2018.10.22 登録

  • サウナ歴 1年 3ヶ月
  • ホーム サウナ&カプセルホテル ルーマプラザ
  • 好きなサウナ 静かで薄暗いサウナ、キリっと冷えていて包み込まれるような水風呂、そして横になることができる外気浴環境、があればマイパーフェクト。
  • プロフィール 京都市出身・在住。 サウナ💦(銭湯♨️)・映画鑑賞🎥・国内ふらり旅🚄・ビール🍺を飲むことが趣味🎵。 サウナスパ健康アドバイザー。
絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

みやびん

2019.10.08

1回目の訪問

ウェルビー名駅

[ 愛知県 ]

トントゥ抽選会で当選した入浴券を使用して利用。実は京都⇔名古屋の交通費が高くついてしまうのは内緒だ。ビルの4階へ展望エレベーターで上がる。ワンフロアなので階段昇降が無く移動が便利。

遠赤外線サウナ
2段式で座面は広い。一番奥に座るとテレビが真正面に見える。左下のデジタル時計の赤い発光色が目立つ。白いフカフカマットが心地よい。天井は低いがテナントビルの宿命だろう。常連さんたちの名古屋弁での会話がユーモラス。

スチームサウナ
白いイスと足置き台が3つ中央に置かれ上からミストが降り注ぐ。2ヶ所にヴィヒタが吊るされており顔を近づけるといい薫り。壁側にベンチのようなものがあったが、よく見ると木の枕があり寝そべりスペースだった。塩も置かれていたがよく見ると黒い胡麻のようのものが混じっていてなんとなく体に良さそうなので塗りたくる。出入りするドアは手で最後まで閉めましょう。

森のサウナ
中に入るとベンチがある。HPの写真と全然違うと思っていたら、右を向くとありました、癒しの空間が!予想よりも広いスペース、2段式だが実際は最上段で2人使用が基本かも。ヴィヒタが浸されている桶の水をストーンに注ぐと、ヴィヒタの薫りが室内に充満して、とてもいい感じ。入口に足置きマットと腰に巻くタオル生地のピルティスウェアが置いてある他お試しサウナハットもあります。

水風呂
森のサウナを出てすぐ左にあります。天井から流れ落ちる3本の滝柱が豪快に流れ落ちる。奥には水吐きゾウさん像があるが口を開けたまま(今は使われていない)深さは膝程度で、腰を下ろして足を伸ばした状態で体を冷やす。

休憩スペース
デッキチェア3つとイス3つが室内にあります。うち1つずつはミストゾーンに置かれていた。水風呂の滝柱が流れ落ちる音を聞きながらのんびり過ごす。一番奥に白いガウンとバスタオルが山積みになっていて優雅に過ごすこともできます。

レストラン
テーブルとカウンターがあり後者に座る。定食を頼むとライス大盛。美味しいお米なので有り難く頂く。女将さんによると大盛がデフォらしい。色々お話をしつつ調子にのって手羽先とビール🍺を追加しちゃいました。

予想以上に注文してしまったので、交通費節約のため京都へは往路同様に在来線を乗り継いで帰ります。

続きを読む
42

みやびん

2019.10.06

1回目の訪問

なにわ健康ランド湯ートピア

[ 大阪府 ]

入口の自動ドアを入ると両脇にドラゴンが口で地球儀を持ち上げるような不思議なモニュメント。受付でシューズキーとロッカーキーを交換、精算は最後に行うとの事。エレベーターで6階に上がる。中に入ると百貨店によくある展望エレベーター。

6階で降りるとすぐ右に喫煙所、左にミニ休憩所、その奥がロッカー室。ロッカーは細長いタイプで中が暗くて見えにくい。忘れ物しないようにしないと。辺りを見渡すとタオルはあるが館内着が無い。探していると「浴室出口にあります」との表示を見つけてひと安心。全裸になり5階の浴室へとても広い階段を降りていく。

浴室入口にはタオルと館内着が山積みされていて安堵する。浴室に入った印象は「とても広い」まずは洗い場へ。コの字状の洗い場の中央にはブーケを持つ裸婦像が立っている。窓からは難波・名古屋・奈良に向かう近鉄電車が見える。

各湯槽は動物園のようだ。ライオン・ドラゴン・シーザー・ホース・ナマズ?等々の口からお湯が吐き出される。檜風呂はとても立派な造り。

そしてサウナへ。

塩サウナ
引き戸を開けると横に6人程の座席が並んでいる。背もたれの壁にはシャワーが2つ、そして右の足元には塩盛りが置かれていて上にはテレビもある。塩はかなりきめ細かい。

高温サウナ
引き戸を開けるとサウナマット置き場がある。持参して入るようだ。次の扉を引いて中に入る。対面形式の2段構造だが、一部は張り出て3段となっている。温度計は90℃。12分計は無く時計はテレビの右下にあるが黒い液晶デジタルなので見にくい。座面は胡座可能の広さ。3段目に座ると天井がとても近く感じて立つと当たりそう。小窓から外の露天スペースが見えるので、お寺で座禅している感覚となる。。

水風呂
洗い場の近くにあり高温サウナからは少し歩く。温度は18.5℃との表示だが冷たく感じる。水深が浅く膝までしか浸かれないので横になり足を伸ばす体制で過ごす。

休憩スペース
屋外の露天スペースにベンチ3つとイス1つ。イスは茶色なので木製かと思いきや触るとプラスチック。ベンチは下にタオルを敷かないと隙間が痛い。
露天に出る所に畳寝スペースがあり、横になるならこの場所です。目を閉じるとお湯が響き渡る中にクラシックのBGM、まるでしきぢのようだ。

レストラン
4階にあります。展望エレベーターで移動してドアが開くといきなり食卓があり食事中の方と目が合う。カウンターは無く4人卓が並ぶ。奥には座敷もあったか更に奥にはパチンコとゲームセンターと歌謡ショーも行われる宴会場とよく分からない組み合わせが続いていく。

その他
・館内着のデザインがとても南国風。

続きを読む
27

みやびん

2019.09.29

1回目の訪問

旭湯

[ 京都府 ]

休憩室の奥、喫煙所の手前がゲームセンターになっていて、更に奥にはカウンターがありミニスーパー銭湯という感じ。

脱衣かごに荷物と服を詰めてロッカーに入れようとするが、かごが大きくて中に入らない。かごかロッカーを選択して使用するみたい。100円返却式。

浴室に一歩足を踏み入れると足の裏が温かい。見ると白山湯のように足を洗うようなシャワーが静かに流れている。
薬湯、ミルキー、ジェット、電気と湯槽の種類が豊富だが、露天にある檜風呂がピカ一。大きいし香りがいいし露天だし。次第に気持ちが高ぶる。そしてサウナへ。

まずはドライサウナ。入り口にあるジグソーパズル状のマットを持って中に入る。L字状の2段式、段差が高く座面にすのこが敷いてある。テレビと12分計はあるが時計や温度計は無い。湿度は高めで熱く感じる。常連さんは皆胡座か三角座りをしている。なんでだろう?と思っていたが、ふくらはぎが椅子のタイル壁に触れて「あっつぅ!」となった時に理由がわかった。

そして水風呂へ。かかり水で汗を流してからプールのような水風呂へドボン!あまり冷たくはない。壁から流れ落ちる水流は、1メートル位の高さから1本と3メートル位の高さから2本と合計3本、音が3面の壁に反響して響き渡る。

休憩スペースは露天にあるベンチ。大きさから3人用だろうが実質は2人用。座面の隙間が大きくそのまま座ると痛いので皆ジグソーパズルマットを敷いている。

スチームサウナも体験。開いたドアはその後ゆっくり閉まっていく。L字状の1段式。ちょうどスチーム発生タイムに遭遇し、ふくらはぎ部から吹き出す蒸気から足を守るため、ここでも胡座体制で過ごす。顔をタオルで揉むと気持ちいいことを発見する。

一通り堪能して脱衣場へ。ドライヤーがあるのは助かります。マッサージチェアは100円で8分と200円で16分使えるらしい。

続きを読む
28

みやびん

2019.09.23

3回目の訪問

Smart Stay SHIZUKU 京都駅前

[ 京都府 ]

東寺近くでの映画鑑賞を終えて利用。今回は初めてのカプセル付き120分コース。

いつものように浴室へ向かい荷物をロッカーに入れようとするが、いつもの日帰り用のキーではなくカプセル用キーなので、ロッカーの場所が異なりかなり狭い。
リュックや服や館内着など無理やり何とか押し込んで入浴する。

ここのサウナはテレビBGMなし。定員6人程度のこじんまりした環境だが自分の理想にかなり近い環境。欲を言えば明るい照明2個を調整してもらって少し暗くできればより落ち着ける感じがします。

2セット終えてロッカーから中身を取り出す時、チャックが壊れるという悲劇が起こる。いつの日か壊れるだろうとは思っていたがそれが今日でした。このタイプはチャックが2個付いているのですが1個は今年3月熊本湯らっくすを出た通り向かいのコンビニで壊れ、残った1個を丁寧に扱ってきましたが、今日寿命を迎えました。まだまだ使えるのですがチャック全開では使い物にならないので、しばし茫然とする。

気を取り直して館内着に着替えて服をリュックに入れて、カプセルルームのある6階へエレベーターで移動する。ICキーをかざして自動ドアが開く。カプセルは今はやりの上下段が半分左右にずれているタイプ。テレビがあり備え付けのヘッドフォンで音声を聞く。コンセントは無いがUSB端子がある。テレビ下の台を手前に引くとテーブルになる。周囲はプラスチック製ではなく木製。色々物色していると壁に鍵穴がある。ロッカーキーを差して回すと小さなクローゼットが開いた。「最初ここに荷物を置いてから入浴する」システムだと初めて知った。

カプセルで小休憩したのち再びサウナで2セット。しかしととのえない。頭の中から「壊れたチャック」が離れない。このままチャックが閉まらず全開状態で帰宅しなければならない状況を何とかしたいが、覆水盆に返らず・本日寿命を迎えたと理解しており、あとは自分の覚悟だけと諭す。

あっという間に120分が経ってしまった。服を着替え鏡に映る自分の姿を確認した上でお店を出る。間違いなく気のせいだとは思いながらも、周囲の視線が自分のアソコに注がれているような気がして、できるだけ目立たないようにリュックを前して羽交い絞めのように抱え込む姿勢で隠そうとするが、ヘンな歩き方になってしまう。

そして無事帰宅、早速新しいリュックを探す為に密林散策を始めました。

続きを読む
25

みやびん

2019.08.31

1回目の訪問

神州温泉 あるごの湯

[ 大阪府 ]

まずフロントでキーを頂く。清算は後だそうだ。奥へ進むと「靴を脱いで下さい」と看板あり。しかし辺りを見ても下足箱が無い。そういえばさっきフロントで「この先の奥を右に入って」と言われたのを思い出して右を奥を見ると下足ロッカーがあった。ロッカー位置は自由ではなくフロントで貰ったキー番号順なので、場所を探してから収納する。

館内はかなり広い。売りは美蒸房(チムジルパン)だが素通りして浴室へ向かう。

ロッカー室で番号を探すが、数字の配列パターンが異なる。何処を探しても自分の番号が見つからないので、ようやくどのロッカーでも使用可能なシステムなのだと気づく。

浴室の入口に給水機が設置されている。浴室内に入るとまず洗い場がある。氷水に浸された冷シャンプーと冷ボディーソープがあり、細かな気配りを感じる。
湯槽が2つあり、その奥は露天ゾーン。炭酸泉や壺風呂・岩風呂等があり、その奥にサウナと水風呂があります。

サウナ
ドアは二重式、1列3段の室内。中央にテレビがありその左隣に小さなストーブがあります。床には黄色く薄いマットが敷かれており1段目と2段目は奥行があり胡座も可能。湿度は高く温度は88℃だが熱く感じる。天井には不規則な模様あり、汚れなのか墨絵なのか、よく分からない。

ロウリュ
午後に二時間おきに行われています。二人体制で赤い団扇で扇ぎます。しかし「焼け石に水」してもジュ~という音がほとんど聞こえない等、思っていたより大人しい感じ。

水風呂
サウナ室を出てすぐ左にあります。特徴は浴槽左側面にある段差、丁度腰掛けると水面が口元下の位置となり、楽な姿勢で浸れます。水温は16℃でしたが冷たく感じました。

休憩スペース
露天スペースにデッキチェア2つと二人用ベンチが3つあります。デッキチェアは柔らかく弾力がある造り。

ただ惜しいのは、休憩スペースから給水機までの距離が遠くて、滑りやすい浴室内を何度も往復する必要があることです。

続きを読む
31