まれたので、もう憎悪すら感じなくなったのです。それはそれでなんというかとても寂しい。こういう時に悔しくならないと私のずっと大切にしてきたアイデンティティが崩壊してしまうというか…
明日もゆるふわな気持ちでサウナに勤しみたい気持ちとさっさとサウナイキタイがアプリ化しないものかとふつふつと込み上げる情念の衝突地点は突き刺す12月と伊勢丹の息が合わさるそれなのかもしれません。
7月よ、はよきてくれぃ!

歩いた距離 0.1km

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 17.9℃
25

しろくま

2022.06.23

375回目の訪問

歩いてサウナ

速報「サ室復活」

今宵は木曜ともあって尚更サウナ欲が高みに達していたのです。
外気温は相変わらずのぐてたま、私も思わずサンリオのメンバーに加入したのかと錯覚する次第なのです。
そんな戯言をぼそぼそ呟いたところで何かが変わるわけではないのです。
サウナに行くという大義名分が雁首揃えて私の脳内に浸透していたのです。
6月ももう終盤に差し掛かり、来たる夏に向けてボーイミーツガール的な雰囲気すら今年は感じ取れるのです。trf聴きたくなるものであります。
星降る夜の出会いを求めて彷徨うのです。ノックしても反応のしない扉ばかりを叩くように今日もサ室には多くの集中民族がその身に熱量を蓄えていたのです。
明日はようやっと金曜なのです。先週と全く異なる心情の金曜であります。勢いだけじゃなく何かが変わろうとしているその頃に私の人生の宝探しが始まるのです。サウナに大体宝物は落ちてるものであります。
気持ちはまだまだ6月の憂鬱な日々が持続していてもなんとか夏に向けて歩みを進めていかなければならないのです。
過去を振り返っても己に対する慰めにしかならないけど、己を慰めるのは己だけなので致し方ないのです。
朝焼けを眺めてドライブデートするとかの憧れのひと時も、こっちに転勤してからまあまあの回数をこなしてきた不可思議なリズムも、そろそろ次の所に向かわねばならない所存なのです。大人の階段がエスカレーターになり、エレベーターのように自動的に責任感を負わされる身分になってくるこの頃、子供に戻りたいとかなんとか言える環境ではなくなっていくのです。
そんな時でもサウナだけは自分のあるべき時代に帰らせてくれるタイムマシンのようなものなのです。
水風呂が17度を記録する非常事態でしたが、14度にしか思えない冷たさでありました。1分入ってらんないもん🤔
外気浴大好きクラブも多く無限椅子に横たわり、席取りゲームは季節を追いかけるように過激になっていく一途なのです。
今年は大きく色んなことが変わっていく1年なんだなと思うばかりであります。

歩いた距離 0.1km

続きを読む

  • サウナ温度 94℃
  • 水風呂温度 17.1℃
22

しろくま

2022.06.22

374回目の訪問

水曜サ活 歩いてサウナ

速報「サ室80度 1機故障っぽい」

今朝未明、この施設のLINEから私の今宵の天命となる緊急事態速報に等しい一報が舞い込んできたのです。画像のやつ。
鬼が金棒背負ってギャリック砲も撃ってくるようなこの資本力の塊施設のサウナに対して痛感の一撃が繰り出された模様です。
夜までにはなんとか直ってると信じてやまないその心は夜に脆く崩れ去ったのです。
だってストーブ1機からオーラを感じないのです。私のサウナ経験で身につけた凝を駆使してもそのストーブから念を発していないのです。その上、このストーブはわざと絶を使ってるはずのない事は明らかなのです。
80度のサ室は久々だったのですが、12分持たなかったのです。サ室耐久力相当弱まってやがる…!
今宵もそんなアクシデントもととのいへの修練と捉える程に身も心も清廉に至ったのです。熱いと思えば基本サウナはもう満足するような感じであります。
もう7月の足音が聞こえてくるような今日この頃であります。あまりにも今年の速さは速すぎるのです。なんとなくとろけているこの時間にも季節は瞬間センチメンタルの如きSCANDALなのです。疾走感すごいね、ハガレンまた読み返したくなるものであります。映画?ちょっと何言ってるかわからないです😊
今宵も多くの若手蒸務取締役が集い、その者サウナハットを纏い、己のスナフキンを追及する何某を感じている模様でした。
もはや80度のサ室ではサウナ時計1周が当たり前、そこからが本当の汗腺との闘いのような雰囲気であったのです。
なんかよくわからないですが、喫煙所に謎のモニターが置かれておりました。きっと番宣でしょう。
遂に今日はGWと夏休みのど真ん中なのです。
このあまりにも徒労に長すぎる時間、私の溢れる情念はサ室で叩き込むには物足りないものだったのです。1機が完全に壊れてたら復旧までかなり時間かかりそう💦
そんな気持ちを背にして梅雨空にまた逃げ込む私の7月は鬼みたいな日常に溢れていそうであります。

歩いた距離 0.1km

続きを読む

  • サウナ温度 80℃
  • 水風呂温度 15.1℃
23

しろくま

2022.06.21

9回目の訪問

歩いてサウナ

おかざき楽の湯

[ 愛知県 ]

今宵はホームサウナがお休みなので当然のように豪雨の中でも関係なく足を運ぶ宿命に天命を承ったのがここであります。
なんだかんだで平日の夜にのほほんと来るの初めてじゃね…
CBC(TBSの名古屋弁)では多分サウナ特番が放送されていた模様です。見たかった気持ちを凌駕するサウナ欲が暴発しそうになっていたのです。だって火曜だもん!仕事で乱れた心を取り戻すにはサウナに行くのが一番近道かつ不可逆的なんだ、それしかねぇんだ!オラッ!
流石は大都市岡崎なのです。それ故に人の多さを誇る大都市にふさわしきサ室の混雑具合であります。めっちゃ雨降ってんのに、すごい熱量であります。
気持ちが朗らかになっていくのはこの施設の誇る湿式サウナというお肌に優しく汗腺からとぅるんとぅるんに仕立ててくれる気持ちのいい熱さなのです。
水風呂は久々に13度台の表記だったのです。これは体の隅から隅まで夏男を極寒に叩き込む由々しき事態であります。素晴らしい。
外気浴ももはや水風呂の第二ラウンドの様相を示しておりましたが、この施設の外気浴にはわずか3人分の特権階級屋根付きエリアが存在するのです。常に埋まってました。
無限椅子に横たわりシャワーを浴びる不可思議なととのいの放物線はととのいへの架け橋だったのです。
GWと夏休みの谷間となってる今日この頃であります。長すぎる闘いには安息が基本的に毎日欠かさず必要なのです。私のメンタルは豆腐です。1回フラれたら立ち直るのに1週間もかかるのです。1年とかざらだったあの頃から随分とコンパクトになったのです。これがマッチングアプリで鍛え上げられたど根性であります。1週間でいい人が見つかるシステム構築はサウナに続くこの2年の大発見でありました。サウナ一強体制は揺るぎないものですが。
明日ものほほんとサウナを堪能できるように頑張って社会と戦っていきたい所存であります。

歩いた距離 0.1km

続きを読む

  • サウナ温度 82℃
  • 水風呂温度 13.9℃
24

しろくま

2022.06.20

373回目の訪問

歩いてサウナ

明日はこの施設、休館日です。(大切)

今日なんか恐ろしくあちぃぞ!今年の夏もアップデートか!何しやがった!
このようにこの施設にほとんど毎日足を運ぶと微細な変化でも手に取るように分かるのですが、今宵のサ室は半端なく熱く感じたのです。
しかしながら温度計はいつも通りの100度、100度でも十分人を生かしていく気持ちが皆無なのは間違いないのですが、同じ100度でも今宵は湿度の圧を感じたのです。肌から速攻で滴る汗を眺めつつ、その原因を探ったのです。結果わからね😆
兎にも角にも熱さが増しているならヨシッと思う程に熱に飢えている私にとって、大きな気持ちでサ室で開放的になっていったのです。
こりゃ水もさぞかし気持ちかほうと思うばかりであります。
外気浴も人気そのもので、多くの蒸務取締役がミストに揺られる蜃気楼となっていたのです。
水風呂に1分入れるほどの熱量が今日のサ室の大いなる自然の底知れぬ脅威だと思ったのです。
思い立ったが吉日のように行動が裏目に出る6月でありますが、サウナに行こうという気持ちだけは裏切り知らずなのであります。これほどまでのど安定感は未だかつてどんな趣味になかった素養なのであります。
サ室では久々にデートという私の生き様と対を成すこの世のフィクションについて思考に耽っていたのです。
事前にこんな感じという学習を徹底的に身体に叩き込んでも全てデート開始と共に消え去るのはまさにサウナにおけるストレスと同じなのです。
今日のデートはうまく行ったと思った後に既読無視という経験をマジで50回くらい積んで今を生きている私に取ってサウナによってどれだけ成長したか試したくなるものであります。そんなフラグを立ててもその成果が何故か発揮されようとするのがサウナなのであります。サウナは全ての失恋を熱に返してくれるような気がするのは多分間違い無かったのでしょう。どれだけ上手くいかなくても後でサウナに行くからなんの問題もない、どんどん行こうと思えば自然と的に当たる確率が上がって行ったのです。サウナ通い始めてから確率が飛躍的に向上したのは間違いなかった。あれはほんと不思議、マジで意味わからない🤔
色んなことを経験した後のサウナは心のあるべき場所に心を戻す快感がとにかく堪らないものであります。

明日もサウナ行って頑張りたいですが、明日はこの施設が休館日なのです!ここだけが唯一大切な情報なのです。

歩いた距離 0.1km

続きを読む

  • サウナ温度 101℃
  • 水風呂温度 14.8℃
28

しろくま

2022.06.19

372回目の訪問

歩いてサウナ

最近は1日2回来る事もしばしばとなった家よりも家に近い感覚を持つこの場所での月曜に対する決意表明を行う儀を今宵も執り行ったのです。
とりあえず6月の苛烈な所業も大きなひと段落をついた事もあり、己の頑張りと踏ん張りを称賛して無事に明日から再開される社会闘争にもみくちゃにされる覚悟がととのったのです。
日曜は夜分遅くになると少なくなってくる客足も、今宵は無限椅子どころかスカルパーすら怪しいほどに混み合わせていたのです。
なんとなくゆるふわな気持ちで慈しみの心を持ってサ室での禅問答に勤しめるありがたい穏やかな心を水風呂で綺麗に拭ったら滲んだインクの自分を肯定するような感覚なのです。
千鳥足で向かう外気浴ステージの時間もととのいへの道標へ向かう紅潮があるのです。己の血潮と拍動をゆったりと穏やかになっていく時間にも季節は流れていくのです。
夏の近づく足音を感じて、その日の反省会を行うのです。
ぼく「完璧すぎる1日でした!文句一つつけようがない!今こうして気持ちよくととのって生きているのなら100点よ!フハハハハ」と毎日のように100点を記録し続けているポジティブなシンキングが爆散しているのです。大体毎日100点になるのはサウナを堪能しているからでしょう。誰だってデートしたい人とデートしている瞬間はうっきうきるんるんなものです。サウナにいる時間はそれであります。
サウナ上がりでも気持ちの拍動は加速していくのです。次なる社会闘争の5日間もまたサウナと共に歩んで行って7月に向かっていくのです。来る29歳とアラサーどっぷりでラストティーンティーンエイジャーな感覚でさっさと30歳来てくれ、もうなんかいいわ、20代後半重すぎた、充分だわ未練ない、未来はよこいやと随分と5年前に比べて大人になったような気がするのです。子供に帰りたいものであります。
そんなこんなで今宵の外気浴もミストでびっちゃびちゃになりつつも湿り気のある穏やかなものを持って夜を過ごしたのです。

歩いた距離 0.1km

続きを読む

  • サウナ温度 96℃
  • 水風呂温度 14.6℃
22

しろくま

2022.06.19

371回目の訪問

歩いてサウナ

今日は天候にも恵まれたので颯爽とサウナに身を投じる覚悟が宿ったのです。耳には何故か北酒場が流れる仕様、涙脆い男が似合う外気浴にはミストが降り注がれているのです。
サ室に飛び込み、いつも通り必ずいる常務取締役の生存確認をしつつ、昨日の現実逃避行で身につけた絵文字を想起したのです。
🤞領域展開 無領空処
これで私は得意先から失笑を掻っさらい、気持ち的には殺傷に値する傷を受けたのです。
岩盤浴で無下限の内側でえげつない情報量を叩き込まれた私のこの2年の重みは2年前の血迷い続けて平日の仕事終わりに岐阜フラれに行くような所業を必中させる彷徨う亡霊のような生き方をしていたことを思い知らされたのです。同窓会で感じる「あの頃の答え合わせ」のような感覚に浸ったのです。
昼過ぎのサウナに身を投じると1日の始まりを感じるものであります。
見慣れすぎたサ室で見る未来予想図は何故かポジティブなものしかないのです。この一室だけは是が非でもポジティブでいられる気持ちを死守しなければならないのです。そうでないと私が自分を取り戻せる場所がないのです。
デートで岩盤浴行って一番盛り上がるのが休憩中に見た野球放送という不思議な巡り合わせが今日も私の未来を曇らせていくのです。
6月も気付けば後半に差し掛かり、梅雨らしさあふれる心情の落ち込み具合にもなれてきたものであります。
3回くらい色々あって心境的にどん底に落ちたような気がしますが、何故か超回復して元気になったものであります。サウナはすんごい。
サウナ苦手なんだよねーと言っていた得意先が岩盤浴で私の2倍くらい熱耐性がある化け物だった事を知ると、あちらの世界は相当な汗腺を持つストイックな強者がいるものだと感嘆するのです。
水風呂が苦手なだけで熱さにはどちゃくそ強いサウナ特効スキルを持つものが私の心をバッキバキに笑顔でへし折ってきたのです。
そんなこんなで次なる舞台は野球観戦となるものなのです。そこまでの間に私は仕事並みの熱量を持って事前学習をしなければならないのです。サウナで得られるものは幅広い知見なのかもしれないのです。
20代前半の数年に1度あるかどうかのデートの希薄すぎる日常から20代後半で一気にツケが襲いかかってくるような経験の連鎖にこれが無領空処なのかと思うばかりでありますが、昼過ぎの無限椅子に横たわって浴びる日光はとても心地よい拍動を感じるものであります。
明日も頑張って生きていこうと思う経験ができたこの土日の存在感はとても大きかったのです。

歩いた距離 0.1km

続きを読む

  • サウナ温度 100℃
  • 水風呂温度 14.6℃
25

しろくま

2022.06.18

370回目の訪問

歩いてサウナ

今宵はサウナの傀儡のように熱量を追い求める頃合いなのです。いつも通りのサウナを堪能する事で己の中で解を見出す事で次なるステージにぶち上がる事ができると錯覚したのが運の尽きでありました。
仏の顔も三度までなので、1日にサウナに2回くらいならなんて事ないのです。最近週末は2回サウナ行く事がザラにあるのが怖いものであります。
土曜の夜に足を運ぶというのはこの施設にとっては飛んで火に入る夏の虫のようなもので、フェスのトリを飾るDragon Ashが立つGRASS STAGEに飛び込むのと同義なのであります。
何を考えても人がいないという未来は全く皆無の中飛び込むのはサウナによって己の何かが決まると確信しているからなのでしょう。
しかしながらおったまげたのはサ室は金曜夜とは違ってそんなに人がいなかったのです。10人くらい。これが隣町のかきつばたなら衝撃の少なさのあまり閉店するのかと思われる次第であります。私はまだかきつばたに行った事がないです。めっちゃ混みまくるという話しか聞いてないから…
流石に平日750円、土日は900円の圧倒的格差社会、資本主義の縮図とも言える所業の果てでは上手い具合に経済学が成り立っているのかもしれません。日曜夜はめっちゃ混んでたけど🤔
気持ちはサ室でサッパリ、今日の慈しみもすぐさまサ室にぽいっちょであります。今日の記憶は全てホームサウナのサ室に置いて身体と心は未来に行くのが筋であります。
明日はなんとなく穏やかな気持ちで過ごせられのだろうという確信は水風呂で勝ち得られものであります。
お風呂よりも馴染むこの施設の水風呂に身を投じれば身体が浸透圧的に痩せていくような気がするのです。最近は水風呂に入ればそれがダイエットのような気持ちに陥るのであります。都合のいいサ脳であります。
今宵の夜風もとことん外気浴の心地よさを掻き立ててくるものであります。
気分がすっきりした後に今日の巨人戦を闘い抜いた青竜の勝利宣言を耳にしたのです。
サ室ではありとあらゆる情報がこだましており、SNSチェックするよりも早く頭に入ってくる事もしばしばなのです。
マジでバンテリンドーム行ってみたいと思うのですがこっちに引っ越してきて2年、まだその予感がしてこないのであります。

歩いた距離 0.4km

続きを読む

  • サウナ温度 95℃
  • 水風呂温度 15.1℃
18

しろくま

2022.06.18

5回目の訪問

歩いてサウナ

ひっさびさに岩盤浴を堪能しようと一念発起をしたのです。よーし!ホームサウナの岩盤浴で漫画読み耽ようと思ったのが束の間、私の意志は何故か雄大な木曽川の麓にあるこの地にあったのです。不思議な事に人は多少の勇気があれば大河川木曽川を変える事もできる時代が今なのです。美濃と尾張を分つ大河川ともなればその狭間での血も涙も汗もサウナもない恐ろしい戦に見舞われると思うのは自然の性であります。血脈に刻み込まれた美濃のマムシめっちゃこええ、美濃を制するものが天下を制するらしいという都市伝説を確かめに木曽川を渡ろうとしたものの2人中5人が名古屋港から流れ落ちるそうですよ。とても怖いですね。
そんな戯言はさておきこの施設のサウナは外気浴が特に風光明媚なのです。マージで景観抜群、大河川の渓谷を眺めて自然と心も広くなるものであります。
気持ちが捗る中でサウナではなく、取り急ぎ岩盤浴勘を取り戻さなければならなかったのです。人生にはサウナよりも大切な人付き合いという人間活動の根底を為す所業があるのです。
岩盤浴は男女混合でも問題ないすんばらすぃ特質を保有しているのです。一部のサウナにしかないその素質を大半の岩盤浴は担っているのです。これが棲み分けですね、とてもよくわかります。
土曜日の曇天、名古屋はGとDのドンパチ、江戸と尾張を結ぶ東名もこの熱戦が繰り広げている間は断交されるとも言われるほどです。
バンテリンドーム周辺は早速ドンパチモードで青き血を持たぬものには断罪をと言わざるを得ないピリピリ感だったのです、嘘です。
今宵も儚げな気持ちを宿って岩盤浴に身を投じたのちに、サウナに駆け込むのです。
サ室は相変わらずの階段構造でした。この景観を懐かしく思い、また同時に空へと舞うような気持ちに陥ったのです。
今晩はどこのサウナに行こうかと思う程前向きになったのです。

歩いた距離 0.1km

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 15.2℃
25

しろくま

2022.06.17

369回目の訪問

歩いてサウナ

今宵は華金!今週もとにかく長かった!サウナに行かなくてはもはや明日の何もかもが見えないくらいに視界が澱んでいたのです。
当然金曜の夜ともなればサウナの至るステージが人祭りなのです。この施設も週を重ねるごとに何かしらの闇サウナーの力がうずくまっているように人に満ち溢れていくのです。サ室には25人程、マジでこんなエグい光景2年ほど見たことねぇぞと思う程に密集していたのです。
そのほとんどが私と同世代か、はたまた年下の若手蒸務取締役なのです。すごい光景や🤔
仕事では直ぐにイライラモードに入る私でも金曜夜のサウナはその人混みでも穏やかな気持ちでいられるのです。日常におけるサウナのウェイトの高さを物語っております。
店員さんもいつも以上に頻度高くもののけ姫のモロのように声かけをしているのです。
滲んだ景色もサ室に入れば鮮明となっていくのです。その鮮やかな変わり映えに私も思わず社会ってなんなんだ!おかしい!と叫ぶのは言わずもがなであります。
金曜の夜に対する迅る気持ちを抑えきれない私はサ室に誘われたのです。水風呂は既に茹っているように15度を刻んでいたのです。去年なら相当冷たいくらいなのですが、驚天動地の資本力でこの施設の水風呂が13度を記録するようになってからというものの、15度は優しい温度に感じるように鍛え上げられたものであります。シングルはまだまだちゅめたすぎて心が持たぬのです🥳
今週も恐ろしい仕事の暴風雨の中ギリギリで生き延びた私の束の間の休息をどう過ごすから金曜のサウナが大きく関わってくるのです。
外気浴もほとんどのステージが埋め尽くされているのです。
大人気インフィニティステージは当然埋め尽くされ、スカルポーステージもパンパン、ベンチステージすらも夜空を仰ぐ強者サウナーで占拠されているのです。
しかしながらこの施設に宿る最後の切り札「寝湯ステージ」が生き残っていたのです。
夜空を眺め今宵の徒労感を全て夜空に帰すことで私の週末は幕を開けたのです。
明日からの気持ちの切り替えを無事に行い、私の胸には多くのサウナダマスィが宿ったのです。
さあ!6月を元気に乗り越えていきまっしょい!😚

歩いた距離 1km

続きを読む

  • サウナ温度 96℃
  • 水風呂温度 15.2℃
23

しろくま

2022.06.15

368回目の訪問

水曜サ活 歩いてサウナ

もう6月半分じゃん!なんだって!とりあえずサウナ行かなきゃ!
そう思った矢先の事、東海地方も梅雨入りが宣言されたという一報が耳が異様に遠い私にも届いたのです。
信じがたい事に最近は仕事が激烈に忙しく、サウナに行くのを断念する日が存在するのです。とても由々しき事態でありますが、そういう時もあるもんな〜と心の奥底はのほほんとしているのです。家にお風呂がある今となってはサウナに行かない事も日常の選択肢の1つとして選ばれることがあるのです。とても信じがたい。
今宵も多くのガチサウナーらしきオーラを纏う禅問答者がサ室にちらほらと散見される次第でありました。最近は岐阜を代表する水の都のサウナの羽衣を纏う強者が増えたように感じるのです。Twitterでもサウナで検索すると大体出てくる程にうぇいうぇい系になってる熱風の噂は私にも届いているのです。12月以来あそこ行ってねぇ…岐阜に彼女を送る用事のついでのサウナに行く事が今ないから…これこそ由々しき事態🤔
そんなこんなで間も無く夏がやってくる足音が聞こえつつある今日この頃のサウナはやはり外気浴がここぞとばかりに光り輝くものであります。
そこに紛れ込んだ冬の残り香を記憶に叩き込みつつも夏に向けて汗腺を鍛え上げなきゃ夏を戦えないと言い訳を胸に刻んで今宵も夜空に溶け込む事に成功したのです。
忍び寄る宵闇にもこの施設の外気浴はピカピカしており、結構眩しいものであります。目がムスカ。
夏が近いのと2年続いたご時世もなんとなーく区切りがついた感じのする世間体も相まって平日夜も結構サ室が埋まるような所感があるのです。サウナ人気が冷めやまない不可思議なブームの日常化を日々肌で感じるものであります。
明日のサウナを考えて毎日をなんとか生き延びている私も明日のサウナを堪能しないことが増えてくるのでしょう。家庭の事情であります。一人暮らしのままであらば本来なら毎日仕事終わり駆け込むようにサウナに行くものであります。この2年をとことん突き詰めていくことが最近サ室でのルーティンとなっているのですが、2年前の記憶が恐ろしい勢いで失われているのです。これはサウナのせいですね。致し方ない。
とりあえず今週乗り切ろう、来週はそこから考えよう😊

歩いた距離 0.1km

続きを読む

  • サウナ温度 100℃
  • 水風呂温度 14.2℃
19

しろくま

2022.06.13

367回目の訪問

歩いてサウナ

今宵も海より深く空より高い、いつも通りのととのいに導かれたのです。
とは言え月曜なのでなんというかやんごとなき世知辛さがスパイスとして気持ちの拍車に塩を振りかけるようでありました。
気持ちよく湿らせてくれる雨というよりも、どんよりとした気候も相まって、6月の谷間って感覚に落ち着くサウナでありました。梅雨らしさ全開というのも中々実感できないものでありますが、油断するととんでも豪雨祭りになりそうなので気をつけていきたいものであります。
今週は比較的穏やかな業務遂行を果たせる見込みでありますが、そういう油断はマジで仕事を詰め込まれるフラグとなるので気持ちだけでもとにかく忙しいフリをし続ける無理矢理に立ち向かうしかないのです。
去年よりは暗雲が立ち込める今年の下半期になりそうな様相でありますが、まだまだ来年に比べたらとても穏やかなものであります。それでもまだまだ子供時代よりも大人の方が短いのですから、子供の頃の加速度は尋常じゃないのであります。あっという間に成長期を迎えて気付けば社会闘争に駆り出されるようになった気がするのです。ぼくはものごころがまだついていないのでしょう😊
サ室は思ったよりも蒸務取締役が多く鎮座していたのです。夏に近づくにつれて若手蒸務が増加の一途を辿っているのです。若手蒸務も単騎でサ室に乗り込んで己の禅問答に勤しむ構図をよく見受けられるようになったのです。社会闘争に疲弊し切った若者の鎮魂歌がその室内にこだましているのです。
水風呂も絶好調のひえっひえ加減、皆がその水に身も心も投じるように今を放棄している目をしているのです。
外気浴は至極当然のリラックスステージなのです。かりそめまみれの日常に自分の存在意義を確かに感じ取って瞑想するものでこの世界は満ち溢れているのです。
気持ちがゆったりと時を刻むように月曜の終わりを噛み締めて人々はまた明日の道を見出してととのっているのです。
最近はサウナハッターや有名サウナ施設の装いで勝手に私が圧を感じるものであります。マルシンスパ行ったことあるのにほんとこの揮発性メモリーはその行った思い出すらもサウナが奪っていく狂気を肌で感じるのです。
明日はどういう感覚でサウナを堪能できるか楽しみに今日のサウナを満喫したのです。

歩いた距離 0.1km

続きを読む

  • サウナ温度 100℃
  • 水風呂温度 14.2℃
29

しろくま

2022.06.12

366回目の訪問

歩いてサウナ

昼と夜のダブルヘッダーと相成り申した。
そりゃもう月曜に向かう心情は雷雨に向かうようなものであります。
世知辛い社会闘争に立ち向かうにはアーニャのドッヂボールのように前進あるのみであります。
4時間で一気読みしたSPY×FAMILYの名残りを家に置いていざサウナに立ち向かう理由があったのです。
6月ももう半ばに差し掛かる今日この頃、そのあまりにも早すぎる夏の到来に身体も心も時に追いついていないのをいい事にサウナに行って気持ちを夏に仕上げなければならないと強引なこぎつけをする事でサウナにいる存在意義を見出したのです。
気持ちはどうにも仕事やら昇格に必須の謎の通信教育やら、前向きに生きようという私の崇高な姿勢をボッコボコに打ち砕く所業に溢れているのです。全然前向きじゃねぇ。
底知れない毎日の所作の繰り返しで今年ももう半分を迎えようというのです。
同じ市内ですが、引っ越してもう半年なのです。その信じられねぇ早さのあまり、未来がすぐそこにあるような錯覚に陥るのです。いやほんと信じられない、瞬きの間にも季節が流れていく感じ。
前のボーナスは引っ越し資金で即座にぶっ飛び、今回の夏のボーナスは奨学金でババーンと消え去っていくのでしょう。有利子を先払いして7年目にしてようやく完済するのです。20年をそこまで巻きで済ませた私の貯蓄はもう底が丸見えなのであります。有利子250万、無利子250万はどちゃくそデカすぎるってばよ…下手すりゃレクサス買える…
N-BOX CUSTOM分の借金をそそくさと返し続けた私とても偉いと、心に刻み込まなければやっていけないのであります。
サウナはそんな資金力を軽く凌駕する資本力で今宵も多くの蒸務取締役の汗をかき立てていたのです。この施設の蒸務取締役が日に日に増加の一途を辿っているように思えるのです。
FIREとか何言ってるのかちんぷんかんぷんとしか思えない私の砂が落ちそうな財布の中を鑑みるのも癪なものであります。そりゃ現実逃避しにサウナに通い詰めるものであります。
明日もそんな気持ちで踏ん張って生き延びてサウナにたどり着くために頑張るしかないのです。同じ屋根の下に暮らす者に対する忖度が発生してサウナに通う頻度は減るのですが、隙を見計らう力を付ける良い機会であります😤

歩いた距離 0.1km

続きを読む

  • サウナ温度 96℃
  • 水風呂温度 14.4℃
24