あきち

2020.09.16

51回目の訪問

感謝を示すための長い長い言葉の連なり。とても個人的な営みだけど、少しは参考になれば嬉しい。

「ごゆっくりどうぞ」
なんとなくのモヤモヤを抱えたまま車を枠に収め、自動ドアをふたつ通り抜けた先での言葉。響いたのは広い吹き抜けのホールだけじゃない。気分は少し晴れて、薄曇りくらい。

館内の清潔でピンと張った空気の中、緩やかにカーブする階段で二階に上がる。テレビ見たり、食事したり。階下ではそれぞれが思い思いの時間を過ごしている。

浴場は紀の川に面した南向きの“河側“と、和泉山脈を望む北向きの“山側”のふたつ。どちらも劇的に素晴らしい眺めってわけではない。日の入り、グラウンドのネット越しに連なる山々と小さな灯りには心奪われるけれど。

奥に長いつくりの浴室には入り口から向こう側までズラーっと浴槽が並ぶ。湯が巡る轟音は高い天井と御影石の床を往復する。圧倒されるけど、嫌な気はしない。二段に整列した桶を手に取る。洗い場の鏡や蛇口の、そのあるがままの輝きが美しい。こんな風になりたいと、泡を擦り付ける。

電気風呂、水枕、シャワーブースの冷水、身体の拭き上げ。

三段掛けのガス遠赤ストーブ、最上段の真ん中に座る。しっかりと熱い。地元のオジイもサウナーも、どちらも満足できる良いバランスだと思う。湿度は低めだけど発汗は良好。室内は熱の匂いだけ。効能書きには魔法のような文言が飛び交う。

男達、食い入るようにテレビを見つめる。ところで、出るかどうか迷ってる時にガスが燃え盛って、室温が急上昇するのなんかは最高だ。灼熱が空間と、いくつかの裸体を仲介してるっていうのは。

テルマリウム。落ち着く以外に言いようがないし、空いてる。

伏流水という響きが好きだ。それは青いタイルの中に満ちている。だいたいいつも冷えていて、誰か浸かっていて、入口側のもう一つの水風呂まで歩かされる。だからサウナの横の小さな泉を独占できると幸せ。円形の縁に身体を預けて大の字に寝そべる。窓の向こうの何もない暗がりを見ながら一分くらい浸かった。そういえば冬場、温度計が12℃を示していたときは痺れた。二つの意味で。

外に出て休むとする。切り欠かれた屋根の下は、雨も風も、なんでも通過する露天のデッキ。目の前の現象を受け入れ、身体の変化を観察するのに適している。今日は水音と虫の声と心音、あと少々のノイズが合わさって和音になった。Cadd9#11。天国への階段を上る時の音。

浴室内の石のベンチでお湯の音と揺れに身体を包まれる。温かい。

帰り道、堤防の道は夜風がもう寒い。みなさんも風邪など引かないように気をつけて。さよなら。

  • 89℃
    18℃
52
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら

  • サウナーリンク集
  • サウナイキタイSTORE
  • 水曜サ活