2020.04.01 登録

絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

Candela Magazine

2020.10.19

3回目の訪問

続きを読む

Candela Magazine

2020.10.10

4回目の訪問

瀬戸大橋四国健康村

[ 香川県 ]

チェックイン

続きを読む

Candela Magazine

2020.10.02

2回目の訪問

続きを読む

Candela Magazine

2020.09.18

1回目の訪問

かざし温泉

[ 香川県 ]

チェックイン

続きを読む

Candela Magazine

2020.09.12

2回目の訪問

瀬戸大橋四国健康村

[ 香川県 ]

チェックイン

  • 86℃
続きを読む

Candela Magazine

2020.09.03

3回目の訪問

天然温泉きらら

[ 香川県 ]

チェックイン

続きを読む

Candela Magazine

2020.08.22

1回目の訪問

続きを読む
31

Candela Magazine

2020.08.06

2回目の訪問

由良里の湯

[ 香川県 ]

チェックイン

  • 95℃
続きを読む

Candela Magazine

2020.07.29

2回目の訪問

水曜サ活

天然温泉きらら

[ 香川県 ]

チェックイン

  • 90℃
続きを読む

Candela Magazine

2020.07.25

1回目の訪問

ぽかぽかの湯 伏石店(旧名 高松ぽかぽか温泉)

[ 香川県 ]

夜勤明け、職場から最寄りのサウナへ。こちらは昨年、高松ぽかぽか温泉から「ぽかぽかの湯」へと名前が変わりました。名称変更と同時に、それまでは別コースだったサウナが、温泉と一律料金に。サウナ込みで480円。コスパよしこ。
サウナは100℃越えの熱々ですが、不思議とヒリヒリした感じはしません。ストーブから離れた位置に陣取れば、じわーっとゆっくり居られます。そして意図的かどうか分からないんですが、サウナ室の換気口が水風呂側に切ってあって。その隙間から「あぁ」とか「うぅ」とか歓喜の声が聞こえてきます。高まる水風呂への期待。
いざ入ってみると期待を裏切らず、ちゃんと冷やしてあって、やっぱり僕も「あぁ」とか「うぅ」とか言ってしまう。ちなみに水風呂の中に深ーい段差があるので、ズッコケ注意。
外気浴ゾーンは2箇所あって、どちらにも寝そべるタイプの椅子がおいてあります。やっぱり、ととのい椅子としては、このタイプが最強。さわさわと肌をなでる風が気持ちいい。
ところで「高松ぽかぽか温泉」の名前がなくなったのかというと、そんな事はありません。今度、多肥上町にオープンする大型温泉施設に、その名前が引き継がれます。イメージ画像を見る限り、かなり良さそうですよ。8月オープン。もうすぐ。

  • 102℃
続きを読む
33

Candela Magazine

2020.07.19

1回目の訪問

瀬戸大橋四国健康村

[ 香川県 ]

朝早くからサウナに入れる施設のひとつ。屋島の健康ランドが長期休業中なので、より貴重な存在となっています。夜勤明け、おなじく早朝営業の「いきいきうどん」で腹ごしらえをしてから向かいます。
ディープな雰囲気のある外観とは裏腹に、中に入るときれいにリフォームされています。レトロ嗜好の僕としては少し寂しい気もしますが、やはりキレイで快適なのは良い。ちょっとまだお腹が重かったので、漫画読みつつ休憩してから、いざ浴室。
サウナ室は木がふんだんに使われていて、年季が入っている感じです。お、ここにレトロ発見。うれしい。渋い字体で「ロウリュサウナ」についての説明書きがあります。いつごろからロウリュを取り入れたんだろうか。古い施設ほどドライサウナが多いイメージだけれど、早くから湿度に着目していたのはすごいなぁ。
水風呂は安心の温度計つき。14.5℃でほぼ安定しています。くぅーっと冷やされて外気浴へ。ここの、ととのいスペースがすごい。とにかく椅子の数が多いです。プラ製の座り心地の良さそうなデザインチェアが何脚かと、木製のリクライニング機能付きベンチがいくつか。僕は木のベンチをチョイス。斜めに角度をつけて、ゴロンします。空を流れる雲がきれい。夏だなぁ。
物販コーナーも充実しているので、風呂上りはアイスモナカをパクつきます。3時間コースの時間いっぱいまで漫画を読みながら、くつろぎました。ナイス。

  • 86℃
    14.5℃
続きを読む
34

Candela Magazine

2020.07.11

1回目の訪問

さぬき温泉

[ 香川県 ]

サウナ情報未入力の施設にいってみるシリーズ。今回は香川県の山あいにある塩江温泉郷。その中でも奥まった場所にある「さぬき温泉」に行ってきました。
まずは内湯から。パカーンと開けた窓から森が見えて、広々としています。お湯につかると少しぬるっとして、ちゃんと温泉感のあるお湯です。じんわり温もったら、おまちかねのサウナへ。
サウナ室はかなりこじんまりとしていて、畳で言うと二畳ほどでしょうか。そのうち半畳はレンガで囲われたサウナストーブが占めているので、実質一畳半。定員は6名となってましたが、3名くらいまでが良いかなーと思います。この日はサウナ室内の照明が修理中ということで、よーく目を凝らして温度計をみてみると、なんと110度付近を指しています。予想外のハードパンチを浴びながら、じーっと味わいます。だんだんと暗闇にも目が慣れてきて、光の方をみると小窓から外の景色が。あれだな、これは茶室だな。
さあ、汗だくになったところで水風呂です。こちらは多分常温。ザブンと入って溢れた分は、自分で蛇口から足すスタイルです。キンキンに機械で冷やされた水風呂に慣れちゃってますが、たまにはゆっくり優しく冷やされるのも良いでしょう!ぷはぁとあがって、いざ森の中の外気浴へ。
この施設、建物自体が山の斜面に建っているので、かなり立体的な作りになっています。なので露天風呂へは、細い回廊を100mくらいでしょうか、ペタペタと下っていきます。行き着く先は、the 外。目の前には雑木林が広がっていて、見おろせばザーッと川。のびのび育ったモミジの木が風でゆらゆら揺れています。これは俺すきかも。一応いっておきますが、ほんまにホンマの外なので、虫とかカタツムリとかフツーにいます。そうさ今こそアドベンチャー。幾分かのアウトドア耐性は持ち合わせておいてくださいね。
あらあら、ちょっと長くなりました。スーパー銭湯の快適さとは違う、ディープなサウナ体験を求める方は、是非とも行ってみられたし。

  • 108℃
続きを読む
41