2020.07.08 登録

  • サウナ歴
  • ホーム 岩木桜の湯 ドーミーイン弘前
  • 好きなサウナ 個人的な「津軽のサウナ四天王」のドーミーイン弘前、板柳町ふるさとセンター温泉、福家、鰐come。その他、全国のサウナ施設を巡礼中。露天スペースでととのいながら自然の風景を眺めるのが好き。
  • プロフィール サウナ、フィンランド、そして北欧メタルを愛する旅人。
絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

Mazo Itoh

2022.11.26

8回目の訪問

谷地頭温泉

[ 北海道 ]

♪と・も・子・・・ / 吉蒸三(吉幾三)

(語り)
とも子と二人で暮らしてた頃、ハッピーでナウな日々だった。
「買物に行ってきます」ってとも子、
「行ってらっしゃい、きーつけてね」って私。
それっきりかれこれ1年にもなるべか、買物に行ったきり1年も帰ってこないオナゴって、どこにいるもんだべか?
寂しくて恋しくて、とも子の履いてたパンティいつも頬ずりしてるの。
たまにかぶって歩いたりしてるの。

「とも子、歯のキレイな人嫌い、髪の毛きちんとわけている人も嫌い。男のくせにオーデコロンつけてる人、大嫌い!とも子、どんな汚い恰好でもいいの、心のキレイな人なら」
って言うから私1年くらいだべか、歯も磨かないで、頭の毛ぼっさぼさで風呂なんか入ったこともねえ。
したらとも子「汚すぎる」って。

とも子探して旅に出た。
盛岡、仙台、福島、山形、ぐるっと回った。
とも子の田舎秋田だって聞いて秋田訪ねていった。
そしたらアパートの管理人が出てきて、「ああ、あの人ならたった今引っ越しましたよ」って。
どこへ行ったかわかりますかったら、
「青森に行くようなこと言ってましたよ」って。
青森訪ねてみれば別人ですんごくきれいだったりして。

秋の函館、とも子のいるところわかった。
アパートの下から「とも子、俺だよー」ったら、とも子窓から顔べろーと出して、いきなりワーって泣いて。
「どうしたのとも子、おっきなお腹して、食べすぎたの?」ったら「子供できたの」って。
「あれー誰の子供なの?」って尋ねれば「知らない」って、涙コひとつポロっと流して。
かわいそうなとも子。

あれから3回目の秋だ。
とも子が死んでから、3回目の、3回目の秋だ。

(歌)
♪この水をあなたに~ 捧げたかった
この水をあなたに~ 浴びてほしかった
あの湯気の向こうに 旅に出た君に
間に合わなかった シングルの水風呂~

♪あなたの~ために~ 
冷えてる~この水~
シングルの水風呂~
この水をあなたに 捧げたかった
でも今はいない あなたに~
遅かった 水ソング~

♪ラ~ラララ~ラララ
ラ~ラララ~ラララ
ララララ~ ラララララ~

♪と~も~子~ と~も~子~ 
遅かった 水ソング~


というわけで秋の函館。
函館のマイホームサウナへ。

15:30入湯。
水風呂を計測すると9.8度。

旅に出たとも子に晩秋の函館はもうシングルだと伝えたい。

とも子に会いたい・・・。

続きを読む

  • サウナ温度 92℃
  • 水風呂温度 9℃
10

Mazo Itoh

2022.11.20

30回目の訪問

サウナ飯

季節はずれの暖かい日曜日。ペンキ塗りたてのような鮮やかな青空の下、車で板柳へ向かった。

道は県道37号、青森県サウナロード(笑)。

13:30入湯。
日曜日の昼さがりに好きなだけ温泉とサウナを楽しむ。ささやかな贅沢。

サ室は92度。ストーン12個程度のメトス社製小型ストーブだが、コンパクトながらパワー全開。イメージは燃え盛る炎🔥そして炎🔥!ファイア〜🔥!

湿度完璧、発汗最高。

水風呂は14.2度。来月からのシングルを予感させる冷え具合。水が季節を教えてくれる。

16.0度の外気浴は6〜8分。世の中の営みから隔離されたような完全たる外気浴スペース。私が愛する隠れ家のひとつ。

紅葉を終えたととのいの木が風に揺れる。


4セット後、あつ湯+外気浴を2セット。2時間の旅。

ふるセン、今日もありがとう。最高だったよ。

退館して空を見上げると見たことがないような飛行機雲と軌道が。

ん?大陸からのミサイル?今日はオヤジギャグは言ってないけど(笑)。

帰りの車内ではMETALLICAのFight Fire With Fire。サウナ後もファイア〜🔥!(笑)

帰宅後はビール片手にEテレで「猫のしっぽ」。久しぶりのベニシアさん。京都の大原にある古民家で暮らすイギリス人の愛すべきおばちゃん。

大原を訪ねたのはちょうど3年前の11月だった。

NABERA 吾麺亭

完熟味噌(830円)

サウナ前めし。移転後初訪問。変わらぬ味に安堵。今シーズンも通います。

続きを読む

  • サウナ温度 92℃
  • 水風呂温度 14℃
59

Mazo Itoh

2022.11.19

3回目の訪問

本日は青森市中心部のまちなか温泉へ。ガツンとこない遠赤サウナで蒸され、23.8度の水風呂で身体を冷まし、外気温6.3度の外気浴でととのう。

市街地の初雪は来週か。

サめしは1年ぶり再会したHashigono Takahashi さん、そしてお初のしゅうちょうさんと共に市内屈指の焼き鳥屋、とり平へ。

極上の焼き鳥と絶品のから揚げ。ビールと焼酎は止まることを知らない。

因みに、3人がオーダーした芋焼酎は各々お湯割り、水割り、ロック。サウナーだけに面白い(笑)。

ハシゴの先は頭巾ちゃんが9月に訪れたバー、Mon Petitへ。

書けない秘話のオンパレードに爆笑!

ラトビア産🇱🇻ウォッカのストレートも止まらない。

交歓の夜は続く。

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 23℃
55

Mazo Itoh

2022.11.12

25回目の訪問

サウナ飯

モルゲン🇩🇪、ドーミーイン弘前。

朝サウナは2セット。今日も快晴の外気浴日和。最低気温1.6度まで冷え込んだ朝の新鮮な空気を全身に浴びる。秋大好き。

日中は部屋で専ら試験勉強。8月に札幌で受験した某国家試験の筆記試験に合格し、12月の口述試験が確定。12.11、行くで〜大阪〜!

夕方から弘前公園を2時間散歩。どんなときでも散歩は欠かせない。愛は地球を救う。散歩は私を救う。

紅葉が美しい。赤と黄色と黒茶が彩るドイツ国旗色の世界🇩🇪。独産ハードロックバンドFAIR WARNINGを聴きながら晩秋を歩く。

ライトアップも堪能し、ドーミーへ戻ってお待ちかねのお風呂時間。


18:00入湯。
昨日よりお客さまが多いが、後半は3名程度。静けさが最高の音楽。

いつもの93度、8人席のボナサウナはくつろぎのひととき。あまり面白くない某民放テレビ番組を観ながら6〜10分汗をかく。オンリーロンリー(©️温泉登山トラベラーさん)のときだけでもチャンネルをNHKに変えられるシステムがあれば最高なのだがと思う。

水風呂は13.8度。冷たい外気に備えてナムルで〆る。

露天で5分も過ごせば寒さを感じる11月中旬の津軽。ほのかに照らされた日本庭園を長い時間愛でるため、12人サイズの豪勢な露天風呂に浸かりながら闇と戯れる。

夜は暗いほど美しい。闇は深いほど美しい。
それが持論だ。


今夜のサ飯ならぬサビールはファミマ限定というサッポロ。麦芽量1.5本分とのことだが、味の違いがよくわからず。まだまだ修行が足りない。

夜鳴きそばもおいしくいただいた土曜の夜。
グルジア産ワインとともに夜は更けていく。

中みそラーメン

みそラーメン(中)+おにぎり

サウナ前飯。至福の一杯。

続きを読む

  • サウナ温度 93℃
  • 水風呂温度 13℃
68

Mazo Itoh

2022.11.11

24回目の訪問

サウナ飯

日本全国に92棟あると言われるドーミーイン。ドーミー好きとして「いつの日かゼンブイキタイ!」と思うが、先日、世の中には既に全国制覇済の方や2周目の方がいると知って驚いた。

検索すると、全国制覇の旅を続ける方が多数おり、中には「ドミ活.com」というドメインまで存在。思わず食べかけの夜鳴きそばカップ麺「ご麺なさい」を吹き出しそうになった。オモロい。

そして私は本日弘前ドーミーへチェックイン、イン。2連泊。道中は話題の替え歌、
 ドーミー♪ ドーミー♪
 ずっと私 サウナに入っているから~♪
を口ずさみむ(©️メーテルさん/森川由加里「SHOW ME」)。

6月以来の弘前ドーミー。私の人生初ドーミーは弘前。ここが私にとってドーミーインの原点。

部屋から眺める岩木山は今日も美しい。


17:20に10階の岩木の湯へ。
華金の夜だが、4セットの後半は浴室もサ室も完全完璧貸切。

孤独な浴室。
寝サウナも女豹ポーズもやりたかったがやらずに、ボナで蒸され、13.2度の水に浸かり、風に吹かれ、湯に船を出す。

オープンエアから闇夜を見上げると、秋の星々やらAOJ→ITMのJL便やらで賑わっている。絵に描いた快晴だった今日の空気は銀河系まで見えそうな透明感を湛えている。

6月以降、各地のドーミーを巡った。稚内、盛岡、秋田、長野。
今夜気づいたのは、弘前の露天の暗闇の圧倒的な開放感と美しさだった。

露天の日本庭園ではオレンジ色のほのかなあかりが絶妙な角度で紅葉を闇に浮かばせる。高層ビルがない城下町、照度を調節する木材の細工、ねぷた絵が描かれた照明器具。すべてが夜の闇の美しさを最大限に表現するために配置されている。

京都の古刹、高台寺の桜ライトアップに匹敵する美の終着駅。
ドーミー最強の露天スペースのひとつはここにあると断言したい。


脱湯後、私のドーミー制覇率をカウントしてみた。だが疑問点が。

HPによると(株)共立メンテナンスの事業は「ドーミーイン事業」「リゾートホテル事業」などに分かれる。

・ラビスタはリゾート事業だが、富良野と釧路川と東京ベイのラビスタだけはなぜドーミーHPに?
・高山桜庵と京都の花伝抄もリゾート事業だが、なぜドーミーHPに?
・野乃はカウントに含めるべき?
など、別にどうでもよいことが気になる。

結果。
・屋号を「ドーミーイン」に限定→76棟中21棟、27.6%
・ドーミーHP掲載全施設→92棟中23棟、25.0%

何棟行こうが行かまいが、ドーミーイン弘前があればわが人生は仕合わせ。

中三 弘前店

KAKHURI(1,706円)

グルジア産赤ワイン。まさか中三が直輸入とは。ソ連好きとしては最高の逸品。渋くて深い。

続きを読む

  • サウナ温度 97℃
  • 水風呂温度 13℃
60

Mazo Itoh

2022.10.30

1回目の訪問

奥入瀬渓流にある森のホテルとアントニオ猪木家の墓がある蔦温泉に向かった。

10:00AM出発。
標高1,585mの八甲田山、紅葉の回廊と呼ぶべき美しい山道を車で登った。

途中、谷地温泉付近の分かれ道で道を間違えた(笑)。左に曲がるべき道を右へ進んだかも。駐車帯も施設もないUターン不可の山道。かろうじて車を停めてスマホでGoogleマップを開こうとするがなんと圏外!ここは青森県内だがソフトバンク圏外!(笑)

やってしまった。

結局、約9km進んだ八甲田ホテルでUターン。このままプランBとして八甲田ホテルで蒸されようと思ったが、今日は奥入瀬がミッション。

道を引き返して30分もロス。
ダイアナ・ロスは好きだが2セット分のこのロスは痛い。


12:00PM、ようやく森のホテルへ。
サ室は2段8名席の遠赤ストーブ、93度。テレビがなくオシャレなフュージョン系の音楽が流れている。軽快なリズムで汗ドバドバ。

だが、いつの間にか私の身体はストーンかボナにしか感応しなくなったのかもしれない。熱波がさみしい。

10分蒸されて水風呂へ。
マイ水温計で水風呂20.2度、桶にくんだ蛇口水は15.2度。5度も違うとは驚き桃の木りんごの木。山の中にあるため水質は素晴らしい。とてもいい水。

露天エリアで外気浴。
丸太の椅子が4席。背もたれがなく落ち着かないため、露天の床にマイマットを敷いて体育座りでととのう。

八甲田おろしの風が冷たい。3分で鳥肌に。大きなケヤキの紅葉が輝いている。

残念ながら露天風呂は設備不良により温冷調整不可とのこと(涙)。


時短のため2セットで退館し、蔦温泉へ。
なんと満車のため進入不可!さらに待機場所もUターン場所もなく、結局7km走って谷地温泉到着。

やれやれ、墓参りはまた次回、プランCで谷地温泉へ。
サウナも蒸し風呂もないが、開湯400年の日本三秘湯、まさに山の中の一軒宿。

これが実によかった。湯船の底から湧く38度の下の湯、白乳色で42度の上の湯、そして全て木造の浴室。風情や趣という言葉だけでは言い尽くせない歴史的温泉。単純硫黄温泉の湯質が最高。

因みにカランの水の温度は9.8度。
函館の谷地頭温泉と双璧を成すシングルなのか。


帰宅後、昨日収穫した野沢菜でカリカリベーコン炒め。漬物もうまいが炒め物もうまい。

「家で一杯やるまでがサウナです」(再掲)。

そして27年の時を経て復活したSTVラジオ「うまいっしょクラブ」を聴く。明石英一郎最高。ハガキ職人だった僕がいる。

続きを読む

  • サウナ温度 93℃
  • 水風呂温度 20℃
88

Mazo Itoh

2022.10.25

2回目の訪問

7:20に起床してサウナ1セット。
極上のサ室と14.8度のキレッキレの水風呂、そして秋の朝日を浴びる外気浴。これ以上何が必要だと言うのか。

今日は特急しなので松本へ。
本日のミッションは、松本電鉄上高地線ホームの駅そば、国宝松本城、アイリッシュパブの名店OLD ROCK、お食事処高橋、そして毎年野菜の種をネットで購入している「つる新種苗」へ表敬訪問。

道中サウナがないためサ活はこれでおしまい。

🇩🇪ダンケ、長野そして富山。
また会う日まで。

続きを読む

  • サウナ温度 95℃
  • 水風呂温度 15℃
87

Mazo Itoh

2022.10.24

1回目の訪問

サウナ飯

スパ・アルプス

[ 富山県 ]

おはよう長野。
アルクマくん、今日もよろしく。

霧雨の朝。信州名物満載の朝食と1セット後、傘を借りて長野ドーミーから出発。

本日のミッションは、野沢菜畑、富山ブラック、スパ・アルプス。

新幹線とバスで野沢温泉村へ。家庭菜園で我流で野沢菜を育てているが、本場の野沢菜畑を視察したかった。

事前に検索や航空写真で野沢菜畑を探したが、有力な手がかりは野沢菜発祥の健命寺。訪れると小さな畑のみで残念。温泉街を歩き回るが畑はなく、観光案内所でスキー場に畑があるとの情報を得た。

途中、野沢菜畑で作業する70代のおっちゃん2人に話しかけた。「青森で野沢菜を育てているのですが、畑を見せていただけませんか?」まるで旅番組(笑)。

彼らは病害虫対策から料理法まで伝授してくれ、さらに「種持ってくかい」と寺種(原種の種)を分けてくれた。心の中では泣きながら深くお礼した。

その後スキー場へ。広大な斜面に野沢菜畑が広がり、山は紅く染まる。これこそ見たかった風景。畝間、播種の時期、多くを学んだ。

帰りのバスでHELLOWEENを聴きながら、今日から勝手に長野は日本のドイツと呼ぶことにした。

東山魁夷が愛した山国、ブランデンブルク門と善光寺の山門、ノイシュヴァンシュタイン城と松本城、ロマンティック街道と木曽路、そしてザウアークラウトと野沢菜漬(笑)。

飯山駅から富山へ。

富山ブラックと呼ばれる極濃のしょうゆラーメン。14年前に衝撃を受け、以来家で1食に2食分の醤油スープで作るがあの味を再現できず、長年夢見ていた。到着後、とやマルシェの「大喜」へ。

塩分摂取過多で病を憂うほどの深く濃いスープ。間違いない、これが本物。白米とペアが欠かせない。

サウナ前の塩分補給完了、地鉄バスで北陸の聖地へ。


14:20到着。3時間コース1,200円。
詳細は数多のサウナーが記録済みなので割愛。

15時のロウリュ〜17.8度の天然水の水風呂〜静寂の外気浴。

私が誤っていた。完全に見縊っていた。館内は昭和すぎると侮っていた。外気浴スペースは狭いと断じていた。

サウナー3年生ながら、私史上最強のととのいが迎えてくれた。アルプスの天然水と立山おろしの風が自我を崩壊させ、無の世界へ導いた。

気づいたら15分も風に吹かれていた。


3セット後、名残惜しいように温泉と水風呂を繰り返す。2階も素晴らしい。次回はカプセル泊を誓った。

西町の「大喜」で再び富山ブラックの後(笑)、新幹線で長野ドーミーへ。

旅は見知らぬ場所と知らなかった自分に出会うことだと思った。

西町・大喜 とやマルシェ店

中華そば並+ライス(1,000円)

深く濃厚なタレ、もっちもちの太麺、大量のチャーシュー。私は富山ブラックを愛する。

続きを読む

  • サウナ温度 93℃
  • 水風呂温度 17℃
76

Mazo Itoh

2022.10.23

1回目の訪問

サウナ飯

8年ぶりに長野へ旅に出た。JR東日本パスを利用して津軽から信州へ。鞄には果たすべきミッションを詰め込んだ。

本日のミッションは、駅そば「しなの」、長野県立美術館東山魁夷館、そしてドーミーイン長野。

11:43長野駅到着。
8年前は工事中だった駅舎は荘厳な外観に変貌し、駅ビルもモダンでハイセンスに生まれ変わっていた。

ランチタイムはわが人生のマイベスト駅そば、長野電鉄長野駅「しなの」。
何度も通い詰めた名店の味をついに再び。いつもの肉そば(550円)+替え玉(100円)で至福+満腹。余命1週間でも食べに来たいそばがここにある。

次は善光寺となりの東山魁夷館へ。
私の一番好きな画家の1人は東山魁夷。旅と自然を愛し、北欧とドイツを描いた風景画家。親しみを込めて勝手に「友達」と呼んでいる(笑)。

東京時代は年間パスポートで通っていたほど大好きな美術館。約2年半の改修工事を経て2019年再開。ついに再訪。

ドイツの秋を描いた「行く秋」、奈良が舞台の「秋思」、四季折々の京都を切り取った「京洛四季」。画家の魂を揺さぶった風景に没入すると、まるで私のこころを見透かされているような気分になる。

花岡平霊園に眠る画伯の墓碑銘は「自然はこころの鏡」。
よろしい。今宵はドーミーイン長野のサウナにこころを映そう。


ようやく本題。
18:40、11階「善光の湯」へ初入湯。

まず内湯。HPによると戦国武将が川中島の合戦で負傷した傷を癒したと言われる名湯・中尾山温泉からの運び湯という。

わずかに色がある単純硫黄冷鉱泉。久しぶりの硫黄泉が肌に染みる。

サ室は2段、8人席のTV付き。熱々の石が約15個ヒートアップしている95度のストーンサウナ。特筆すべき点のない、何の変哲もない、ごく普通の熱いサウナ。

だが、どの街でも最高の発汗が確約されているサウナ。それがドーミーサウナの本質ではないのか。

水風呂はマイ水温計14.8度。

露天エリアにはプラ椅子+スツールが3組。
コンパクトながらも茅葺きの目隠しと庭園の木々が和の風情を伝える。オリジナルミュージックが内省の時間をもらたす。

内湯のととのい椅子に座り、ふと正面の壁に目を向けると、東山魁夷がフィンランドの湖と森を描いた名作中の名作「白夜光」を彷彿させる絵が。

私は自室に複製画を飾るほどこの作品が大好きなのだった。
まさかドーミーインの浴室で「白夜光」に似た壁面に出会うとは。
シンクロニシティを感じる。


ドーミーイン長野、新たな定宿に出会った気がした。

そば うどん しなの

肉そば(550円)

歯ごたえ十分のそば、とろっとろの豚肉と玉ねぎ、奥行きのあるつゆ。完璧。

続きを読む

  • サウナ温度 95℃
  • 水風呂温度 15℃
68

Mazo Itoh

2022.10.10

29回目の訪問

サウナ飯

雨の祝日。午前9時でも薄暗い道を車で板柳へ向かう。しかし道中、財布を忘れたことに気がついた。家に引き返してもよいが、また出かけるのはかなり面倒。ああ、やってしまった。

でもサウナに行きたい。サ飯も楽しみたい。ああ、サウナイキタイ!
そんなMazo Itohさんのサウナ心を歌います。サウナ敏行、「もしもサウナに行けたらなら」。どうぞー。

(Inspired by 82さん、BB8さん、Mayuさん)


「もしもサウナに行けたなら」by サウナ敏行
(原曲「もしもピアノが弾けたなら」by 西田敏行)。

♫もしも サウナに行けたなら
疲れたからだを汗にして
水風呂 入れることだろう

雨が 降る日も 外気浴
風吹く夜にも 外気浴
晴れた朝にも 外気浴

だけど ぼくにはお金がない
サ飯を楽しむ金もない
サ室はいつでも半開き
イキタイ気持ちが残される
あああー ああ
あああー ああ
ああ 残される

もしも サウナに行けたなら
小さなラドルを一つ持ち
石に 語れることだろう

サウナ 愛したよろこびや
かけ水しない 悲しみや
熱波を受けたい 情熱や

だけど ぼくにはお金がない
オロポを楽しむ金もない
サ室はいつでも空まわり
流せる汗さえ遠ざかる
あああー ああ
あああー ああ
ああ 遠ざかる


かつぬしさんとの約束があったことを思い出し、結局家へ戻ってから板柳へ。雨に濡れた赤いりんごが素敵。

10:40入湯。入浴客3〜6名。サ室も水風呂も外気浴もストレスフリーな快適空間+完全静寂。

約束だった水風呂計測は18.8度。
昨年10/10は20.2度だが、これは嬉しき誤算。冷たい水が染み渡る。

外気浴。
雨の降る日も外気浴。

小雨、霧雨、普通の雨。セットごとに雨の降る様子が異なる。一体、雨を表現する日本語はいくつあるのだろう。

4セット後、シケモクさんの影響もあり、あつ湯→外気浴を2セット。

内湯はオレンジのあかりに包まれている。茶褐色の湯がそのあかりを反射し、浴室全体を更に幻想的な雰囲気に仕上げている。雨雲に覆われて屋外の照度が低い日中、そのあかりは一層美しさを増す。

ふるさと温泉全館がオレンジ色の照明なのが個人的な最愛の理由のひとつ。


退館後、先週アサヒサウナに忘れたマイマットを引き取りに鍛冶町へ(電話で確認済み)。

私の失態にもかかわらず、スタッフさんの「いえいえ、取りに来ていただいてありがとうございます」の言葉に感謝感激雨あられ。

忘れ物には気をつけよう。

えび焼きそば(750円)

焼きそばマウンテン。

続きを読む

  • サウナ温度 91℃
  • 水風呂温度 19℃
81

Mazo Itoh

2022.10.02

2回目の訪問

サウナ飯

3年ぶりに開催のアップルマラソン!青森県民のくせにりんごよりオレンジが好きだけどアップルマラソン!因みにパソコンはアップル!(笑)

14年前からほぼ毎年参加している大会。ハーフもフルも完走したが、今の生活と体力では10kmが限界。大会前に必ず聞く音楽、初フルだったベルリンに因んでカラヤン指揮のドイツ国歌〜個人的なドイツ国歌Eagle Fly Free / HELLOWEEN、そして映画「ロッキー4」のHeart’s On FIreを聞き、いざスタートラインへ。

気温24.5度、湿度39%。暑い。
5kmまではキロ5分ペースで快調だったが、後半に失速。練習不足と歳には勝てない。昨夜は缶ビール2本で我慢したのに(笑)。

沿道からの声援と稲刈りを終えた美しい田園風景、そして付近を走るランナーに力付けられ、巨大なサウナストーンのように重い足で走る。

難関の城西大橋でさらに減速、もう無理だと思ったが54:43でフィニッシュ。3年前より4分以上も遅い。

ゴールで配られたりんご1個をかじりながら休憩。マラソンもサウナも休憩が大好き。


マラソンの汗を流すため、半年ぶりのアサヒサウナへ。アップルマラソン参加者は90分300円という企画、ありがたき。

サ室は88度、残念ながらロウリュタイムにタイミングが合わなかったが、快適にストーンサウナで蒸し上がる。マラソン10kmで10セット以上の汗を流したにもかかわらず、まだまだ汗が出るのが摩訶不思議の人体。

水風呂は計測値22.8度。

休憩は浴室内のととのい椅子で。複合ビルの5階、西向きの大きな窓から弘前公園+岩木山ビューを眺める。

サウナー以前は全く気にならなかったが、やはり外気浴スペースがほしい。

アサヒサウナさん、自由な発想をフル回転して屋外の風を浴びることができる場所を作ってください!(笑)

帰りのフロントで「愛でたい」ロケの色紙を見つけた。やさしいフタッフの方に交渉し、写真をパチリ。9/2訪問なのでちょうど1ヶ月。おそらく再来週の放送が楽しみでならない。水風呂のコメントが興味津々。


退館後、沿道でフルマラソン応援。
スタートから4時間が過ぎており、サブ5のランナーがゆっくりゆっくりと走り(歩き)抜けていく。10代から高齢者まで、岩木山を背負いながら最後1kmの苦悶の道。僕はあなたに敬意を表する。

大会が終わった寂しさに包まれて帰宅。1年に1回しかない大切な1日。待つは長し、過ぎるは早し。

ありがとう、アップルマラソン。
ありがとう、アサヒサウナ。
ありがとう、全ランナー。

また来年!!

ほっかほっか亭 本町店

かつ丼(490円)

マラソン後の栄養補給に。

続きを読む

  • サウナ温度 88℃
  • 水風呂温度 22℃
88

Mazo Itoh

2022.09.25

1回目の訪問

サウナ飯

秋の田んぼを愛でながら秋田へおじゃまんが山田くん。目的地は2つ、秋田国際ダリア園とドーミーイン秋田。

2020年1月、NHK「プロフェッショナル:魔性の花に、魅せられて」を観た。園芸業界で「ダリアの神様」と呼ばれる鷲澤幸治さんが築き上げた広大なダリア園。家庭菜園でダリアも育てる者として、いつか行かねばならない場所だった。

12:30到着。
完璧な秋晴れの下、山の裾野に広がる美しいガーデンに7万本のダリアが咲き乱れていた。信念と情熱と努力で創造した圧巻の庭園、言葉も出なかった。

そして偶然にも神様と話す機会が。種の採取方法や球根の株上げ、切り戻しや雑草対策など、短い時間で数多くを伝授いただいた。おまけに記念写真とサインまで(笑)。

神様「青森からよぐきたねし。今日は日帰りかい?」
私「いや、秋田のドーミーインに1泊します」
神様「そうか。あそこは秋田で一番いいやな。やっぱさ温泉が一番だっさ」


というわけでダリアの神様も認める秋田ドーミーへ。

17:30、11階にある中通温泉こまちの湯。
カラン9個の浴室は相変わらずのほの暗い美しい照明。温泉は自家源泉のナトリウム・塩化物炭酸水素塩泉。とろっとろでぬめりがあり美肌確定(おっさんですが)。

★サウナ室
扉を開けると、ボナサウナが絶賛稼動中。2段10名席、温度計はメトスの赤地に白抜きロゴの古い型、94度。秋田新幹線こまちのような疾走感で瞬時に発汗し、一気に秋田平野を駆け抜ける。2分で心拍数130台へ。めちゃんこ気持ちよか。ああ、これだからボナは止められない。

★水風呂
3名サイズ、ドーミーにしてはでかい。マイ水温計は15.2度。チラーで十二分に冷やされた冷水が蒸された身体に染み渡る。

水質よし。今夜は地酒に決定。

★外気浴
ドーミー弘前と同じスツール付きの高級ととのい椅子が3脚、風除室に1脚。オープンエアも極上のライティング。

湯の激流が湯船に注ぐ轟音をBGMに、濃藍色に染まる日没後の空を眺める。水の音と空の色、そして秋の風。蒸され冷えた身体とこころが自然に帰る至福。

夜空に輝く星々が見えた。
ドーミーインの神様に出会った気がした。


今回の滞在で最も衝撃だったのは、エレベーターに貼られた「夜鳴きそば 麺ヌキ 9月30日をもって提供を終了します」とのポスター。今年6月から提供開始の麺ヌキ=湯豆腐ラーメンがわずか4ヶ月でメニューから外れるとは。いちファンとして至極残念。しかし、無事に食べ納めに間に合った。

二人の神様が迎えてくれた秋田市。
多神教の国に生まれてよかったと思った。

無限堂 秋田駅前店

きりたんぽ鍋

比内地鶏100%の出汁が逸品。もちろん稲庭うどんもいただきました。しったげうめえー!

続きを読む

  • サウナ温度 94℃
  • 水風呂温度 15℃
86

Mazo Itoh

2022.09.17

28回目の訪問

サウナ飯

お久しブリティッシュ・ロック🇬🇧、板柳町ふるさとセンター。

残業好きの残暑のおかげで最高気温32.6度。やれやれ。温泉で汗を流してサウナで汗をかくしかない。

14:30入湯。
入浴客が2人でほぼ貸切の浴室。

サ室は91度、いつもどおりの極熱ストーンサウナ。来季の日本ハムに見習ってもらいたい抜群の安定感。

水風呂はマイ水温計で21.6度。昨年9/19の実測値は22.1度、例年並みの水温。12月のシングルまであと3ヶ月。

外気浴。
湿度49%、乾いた風が気持ちよい。

それにしても、20度台の水温でも見事にととのうのは魔法というしか言い様がない。サウナのセッティングのせいか、水質のせいか、外気浴スペースの風の流れのせいか。ぜひ科学者に解明してもらいたい。

外気浴があまりにも気持ちよすぎて、12分、20分、12分、10分の4ラウンド。滞在時間2時間半でゆっくりと日々の疲れを癒した。サウナー前の自分には日帰り温泉に2時間以上も滞在するとは考えられなかった。


以上、サ活。
以下はサウナとは全く関係ないお話(サウナの参考になりません)。

退館後、裏の公園にある「ニュートンのりんごの木」を見に行った。ニュートンはりんごが木から落ちるのを見て万有引力の法則を導いたイギリスの科学者で、国葬。そしてニュートンの生家のりんごの木から世界中へ接木された木のひとつがここに移植されている。

国葬と言えば、某元首相ではなくイギリスのエリザベス女王。

実は、女王陛下に会ったことがある(笑)。
クイーンが69歳のとき、僕はロンドンのとあるパーティで同席し、花を手渡したときに3秒会話した。

亡くなった9/9から毎日bbc.comで刻々と変化する状況を追い、HPの生配信で現地の様子を観て、世界史の1ページが書かれているのを目撃している(英語は半分しかわからないけど)。

それにしても凄すぎる。
棺が24時間公開されるとは、最低気温7度で16時間以上も列に並ぶとは、500個もの簡易トイレが用意されるとは、そんな列を人間味溢れる情報提供で見事に管理する政府と国営放送があるとは。信じられない。

果たして僕がそんな列に並びたくなる人やラーメン屋はあるだろうか。

この1週間は女王との思い出と僕が大英帝国から受けた多大な影響を振り返る感傷的な日々だった。

どんな人間もいつの日か他界することはわかっているが、その衝撃がどれほどのものかは体験するまでわからない。

イギリスはやさしい国。
サウナも板柳もイギリスも自分も繋がっていると思いながら帰途についた。

合掌。

笑福亭

しょうが焼き定食(770円)

濃いめの味付けでごはんがススム君。こんもりの野菜もよし。

続きを読む

  • サウナ温度 91℃
  • 水風呂温度 22℃
85

Mazo Itoh

2022.09.11

1回目の訪問

サウナ飯

映画「ロッキー4」を観るため高速バスで盛岡を訪れた(地元で上映なし)。正確には1985年の名作に42分の未公開映像を加え再編集した「ロッキー4:ロッキーVSドラゴ」。

米ソ冷戦時代、ソ連のボクサー(ドラゴ)との試合で命を落とした親友アポロの復讐のため、ロッキーが真冬のロシアでトレーニングした後、モスクワでドラゴに挑むという物語。

大好きな大雪原のロシアでのトレーニングシーンを劇場の大画面で観れるとは、そして雪の新千歳空港に降り立つときに必ず聴くBurning Heart、マラソン大会前に必ず聴くHeart’s On Fireを大音量で聴ける日がくるとは夢にさえ見なかった。

まさかのまさか。
人生には思いがけない喜びが訪れる(もちろん悲しみも)。


盛岡中央劇場で大泣きした後、18:30に10階「天然温泉さんさの湯」へ初入湯。ドーミーならではの美しいオレンジ色の照明とレンガ模様の壁がやすらぎを約束する浴室。

洗体後にリングへ。
サ室は2段の10名席。ストーブはボナかと思いきや、ストーン盛り盛りのロッキー(盛岡だけに)。

先程の試合の疲れを感じさせない96度のロッキーのジャブの連打を受けて豪雨の汗。カミソリ級の鋭いストレートをお見舞いされて6分でノックダウン。

チラーありの水風呂(壺)はマイ水温計で16.8度。ドラゴの冷酷さを湛える水温が火照った身体に染み渡る。

露天スペースには椅子3脚。盛岡の夜空を見上げながら身も心も自由になる。

秋の夜空、秋の夜風、そして秋のととのい。
全く飽きることがない(秋だけに)。

あき竹城、秋最高。

試合は続き、リングと水風呂でロッキーとドラゴの応酬が繰り返される。
熱から冷へ、赤から青へ。

ラウンド4、ロッキーの極熱のボディとアッパーを受け、忍者巻きのタオルを放り投げてTKO、テクニカルノックアウト(TKGは卵かけごはん)。

今夜もロッキーの勝利と言いたいところだが、水風呂が想像以上に気持ちよかったため、ビデオ判定を待たずにドラゴが勝者に。


湯あがり処でアイスを食べながら、今日の試合を振り返る。

今年は映画とサウナに恵まれた1年。
6月は「TOP GUN MAVERICK」で蒸す・クルーズの後に蒸され、今日は「ロッキー4」の後にロッキーサウナで蒸された。僕の人生に絶大な影響を与えた2人の人間が未だ信念を貫いていることに再び影響を受ける。

僕はこれからもロッキーサウナで蒸される度にロッキーを思い出すだろう。

「Everybody can change!」とモスクワで叫ぶロッキーを。

夜鳴きそば(麺ぬき)

昼ごはんはイタリアの種馬に因んでシェーキーズだったため、麺ぬきで。盛岡でも鳴く。

続きを読む

  • サウナ温度 96℃
  • 水風呂温度 17℃
81

Mazo Itoh

2022.08.28

27回目の訪問

サウナ飯

朝、畑で野沢菜の種を植えた後に板柳へ。
道中はすっかり秋の空。やわらかい青空にぷかぷか浮かぶ秋の雲を見ていると、水風呂で浮くのが待ちきれなくなる。

11:00AM入館。
正面の壁面にある看板の塗装が新しいことに気づいた。7月の外観工事の故か。板柳町のシンボルマークの赤が輝いて見える。

津軽には赤がよく似合う。

91度のストーンサウナで汗どばどば。
体感21.4度の激流の水風呂でぷかぷか。
そして乾いた秋風に全身吹かれてすやすや。

セカンドホームでサウナの醍醐味を味わう。
ああ、昼間の閑散としたサウナを近場で楽しめるとはありがたき仕合わせ。

本当に仕合わせ。

外気浴中に先週の出来事を振り返る。
ニュースといえば、フィンランドのマリン首相(36歳、女性)がロックフェス後のパーティーでハメを外した動画がBBCでもYahoo!ニュースでも報じられてた。「私は人間」発言も話題を呼んだが、個人的にはフェスの後にサウナで蒸されていたことがポイントだった。

いいなあ、羨ましい。

4セット2時間で退館。
帰宅後はビールをごくごく飲みながら昨日収穫したサンマルツァーノでトマトソース作り。記録的大雨を経て水没した畑でも見事に赤くなったトマトに感謝。サウナ後の料理は何故かはかどる。

「家で一杯やるまでがサウナです」

えびやきそば(小)600円

いつもの名物はやはりうまい。先週の北海道で食べすぎてダイエット中のため、ライスなしで。

続きを読む

  • サウナ温度 91℃
  • 水風呂温度 22℃
83

Mazo Itoh

2022.08.23

1回目の訪問

サウナ飯

稚内を訪れた。理由?そこにドーミーインがあるから。日本最北のドーミーインをいつか訪れたかった。

9:00AM、旭川駅から特急宗谷に乗車。久しぶりの特急は乗り心地がよい。そりゃそーや(笑)。

ロシアから約60kmの稚内駅。ロシア好きとしてはたまらない街。入場曲はチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲と映画「ロッキー4」のBurning Heart〜Heart’s On Fire。

17:20、夕日の時間に合わせて10階天北の湯へ。


カラン6席の浴室、ドーミー弘前と同じ黒色の桶と椅子が歓迎。照明はドーミースタンダードの美しいライティング。

サ室は8名席、大好きなボナサウナ。TVなしが何より嬉しい。BGMはJ POPのオルゴール。程よい暗さのオレンジ色の照明がやすらぎの空間を満たす。

室内は極上の熱さ。初めて目にしたコムインターナショナル(株)の温度計は96度。ボナで96度!まるで常時ロウリュウ状態。

参考までに、サ室は混むとは無縁だった(笑)。

水風呂は冷鉱泉(温泉法で25度未満の温泉)。体感21.2度。季節変動の故に冷たさは不合格だが、濁りのある温泉に肌が歓喜する。

東側の宗谷岬に面した男湯露天スペースには背もたれ付きのベンチ2脚、ととのい椅子+オットマンが2脚。昇天するには十分すぎる環境。鈴虫の鳴き声を聞きながらととのう。

夕日を浴びる稚内の街並みと湾を隔てた宗谷岬が美しい。まるで北欧の風景。北国の空気感は万国共通。

しかし今日は風が強い。風速18m、露天入口のドアには「天候によっては露天風呂を閉鎖する場合があります」との看板。露天スペースを彩る木々の枝が折れて飛んでくるのではと警戒するほどの強風。天然扇風機のせいか3分で身体が肌寒さを感じ始める。厳しい自然を目の当たりにする。

稚内はもう秋の空気だった。


素晴らしき4セット後、部屋でビール片手にロシアについて考えた。
第二次世界大戦末期、サハリンには42万人の日本人が暮らしていたという。ユーラシア大陸を跨ぐロシアの隣国はフィンランドと日本であり、これら三国にはサウナが根付いている。ならば共に蒸されるのもよきことではないのか。サウナとボルシチが好きな身としてそう思う。

だが昨今ロシアはなぜ友好的ではないのか。いくら考えてもわっかんない。

おやじギャク連発のあまりのつまらなさに耐えかねたロシア軍からミサイルが発射されないうちに、今宵はこれでおやすみなさい。

残念ながらロシア語で「おやすみ」を何と言うかもわっかんない。
だがありがとうだけはわかる。スパシーバ、ドーミーイン稚内。

夜鳴きそば(大盛り)

稚内でも鳴く。

続きを読む

  • サウナ温度 96℃
  • 水風呂温度 22℃
89

Mazo Itoh

2022.08.22

1回目の訪問

サウナ飯

白銀荘が夢だった。数多くの全国有名施設の中で、白銀荘だけは必ず行きたい場所だった。サウナー歴2年3ヶ月、ついにその日が訪れた。

9:00AM、旭川駅付近でレンタカー。白ナンバーと銀の車体だったため「白銀号」と命名。そして白銀荘への道は国道237号線。2=two→to、37→サウナ、即ち237号線→to sauna号線(バカですみません)。

白銀号で約52kmのサウナロードを南下する途中、白金の青い池で休憩。わーお。東山魁夷に描いてほしかった湖面の美しさ。

映画「007」オープニングのカーチェイスのようなヘアピンカーブ連続の山道を登り、11:00AM到着。

ここが憧れの白銀荘か。大雪山十勝岳の中腹、標高約1,100m。「サ道」や「サウナを愛でたい」で何度も見た光景の中に立つ。


まず温泉。硫酸塩泉かつ加熱加水なし、塩素なしの極上温泉。ここ数年乾燥肌のためこれは嬉しい。

サウナは7名席、メトスの古い温度計は88度。2021年に張り替えられたという天井のヒバ材が、窓から見える重厚な浴室が、そしてメトスのZIELから放たれる熱波が素敵な空間に仕上げている。

だが正直に言えば、一般的なサ室。セルフロウリュありの十二分に熱いサ室。しかし、お楽しみはこれから。

雪溶け水のかけ流し水風呂は極冷。マイ水温計が故障中で計測不可だが(涙)、体感は11.2度。46秒はゆったり浸かれる。これで谷地頭と板柳のシングル到来まで身体が待てる。

圧倒的な開放感の露天スペース。標高2,000m級の十勝岳連峰が絵に描いたように鎮座する。手を伸ばせばすぐに届く。

ヒャダインさんがヴィヒタ攻撃を受けたベンチでトド寝。十勝おろしの風を全身に浴び、心身が自由に。昨日札幌で受験した資格試験の疲れも、雨が多く気苦労が続いた家庭菜園の苛立ちも、全て癒された。

そしてどうしてもやりたかった岩の上での仁王立ち。


3時間5セットの旅。何より感動したのは十勝おろしの風だった。

いつものコカコーラゼロの後、サ飯①は売店で買ったカップラーメンと美瑛のセコマで買ったおにぎりを屋外で。山でカップ麺は富士山以来。

帰路、「白銀荘最高!サウナ最高!明日もサウナさ行こう!」と心中の雄叫びを上げながら下山。

旭川へ戻る車内はAMラジオで甲子園決勝。六甲おろしの影響か仙台育英が東北勢で初優勝して涙。青森県代表で甲子園1回戦敗退だった天国の父へすぐに知らせた。

今日8.22は高校野球史にとっても私のサウナ史にとっても歴史に残る1日だった。

ありがとう、青と白の白銀荘。おやすみ、オレンジ色の旭川。

馬場ホルモン

塩ホルモン、クラシック瓶

サ飯②。接客は微妙だが味は極上。結果的に①②ともにアキネクトさんを辿ってしまった(笑)。感謝。

続きを読む

  • サウナ温度 88℃
  • 水風呂温度 11℃
93

Mazo Itoh

2022.08.15

26回目の訪問

サウナ飯

約1ヶ月ぶりに板柳町へ。「ふるさとセンター感謝デー」期間中とのことで、4冊目となる回数券(12枚つづりで3,500円)を購入すると「あぷりんタオル」を2枚いただいた。

11:00入湯。
駐車場はほぼ満車だったが男湯は空き空き。90度のストーンサウナ、25.2度の水風呂、そして静寂の外気浴スペース。いつものように閑散とした空間で快適に仕上がる。

外気浴中、ととのいの木を眺めながら今年のお盆に観たNHK番組ベスト3を決定した。

①フィンランド カラオケ物語
②銀河テレビ小説 まんが道
③ドキュメント72時間 歴代ベスト10スペシャル

③は放送開始の10年前からほぼ全て観ているが、ランクインした番組は全て名作。1位は僕と同じ「秋田 真冬の自販機の前で」。2015年3月の放映後、すぐに現地を訪れたことを思い出した。

②はまさかの再放送。中学生の頃、夢中になって観たドラマ。オープニング曲の長渕剛「HOLD YOUR LAST CHANCE」も最高。

そして①は2022年フィンランドの制作会社の番組。フィンランド人がカラオケに救われながら人生を生きる内容。そして何と、サウナ室や外気浴でカラオケを歌うシーンが。サウナ中にカラオケとは全くの驚きだった。

2001年、ヘルシンキのカラオケバーでBON JOVIのAlwaysを熱唱してフィンランドのカラオケ人気は体験済だが(笑)、これほどまでに人々の人生に深く入り込んでいるとは知らなかった。

フィンランドから日本への最大の輸出品がサウナだとすれば、その逆はカラオケなのだろう。

因みに上記3本はNHKプラスで配信中(本日現在)。


サウナ後は、仙台から帰省されたお気に入りサウナー、ほんまさんとサウナ飯。
初めてお会いするが初めての気がしないのは同郷のせいか、サウイキの力か、はてまた村上春樹愛か。

食後に再会を誓った後、先週の大雨で被災した岩木川沿いのりんご畑へ。いつもの散歩道から眺める風景は色を失っていた。わが家庭菜園も見事に水没してしまったが、これはその比ではない。

僕にできることは、板柳を訪れること。
回数券5冊目を買い求める日がくるよう、これからもふるセンを愛でる。

ざるそば(500円)

温泉併設のレストランと侮るなかれ。ここは何を食べても極上。

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 25℃
77

Mazo Itoh

2022.08.07

2回目の訪問

サウナ飯

家庭菜園で忙しかったため久しぶりのサウナ。じゃがいもとたまねぎ(札幌黄)の収穫が無事に終わり、来年春まで食べ放題確定。疲れた身体をサウナに委ねるため、田んぼに囲まれたからんころん温泉へ。


15:40入湯。
まず温泉。pH8.7の低張性アルカリ性高温泉。計測値はあつ湯44.0度、ぬる湯42.1度。滑らかで肌によさそうな泉質が実に気持ちいい。サウナも好きだが温泉も大好き。

★サウナ室
遠赤外線ストーブ、温度計は83度。利用客は3〜8名。湿気があるため即汗。

★水風呂
マイ水温計で16.8度。なんと前回4月のサ活と同じ水温。これぞ地下水の成せる技、地球の恵み。8月でもこの冷水とは感謝しかない(その代わり冬期のシングルはないけど)。

★外気浴
露店スペースの扉を開けると緑一色の広大な田んぼと岩木山が迎えてくれる。まさに壮観、眺望系外気浴の最高峰。

ととのい椅子もデッキチェアもないが、寝れる巨大な岩が2つ、(大)と(中)。

1セット目は巨大な岩(大)でトド寝。まるでベーリング海の岩礁で休息するトドの気分。閉じた目を開けると雲間から青空が見える。約2,200km離れた地で休憩中のトドと同じ空で繋がっているのかと思う。

2〜3セット目は巨大な岩(大)も(中)も先客がいたため、ミニ神社の鳥居の前にタオルを敷き、折りたたみマイマットを枕にして寝る。うたた寝してしまい、目覚めると外気浴26分。わーお。

先週後半から朝晩はめっきり涼しくなった津軽。夕方のやさしいそよ風を全身に浴びながら、穂が垂れ始めた一面の田んぼを見渡す。

あと3ヶ月もすれば雪の便りが届くのだろうと想像する。


すんばらしい外気浴を満喫して休憩処へ。コカコーラ社の自販機に大好物のコカコーラゼロが販売されている。1本では足りなかったため2本目を購入して田んぼへ散歩。

暦では今日が立秋。夏の出口と秋の入口。マイ気象台はいつ宣言しようか。

NABERA 吾麺亭

熟成みそ(大盛り無料)

サウナ前めし。秒の男さん情報で知った8/21移転前に滑り込み。丼ぶりがなべ!スープも麺も野菜も最高。

続きを読む

  • サウナ温度 83℃
  • 水風呂温度 16℃
85

Mazo Itoh

2022.07.23

1回目の訪問

本日は日本海に面したグランメール山海荘へ。サウナーとして初訪問。今回はJR五能線ではなく車で。

エントランスロードには美しいあじさい。あじさいは青森では7月に満開を迎える。

ヨーロッパ風のエレガントなロビーにあるフロントで日帰り温泉入浴料1,000円(フェイスタオル、バスタオル込み)を支払い、15:30入湯。浴室は和風と洋風、男女入れ替え制。今回の男湯は洋風。


☆温泉
ナトリウム・カルシウム塩化物塩泉、pH7.4。色がほんのり黒い。化石海水温泉と銘打つだけあり、唇に付着した湯は塩の味。これは肌によいだろう。

★サウナ室
2段20人サイズ。大きな石がこんもりのストーンサウナ。温度計は90度。

テレビなしがよい。
BGMはアコーディオンが主旋律を奏でるフランス映画のような音楽。スピーカーが古いせいか、AMラジオやLPレコードのようなレトロな音像。オレンジ色の照明と相性抜群。とても好みのサウナ室。

★水風呂
マイ水温計で26.2度。ぬる〜い。けど気持ちよき。
参考までにカランの水を計測するとほぼ同じ温度。おそらく水道水か。とすれば、冬季には何度まで下がるのだろう。

★外気浴
この施設の最大の魅力は日本海を見渡す露天スペース。眼前の広大な日本海を眺めがら、椅子がないためマイマットを敷いてととのう。

540km海の向こうにはユーラシア大陸があり、ロシアがある。
このご時世、声を大にしては言えないが、声を小さくして言おう。「ワタシハ ロシアガダイスキデス」と。

ロッキー4、007、MOSCOW MUSIC PEACE FESTIVAL、ビリー・ジョエルのLeningrad、チャイコフスキー、ボルシチ、ピロシキ、イコン、デザイン、文学、歴史など、これまで多大な影響を受けて生きてきた。

その国が距離的に東京よりも近い場所にある。
悲しい世界情勢の今、これまで出会った多くのロシアの方々を思い出す。

穏やかに打ち寄せる波を眺めながらの外気浴は私を別の世界へ誘う。
水風呂で冷やしきれなかった身体を海風がやさしく冷やしてくれる。


退館後、鯵ヶ沢駅前にある最強ローカルスーパー「パル」で買い物。

帰宅後、サ飯のアテとしてキエフ風カツレツに初挑戦。
畑で収穫したディルとバターを鶏のむね肉に挟み、パン粉で揚げる。冷蔵庫の卵が切れていたことが失敗の始まり。バターを肉でうまく包むことができずに大失敗。本来なら、衣の中でバターがジュワっととろけるはずなのに。

それでも味はまずまず。ロシア料理の道は長い。

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 26℃
85