2020.03.21 登録

  • サウナ歴 26年 8ヶ月
  • ホーム 望月湯
  • 好きなサウナ 全てのサウナ
  • プロフィール 【まだ見ぬ熱さに、出会いたい。】  北の大地、札幌生まれのサウナ愛好家。 新しいサウナに出会いたいが為 家を持たず各地のサウナに住み 日々の「幸熱体験」を書き連ねております。 皆様の好きなサウナは、どこですか?
絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

幸熱くん

2021.05.13

5回目の訪問

続きを読む

幸熱くん

2021.05.12

4回目の訪問

水曜サ活

続きを読む

幸熱くん

2021.05.11

3回目の訪問

続きを読む

幸熱くん

2021.05.10

2回目の訪問

続きを読む

幸熱くん

2021.05.09

1回目の訪問

Smart Stay SHIZUKU 上野駅前

[ 東京都 ]

「サ」巡りシリーズ in 東京は上野


上野駅の目と鼻の先
スタイリッシュなデザインの表構
本日からの住処はここ、SHIZUKU

建物全体が小ぢんまりとしているが
広々と清潔
カプセルも通常より広々で快適

ということで浴場へ
全体的に小ぢんまりとしており
広々とした浴槽が一据え
ぎりぎり二人が入れる水風呂が一据え

そしてサ室も小ぢんまり
快適な人数は4人か
時計近くに常に置いてある匂い袋
ここから仄かに香る
爽やかなミント系の香り
こういうちょっとした気遣いは嬉しい

そしてオートロウリュがあるのか?
ストーブ上にシャワーの様なものが
しかし味わう事は叶わなかった

そんなこんなで数セット
満足しながら最後に再洗体
ふと目を落とすと
「Cool」と書かれたシャンプー達

そう、メンソール入りの
スースーするシャンプー
そしてボディソープだ

久々に使うとヒリヒリするほど
冷たく気持ち良い
更に拍車をかける為
水シャワーで追い打ちを掛ける



あ、冷たい冷たい
キツイきつい

あれ、この状態でサウナ入ったら
どうなるんだろう…



ということで再度in



あ、やばい



皮膚でメンソールが熱波と戦う
そして徐々に溶け合い調和する
寒さと暑さのマリアージュ

これは、気持ちいいぞ?
と言う事でこれは今後も続けていきたい



命名「クールブースト」



何だか某煙草の様な名前だが
サウニング前にぜひお試しあれ



クールブーストでエクスタシーブーストフィニッシュ

  • 98℃
    15℃
続きを読む
51

幸熱くん

2021.05.09

1回目の訪問

熱海シーサイドスパ&リゾート

[ 静岡県 ]

「サ」巡りシリーズ in 静岡は熱海


私事ながら
人生初の熱海

暖かい日差しと
気持ち良い潮風に当たりながら
坂道を下る事約10分

海の目の前にそびえる
オーシャンビュー絶景温泉
ここ、シーサイドスパ

地元民曰く
やはり温泉の街だけであって
サウナには特別力は入れてないとの事
しかし、サウナーたる者
サウナ無しの施設を選ぶわけにはいかない
悲しいサウナーの性である




しかし、今回で
熱海は温泉だけではない
そう確信したサウニングであった




なんと素晴らしいことに
90℃以上の温度で
30分間隔のオートロウリュ
これは素晴らしい

水風呂はサ室を出て一歩
樽風呂となっており
一人が悠々と入れる大きさ
しかも掛流しで常に冷たい
が、心臓に刺さる温度ではなく
初心者にも優しい

時期だからかも知れないが
人も少なく、水風呂の待ち時間はゼロ

そして露天の整い処は
防風壁があり
身体の粗熱を拭い取る
程良い潮風が心を落ち着かせる




はぁ、さいこう。





さて、露天風呂でもはいるか。


ん?


何故だろう、目の前にカップルがいる
ん?カップルがこちらをみてる…?







そう、ここ、
「露天風呂が丸見え」
数十メートル先は
車道、歩道、展望台があり
展望台とちょうど同じ程度の高さに
露天風呂があるのだ

さらに
上を覗くと客室のベランダが

ラグジュアリーなホテルで
スパ内もオシャレでキレイなのに
まさかの露天風呂でのガバ

愉しませてもらったが
流石に外の方のご迷惑になりそうなので
極力肩まで浸かる

勿論露天風呂はこれだけ開放的なのもあり
目の前は絶景のオーシャンビュー

愉しく面白い、熱海の一時を過ごした


キャー丸見えーゴメンナサイーフィニッシュ

  • 95℃
    18℃
続きを読む
50

幸熱くん

2021.05.08

1回目の訪問

用宗みなと温泉

[ 静岡県 ]

「サ」巡りシリーズ in 静岡


JR静岡駅から2駅
用宗駅から徒歩10分でオーシャンビュー
そしてサウナが
ここ用宗みなと温泉

アクセス良好
海で遊んだ後の帰り
ひとウナやりたいときに最高だ

といっても
ついでのサウナ、という訳ではなく
設備は新しく清潔感溢れ
サウナだけの目的できても
十二分に愉しめるサウナであった

GWも終わりの頃の入店の為
人も疎らであろうか
何時もの風景を知らないが
人は多くなく、サ室も常に2,3人

その割にサ室・水風呂共に
10人以上は悠々と快適に過ごせる広さ
かと言って、繰り返しとなるが
「ついでのサウナ」ではない

温度も90℃を超える文句なしの高温
そして水風呂も心臓がきりりと締まる
15℃前後の体感

そしてなんと言っても
仄かに潮風が舞い込む
高天井の広々とした露天風呂

そこにあるベンチにふらりと寝転べば
極楽浄土を疑似体験
死せずとも味わえる
極楽浄土オーシャンビューのサウナ

しきじに存在感を奪われてしまい
他県来訪者からは認識が薄いが
是非訪れて頂きたいオススメサウナ

隣にはブルワリーも併設されており
日によって変わるとも言われている
気まぐれIPAも風呂上がりの一杯として
格別至高


アイラブ用宗ラブゴー用宗フィニッシュ

  • 95℃
    14℃
続きを読む
69

幸熱くん

2021.05.08

1回目の訪問

サウナしきじ

[ 静岡県 ]

「サ」巡りシリーズ in 静岡


薬草サウナと駿河の天然湧水
といえば
サウナーなら10人中10人が
同じ答えを返すだろう



そう、とうとう訪れてしまった
サウナーなら一度は訪れたい
「サウナしきじ」
が、聖地というのに私は
いまいちしっくりこなかった

というのも私は生まれも育ちも北海道
北海道の大自然に比べれば
素敵な水も薬草も
どれも霞んで見えてしまい
そこまでの素晴らしさは
無いだろうと高を括っていた

そう、高を括っていた、のだ



甘かった。
そこには確かな感動があった。


センスの良い
陽気な80年代洋ロックに出迎えられin

まず驚いたのはサウナではなく薬湯
はいってすぐ脇にあるのだが
カレー4割、紅茶4割、麻婆豆腐2割
を濃縮したような
強烈な香りの暴力

だが、浸かって暫くすると
不思議と心は安らぎ
身体の緊張はみるみる溶けていく

で、先ずは先人に見習い
オーソドックスなしきじ入浴法と言われる
ストロングスタイルでスタート


フィンランドサウナは適温
しかし、心を落ち着かせる
だが、初めて香るような独特な香りが
辺りを包み込んでいる
これはなんだ?
しかし、薬草の匂いではない

で、ふと温度計を見ると「120℃」
え、本当?
しかし温度計に脳は動転し
汗はみるみる吹き出て5分持たずout

そしていよいよ水風呂へ
温度は16℃か
で滝行
赤子の首なら容易に折れそうな中々の水圧
掛流しの湯口から溢れ出る水を
手で掬い取り、ごくごくと
うん、最高だ
※味の違いは正直わからない

そして呼吸が寒くなったら
いよいよ薬草サウナへ



え、ぬるっ
あら、予想外残念
まぁ20分いれば暖まるか
そして薬湯を更に抽出したような
強烈だが身体を内から解す香りに
段々と居心地も良くなってきた
と思えば


ぷしゅーっ


という不穏な音
と共に現れた白い蒸気
そしてみるみる上がる体感温度
熱い、熱い
指を動かすだけで途轍もない熱さ

体感は

「沸騰したやかんの口」

一旦外へ出て
水風呂に飛び込み
身体の雫を拭き取り
目の前のベンチで瞑想開始


あ、すごい
ありがとう。


感謝の心と
尋常じゃないあまみが
身体の内から外へ
止め処なく溢れ出す


来てよかった
これが、しきじ。


お薬ガンギマリパーリナイ(合法)フィニッシュ


追伸1:
ヨーキング来てて笑った

  • 60℃,120℃
    16℃
続きを読む
77

幸熱くん

2021.05.07

1回目の訪問

国母温泉

[ 山梨県 ]

「サ」巡りシリーズ in 山梨は甲府


熱々サウナに無限冷泉、岩造り露天風呂と
銭湯のクオリティを大幅に超えてきた
ここ国母温泉

小雨が降る中
お散歩がてら宿より30分弱
気づけば雨も上がり
看板が見えてきた事に興奮


外観見た感じ風情はあるが
兎に角でかい
札幌の月見湯より
一回り小さめくらいの大きさはある

よくある銭湯番台ではないが
入口すぐ左手の受付で支払いin

うん、脱衣所も広い

そして、人がほぼ居ない
上がる前に人が入ってきたが
ここも喜久乃湯と同じく
客のマナーが極上
甲府サウナーは素晴らしい。



温度の違う風呂が3種類に、露天岩風呂
そして中には3人は悠々と入れる水風呂
銭湯とは思えないクオリティに
思わずニヤつく


水風呂は
20℃は超えているが
ここも冷泉

コップが置かれているので
飲泉も可能なのか

飲んでみると遥か彼方に
微かに温泉の香りが

と言う事で普通の飲泉より飲みやすく
ガバガバ飲んでしまった
大丈夫だろうか

サ室は喜久乃湯同様ボナサウナ
個別マットがあるためお借りし
上段に座ると、なんだか尻が熱い
そして手をつくともうそれは鉄板

椅子の直下にストーブが通ってる様子
ボナにしても
ちょっと遠慮がない強さに思わず笑う

そんな雰囲気でわかると思うが
思ったより温度が高い
そしてボナはやはり湿度が高く
苦しさが全くない
これはボナの特性なのか

そしてサ室の中には
またしても既視感のある注意書きの多さ



ここでやっと気づいた
ボナサウナは注意書きが多い
と言う事に



というのも
普通のストーブと違って
ボナは格納式と言うこともあり
メンテナンス性が悪く
しかも椅子や床から漏れ出た
水により故障率が高い

その為止む無く店側が注意を
客に念入りにしなければいけない
と言う事だ

しかしボナを
こんな格安で提供してくれる
店の努力も地元民も
理解しているのだろう
だから客のマナーも自ずと良くなる



いいボナには
いい客が集まり
いいサウナとなる



銭湯の見抜きポイントの一つは、ボナだ。


ボナボナボーナーフィニッシュ



追伸1:
ここも全然サ活ない
サウナ好きから注目されてない気が


サウナー各位
もし甲府に訪れることがあれば
是非、喜久乃湯か国母温泉へ
甲府は、ドミだけじゃない。

  • 80℃
    25℃
続きを読む
72

幸熱くん

2021.05.06

1回目の訪問

喜久乃湯温泉

[ 山梨県 ]

「サ」巡りシリーズ in 山梨は甲府


サウナを探し求め辿り着いた
太宰治が愛した銭湯、喜久乃湯

太宰治が通っていた様で
そのファンからはコアな人気があった様だが
サウナーからの評価は少々辛口
水風呂がぬるい
サウナもぬるい
と言う意見をしっかり受け止めて
ハードルをしっかり下げin



したが、
正直言うとかなり満足のいくサウニングが出来る
素晴らしい銭湯であった


まず入口からして衝撃なのは
太宰治を前面に推した切り出し記事と
注意書きの多さ

脱衣所、浴場にも

お喋り好きなヌシ様ですら
ここまでの講釈は垂れられないと言う程に
事細かに注意書きが

よく見たら
「風呂は右足から入れ!」
とかすらありそうだ

そして昔ながらの趣を残す銭湯としては珍しく
刺青禁止とのこと
中にも刺青の客はほぼ居らず
刺青サウナー、残念無念

そんな注意書きの量からか
客のマナーはとんでも無く良い

- 桶や椅子を出しっぱなしにしない
- 入浴前に身体を念入りに洗う
- 浴場は挨拶のみ、会話は脱衣所でマスクで
- サウナ後は念入りにシャワーして水風呂へ

今まで様々な銭湯に赴いたが
ここまで居心地の良い銭湯は初めてだ
まあ時間帯によっても、ではあろうが



サウナは80℃を指すが恐らくそれ以上はある
というか温度計機能してない気がする

サ室はテレビも時計も何も無い
勿論注意書きはある

「水を滴らせるな」

という内容が様々な言い回しで。
ボナサウナとなっていて
湿度も高い

そして水風呂
というか源泉が25℃冷泉のため
贅沢にかけ流している様だ

かけ水に
心臓が丁度どきりとしない温度
これはまた良い



水風呂は、温度じゃない。



という事が漸く身体に染み込んできたか。

気づいたら4セット
風呂も全種類味わい
なんだかんだで1時間強滞在してしまった


太宰治がいた頃にはサウナは無かっただろうが
足繁く通った意味が、少しだけ分かった気がした



私は、サウナの多い生涯を送っています。フィニッシュ


追伸1:
例の本、ここにもあった

追伸2:
初、フルーツパイン
パイン飴とカットパインの
中間の味してかなり旨かった

  • 80℃
    25℃
続きを読む
75

幸熱くん

2021.05.05

1回目の訪問

水曜サ活

甲斐路の湯 ドーミーイン甲府

[ 山梨県 ]

「サ」巡りシリーズ in 山梨は甲府


サウナが少ない地域の味方
ホームレスサウナー
出張サウナー
単身赴任サウナー
の希望の光
本日はここ、ドーミーイン甲府へ

甲府駅周辺は本当にサウナが少ない

しかし、街並みは興味深い
風俗店の隣にラーメン
スナックの隣にカレー
全てが混ぜこぜになっている

商業ビル毎に割とコンセプトが決まってる
すすきの出身の私からすると非常に趣深い

基本的に酒と飯を愉しむ街なのだろう

しかし、サウナはない
そんな街でも私たちを安心させるのが
ドーミーイン

本当に何処にでもあり
全てのコンディション
ホスピタリティが
どれも変わらず最高なのは素晴らしい

大浴場は安定のクオリティ
程よい間接照明
サウナも充分な温度
水風呂は優しめな温度
うっすらとヒーリングミュージック

で、なんと言っても素晴らしいのは露天風呂
広々とした岩風呂に
充分な量のデッキチェア
バックには主張しない灯りのネオンで
大きく店名の看板

壺風呂はないが
代わりにお立ち台が

気になって登るとなんと
富士山が一望出来る様になっている

恥ずかしながら
私は生で
はっきりと富士山を望んだ事がない
しかも本日は生憎の曇り模様

これはまた
甲府に来い
と言う甲府の声であろう

次はお隣にあるドーミーイン丸の内も
泊まってみたいと思う

はあ、出来る事ならば。
ドーミーインに住みたい。
金銭的なハードルだけなのだが。



ドミニストって金持ちじゃね?フィニッシュ

  • 92℃
    16℃
続きを読む
70

幸熱くん

2021.05.04

1回目の訪問

tabi-shiro sauna (宿とサウナとジェラート)

[ 長野県 ]

「サ」巡りシリーズ in 長野は松本


ソロサウナー
カップルサウナー必見
松本駅から歩いて10分
都会の喧騒から離れた
下町古民家にある本格派オシャレサウナ
tabishiro へ



噂は完成前から
既に北海道まで
広がっていたもので。

北海道のサウナー達も
気になっていたもので。

そんなこんなで
東京から上越の方へ
足を運ぶ機会があったもので。

そりゃ、もう
松本、いくっきゃない。





正直なところ、感動の一言。


・脱衣所から
 止め処なく溢れる白樺の香り

・16℃前後の掛流し水風呂には
 オーナーのご厚意で
 大量の生ヴィヒタ

・∞チェアは2脚

・外気が程よく遮られる木の壁

・街サウナではお目にかかれない
 完全集中仕様のほぼ闇サ室

・温度は常に100℃を超える
 水を掛けた瞬間に
 轟音と共に蒸発してしまう程の
 圧倒的火力の電気ストーブ

・ロウリュ水はヴィヒタを抽出水
 オロポはサービスで備え付け
 という細やかな嬉しいサービス



どうだろうか?
ここまで聞いたら、サウナ好きは
イキタイ、一択でしょう?


唯一のデメリットとしては
3人はちょい厳し目
4人は無理という具合
楽しむとしたら2人が最適であろう


そして今回
なんと言っても面白いのが


渋温泉で偶然同部屋になった
初対面の
石川県在住の温泉好きのソロお兄さん


ナンパ(笑)して仲良くなり
挙句の果てには松本まで連れていき
(というか松本まで無理やり
車に乗せてもらい)


一緒にサウナに入らせ
終わり際には
完全なサウナーそのものの
表情となっていた


また一人、サウナーがここに誕生。


石川県のサウナを探す宿題を
抱えた彼とお別れした後も
面白いのがここのお客さん


宿泊者の半分は
サウナーの皆様なんだから
そりゃ楽しい



愛知から来たご新規サウナーカップル
公衆浴場をスーパーカブで周るお兄さん
何よりもサウナ愛が止まらないオーナー



いいサウナには、いいサウナーが集まる
サウナ好きこのゆびとーまれフィニッシュ

  • 共用
    100℃
    16℃
続きを読む
75

幸熱くん

2021.05.03

1回目の訪問

九番湯 渋大湯

[ 長野県 ]

「サ」巡りシリーズ in 長野は下高井


湯田中温泉の少し奥へ
進むと現れる
風流ある温泉街、渋温泉

千と千尋の神隠しの
モデルともなってる場所である

本日は
「小石屋旅館」に宿泊して
噂の公衆浴場「九湯」へ

「九湯」とは
温泉街に小屋が九つ点在しており
各々その中に洗い場は無く
あるのは
3〜8人程度が入れる
小ぢんまりとした浴槽がひと据え

サウナとしては
9番目の湯
「大湯」に40℃程度の
蒸し風呂が一つ
しかなく水風呂もホースの水道しかない

しかし、今回の目的は
噂の本題である「温泉」
なんとここが
「60℃」
の源泉掛流し

これによる温冷交代浴が
泉質も相まって
とんでもなくキマるとの情報からin
やはりサウナ愛好家たる者
温冷交代浴全てに
アンテナを張っておくものである




結論から言うと
サウナもういらない。
熱湯最高。
となる一発だった




一応サ活投稿のため
サウナの話も少々

ここのサウナは
源泉の蒸気を充満させているようで
扉を開ければ強烈な温泉の硫黄臭が
鼻に叩きつけられる

しかし、一度入れば
優しい温度と優しい蒸気により
熱湯前の暖気運転として最高

匂いもすっかり慣れ
ウトウトしかけたところで
気を持ち直して熱湯へGo

ここの温泉街は坂となっており
上流の浴場は泉質は薄いが熱く
下流の浴場はぬるいが泉質は濃い

一応肩慣らしと言うことで
下流の1の湯「初湯」へ
初陣は、、、ぬるい。恐らく42℃
残念。

あとから入ってきた
現地で働くお兄さんから話を聞くと
本日はどこも混んでて
外部客が水で薄めており
全体的にぬるい可能性が高い。とのこと

そしてここで
上流が熱いという話を聞き
4の湯「竹の湯」へ

うん、熱い。
45℃はある
しかし、これは求めてた温度ではない


ふと湯口に目をやると板がある
徐に板を外すとビンゴ
源泉の量が3倍に
みるみる浴槽が灼熱拷問風呂に

肌がびりり
皮膚が剥がれそう、痒い
心臓が爆音で鳴り続ける
1分も持たず板を締め
蛇口で水を出し
必死に身体に水を掛ける



そして、瞑想



これです、これなんです



後から入ってきた強面お兄さんも
思わず顔をしかめて
1分持たず外にでてた
申し訳ない、お兄さん。
でも、気持ちいいでしょう?




石川五右衛門極楽の刑フィニッシュ

  • 40℃
続きを読む
58

幸熱くん

2021.05.01

1回目の訪問

Hostel Perch (パーチ)

[ 新潟県 ]

「サ」巡りシリーズ in 新潟は佐渡


本日降り立ったは佐渡ヶ島
理由は一つのサウナの存在

明治築の廃れた土蔵を
リノベーションした
「蔵サウナ」
で味わう佐渡最高の整い
ここ、hostel perchへ




正直いうと
水風呂・サウナ・休憩
関東圏では味わえない
感動のサウニングだった




小雨が当たる曇り空の中歩いていると
到着の瞬間に
雲の切れ間から一筋の光
昂るテンションを抑えつつin

ゲストハウスに
蔵サウナが併設されているのだが
ゲストハウス自体も廃業した昔の旅館を
リノベーションしており
店長伊藤さん曰く
所々に前の旅館の風味を
残しているらしく趣深い


共用ダイニングを抜けてサウナへ




古き良き民家に囲まれた
打ちっぱなしコンクリートのスペース
そこに差し込む眩い日差し

4脚の∞チェア

雨風除けの木造り屋根

2人は余裕に身体を伸ばせる
巨大木樽水風呂

その隣に一人用の木樽水風呂

大きいヘッドで
全身に水を浴びれるシャワー



まだ蔵サウナの外観だ
まだサウナに入っていない
なのにここまで期待感を上げさせてくれる
このセッティングの素晴らしさ



そして満を持して蔵の中へ



蔵の中は思ったより大きく
サウナの入口には簡易脱衣所と
汗を流す用のシャワーユニット

二階もあり
そこにも∞チェア
煙突が突き抜けており
20-30℃の仄かな暖かさが残っており
ここも休憩するとしては良し

準備を済ませ扉を開ける

と、強烈な熱風と木の香り
が身体を通り抜ける

8人が限度と記載はあったが
8人が余裕を持って座れる大きさ

そして傍らには
木桶とラドルとティーツリーのオイル
勿論有無を言わずに水をストーンへ



ありがとう。
ごちそうさまです。




ほんのり香るティーツリー
そして薪の燃える香り
このサウナ至上最大級の
極上の香りタッグと
ロウリュによる蒸気が
毛穴一つ一つに刺さり
幸せの限界を迎える


そして水風呂
水風呂も蛇口は自身で撚ることができ
温度も15-6℃を保っている
最高です、ありがとう



そんなこんなで90分
何セットしたのだろうか
薪も一度も組み替えることなく
常に95℃以上を保っていた
伊藤さんのサスキルに感謝感服しつつ
最高の5月サじまりができた




サッササウナのマーチ上越編フィニッシュ

  • 95℃
    15℃
続きを読む
74

幸熱くん

2021.04.30

1回目の訪問

多宝の湯 ドーミーイン新潟

[ 新潟県 ]

「サ」巡りシリーズ in 新潟


4月ラストのサウニングは
安定安心ドーミーインへ



各都道府県、各大都市に
必ず存在するドーミーイン

尚且つ、どのドーミーインも
- 接客
- セッティングの質
- 客層
どれを取っても
平均点は超えてくる

かと言って、どのドーミーインも
画一的な造りになっているかというと
そうではなく
個性溢れる表情を各々持っており
その表情を愉しむのも醍醐味

もしお金と時間に余裕があれば
全国ドミ巡りでも
してみたいものだ


ドミ巡り年間パスポートの販売
の様なヘビーユーザへの格安プラン

または

ドミアンバサダー


みたいなの是非待ってます。
全力でドーミーイン応援するので
運営陣の皆様、是非是非ご検討をば。


そんなこんなでin
なんと新潟ドミは
「ハッピーアワー」
と言う事で
ハイボール、ビール、ソフトドリンク
などアルコール類を含む缶ドリンクが
夜鳴きそばと共に無料提供中

こういう土地毎の
細やかなサービス・サービスの違いが
ドミワクポイントの一つ


そしてここは
客室2Fから10Fまで吹抜け
開放感溢れるフロアに
期待感も高まる


大浴場は最上階10F


脱衣場へ向かう道も
吹抜けを廻り込むような形で
登り坂となっており
サウナへの高揚感を上げる


そしてサウナは人一人おらず
温度は90℃を下回るのに
何故か続々と汗が止まらず

その隣に位置する水風呂は15℃弱

関東の優しい水風呂もよかったが
やはりこのキリッとした水風呂の温度

入った瞬間に体温と水温が
せめぎ合い戦うこのひととき



はあ、良き也。



気づけば新潟の街を見下ろしつつ
全身あまみだらけでゴールイン

どのドーミーインも
サウナと水風呂だけ見ると
突出した良さはない
※平均点以上ではあるが
しかし、ととのうスピードは
ほかの施設に比べると段違い

そう、サウニングは
決して水風呂・サウナだけではない
施設や接客、客層に雰囲気。
全てのセッティングが
うまく調和されて
最高のサウニング環境が
出来上がるのだ

サウナと水風呂だけじゃないよ、サウナは。

そんな事を教えてくれるのが
ここ、ドーミーイン




ありがとう、僕らのドーミーインフィニッシュ

  • 90℃
    15℃
続きを読む
83

幸熱くん

2021.04.28

1回目の訪問

新宿区役所前カプセルホテル

[ 東京都 ]

「サ」巡りシリーズ in 東京は新宿



久々に訪れた新宿駅であるが
やはり迷宮、まずどこから出ればよいかわからない
出たら目的地と逆側
あっちこっち行って
「新宿サブナード15番出口」
と書かれた出口がビンゴ
1分歩いて漸く着いたここ、新宿区役所前カプセルホテル

チェックインまで少し時間がある為
昼下がりのローソンで数十分暇つぶししていると
少し酔っぱらっている様子の女性が
電話でホストの愚痴を大音量で漏らす
さすが天下の歌舞伎町

北海道はすすきの、早朝のススマを思い出しながら
微笑ましく見守りつつ
コロナとは無縁の世界もあるものなんだなぁ
と感じながらin

英語表記が多く
昔はアウトバウンド目的で作られたカプセルなのかな
と思いつつ休憩処へ

広々として
「人をダメにするソファ」も複数配置
食事は提供されていない代わり
カップ麺やお菓子の自販機は充実
久々にジャンク飯を食らってから大浴場へ

バイブラ風呂ひと据え
43℃程度と思われるあつ湯ひと据え
水風呂ひと据え

というシンプルな構造にも関わらず
∞チェアは3脚、デッキチェアも数脚あり
サウナへの力の入れ方を感じる

そして水曜20時からは水風呂に
氷のうを入れてくれるサービスらしい
が、ものの20分程度で跡形も無くなる
1セットだけ行けたが温度は14,5℃程度か




最近焦りを感じるのは
私が
「極冷水風呂ジャンキー」
になってしまっていることだ
14℃くらいが気持ちよいラインで
それ以上温度が高いと
「なるほどね」
と思いながらぬる湯の気持ちで入ってしまっている

きっと極冷じゃない水風呂でも
愉しみ方はある筈なのに
北海道の冷たい水風呂が
当たり前となってしまい
最初に水風呂に入ったときの感動を忘れてしまっている



誰か、このジャンキーを更生させてください。
思い出したい、優しい水風呂の良さ。



グルシン、ダメ。ゼッタイ。フィニッシュ

  • 92℃
    15℃
続きを読む
75

幸熱くん

2021.04.27

1回目の訪問

スパリゾートプレジデント

[ 東京都 ]

「サ」巡りシリーズ in 東京は御徒町


さわやかな日差しを無視し
御徒町駅から数十歩歩いてついたのが
灼熱業火のミストサウナがある
ここ、プレジデント


フロント入るまでの道のりに
サウナのステッカーやフライヤー多数
まるでライブハウスの様相

だが中に入ればそこは
多少年季が感じられはするものの
明るく清潔感溢れるさわやかなエントランス

鍵を受け取りカプセルフロアへ行くと
なんだか田舎の祖父母の家にでも遊びに行ったような
落ち着く香り、かなり年季が入ってそう
ただ、清潔感は不思議とあり、すこぶる快適

そして大浴場へ出陣
人は少なく快適
と、ここでついに
第一東京マスクサウナー発見

なぜ東京ではサウナ内マスクは流行らないのか
どんな湿度でも息苦しくないし
タオルマスクよりも感染リスクは減る
サウナハットより利便性は高くいい気はするのだが

※と言いつつ私は最近マスクをなくして
 現在はマスク未使用

そしてなんとミストサウナが登場
スカイスパ振りだ
ちょっとワクワクしながらin



え、あつい
え、むりむりむり
なんだこれは

サウナとかではない
人生で味わった中で一番熱い場所だ
温度計は50℃を行ったり来たりなのに

これはサウナではない
調理器具の類だ
肉まんとか、鳥ハムとか作れる、きっと

身体がずっと危険信号を発している
ミストサウナなのに喉が苦しく息ができない
しかも、なぜか喉が渇く

さらに上から滴る水滴


これ、熱湯じゃない?
あれ、やけどしてない?
あれ、ほんとに大丈夫?
隣のお兄さん、ずっとうつむいて
「ふ...ふっ...」
っていってるけど?



といいつつ私も俯き耐えること5分
流石に身の危険を感じ水風呂へ



脳から身体中に一気に「安全」の号令を発するのがわかる
とてつもないリラックス状態
関東に来てから久々に来た、これこれ

もう私の興味はすべてミストサウナに気をとられ
あまりドライサウナの記憶がない
優しい温度でよかった、普通によかった


関東に来てから久々に感動のサウニングであった


人肉蒸し焼き御前 2,000円/一泊(税込) フィニッシュ


追伸1:
ふと腹が減り頼んでしまった広東麺
サラサラっとしてて食べやすく
完飲してしまった
名ばかりの糖質制限生活は
いつ根を張るのか
そして宿泊者無料のコーラを飲みつつ

  • 50℃,90℃
    14℃
続きを読む
70

幸熱くん

2021.04.26

1回目の訪問

ドシー恵比寿

[ 東京都 ]

「サ」巡りシリーズ in 東京は恵比寿

大浴場無しの
サウニングを追求した
スタイリッシュな本格サウナ

恵比寿駅から徒歩一分にある
ここ、ドシー恵比寿


周りに雰囲気の良い大衆居酒屋が並ぶが
時はコロナ、店は閉店
時期が時期ならきっと一杯引っかけて
ここにくるのも良いのだろう
※そもそも私は居酒屋にはあまり行かないので問題ないのだが


気を抜くと見落としそうな螺旋階段を上り2Fからin
既に5,6人の列ができており、人気の様子

親切な接客に期待が更に高まる中
店員さんに聞くと終電前後は空いている様子
その為少しカプセルで仮眠をとり時間は23時、出陣

脱衣所にシャワーユニットが数台と
奥に全身シャワーが数台
そしてサ室目の前にここの名物、5段階シャワー
- 15℃
- 20℃
- 25℃
- 30℃
- 常温
となっている

シャワーと思ったが実際は
ちょろちょろと
優しく流れるミニ打たせ湯の様相
最初は故障かと思ったが仕様だと気づき少し笑う

そして常温が
一番水量が多く
一番冷たいのにニヤつく

更に更に、事前に聞いた情報により
全身シャワーの水温を最低にしたら
上記打たせ湯よりさらに冷たく爆笑

そして肝心のサ室は
人がゼロ、これはいい
薄暗く、中央にある大きなストーブを取り囲むように2段
音はなく、香りはほんのりペパーミント
これはロウリュによる香りだった
ロウリュしていない状態は少し湿度が低いので
水分を含ませたタオルでしっかり口を覆う

そしてマンションにある小さなバルコニーのような一角に
デッキチェアが3台、外気浴もできる

総合的に
コロナ前であれば恵比寿で遊んで
帰る前にフラッとサウナに立ち寄りたい
そんな人にはかなりお勧めできる
いいサウナだった



最近オサレなサウナばっかじゃない?フィニッシュ

  • 96℃
続きを読む
56

幸熱くん

2021.04.25

5回目の訪問

カプセルプラス横浜 サウナ/カプセル

[ 神奈川県 ]

千葉・横浜・東京と
数は少ないが色々廻ってみて
北海道とは異なる細かい文化の違いが
見え隠れするのが面白い

特に面白いのは
北海道と異なり
熱さへの求め方が全く違う



施設側としては
100℃は当たり前
120℃前後も特段珍しい数値ではない

客側としては
面白いほど上段争いが激しい
最上段が一人空けば
その下段の者たちがすっと数人立ち上がり
その最上段へと向かう
北海道でももちろん上段へ移動する人はいるが
こっちは100%だ

なので最上段は確実に満席
そして下段はちらちら後ろを振り返ったり
常に神経を張っているイメージ

その割に水風呂はぬるい
客もだいたい15℃くらいになると
「キンキンだー」
「つめてーむりむり」
となっている

これは北海道の水風呂が冷たい、が正しいのだろう
恐らく水道水や地下水脈をそのままかけ流しても
そんなに冷たくはならないのだろう
そのためチラーを使わなければいけないが
極寒水風呂にするにはそれなりの金がかかる

そして北海道では徐々にメジャーになっている
「サウナ内のマスク着用」
こっちはさらに人が多いが
まだ一人しか見ていない
そしてサウナハット率もかなり低い
有名サウナのイモ洗い状態も体験したが
総計で4,5人くらいしか見てない
これは理由がわからない
母数が多いので単に目立たないのか


まだまだ関東サウナは1数件しか回ってないので
今後もっと違いがわかってきたりするのだろう
その違いも楽しみながら
もっと関東サウナの楽しみ方を知っていきたい






そんなことを∞チェアの上で反芻していたが
ここ、上に扇風機があり
それがバイブラ風呂から発する
大量の蒸気を巻き上げ
心地よい風を全身に浴びせる



あれ、これ、望月の、露天...?



と、一瞬頭を過る程に素晴らしい休憩処であった


某矢沢の如くふらりと辿り着いたここヨコハマは
綺麗め且つ本格サウナの集ういい街であった


さよならヨコハマまた逢う日まで!フィニッシュ

  • 96℃
    20℃
続きを読む
64