れさわ

2020.11.12

1回目の訪問

木曜17時入店。新宿から王子へ急ぎ移動しつつ合間でサウナいけるやーんで急ぎ「東京銭湯お遍路マップ」辿りこちらへ。こぢんまりとした店内は番台スタイル。四ツ谷駅から歩いてすぐの便利立地ゆえか、サウナ込み入浴料1000円とお高めです。番台の可愛いおばあちゃんにサウナですと千円札渡すと530円のお釣り。サウナなんですと釣りを返すとあーそうかと大小タオルとサマットくれる。

コンパクトな脱衣所。自販機なし、代わりに小さな冷蔵庫がありエビアン120円取り出して買う。おばあちゃんやお体が不自由な方、ランステづかいで身支度中の方などがいらっしゃる。モタモタしているとお邪魔なのでパパッと浴室へ。

洗い場はシャワーなし席が約半数。シャワーあり席から埋まっていて自分がラス1。お邪魔にならぬよう備え付けのシャンリンポディソで髪顔体洗いパパッとサ室へ。

サ室はサキー、サフックなし。備え付けのサマットがなく、番台で受け取ったお一人サイズのを各々敷く方式。それなりに古さはあるけどとても清潔。テレビBGMなし、12分計も砂時計も見当たらず、薄暗い照明器具と室温計のみがひっそりと。変形L字2段で定員6名程度のところを3名までに制限中。この日のサ客はわたしと奥様2名。奥様は下段派、わたしは上段で長座。ほぼ同室することないタイミングだったこともあり、サ室はしんと静か。ストーブは遠赤外線。室温98度と高め、湿度低めでカラカラ気味ゆえ汗の出はゆっくり、じんわり。ひとりだし無音だし汗も出ないとなんだか手持ち無沙汰。ひたすら何も考えず無になる。まあだいたい無だな。

シャワーで汗を流し水風呂へ。他の方も書いておられるが「高齢者の方はお気をつけください。潜ると溺れてると思われるのでおやめください」とある。よくよく考えると不思議な日本語。ぬるい。温度計は24度とあるが30度設定のタカラ湯(北千住)よりぬるく感じる。2人入ればパンパンのこぢんまりサイズ。そこそこ冷やしてミニ階段で外気浴。バイブラ、座湯、備長炭風呂。でんきなし。備長炭風呂が人気で常に満員御礼だったので、湯船には浸からず3巡して出る。

帰り支度整え番台でタオル返したら「マットは?」と聞かれる。サ室に放置してきてしまった!わあすみませんと靴下脱ぎ着衣のままサ室に駆け込みマットマットと笑われる。とんだうっかり。

アフターは約束の王子「宝泉」へ。今日は空いてる。お母さん前席ゲットして家の人ニッコニコ。磯辺焼きが美味しかった!

れさわさんの塩湯のサ活写真

  • サウナ温度 98℃
  • 水風呂温度 24℃
47
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら