二年半振りに宇治のスーパー銭湯へ。

館内に入ると記憶が蘇ってくるから不思議だ。脱衣ロッカーには両面マグネットシールがあり、消毒済・未消毒が分かるようになっていた。浴室はこじんまりとしているが、動線に無駄がない。建物の造りは一休京都本館と似た和風の感じ。

塩サウナではストーンの上に薬袋のような物が置かれていて香ばしい。塩はとてもキメ細かい。桶は壁掛けだが何故かすぐに落ちる。出入口上にはアナログ時計がありました。

目玉は露天。
サウナ水風呂休憩スペースが凝縮されています。またよくバス停にあるミスト噴射が椅子の上から注がれており、至れり尽くせり。

サウナへはスライド戸から入ります。目の前には給水器と動線完璧。次に引き戸を引いて中に入ります。三段五席マットによるソーシャルディスタンス仕様、奥にはIKIストーブが立つが何故か傾いているように見えます。また天井には二枚の輻射板があります。ストーブを観察するとIKIの隣に壁に隠れて見えにくいが小さなストーブがあります。
テレビは大きくて左下に時刻表示があります。頭上の大きな梁に多数の手型があったが何だろう?

ロウリュにタイミングがあったので迎え撃つ。5分前から中毒になりそうなテンポのテーマソングが流れて盛り上げてくれます。今はコロナ対策で扇ぎはなくアロマ水のみ。熱波師はとても丁寧にラドルでIKIストーブにアロマ水を注いていきます。
室内はジワジワ熱くなりますが注水ペースは変わりません。じわじわ丁寧に燻られている感覚です。ハードなロウリュもイイけど、このソフトな弄られ感覚もイイです。

水風呂はサウナを出てすぐ右にあります。かなり広くて六人入ってもまだ余裕があります。深さもあり快適です。

休憩スペースには困りません。多数の椅子と寝転がりスペースにベンチなど。しかし時間が経つにつれて次第に混み合ってきました。空は広くて時折トンボやセミが飛び交っていました。

歩いた距離 1km

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 18℃
45
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら