春日部のわだりん

2019.11.01

1回目の訪問

【下船🚢寄り道鹿児島旅⑤】
タイセイを出て、川沿い歩いて霧島温泉にライドオン。
番台ありの古き良き銭湯。
サ室
二段四人 ガス遠赤外線ヒーターが近く
結構熱い。
カラカラ系、唇がちょっとヒリヒリ。
肌は突っ張った感あり。
時計ないので時間はわかりませんが、
発汗まで時間かかるが、後はドバドバ。
水風呂
天然地下水 柔らかくて気持ちいい。
浴室に入った時、一人入ったら満員の水風呂で、黙々とスクワット。
自分に課した規定回数終わったようで
水風呂から上がってくれてホッとする😌

タイル絵
湖畔?に立派な松の木が一本。
遠くには緑の山々 そして裸婦。

銭湯の中心部を支える柱が二本のH鋼
どうやら最初は一本で後から補強した模様。
古い方の鋼材は、梁の部分との接続部がリベット留め。新しい方は溶接。
サウナのビート板?
ビート板ではない!どこかで見た感じ。
思い出した システムキッチンなんてなかった昭和四十年代から五十年代。
(自分が小中学校の頃)
お母さんが台所で洗い物をした後、四角いプラスチックの容器で水切りをしてました。
その下に敷いていた、ビート板素材のクッション。
薄く消えかかった花柄模様が、それだと言う事を物語っている。
いろんな事を思い出させてくれる、素敵銭湯。
長く続いて欲しいものです。
風呂上がりは、瓶入マミーでととのいました。

春日部のわだりんさんの霧島温泉のサ活写真
春日部のわだりんさんの霧島温泉のサ活写真
42
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら