Candela Magazine

2020.08.01

1回目の訪問

梅雨あけ。かんかん照りの午後。リュックに最低限の着替えとタオル1枚。ちいさなシャンプーとボディソープを詰め込んで、自転車で出かけます。12時半ごろ到着すると、すでに入り口付近には自転車がたくさん。ご近所さんに愛されているんだなぁ。
さて、昔ながらの番台をとおり中にはいると、古いけれどもとても清潔に保たれた空間。右を向いても左を向いても、レトロ。浴室中央にはアチアチの湯船。左奥にはちいさな薬湯。右奥にサウナの扉があります。サウナ室は6人はいればギュウギュウの、こじんまりしたもの。時代の変化や、お客さんの要望で後から付けたのかなぁ。店主のサービス精神に思いを巡らせながら入る、銭湯のサウナ。家庭用の湯船を利用した水風呂も、また一興。
冷蔵庫から自分でとるオロナミンCの美味いこと。

  • 105℃
31
2

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

2020.08.01 15:15
1
Candela Magazine Candela Magazineさんに5ギフトントゥ

2020.08.01 21:59
1
Candela Magazine Candela Magazineさんに37ギフトントゥ

いつも香川のサウナの情報が少ないところをサ活してくださりありがとうございます😄 このあたりの銭湯はとても気になっていたところです。また新天地を開拓してみようと思います。
ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら