斉藤パンタレイ

2023.09.29

1回目の訪問

サウナ飯

弾丸ドライブ2施設目
ヤムワッカナイ温泉港の湯にて、海猫のかなでを聞きながら最北の風にそよがれ、至福の時を過ごした私は
帰り道をオロロンラインとし、万感胸に迫る利尻富士をこの目に焼き付け、ロマン溢れる日本海のせつないサンセットを浴びながら、何故か懐かしい思い出が甦るセンチメンタルな感情のまま、
まだ行った事がない、ここ苫前町のふわっとに立ち寄りました
(本当はただお腹が空いただけ)

さて、しっかりレヴューしましょうか
建物は新しく洗練されており、宿泊客も地元客も多い様に見えました
(…これは混んでいそうだな)
夕食ラストオーダー時間の兼ね合いで、先に頂くとする
お腹を満たしたあと、早速大浴場へ
後に奥さんと確認し合いましたが、どうやら男女で作りは違うようだ
わたしが利用した大浴場は、
浴槽は41度の岩風呂風、ジャグジー、(四季)と書かれた透明の湯、露天風呂
ジャグジーの横に室内トトノイスペース
露天エリアにサウナ室と水風呂、トトノイ椅子2つ
大浴場はなかなかサイケデリックでフレキシブルでクレバーなレイアウト
洗い場は仕切りアリで個人スペースは広め、鏡はワイド
岩風呂に入る際、お湯の濁りで段差がわからなく、踏み外し顔面ダイブin
おかげで水質がわかったが、かなり塩分が強い
海水かと思えたほど
これは肌がツルツルだ
さて、いよいよサウナ室
大浴場はそこそこの人が居たがサウナ室は何故か誰も利用していなかった
おぉ、U字型の座面に立派なサウナストーン
セッティングはストロングな設定
ヤムワッカナイ港の湯はボナサウナで湿度感もあり3分玉汗、5分ダラダラでしたが
一方こちらはカラカラ
皮膚は赤くなるが汗はなかなか出ない、しかし6分を超えたあたりから堰を切ったように発汗が始まる
これはこれで悪くないんだが、あの立派なサウナストーン、是非ロウリュウを解禁して欲しいものだ、絶対にパワーはありそうな気がする
またあの作りだと熱波師も大活躍しそうだ

水風呂はマイルドな設定、なお手動で水が20秒出るギミックがある
露天なので冬場はキンキンだろう

室内のトトノイスペースは非常に良かった
広い、静か、香り
冬場はこちらの休憩の方が重宝しそうである

なかなか立ち寄る事は無いと思うが、また近場を通った時は寄らせて頂こう

斉藤パンタレイさんのとままえ温泉ふわっとのサ活写真

生チラシ丼+小ラーメン、たこの唐揚げ

味、ヴォリュームともに文句なし 生ビールは運転があるので断腸の思いで我慢

サウナ飯 supported by のんあるサ飯
0
19

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら

サウナグッズ

アプリでサウナ探しが
もっと便利に!

サウナマップ、営業中サウナの検索など、
アプリ限定の機能が盛りだくさん!