2018.11.09 登録

  • サウナ歴 1年 9ヶ月
  • ホーム 三の輪湯
  • 好きなサウナ サウナ室:暗め、天井低め、10分もたないくらいのあつめ / 水風呂:16度。シンとした感じ
  • プロフィール hiro-mixtureは、生まれたばかりのサウナーです。 応援して下さいね☆ お友達にも僕のサ活を教えてあげて下さいね。
絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

hiro-mixture

2019.12.10

1回目の訪問

天然温泉 さんさの湯 ドーミーイン盛岡

[ 岩手県 ]

迷ったらドーミーイン。迷わなくてもドーミーイン

「きみは、ドーミーインを知っているか?」

ということで。

"知っている"というのは、名前を聞いたことがあるとか、看板を見たことがあるとかそのレベルではなく、

「ドーミーインとは一体どういうビジホなのかを知っているのか?」

ってことなんですけど、実際その知名度といったらどの程度なのでしょうか。
ちなみに僕は知りませんでした。

モットーは、「住むホテル」と「我が家に近いビジネスホテル」とするドーミーイン。
このために(多くは最上階に)(サウナ付き)(天然温泉の)大浴場を備え、また朝食にご当地の素材を使った豊富なメニューやご当地料理を含めた豪華ながらにしてリーズナブルなビュッフェ(有料)を完備。

そして最大の特徴として、毎日大体21:30~23:00(店舗により異なる)くらいの時間帯に「夜鳴きそば」の名称で半玉サイズのあっさり醤油ラーメンを無料で提供してたりします。

そんなドーミーインチェーンは、国内外合わせて80棟を優に超えており、2019年度日本版顧客満足度指数調査においては、ビジネスホテル部門で4年連続で1位だったリッチモンドホテルを抑えて、ついに首位となりました。

まぁ要するに何が言いたいのかっていうと、ドーミーインがいいってことですよ。

いや違う!
サウナーがビジホ選ぶ時には迷わずドーミーインにすればいいって話なんです。

こちらのドーミーイン盛岡は、今年の4月くらいにオープンしたっていうピッカピカの一年生ドーミーイン。
そんなドーミーイン盛岡のサウナは絶対充実してるはずじゃないですか。

行ったことないのに信じてました。
で、ほぼほぼ期待通りでしたね。

サ室はカラカラなんですけど、広さもまぁまぁでちゃんと熱いし、水風呂は冷たい。
ただ、水風呂は珍しい壺湯型で、壺湯好きの僕としては楽しいんですが、一人しか入れないのはタイミング的には好ましくない時もあります。
運を信じましょう。

露天にととのいイスもあるんでほぼ完璧なんですが、僕が最も優秀だと思ったのは浴室のBGMです。
ありそうでなかったヒーリング系。なんだったら一番音量が高いのが露天ってのがまたにくい演出です。
ほとんどの人がととのう場所って外気浴中なので、露天でヒーリングミュージックは、完全に「分かっている」人がやってる証拠でしょう。スゴイ。

旅行先のホテル選びって、結構迷うじゃないですか。
もう迷う必要はありません!
そこにドーミーインがあったら、決めりゃあいいだけです。

続きを読む
4

hiro-mixture

2019.12.09

1回目の訪問

510グループAKスパ

[ 東京都 ]

歌舞伎町の男性専用施設最後の砦

「510グループAKスパ」

歌舞伎町のど真ん中みたいなところにあって、まず立地としてかなりディープです。
単なるイメージとはいえ、言っちゃーなんですが怪しさ満載です。
一昔前の僕なら絶対に来ない所でしょう。

しかも、「終電逃してカプセル泊まるか」な勢いじゃなくて、仕事終わりにサクッとサウナ入りに来るだけの利用ができちゃうなんて、我ながら立派なサウナーに成長したものです。

でも、
「いつもは岩盤浴目当てだけど、ちょっとサウナと水風呂入ってみたら思いのほか気持ちよかった!」
みたいな、スーパー銭湯ユーザーや、
「サウナのドラマ見て、最近ちょっと気になってるんだよね。僕も”ととのって”みたい!」
みたいなこと言ってるライトユーザーにはめちゃくちゃハードル高い施設だと思うんですよ。

なので、今回はそんな初心者のハードルを少しでも低くできるような内容を目指して書いてイキタイと思います。

まず名前からして怪しいですよね、510グループAKスパ。
510グループって何?っていう。
歌舞伎町でグループとか言われると、色々と想像が広がります。

実際のところは、山王観光株式会社という会社が展開する新宿のカプセルホテル「カプセルホテル新宿510」、「レディース510」、そして我らが「510グループAKスパ」の3つが、510(ゴー・イチ・マル)グループと呼ばれています。
ちなみに、山王観光株式会社の資本金は、1億円です!

外観とは打って変わって、中は明るく、受付の方も丁寧な感じで怪しさ半減。普通に入れるでしょう。

ロッカーは縦長型なんですが、上下でL字と逆L字が重なっているような非常に特徴的な形になっています。
こんなロッカー見たことないです。ネットで検索すれば写真とかも見れるので良かったら。
一見合理的な形なんですけど、ここまで合理化するほど混むことはあるのか?という疑問を持ったのは僕だけではないでしょう。

サ室は前室があるスタイル。
前室っていいですよね。二重扉構造だから人の出入りでサ室の温度が下がらないし。全てのサ室に採用してほしいシステムです。
てゆーかこの前室、椅子もちゃんとあるし、なぜかテレビまであるんで、低温サウナを兼ねているのかもしれません。

色々書いてきましたが、重要なことがまだでした。それは…

意外と清潔感あって、キレイ。

“意外と”というと失礼ですけど、行ったあなたになら分かるはず。

続きを読む
7

hiro-mixture

2019.12.07

2回目の訪問

ゆパウザひばり

[ 東京都 ]

ひばりーヒルズ青春白書

て、言いたかっただけなんで、特に意味はないです笑

やっこさん、浴室が遠赤サウナとロッキーサウナで2種類あって、男女週替わりなんですが、土日祝に関しては男湯は遠赤側固定という、極めて異例な制度を取り入れているんですが、入ってみればその理由は分かると思うんでやんす。

キャパですね。
広大な遠赤に対してロッキーは少し狭いので、休日に押し寄せる男勢に対してロッキーでは許容できない、ということです。

てゆーか、ちょい待ち、今の僕のワークライフバランス的に、平日にひばりヶ丘駅に来れることはほぼなさそうなので、一生ゆパウザのロッキーを味わうことはないでしょう。

ワーオですけど、でもいいんです。
せっかく行ってギュウギュウのロッキーで辟易するくらいだったら、広大な遠赤でしっかり整う方が性に合ってるといったもんでやんす。

ゆパウザって、サウナーのサウニングに物凄い適している非常に優れた銭湯なんですよ。
残念ながら休日しか行けないので遠赤側しか知らないんでそっちだけの話になりますが、遠赤側がこれだけいいんならロッキーはもっとイイと想像できます。

まずサ室が広いし、しっかり熱い。銭湯サウナは広さがとても重要です。ましてや客が多いところは特にそこが求められる。
同様の理由で水風呂も結構な広さなのが嬉しい。更にはある程度の深さ。そして冷たさ。水風呂の三大要素も見事にクリアしてます。
最後に露天。ちゃんと空を拝めます。ベンチタイプだけどイス(もしくは座れるスペース)も十分ある。

サウナ→水風呂→外気浴のセット
の導線が何かに遮られることなく進行して、それを回し続けることができる。
それこそがサウニングにとって最も重要な事だと思っていて、それが可能な銭湯がゆパウザなんです。

でも僕は、ゆパウザのこと、何一つ憶えてなかったんですよ。ワーオですよね。
前回行ったのは去年の10月。
その頃はサ活は書いていませんでした。

僕のサ活はそんなに施設のこととか詳しく書いてないことは読んでいる方なら分かると思うんですが笑、
それでも書く時って経験として場所のこととか何度も何度も思い出しながら書いてたりするんですよね。

その証拠に、サ活を書くようになった頃からの銭湯とかサウナ施設のことは、全部ハッキリと憶えてるんですよ。
記憶があいまいなのとか失われているのは、全てサ活を書いてない場所だけなんです。

だからなんだって話かと言うと、
サ活書け!トントゥもらえ!トントゥあげろ!トントゥ抽選会応募しろ!当たれ!当たったらその施設に行け!サ活書け!
→以降ループ

続きを読む
6

hiro-mixture

2019.12.01

1回目の訪問

湯パーク松島

[ 東京都 ]

近くにあったら通いたい。

新小岩という場所を意識したのは、今から3年前くらいだったかと思います。

きっかけはもちろん、ラーメン業界ではあまりにも有名な新小岩を本店とする「麺屋 一燈」です。
当時のラーメンデータベースでは常にTOP3以内をキープしていた記憶があります。
一時期は食べログのラーメンランキングの頂点に君臨していたこともあるという、ラーメン好きなら一度は食べたい究極の一品ですね。

だがしかし、新小岩は遠いんですよ。
家からも職場からも遠い。
そして、当時の僕にとっては、ラーメン以外の用事が新小岩にはなかったんですよね。

そんな中でずっとスルーし続けた地なんですが、今ではもう事情が違います。
サウナーですから。

サウナ&ラーメン
これだけあれば行く理由としては十分過ぎますね。

本日は千葉市美術館に現代アートチーム「目[mé]」による「非常にはっきりとわからない」展というのを見に行きまして、まぁ感想はいうと非常にはっきりと分からなかったわけですが、帰りの電車で途中下車サウナにありつこうと思った時に、新小岩が候補に上がったわけですよ。

新小岩には、「レインボー」がある!
スーパー銭湯の「まねきの湯」や「古代の湯」の無料送迎バスだって新小岩駅から発着しています。

ですが、ここで湯パーク松島という銭湯を選ぶのは、僕が銭湯サウナーだからなのでしょう。

というわけで早速入っていくんですが、浴室は結構渋めの、銭湯らしい銭湯ですね。
所々、汚れというか経年劣化的なものが目立ち、あちこち錆びてたりします。
本日は葛飾区内の銭湯は「りんご湯」ということで、プカプカりんごが浮いていました。

水風呂の広さを見て、「よし」とガッツポーズをしつつサ室に入ると、なんということでしょう。
いい匂いなんです。木のいい匂い。これは楽しいやつですよ〜。
見回してみると、綺麗で新しい感じもするんです。サ室内だけ。
で、あついんです。
で、広いんです。しかもなぜか貸切なんです。

サ室って、ぬるいのは論外なんですが、あつい場合も人の出入りで温度下がる系と人の出入りに関係なくあつい系とかあるじゃないですか。
この場合はもう分かんないです。出入りないんでね。

サ活読む限り水風呂があまり冷たくない時期もあるみたいなんですが、今日は全然冷たくてソッコーでしたね。
他の日がどうなのか分かりませんが、これは本当に穴場ですよ。

結果的に一番いい選択をしたなって思いましたね。

え、一燈?
待ち時間長かったので諦めました笑

続きを読む
17

hiro-mixture

2019.11.26

9回目の訪問

三の輪湯

[ 東京都 ]

いい風呂の日の今日は、「森林浴」について少し考えてみましょう。

僕が森林浴を初めて体験したのは、もちろんこちらの三の輪湯なわけですが、
思えば「”森林浴”ってなんやねん」と思いながら入っていき、
「あ、なんか分かんないけどイイ!」となって、今に至ります。

初めて行ったのが去年の4月ですから、
それから1年7ヶ月以上「よく分からないけどイイ」と思い続けていました。

森林浴の言葉の意味としては、
「森林を散策して樹木の香気を浴び、安らぎや爽快(そうかい)感を得ること」とのことなので、そういう意味での初体験はもっとずっと前ですね。
ワーキングホリデーでオーストラリアに行っていたことがあったので。

もう10年以上前の話ですが、オーストラリアのワーホリメーカー達は、基本暇です。
特に「近所にスーパーはIGAが1軒のみで、しかもそこまで車で5分」みたいなド田舎なんかに住んでたら、農作業以外の時間は暇しかないわけです。

そんな中で彼らはどうやって暇つぶしをするかというと、その定番が「ナショナルパークに行く」です。
日本語で言えば国立公園ですね。
オーストラリアには、カカドゥとかカタ・ジュタとかブルー・マウンテンズのような有名なナショナルパークの他にも、地元の人でも知らないんじゃないかっていうくらい無名なナショナルパークが多数存在します。
もうなんだったらナショナルパークだらけなんですね。
「とりあえず山に向かったらそこがナショナルパークだった」状態ですよ。

そんなわけで、オーストラリア時代には存分に森林浴を味わってました。
もしかしたら整ってたのかもしれません。

さて、銭湯の森林浴に話を戻しますと、森林浴自体は三の輪湯以外にもいくつか導入しているところが実はあるんですよね。

三鷹のアサヒトレンド21では、サウナ専用室内が森林浴効果があるとうたっていますし、先日行った神楽坂の竹の湯にも森林浴があって、そちらはスチームサウナでした。脱衣所に「森林浴発生器」なるものもあったりしてね。
「え、森林浴って機械で発生できるもんなの?!」なんて衝撃を受けたわけですけど、おばさんに勝手に写真撮るなとか言われた後だったんでね。写真は撮ってないです。

同じ銭湯の森林浴でも、三者三様。それぞれが全く違う”森林浴”なのです。
こうなってくると、いよいよ森林浴がなんなのか分からなくなってくるところですが、いよいよ文字数が危うくなってくるところでもありますので、この辺で〆ようかと思います。

銭湯の森林浴は、

「言ったもん勝ち」

ということで、一つよろしくお願いします。

続きを読む
28

hiro-mixture

2019.11.24

2回目の訪問

カプセルイン錦糸町

[ 東京都 ]

究極の水風呂体験

と、
サウキンのスタッフTシャツの背中には書かれていました。

しかし、"究極の水風呂体験"とは一体何なのでしょう。
今回はその謎に迫ってみたいと思います。

と、その前に、
本日はすみだトリフォニーで、ちょっとした用事があったんですよ。
すみだトリフォニー自体には何度か来たことがあるんですが、せっかく来たのにサウキンに行かずして錦糸町を後にした経験が2回ほどあり、無念でしかありませんでした。

そんな経験を経て、
今日こそは、今日だけはという感じでやってきたわけですよ。
ぶっちゃけ、他のことなんかどうだっていいんです。
サウキンに行くこと以外に重要なことなんて、錦糸町北口側にはないと思ってますから。

そんな気持ちで朝から望んでましたら、周囲もさすがに引いたみたいでね、色んな意味で。
それはもう、「おイキなさい」と送り出してくれましたよ。

そうなったらこっちのもんなわけで、早速イってみるわけですけど、とりあえずリベンジ的な意味で「滝シャワー」を体験しないことには始まりません。

これはカピバラさんが教えてくれたんですけど、そんなシャワーがあるっていうんですよ。
前回訪れた時には全く気が付きませんでした。

「あのサウキンに"滝"?」

当然そう思いますよね。
だって気が付かないレベルのシャワーが滝だなんて、大袈裟にもほどがあるって普通思うじゃないですか。
でもカピバラさんがあるって言うってことは、多分あったんですよ。僕が気付かなかっただけで。

曰く「水風呂を対岸に渡り、左手を見よ。そこに件の滝ありけり」
とか言うわけですよ。

"水風呂の対岸"
って表現すごいですよね。
広大なサウキンの水風呂の見事なメタファーとなっています。

「まさか」とか思いながら、水風呂の先に歩いていってみたら、本当にありました。
水の出口が平たい感じのシャワーです。
ひねるところの形が、もうバルブみたいになってるんですけど、なんでなんでしょうか笑

元栓か?

とか余計なことを思いながら、そのバルブをひねってみるわけですよ。
気持ち的にはラピュタの冒頭でパズーが"空から落ちてきた女の子"のことを気にしながら親方の言う通りにしている時のような、あんな気持ちです。

そして出てきた水!
言葉で例えるなら、"平たい、きし麵のような水"です。そしてしっかり冷えている。
実に気持ちいい。
これで汗流しも兼ねつつ、水風呂プールに華麗にダイブ。

なるほど、これが"究極の水風呂体験"か。
伊達に大袈裟ではなかった。

続きを読む
21

hiro-mixture

2019.11.20

8回目の訪問

水曜サ活

アクア東中野

[ 東京都 ]

日本の冬、アクアの冬。

今季一番の寒気が流れ込んだ本日、皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか。
僕はというと、寒いです。

そんな感じなんで、寒いし、水曜だし、どこぞのサウナにイキタイわけじゃないですか。
なんだったらイオンウォーターのある施設とかに突撃したいわけですよ。
そんな想いもあいまって、降り立ったのは言わずもがなのJR東中野駅です。

まぁアクアに行くわけなんですけど、アクアの魅力についてはさんざっぱら語っているので、
ここはあえてサ飯について語りましょう。

東中野駅付近なので、ここは外せません。
メディアでも話題のそうめん専門店「阿波や壱兆」さんです!
そうめんは日本各地で作られていますが、こちらは250年以上の歴史があると言われる徳島の半田そうめんを使用。
一般的なそうめんより太いのが特徴でしょう。日替わりそうめんが人気ですよ。

まぁぶっちゃけ行ったことないんですけどね。

じゃあどこがオススメなのかって言えば、ケバブ屋「トルコアズ」です。
オススメメニューはやっぱりスタンダードなケバブサンドで、肉はケバブといったらやっぱりビーフですよね。
宗教上の理由で四つ足が食べられないというような人はチキンを選べばいいと思います。

ソースは5つから選べると言いつつ、第五の選択肢はまさかの「ソースなし」。
それはソースを選べると言っていいのかとか思いつつも、ハードルが高いのでまだやったことはありません。
この店の特徴として、ソースをMIXすることもできるんですよ。
まぁ逆に言えば、何かのソース1つだけを選んだつもりでも、"そのソースと「ソースなし」とのMIX"とも言えなくもないわけですが、それはどうでもいいでしょう。

僕のオススメは、まずは「ミックスソース」。
ソースをMIXできるのに、すでにミックスされているという矛盾。もしくは、"さらにMIXできる"というダイナミック感を味わえますね(注文時に)。

そんなミックスソースと「ガーリックヨーグルト」のMIXです。
そもそもガーリックヨーグルト自体、ガーリックとヨーグルトのMIXだというのに、さらにMIXします。
つまり、すでに何かしらがMIXされているミックスソースとガーリックとヨーグルトがMIXされているソースとのMIX。
もう、ぐっちゃぐちゃなんですね。
見た目もぐっちゃぐちゃ。それが、うまいんですよ。

ケバブは、言ってもジャンクフードだと思ってるんで、ジャンクフードは潔くとことんジャンクなのがいいと思ってるんですよね。

現場からは以上です。
冬のプール直行で整った~!

続きを読む
20

hiro-mixture

2019.11.17

1回目の訪問

竹の湯

[ 東京都 ]

銭湯とか温浴施設に着いたら反射的に正面の写真を撮っちゃうような人は、注意です。

ちょっとしたトラブルがありました。

僕にしてはとても珍しい事件です。
基本的に温浴施設でのトラブルは極力避けるように行動しているため、トラブルに合うことはめったにありません。
おそらくこのレベルのものは初めてと言ってもいいでしょう。

本日は、先日公開された銭湯が舞台になっている映画『わたしは光をにぎっている』を新宿武蔵野館に見に行きました。

新宿なんで、ぶっちゃけサウナ施設の方がその後行くのは楽だし選択肢も多いわけですけど、せっかく銭湯モノを見た後なんで、そこは銭湯にイキタイところなわけですよ。
しかも現代風にリニューアルされた銭湯というよりは、激渋系の、劇中に登場したような銭湯に行く方がよりエモみが深まりますよね。

というわけで選んだのが本日のここ、竹の湯(新宿区)だったわけです。
存在は大分前から知っていました。
ただ、微妙に用がない場所にあるというのが主な理由で、行ったことなかったんです。

神楽坂駅から長い坂を下っていくわけですよ。
さすがは神楽坂というだけありますよね。帰りが辛そう、とか思いながら。

なんやかんやで着きまして、いつものように正面の写真を撮るわけです。
1枚くらいパッと撮って、中に入ります。
そこで見つけたのが、「電気風呂は当分の間中止します」の手書きの貼り紙ですよ。
うん、知ってる知ってる。Twitterで何人かの人がアップしてるの見たし、みたいな感じで、それもパチリですよ。

その直後でした。
後ろから声をかけられたんです。

?「なんで写真撮ってるんですか!」
僕「(?)……、(なんだこのおばさんは)」
おばさん「なんで写真撮ってんの?なんで撮ってるんですか?」
僕「……記録用、です(半分嘘)」
おばさん「これ全部ウチの物だから!勝手に撮らないで!」

(竹の湯の関係者らしき)おばさんは、そう言い捨ててどこかに消えていきました。

ポッカーン、ですよ。

正面とか玄関先の写真撮っただけで怒られるなんて想像もしてなかったわけで、現実感なかったですよね。
こんなんで整えるかい!とか思って、なんだったら入らないで帰ってやろうかとも思ったんですが、まぁそこは僕も大人なんでね。せっかく来たし、入るだけ入ろうと。
もう全然期待してなかったんですが、

結果は~…、整ったーーーーー!!!!

理由を説明する字数もないです、トラブルのせいでね。
もっかい来ることがあったら、その機会にでも書きますね。

続きを読む
38

hiro-mixture

2019.11.16

4回目の訪問

栄湯

[ 東京都 ]

チェックイン

続きを読む
9

hiro-mixture

2019.11.05

1回目の訪問

ウェルビー名駅

[ 愛知県 ]

ウェルビー名駅にも滝はある

ちょうど一年前のウェルビー福岡から始まったウェルビー全店舗制覇の旅。
最終目的地というか、意図せず最終地点になった名駅店についに来ることができました。

これにより、全店舗制覇達成です!おめでとうございます!
ありがとうございます。

なぜ名駅店がラストになったのか?
その答えは明白です。

やろうと思えばやれるのになぜかやらないこと。
そのキーワードの定番といえばこれ、「いつでもできる」です。

今や日本でも一家に一台といった勢いで普及してるサブスクリプション系の動画見放題サービス(ネトフリやアマゾン)とかに例えると、

「マイリストにしてる動画ほど見ない」と言えば分かりやすいでしょうか。

そうなんです。
いつでもできることは優先度が下がっちゃうんですよ。で、いつの間にか動画消えちゃってたりすんですよね。
だから、名駅はラストになったんです。

まぁでもそれもしょうがないですよね。
ウェルビーの知名度はサ界でハンパなく高いわけであって、その中でも名古屋エリアでは栄がダントツの知名度を誇り、今池がからふろで存在感を打ち出してそれに追随しているという中での熾烈な争いです。
名駅の影が薄くなるのは必然なのかもしれません。

しかし、だがしかし!皆さん名駅ナメすぎですよ。
いや、僕ですね笑

名駅、マジヤバ良かったですから。
良かったとこいっぱいあって書き切れないので、水風呂に限定しましょうかね。

昨今水風呂で話題になるのって、「滝」じゃないですか?
やっぱり滝ですよね。
静岡の某有名施設の水風呂も滝がどうたらとかよく言われるじゃないですか。
そんで女性サウナーが都内からわざわざ新幹線で静岡まで行ってみたら、
「なんだ滝なんかねーじゃねーか」なんつってね。そんな話もあったりしますけど。

水風呂と滝って、多分親和性高いんですよ。
滝行って、"やると無になる"とか言うじゃないですか。やったことないから知らないけど。
やったことないから知らないんですけど、滝行の後に休憩したらととのいそうですよね。

だから多分水風呂に"滝"のエッセンスを入れようという動きが生まれたと思うんですよ。スゴイ正しいと思います。

で、ウェルビー名駅にも滝はあるんですよ。あんまり言及されてないけど本当にあるんです。

もう今日行ってルーチン決まりました。
(あまり美味しくない)サウナ水飲む→森のサウナ3段目でセルフロウリュ→滝→バスタオルで体拭く→バスローブでリクライニングととのいイス

これで一撃昇天です。

続きを読む
43

hiro-mixture

2019.11.04

2回目の訪問

サウナ&カプセル フジ栄

[ 愛知県 ]

例えるなら全裸でちっちゃいハワイアンズ

「名古屋に来たら、どこのサウナにするか悩んじゃう」
これ、新「名古屋あるある」に加えてほしいと思っているのは僕だけじゃないはずです。

ホント、悩ましいですよね。
ウェルビーの三強を筆頭に、このフジや今池のアペゼ、そして銭湯サウナだって負けてませんよ。
もうこうなると気分次第なんですよね。最後は結局フィーリングです。
でも僕の場合だと、フジにアドバンテージがあるんですよ。

そう、プールです。

プールのあるサウナ施設や銭湯って、言ってみればありますよ。
あるけど、男性施設でここまでプールに特化したところが他にあるでしょうか。
あるなら教えてください、行くんで。

広大なだけじゃない。もうね、アトラクションなんですよ。
ここが夏限定のプール施設とか、年中やってる屋内のプール施設とかだったら分かるんですけど、
ここ、サウナ施設ですからね、男性限定の。

まぁ要するに全裸で入れるプールなわけですよ。
よく"サ室で局部を隠すか隠さないか問題"みたいなのが取り沙汰されることがあって、隠さない派が解放感がどうたらとか言ってますが、そんなの目じゃない。
サ室は所詮密室の閉鎖空間です。大した解放感じゃないですよ。

だが、プールは違う。ましてやフジの広大なプール。もはやあれは完全開放サークルです。
全てが解き放たれているのと同義。

アトラクション要素もちゃんとあって、その証拠に滝があります。
ちょっとした滝じゃないですよ。サウナ施設という括りなら最大級じゃないですかね。
僕は個人的に「ナイアガラ」って呼んでますけど。

あとちっちゃいけど洞窟みたいなのもあるんですよ、ケイブ。
もう、めちゃくちゃ楽しいですよね。プールだけで2時間イケる。

カラカラストロングのサウナでガッツリ身体あっためたら、2種類の水風呂でカッチリ冷やして、
プールにドボンですよ。
「ビッグウェーブバス」なんてこじゃれた名前付いてますけど、あれはプールです。
僕に言わせればちっちゃいハワイアンズみたいなもんです。本物のハワイアンズに全裸で入ってたら連行されますからね。

「プールそんなに興味ない」みたいなサウナーさんにも、フジは味わってほしいですね。
目覚める人いると思います。
純粋にプールの良さにも目覚める人もいるだろうし、その他に"滝"の良さを再確認する人もいると思います。

それでは最後に、フジにいる間ずっと僕の頭に流れていた曲を紹介しようと思います。

フジさーん フジさーん まだまだイケるぞ フジさーん♪
(タキ繋がり)

続きを読む
13

hiro-mixture

2019.11.03

1回目の訪問

より道の湯

[ 山梨県 ]

チェックイン

続きを読む
4

hiro-mixture

2019.11.02

1回目の訪問

フィンランド・ヴィレッジ

[ 長野県 ]

やっとフィンランド人に少しだけ近づけた気がする

昨今は空前のサウナブームだとかなんとか言われてますが、たまたま近い時期にサウナにハマり、その流れで自然と「サウナのことをもっとよく知りたい」と思うようになりました。

そうなるとやっぱり気になるのは、サウナ発祥の地とされるフィンランドです。

サウナ関係のコミュニティに触れると、やれフィンランドに行ったとか行ってないとか、今度行くとか毎年行ってるとか、オーロラがどうたらとか、いっぱい聞くわけですよ。
でもそんな簡単にフィンランドなんか行けないわけで、
そうなると、フィンランドのことをよく知ってる人の話を聞くとか、本を読むとか映画を見るとか、そういうのでフィンランド欲を日々補っているわけです。

でもやっぱり分かんないんですよね、なんで水風呂に入んないのかってことが。
だってととのわないじゃないですか。

「ととのわないサウナ浴とはなんなのか」これが最大の疑問だったんです。

フィンランドに行ったことある人がよく言うのが、
「フィンランドには天然の水風呂がある。そう、湖だよ。冬の湖はグルシンなんか目じゃねーぜ?そいつにドボンと飛び込んでみなよ。あっという間にぶっ飛んで宇宙の果てさ」
みたいな発言です。

ただ、フィンランド人をよく知っている人から聞く話や、本に書いてあることを読むと、あんまり湖に飛び込んでないらしいんですよね。むしろ稀な例だと。なんだったら現地を訪れた日本人ばっかり飛び込んでるっていう。
映画とかで見てもフィンランド人はあんまり湖に飛び込んでるイメージはないですし。

だから知りたかったんです。フィンランド人がサウナに入る理由が。ととのってないのに。
それを日本で知るには、”日本で最もフィンランドに近い場所”フィンランド・ヴィレッジに行くしかなかったんですよ。

そんな時に舞い込んできたのが、「【女性優先】サウナ芸人マグ万平と行く!サウナツアー! 1セット目」という夢のようなバスツアーです。
僕は男性ですけど、開始と同時に申し込みましたよね。なんだったら入金も最速です。

そして、文字数の関係でだいぶ端折りますけど、ついに分かったんです。
フィンランド人が求めているのはととのいではない、ということが。
ととのいを求めるのは日本流のサウナの楽しみ方の一つだったんだってことが。

フィンランド人のことが気になっている人なんていないかもしれませんが、
もしいたら、是非フィンランド・ヴィレッジに行って、体験してみてください。

行けば分かるさ。

続きを読む
17

hiro-mixture

2019.10.30

1回目の訪問

水曜サ活

サウナカプセルアスカ

[ 東京都 ]

"ボディが浮上する"とはなんなのか

今日はちょっと、是が非でもサウナに行こうと思ってまして。
近いんで、新宿の歌舞伎町近辺の男性施設にでも行こうかなぁとか思ったんですよ。

でも「こり・こり」はちょっと違うかなーと思ってて。いや、面白かったし、嫌いじゃないんですけど、気分的になんとなく。

で、「新宿区役所前カプセルホテル」とか前に行って良かったから行こうかなーとか、「510グループAKスパ」とか行ったことないし行こうかなーみたいに考えてたんですが、イオンウォーターが置いてないんです。

ちなみに、「テルマー湯」にすらないんですよ、まぁテルマー湯は今日の選択肢には入ってないんですけどね。

イオンウォーターがない。
別にその事実は無視してもよかったし、実際水曜にイオンウォーターないところに行ったり、水曜じゃない平日にもサ活してるわけなんですが、
今日は"ジムかサウナか"の二択を迫られて、"水曜だし"ということでサウナを選んだわけなので、「せっかくだったらイオンウォーターのある施設を選びたい」なんて思って、もうちょっと探してみることにしたんです。

そしたら見つけたんですよ、「アスカ」を。

"アスカ"といえば、
つい先日、剣道大会で優勝した宮崎重明氏こと元CHAGE and ASKAのASKAや、
エヴァンゲリオンシリーズの主要キャラクターの1人であり、新劇場版でなぜか苗字が惣流から式波に変わった弐号機パイロットのアスカ・ラングレー(CV:宮村優子)が有名です。

チャゲアスファンでありエヴァファンである僕にとっては、"アスカ"という名前の響きには超敏感です。

世代じゃないけど元女子プロレスラーのライオネス飛鳥も好きで、テレ東の「ゲーム王国」とか見てましたし、
やっぱり元祖アスカといえば、漫画「デビルマン」の飛鳥了です。漢字は違うけどあのASKAも旧称は飛鳥涼で読みは同じですしね。

ま、そんなことはどーでもいいんですけど、とにかく名前に惹かれたアスカにイっちゃいました~!

イイ。
完全にイイ。

空いててイイ。セッティングがイイ。1set目からガンギマリ。
あまり"ガンギマリ"という表現使ったことないですが、一番ハマる言葉なのであえて使います。

結局全setで水風呂が貸切状態だったので、通常版のイリュージョンスタイルをキメまくるんですが、なんか、貸切のせいか浮力高くて、時折完全版(かかとが浮いた状態)イリュージョンになるんですよね。

「あ~なんか浮いてんなぁ」っていう。

なるほど、"ボディが浮上する"ってホントだったんだ。
ととのった。

続きを読む
50

hiro-mixture

2019.10.27

4回目の訪問

新越泉

[ 東京都 ]

チェックイン

続きを読む
4

hiro-mixture

2019.10.20

2回目の訪問

湯~ゆランドあずま

[ 東京都 ]

椎名町のMADMAX

先日一回行ってからすっかりお気に入りになった湯~ゆランドあずま。
イイんですよ。

大体そこそこな感じがイイんですよね。
サ室がそこそこ広い。そこそこあつい。水風呂がそこそこ広い。バイブラもそこそこ。
お客の数がそこそこなところも良くて、混んでたら嫌だしガラガラだと心配になるじゃないですか。
でも湯~ゆランドあずまはそこそこいてイイ感じなんですよ。

そこそこじゃないのは岩盤泉くらいですかね。普通に広い。ちょっと広過ぎるくらい。岩盤泉にめちゃくちゃ力入れてる感じもまたイイなぁと思ってます。

本日も池11に乗ってやって来たわけですが、前回もそうだったんですけど、湯~ゆランドあずまのお風呂に入っていると、どうしても元おニャン子の元タレント”ゆうゆ”こと岩井由紀子さんを連想してしまうんですよね。
岩井さんがゆうゆ時代に出演されていたフジテレビの「クイズ!年の差なんて」っていう山田邦子さん司会の人気のクイズ番組がありましてね。そんなんを見て育ってるもんですから。

クイズ繋がりで言うと、ちょうどその頃タイトーから出た「ゆうゆのクイズでGO!GO!」っていうアーケードゲームがありまして、なんと後にスーファミに移植されるんです。
今でこそ珍しくもないですが、スーファミでゆうゆが実写で登場して肉声まで再現されているというクオリティは当時驚きでした。

で、買ってみたんですよ。
関係ないけど「年の差なんて」でゆうゆのクイズ正解率はあんまり高くないしってことでナメてたんですが、なんとこれが結構ムズいんです。
しかもゲームシステムのせいもあって、しょっちゅうゲームオーバーになってしまうっていう屈辱を味わいましたね。
ちなみに続編は「森口博子のクイズでヒューヒュー」ですので興味のある方はブックオフとかに行ってみるといいのではないでしょうか。

そんな湯~ゆランドあずまなんですが、すごいの発見しちゃったんですよ。

立ちシャワーが2つあるんですが、シャワーの引っ掛けるところってあるじゃないですか。
シャワーフックっていうんですかね、あれの高い方がめっちゃ高いところにあるんですよ。
ちょっと背の低い人なら届かないんじゃないかってくらいの高さです。

シャワーの勢いもそこそこイイので、サ室から出たら、立ちシャワーに行って、高い方のシャワーフックに引っ掛けてバーっと水を出せば、

そこはもうMADMAXーーーー!!

これは是非試してほしいですね。
「あずMAX」と名付けました。

続きを読む
24

hiro-mixture

2019.10.10

8回目の訪問

三の輪湯

[ 東京都 ]

べらぼうにエモい。

紳士なサウナー以外のサウナ浴を楽しむ方々の中には、サ室で我慢大会的なノリの人達も一定数いると思うんですよね。想像ですけど。

サ室で熱さを我慢するなんてハッキリ言って無意味だと思ってるし、危ないので絶対にやめるべきです。
そもそもサ室というところは、水風呂を楽しむために体を温める場所であって、十分温まったら出ればいいんですから。
極限まで熱くなる理由は一つもなく、我慢の度合いが人よりも秀でていたところで、なんの自慢にもなりません。

だから僕はサ室からはできるだけ早く出たいんですよ。早く水風呂に入りたいし、その後の休憩を楽しみたい。
そうやってセットをガンガン回してイキタイんです。

だがしかし、それを許してくれないのが我がホームである三の輪湯なんです。

三の輪でBGMを楽しめる場所は二ヶ所しかありません。
サ室と「森林浴」です。

うまいこと音をシャットアウトすることに成功しているため、三の輪湯の上記二ヶ所以外でBGMを聴けることはまずないでしょう。

ただ、森林浴はスピーカーの音量と性能(?)と、その構造上の雑音のせいもあって、それほど明瞭な音が楽しめるわけではなく、あくまで聞こえる程度です。

となると、まともにBGMを本来のポテンシャルで聴けるのはサ室しかないわけですよ。

僕はサウナーなのでもちろんサ室利用するわけですが、ゆえにBGMのせいで、否、おかげで、サ室から出られなくなってしまうことが多々あります。

要するにエモ過ぎるんですよね。本当にズルい。反則です。
本日も散々でした。以下、主なセトリです。

・GLAY「口唇」(1997)
 のっけからアガるナンバー。初登場のGLAYです。本当にズルい。
・杏里「CAT'S EYE」(1983)
 もはや定番といってもいいでしょう。三の輪湯のテーマソングのような存在です。
・工藤静香「Blue Velvet」(1997)
 工藤静香もよくかかりますが、Blue Velvetはめずらしいかも。タンバリン持ちたくなりますね。
・ポルノグラフィティ「アゲハ蝶」(2001)
 まさかのゼロ年代組の参戦です。こういうの挟んでくるから侮れないんだよな〜
・中山美穂&WANDS「世界中の誰よりきっと」(1992)
 もうね、イントロから鳥肌ですよ、サ室で。歌うしかないでしょう!

と、まぁこんな感じなんで、サ室から出してくれないんです。
のぼせる〜

続きを読む
25

hiro-mixture

2019.10.09

3回目の訪問

水曜サ活

栄湯

[ 東京都 ]

ボーっと釈迦の絵を眺めていたら、この釈迦がアルカイックスマイルだったことに気付いたんです。

アルカイックスマイルとは、「顔の感情表現を極力抑えながら、口元だけは微笑みの形を伴っているのが特徴」(Wikipedia)という表情です。

知っている人には常識だと思いますが、
アルカイックスマイルといえば、ウルトラマンです。

僕はウルトラマンシリーズはほとんど見てなくて、初代ウルトラマンとセブンくらいしかまともに見たことないくらいなんですが、ウルトラマンのトリビアとかファンしか知らないどうでもいい知識だけは知ってたりするんですよ。

中でも呼び方の話は、ファンなら普通の話なんですが知らない人にとっては面白いらしく、すごいウケるんですよね。

ちなみに、よく知らない人はセブンのフルネームが「ウルトラマンセブン」だと思ってたりする人も少なくないんですが、もちろんこれは間違いで、正しくは「ウルトラセブン」です。
これはタロウのフルネームが「ウルトラマンタロウ」で、それ以降の兄弟も「マン」が付いていることが多いことが影響しているのかもしれません。

呼び方の話に戻ると、初代ウルトラマンのことは「マン」と呼びます。
これもファンなら全然普通のこと過ぎて気にもしないんですが、知らない人にとってはウケるみたいです。

この話の流れで絶対に外せないのが「帰ってきたウルトラマン」です。
「帰ってきたウルトラマン」の劇中のウルトラマンは「ウルトラマン」と呼ばれているにも関わらず、初代ウルトラマンとは別人なんです。
もちろん設定上別人であることは当時から分かっていたため、ファンの間では「新マン」とか「帰りマン」などと区別されて呼ばれていました。

「帰りマン」って呼称、いいですよね。

後に、初代ウルトラマンと明確に区別するために公式に「ウルトラマンジャック」という正式名称が設定されたんですが、"どうもしっくりこない"的な理由から定着せず、その後もファンの間では「帰りマン」で通っているというのも微笑ましいエピソードです。

とか、そんなことを思い出しながらまたもやサ室でボーっと釈迦の絵を眺めていたら、この釈迦の絵、右目と左目の色が違うことに気付いたんです。

!!

「そうか、ジュリアがいつも話してた。(中略)"瞳の色が一つずつ違う"って」
「"目を合わせると不思議な気持ちになる"って」
「(ジュリアはいつも)笑ってたよ。悲しそうに、笑ってた」

これは……、
これは…………スパイクだ!!

祝「カウボーイビバップ」実写化(Netflix)!
楽しみですね~

続きを読む
32

hiro-mixture

2019.10.05

1回目の訪問

ヌーランドさがみ湯

[ 東京都 ]

僕らの世代、大事なものは大体B'zが教えてくれた。

皆さんちょっと目をつぶって、B'z名曲「LOVE PHANTOM」の歌詞を思い出してみてください。

「♪~~なれちゃうことを、気持ちいいと思う内に、少しのズレも許せないせこい人間になってたよ」
「欲しい気持ちが成長し過ぎて、愛することを忘れて、万能の君の幻を僕の中に作ってた」

これ全部、
"エゴイストなサウナーとサウナ施設への一方的な想い"と一致していませんか!?

今回はそんな話(になる予定)です。

------------------------

ぶらりサ旅 in 蒲田(後編)

【本当のアバン】
「銭湯サポーターフォーラム2019」(会場:蒲田)に一サポーターとして参加した僕。
しかし、その後に行った施設はまさかの「ガーデンサウナ蒲田」(男性専用)。
なんかよく分かんないけど、それはそれでととのって………それからどうした?

【本当の前置き】
銭湯サポーターフォーラムの説明部分が字数的に前編に入らなかったんで、それだけ先にやっておきますね笑

どなたでも参加可能な「銭湯サポーター(公式)」というFacebookグループが存在しまして、現在メンバーは5600人弱くらいになってます。
銭湯サポーターフォーラムは、そこに登録している、もしくは興味のある方(?)が申込資格があるという、まぁ要するにどなたでも参加する資格はあるイベントということなんですが、僕がこの存在を知ったのは、去年の銭湯サポーターフォーラムの申込終了後でした。

そのため前回は参加することができず、その後ソッコーで銭湯サポーターに登録して、残念ながらまだ一度もグループ内で何かしらの投稿をすることはできてはいませんが、とりあえず今回のフォーラムへの参加資格を得た、という経緯があります。

【本当の本編】
正直、迷ってました。

蒲田でよく分かんないサウナ施設にイキ、とりあえずととのいはしたけれども、それでいいのか?
そもそも銭湯じゃないし…。

葛藤の末に選んだのがこちら、「ヌーランド さがみ湯」でした。
名前はずっと前から知っていたし、"良さそう感"出てました。イクしかない。

一言で感想言っちゃうと、最高でした。

原点に戻って考えてみたら、必要な要素なんて、少ししかないんですよね。

ヌーランドは、広かった。
ヌーランドのサ室は、あつかった。
ヌーランドの水風呂は、冷たかった。

本当にこれだけで良くて、求めてたのってこれだけなんですよ。
だから、ヌーランドには全てがあったんです。また来ます。

続きを読む
37

hiro-mixture

2019.10.05

1回目の訪問

ガーデンサウナ・蒲田

[ 東京都 ]

ぶらりサ旅 in 蒲田(前編)

「銭湯サポーターフォーラム2019」というのに本日参加させていただきまして。
もちろんタダの一サポーターとしてですけども。

こちらは、東京都浴場組合が主催している年に一度のイベントでして、簡単に言うと銭湯ファンの交流会のようなものですね。

会場は、京急蒲田駅東口より徒歩3分くらいのところにある「大田区産業プラザ PiO(4Fコンベンションホール)」でした。
場所からしてちゃんとしたフォーラム感、すごいですよね。流石の僕もアロハに短パンとサンダルでは行けませんでした。ましてや"一般"の初参加ですし。

…とまぁ、
このままフォーラムのことを書き続けてたら、それだけで1024字が埋まってしまいましたので、続きは後半に回したいと思います。
要するに後半がある、ということですね。

つまり何が言いたかったのかというと、そのようなフォーラムに参加して、しかも場所は蒲田です。
あのエリアには素敵な銭湯が多数あり、もちろんサウナ付きのところも結構あるわけですよ。
しかし、なぜ、その直後に訪れたのが、よりにもよって「ガーデンサウナ蒲田」(男性専用)なのか。

問題はそこです。

分かりにくい心理かと思うので、ちょっと例え話にしてみます。
「ココイチ」ってあるじゃないですか、カレーの。
あれって、物凄い数のメニューがあるわけですが、基本的にベースは同じで、ほとんどはただのトッピングの違いか組合せだけだったりするんですよ。
最近教えてもらった最強の組合せが、「豚しゃぶカレー+ほうれん草+チーズ」というのがあって、それは"ココイチのイメージを根底から覆す"とまで言われてるんです。

でも、
それでも尚、
僕がココイチに行った時に注文してしまうのは、「ハッシュドビーフ」なんですよね。
もうカレーですらないっていう。

そんな僕が今回訪れたのがこちら、ガーデンサウナ蒲田です。

一つ言及するなら、サウナマットが使用済みのものしかなくて、ずっと交換されずに使えなかったんですが、そろそろ出ようかと思ってた時に、ついに交換が来たんです。
その人が全裸だったっていうのが衝撃でしたね。施設側のスタッフが全裸で浴室に来るの初めて見ました。

あと水風呂ね。2種類ありまして、
「おっしゃー!二度水じゃー!!」ってなるじゃないですか。
もう死ぬほどぬるいんですよ。

夏場のアクアのプールに引き続いて、またもや"休憩"です。

サウナ→水風呂→休憩(水風呂)

でもね、なんか分かんないけどととのいました笑

つづく(?)

続きを読む
26