2020.02.23 登録

  • サウナ歴 1年 0ヶ月
  • ホーム
  • 好きなサウナ 静かな高温サウナ(90℃超え)、理想の水風呂(15-17℃、水深深め)と大好きな海を見ながら潮風吹く外気浴が揃った私的至高のサウナを求めて開拓中。BGMは90年代J-POPのオルゴールバージョンだったら最高。サ飯は大体カレーorラーメンのちハイボール。
  • プロフィール 2020.8- 一時日本国に帰国リモートワーク中&サ活中 🇲🇾⇄🇯🇵 サ活投稿は思いが溢れすぎて長文傾向 / 2020.12サウナ・スパ健康アドバイザーになりました / 2021は飛躍の年
絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

Mariko

2021.04.17

29回目の訪問

上関海峡温泉 鳩子の湯

[ 山口県 ]

雨音で起きた土曜の朝。

夜中に友人から
「ゴリパラ見聞録(福岡のローカル番組)でサウナ特集やっとるよー!!サウナにハマる予感!」とLINEがきていて嬉しい気分。

周りにサウナ好きを公言するようになり、IKEAでサウナのポスターがあったとか、テレビや雑誌でサウナのことが出ると連絡してくれる友人が多くなった、ありがたや。


サウナで始まった朝はもちろんサウナへ。
昼からは雨も上がって絶好の外気浴日和、いつもの海岸線と新緑の山々を横目に見ながら鳩子の湯さんへ到着。

女性は石の風呂側、替わり湯はよもぎ。

むむ!替わり湯の浴槽の側にととのい椅子が2脚増えてる!!
サウナグッズも売店で買えるようになったし、なんだかこういう小さな変化が嬉しい。

サウナは今日も80℃の安定の温度で汗がどんどん出てくる。

汗をかきながら、今朝LINEをくれた大学時代の合気道部の友人であるみっちゃんのことを考えていた。
みっちゃんは3月末で仕事を辞めて、自分のやりたいことの勉強を始めるそうだ。
私もそろそろマレーシア帰ってからちゃんとしないとね、と考えながら、今日は久しぶりに外気浴でととのった。

そして、サ室内では座禅を組みながら、合気道の準備体操の一つである小手返し運動をしていた。

世の中が落ち着いたらみっちゃん(とサウナラボ)に会いに福岡に行きたい。
きっとサウナラボの後に旭軒で餃子食べて、中洲の酒一番で飲みながら語らえば最高過ぎること間違いない。

  • 80℃
    18.3℃
続きを読む
66

Mariko

2021.04.11

28回目の訪問

続きを読む

Mariko

2021.03.20

26回目の訪問

上関海峡温泉 鳩子の湯

[ 山口県 ]

今日は春のお彼岸、朝から裏山にあるお墓の掃除とお参り。竹藪の中の細い道を歩きながら、筍がないか探してみたけれど見つからず、猪たちが食べちゃったのかな、残念。

ご先祖様への挨拶が終わったら、清め?の塩温泉に浸かりに鳩子の湯さんへ。
今朝は小雨が降っていて、生温かい気温と雨の匂い、私の好きなコンディション。

女性は石の風呂側、替わり薬湯は日本の薬用植物の代表である、どくだみ湯。10以上の効能があって「十薬」とも言われているどくだみ湯は疲労回復や肩こりなどにも効果があるとのこと。どくだみというと、苦いお茶のイメージがあるけれど、どくだみ湯はほぼ匂いもなくちょっと温めのお湯で気持ちいい。

サウナは82℃、水風呂18.3℃のいつも安定の設定、テレビの音を聞きながら目を閉じ、ジワジワと出てくる汗は体と心に溜まっていたものを一緒に外に出してくれる。やっぱり私はここのサウナが好き。

水風呂に入って体をしめてから露天風呂での半身浴、持参したアロマタオルでのリラックスタイム、丁度いい感じで体に当たる潮風はもはや至福。今日のアロマはラベンダーとクラリセージのブレンドの精神鎮静効果でディープリラックス、背もたれがいい感じの石の風呂の露天風呂でうっかり寝てしまいそうになる。

夏に日本に帰ってきてから、もう春だ。最近特に時間の経過を早く感じる。もう年だね。そして3月といえば、昨年3月18日、マレーシアではロックダウンが発表されて実質上の鎖国状態になった日。その前日は友人たちとマレーシアの繁華街ブキビンタンで肉骨茶(バクテー)を食べながら飲んでいて、ニュースを聞いて慌てて帰宅した日からもう1年以上も経つと思うと、本当に色々なことがあった。

さて、猫が待つマレーシアにはいつ帰れるのだろうか。と、ちょっと不安もあるけれど、きっと必要なときに必要なことがあるから大丈夫、多分。

朝のサウナの後はご飯食べて昼寝、なんて贅沢な土曜日。
今日も、いつも、今ある、すべてのことにありがとう。

「朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり」、実家で発見した自分の中学の卒業文集の好きな言葉で論語のこの言葉を書いてた私。朝にサウナに入っていたら、私はいつかサウナで死ぬかもしれない(サウナで死ぬのはマナー違反なのでしないけど)。それにしても、中学生の私は何を考えていたんだろう、これが中二病というやつか…

  • 82℃
    18.3℃
続きを読む
65

Mariko

2021.03.07

25回目の訪問

上関海峡温泉 鳩子の湯

[ 山口県 ]

今日も今日とて、サウナへ。
突然ですがいつもお世話になっている鳩子の湯さんの好きなところ20個言います。

・塩味の温泉:塩=清め、毎回私は清められている!?
・露天風呂から見える紺碧の海と上関大橋を望む絶景
・潮の匂いを感じられる露天風呂、外気浴スペース
・最大20人入れる広いサ室
・サ室の白いフカフカのサウナマット
・テレビのあるサ室:テレビ見ない生活の私には新鮮
・80℃で長く入っていられるサ室
・18℃前後の冷たすぎない水風呂
・週替わりの男女入れ替えで2つの浴室が楽しめる
・木の風呂側のあたたかみのある空間
・木の風呂側の内気浴ベンチ:背もたれがあってととのい促進
・木の風呂側の露天外気浴ととのい椅子の位置:見上げると吹き抜けになっていて青空がキレイ
・石の風呂側の落ち着いた暗めの照明
・石の風呂側の内気浴ととのい椅子の位置:天井から水滴が落ちてくる悟り促進プレイス
・石の風呂側の露天風呂の石の位置:半身浴できる石に座れば潮風が気持ちいい
・石の風呂側の替わり生薬薬湯
・レストラン「さくら」のご飯:上関名物「車海老」は必食、カレーも美味しい
・売店で買えるプラムドリンク:酸っぱさがサウナ上がりに沁みる
・畳の広い寝っ転がれる休憩室
・休憩室にサ道が置いてある
・洗面台に完備された豆乳化粧水
・白椿シリーズの浴室アメニティ
・ピカピカの床と掃除の行き届いた浴室
・いつもマメに掃除してくれる従業員さんたち

…20個以上出てきた。いつも本当にありがとう。


サウナの日、おめでとうございます。
サウナへの感謝を込めて。

色んな立場、立ち位置の人がいて、日常の中でそれぞれで見えている景色は違う。

景色が違えば、物事の捉え方、考え方なども違ってくる。

サウナに入っているときって、ただ、今ここに自分がある。

私にとってのサウナは、今ここの自分を思い出せて、目の前の景色をクリアにしてくれる大切な場所と時間だ。

いつも、ありがとう。

  • 80℃
    18℃
続きを読む
69

Mariko

2021.02.20

24回目の訪問

続きを読む

Mariko

2021.02.14

23回目の訪問

続きを読む

Mariko

2021.02.13

22回目の訪問

続きを読む

Mariko

2021.02.11

21回目の訪問

上関海峡温泉 鳩子の湯

[ 山口県 ]

一足先にHappy Lunar New Year!今日は旧正月の大晦日で明日は春節。中華系マレー人の同僚たちも「1週間休むんで!」と言い残してオフラインになる。日本は建国記念の日で祝日なのだけど、年度末に向けてとにかく仕事が忙しい。

朝、サウナへ行ってすっきりしてから仕事をするべく鳩子の湯さんへ到着。気温は13℃、やさしい潮風とお日様の光がキラキラと海を照らす風景を見ながらのドライブで心も穏やかになる。

今週は女性は木の風呂側で替わり湯はよもぎエキス。日本のハーブ代表のよもぎの香りは春を感じられて嬉しい気持ち。子どもの頃、学校の帰り道でよもぎを摘んで帰ったら、いつもおばあちゃんが草餅にしてくれたのを思い出しながらお風呂につかる。

祝日の朝だからか、浴室もサウナも人はまばら。サ室温度はこの日も72~82℃のアップダウンでどんどん汗が出てきて気持ちいい。しっかりと汗をかいて、かけ湯からの内側の木のベンチで休憩。

冷やしアロマタオルはゼラニウムとペパーミントのブレンド。ゼラニウムのローズのやさしい甘い香りで心を回復、ペパーミントですっきりと、この香りは癖になるかも。

露天風呂での海を見ながらの半身浴とアロマの香りでととのい癒されながらの至福時間。やっぱり私にとってのサウナの時間ってほんと大事だな、としみじみ感じる。

今日は短めに1時間半のサウナとお風呂。サウナとアロマに感謝しながら、帰りはご褒美プリンを買って口もしあわせ。仕事で色々考えなきゃいけないときは、やっぱ糖分も必要だよね。

旧正月の大晦日は、中国の北側の方では餃子が夕食の定番。食べると金運が良くなるそうな、年越し蕎麦ならぬ年越し餃子は餃子好きとしては見逃せない。今晩はうちも餃子かな。

  • 82℃
    18.1℃
続きを読む
74

Mariko

2021.02.07

20回目の訪問

上関海峡温泉 鳩子の湯

[ 山口県 ]

サウナの次の日は良い目覚めと捗る仕事。午前中で会議資料の準備を終えて、午後からは楽しみにしていた鳩子の湯さんへ。

今日は石のお風呂側で替わり湯がローズマリー。刻んだローズマリーの詰まった袋がお風呂にプカプカ浮かんで良い香りを放っている。ローズマリーは別名「海のしずく」とも言われていて、とっても可愛い小さな花が咲くのだけど、香りと効果は強力で「攻めのハーブ」「若返りのハーブ」とも呼ばれているのが特徴。記憶力の向上、血行促進、そして不安解消効果もあるローズマリーのお風呂にしばらく浸かっていたら既にととのい一歩手前になる。

外気温は昨日と同じく春の陽気で16℃前後、いつまでも外にいられると思っていたら急に強い冷たい風が吹き出してきた。関東では先週春一番が吹いたから、山口にも春がやってきたのかな?

立春も過ぎ、時が経つのが本当に早い。日本に帰ってきてから毎週のようにサウナに行っている。晩夏から秋、そして真冬の外気浴を経験し、もう春になる。そろそろ1回マレーシア帰らないとね、とか想いながらもなかなかに世情が厳しく出入国のタイミングが見つからない。

ま、必要なときになんとかなる、なんとかするし、とサウナの中で考えていたら、今日のサウナはやけに熱くて汗が滝のように出てくる。それもそのはずで、72℃から82℃までのアップダウン、ストーブ付近は特に熱気がすごい。サ室内は常時6~8人で出入りが頻繁にあったこと、そして常連のおばあちゃんのとってもゆっくりとした出入りのときに冷たい外気がサ室内に吹き込んでいたことが原因かな。いつも同じ温度ではない、これもサウナの楽しみの一つかもしれない。

週末の昼過ぎに行くと、ほとんど毎回サウナで出会うおばあちゃんがいる。90°に腰が曲がっていて、サウナストーブに一番違い下段ポジションでいつも横になって寝ている。見た目だけでの判断だけど、きっと御年80歳は超えていらっしゃる様子。以前広島の銭湯サウナで出会った素敵な89歳のおばあちゃんのことも思い出しながら、私は何歳までサウナに入っていられるかな、最期はフィンランドの片田舎のサウナの中で死ぬか…否、サウナで死ぬのはマナー違反だよね、とか考えながら露天風呂での半身浴で冷たい潮風に吹かれてととのい。

最後はローズマリーのお風呂に浸かって若返り効果を感じながら、私はこれからもずっとサウナに入り続けるだろう。長くサウナに入るにはやっぱり買うしかないかな、ということで明日からも仕事頑張ります。

  • 82℃
    18.3℃
続きを読む
69

Mariko

2021.02.06

4回目の訪問

くだまつ健康パーク

[ 山口県 ]

仕事で満身創痍の週末はサウナイキタイ。朝から雲一つない天気の良い日、空はまさに蒼穹。こんな日は青空を見ながらととのいたい、ということで国道188号線をドライブしてくだまつ健康パークさんへ午前中に到着。

くだまつ健康パークさんは1990年開業で私が子どものころからずっとある施設さん。建物の外観は古いけど、中はピカピカでいつ来ても気持ちいい。

今日は土日イベントで女性側のお風呂は洋ラン風呂。可愛い紫色のランの生花が低温の水素風呂に浮かべられていて、ラグジュアリーな気分になれる。

体を洗ってからの泡風呂、洋ラン風呂と楽しんだらロッキーサウナへ。お昼前の時間ということもあってか、サウナ室は私1人。78度の中低温でじっくりと蒸される。そして、今日のお楽しみは何といっても青空の下での外気浴。

露天風呂はちょっと広いベランダのようなスペースに設置されていて、2人入って丁度いいサイズ。ゴルフ場のグリーンの向こうに瀬戸内の海と青空が見える。四角い露天の石風呂は、コンパクトなサイズながらもお風呂のフチに背もたれして足を全部伸ばせて快適。家から持って行ったユーカリペパーミントのアロマタオル、目の前の緑と青のコントラスト、気持ちのいいそよ風に癒されながらととのう。

サウナとお風呂でととのった後のお楽しみはもちろんサ飯。さて、どこに行こうか?と脳内サ飯会議が休憩スペースで始まってしまった。

「サウナの後はカレー一択!」「否、サウナ後は汁物!ラーメンじゃろ?」と脳内ポイズンベリー状態で結論が出なかったその時、「パ・ス・タ!」という第三の選択肢登場…ああ、どうしよう 頭の中が 大騒ぎだ。こういうときに第三の選択肢を選ぶことは有効なのだろうか、シナジー効果を生み出せるのだろうか。

…Mariko、好きなもの食べようぜ。

ということで、今日のサ飯はインドカレー辛口にチーズナン。マレーシアでは会社が閉鎖される前、ほぼ毎日社食で食べていたインドカレーだけど、日本に一時帰国してからもう6か月も食べていなかった。ラッシーがサウナ後の体にしみわたり至福。チーズたっぷりのナンとエビ入りトマトベースのインドカレー、まさにカロリー爆弾なのだけど、週末のサウナ後は何を食べてもいいと私は勝手にマイルールを作っている。

自分の好きなことができた癒しの週末、また仕事も頑張れそう。二者択一ではなく、第三の選択肢を持つことも重要、でもどちらかに決めなければならない場面ではちゃんと決められるようになりたい。

  • 78℃
続きを読む
77

Mariko

2021.01.31

19回目の訪問

上関海峡温泉 鳩子の湯

[ 山口県 ]

サウナへ行かんと、そぞろ神の物につきて心を狂はせ、道祖神の招きにあひて取るもの手につかず…岩田リョウコさんの「HAVE A GOOD SAUNA!」の読後、サ旅に出たくてうずうず。人の心に取り憑いてなんとなく人の心を誘い動かす神様、「そぞろ神」が憑くってこういう感じなのか、と身をもって体感。

うずうずした気持ちを胸に、晴天の日曜日はサウナへ行こう。キラキラと太陽光が反射する瀬戸内の海、今日は気温も高いからか、中型の漁船が3,4艘穏やかな海に浮かんでいる。

いつもの137番靴箱に靴を入れて、受付をした後にふと物販コーナーを見るとサウナグッズがある!めっちゃ嬉しい!!
サウナハットは800円、マットは600円と通販で買うよりもお安い。そろそろ私のサウナマットも半年使ってるし、次回来た時に買い替えよう。サウナハットは自分で刺繍やワッペン付けたりしてカスタマイズするのも面白そう。まだサウナに入っていないのに、楽しみが増えすぎて既にしあわせな気分になる。

男女入れ替え制のお風呂は久しぶりの木の風呂側。木材の温かみのある空間も好き。石の風呂側のシックな空間と薬湯も好きだけど、木の風呂側は休憩用のベンチが木なのがポイント。石の風呂は石のベンチでひんやり、冬場はお尻をつけるとやっぱり冷たい。

アロマタオルはレモングラスの香りを準備。ピリリとした爽やかな香りで午後からの仕事前にアドレナリンを分泌させる。

サ室内はお昼時ということもあり、2,3人の入りで快適な空間。今日はサウナハット&マットのフル装備は私1人、物販コーナーで取り扱い始めたからフル装備人口増えるといいな。そしてサウナのしあわせがもっと広まったらいいな…と考えながら汗を流す。

汗を流しながら心の中でそぞろ神さんと対話。「日々旅にして旅を栖(すみか)とす。」、旅が人生って良いよね、道祖神さんに招かれるのは世情が落ち着いてからなんじゃない?、じゃあ今自分は何ができるかな?…とか色々と考えていたら楽しい気分。

サウナを出た後、露天風呂で海を見ながら半身浴をしていると、大きな船が上関海峡大橋の下をくぐっていくのが見えた。レモングラスの香りはちょっと刺激が強い、次回はローズマリーとブレンドして香りを落ち着けてみよう。暫くの間、ぼーっとしながら、潮風に吹かれて心を落ち着ける。

昨夜は「HAVE A GOOD SAUNA!」を読んでととのい、今日もサウナでしあわせ。さて、人生の旅のことを考えよう。

  • 80℃
    18.1℃
続きを読む
84

Mariko

2021.01.24

18回目の訪問

上関海峡温泉 鳩子の湯

[ 山口県 ]

昨日のサウナのおかげで心地よい目覚めの日曜日、こんな気持ちいい朝のBGMにはMaroon5のSunday Morningを聴きたくなる。

but things just get so crazy, living life gets hard to do
Sunday morning, rain is falling and I’m calling out to you…

と、最近の世情のことも考えながら、鼻歌まじりに仕事を片づけていく。サウナで頭キレキレ効果が翌日まで継続していたのか、いつもより進みが早い。お昼ちょっとすぎに資料作成完了。

Driving slow on Sunday morning
And I never want to leave

頭の中はSunday Morning、今日はゆっくりするか…いや、サウナにやっぱり行こうということで、Maroon5の曲たちを聴きながらに鳩子の湯さんへ車を走らせる。

鳩子の湯玄関ではマスク・ド・プーさん&マスク・ド・鳩子がお出迎え。ん?昨日とマスクが変わって鬼滅の刃の柄になってる。柄が冨岡さんと胡蝶さんなのはスタッフさんの趣味なのだろうか。(私は伊之助と伊黒さんが好き)

気を取り直して137番へ靴を入れ受付。夕方前に到着したので結構人が多い。浴室の男女入れ替えは毎週月曜なので、今日まで女性は大好きな石の風呂側。

洗い場も人が多くほぼ満席状態、サ室も8人くらいになるときもあったけど、皆さんお喋りせず、私も座禅を組んで黙々と汗を流す。

サ室内で目を閉じてゆっくりと鼻から息を吸っていると、時々鼻の中が火傷するんじゃないか?というくらい熱いときがあるけれど、身体の奥から温まって、汗が身体のあちこちから湧き出て、下に流れていく感覚が好き。

今日のアロマタオルはお気に入りになった紅茶の香り、ベルガモットカラブリアン。露天の外気浴スペースで「サウナの呼吸 弐ノ型 華舞(アロマ)」(勝手に命名)でととのう。

4セット目は露天風呂で石の背もたれでいつもの通り潮風を感じて半身浴、足元からじわじわと温かさが身体中にゆっくりと広がっていく。外気温も10℃前後と少し高めだったのでうたた寝していしまいそうになった。

ベルガモットの香りとともに今日は癒しのととのい。今ここにあるしあわせを感じながら、明日からもきっと穏やかな気持ちでいられる。そして、いつか会いたい人たちに会えることを信じてる。

  • 82℃
    18.5℃
続きを読む
93

Mariko

2021.01.23

17回目の訪問

上関海峡温泉 鳩子の湯

[ 山口県 ]

休みの日の朝、雨の音で起きるとなんか幸せ。今週も仕事は定時には終わらなかったり、金曜は苦情対応で予定が狂ったりしたけれど、今日も私にはサウナに行く時間がある。

いつもの海岸線を車で走りながら、雨の日はなぜか聞きたくなるSyrup16gの曲たち。

「雨が降れば 傘をさせばそれでいいが 人の心にさす 傘は頼りなく だから代わりに涙を流すのかな 悲しみにおぼれてしまうその前に」

この曲のタイトルの「ラファータ」ってどういう意味だったっけ?とか、相変わらず人間臭い歌詞だなぁとか考えていたら鳩子の湯さんへ到着。

玄関のマスコット、マスク・ド・プーさんにお出迎えされ、137(イーサウナ)番の靴箱へ靴を入れる。朝の早い時間帯、37(サウナ)番の靴箱が埋まっているのはやっぱりサウナ―さんが来ているからかな?といつも思ってしまう。そして、フロントで渡された脱衣所ロッカーの鍵は376(サウナロッケンロール)番…そろそろ私もサウナに入りに来る常連として鳩子の湯のスタッフさんに認定されたのだろうか。それとも偶然偶然?

今回女性は石の風呂側でシックな雰囲気、替わり湯は唐辛子のきいた薬湯・萬喜湯。石側の替わり湯はいつも薬湯系で嬉しい。露天風呂は屋根が半分だけかかっているので、雨に打たれながらの外気浴も楽しみにいそいそと身体と髪の毛を洗う。

薬湯であったまったらいざサウナへ。サ室温度78-82℃、ストーブからの熱気で1セット目から汗がポタポタと流れ出る。せっかくの雨なので、かけ湯してからは水風呂無しで露天スペースへ移動し、露天風呂で半身浴しながら雨に打たれての休憩。冷たく心地よい塩辛い風が上半身だけあたって、頭上からは恵みの雨…最高。

もちろんアロマタオルも準備していたので2セット目で使用、今日は甘い紫蘇の香りのクラリセージと殺菌作用のあるティーツリーのブレンドアロマ。雨のシャワーで潮風を感じながらアロマの香りを楽しむ…なんという贅沢。

アロマタオルを始めてからの変化が1つあって、サウナで涙が出なくなった。アロマが私の心の傘になっているのかな?

今日は合計4セット、サウナで心と身体が生まれ変わる。

帰り道はBank BandにもカバーされたSyrup16gの名曲「Reborn」を聴きながら、いつもサウナとアロマに感謝。私の周りのいろんなことにありがとう。

「昨日より今日が素晴らしい日なんて わかってる そんなこと 当たり前のことさ」

  • 82℃
    18.2℃
続きを読む
85

Mariko

2021.01.16

16回目の訪問

上関海峡温泉 鳩子の湯

[ 山口県 ]

仕事が正月モードから通常モードへ一気に切り替わり、会議ばかりでヘトヘトな週末。仕事は心地の良い疲れを感じることもあるけれど、ネガティブなことも無きにしも非ず、週末はサウナへ行こう。

折り畳みの桶が近くの100均で見つからなかったので、今回も家で冷やしアロマタオルを作って持参。アロマはベルガモットカラブリアン、紅茶のアールグレイの香りづけとしても知られていて、柑橘系のすっきりした香りはタオルを絞っているときから既に良い匂い過ぎる。サウナ行く前からととのい一歩手前。

今日は気温も10℃を超えて晴天、水風呂に入れそう。

女性は木の風呂側、替わり湯はヒアルロン酸美容風呂で午前中は人の少ないサウナチャンス。いつも通り身体を洗って、ヒアルロン酸でツルツル美肌になったところでサ室へ。サ室内は2,3人で密になることもなく快適に過ごせていい感じ。

座禅を組んで汗と一緒に仕事のネガティブを流していく。そういえば、昨年3月から一度も会社に行っていない。先週、美容師さんから在宅勤務で集中できるか?って聞かれたのだけど、もう丸1年近くになるので慣れてしまったし、集中も問題なくできる。ただ、在宅勤務は自分で仕事の止め時を見極めないとダラダラと続けてしまう。

定時ってなんだっけ?と、昨年末なぜか買ってしまったカバのマグカップ、なんで私はこのマグカップを買ったかっていうと丁度サウナの国・フィンランドのことを調べていたからだと思い出した。フィンランドといえばムーミン谷で暮らす一家、ムーミンパパは新聞紙に包まれ、紙袋に入れられて、ムーミンみなしごホームの階段の上に置き去りにされていた、という涙の生い立ちを知ったりと、色々とネットで見ていたりしてたらムーミンたちのフォルムが頭から離れなくなってしまった。私はなぜムーミンの可愛いマグカップを買わなかったのだろうか。定時…とか考えていたらサウナでのぼせそうになってしまった。

サ室から出てかけ湯、今日は気温が高いから水風呂にも入って久々に「あぁぁー」と発声できて気持ちいい。そしてお楽しみのベルガモットの優しい香りに包まれて、ムーミンパパみたいな仕事がしたいな、冒険好きだし!とちょっと自分の将来のことも考えながら、来週は定時で仕事を終わらせてみよう。

仕事以外にも色々心配なこともあるけれど、「きっと嵐って、朝日が、そのあとにのぼってくるためだけに、あるんじゃないかなあ。」ってムーミンパパの言葉を信じて、今日もサウナとアロマに感謝。

  • 80℃
    17.9℃
続きを読む
83

Mariko

2021.01.11

15回目の訪問

上関海峡温泉 鳩子の湯

[ 山口県 ]

のんびり3連休の最終日、昼からは仕事の資料作成で集中したいので行先はもちろんサウナ。新たなアイテム「MOKUHairアロマタオル」をいそいそと作り鳩子の湯さんへ。

サウナに行く前、家の洗面器に冷たい水を張ってアロマオイルを3,4滴たらして絞って持参。既に家を出る前からタオルからひんやりミントの香りが鼻をくすぐる。

アロマはユーカリペパーミント、頭脳明晰作用があって集中力を高める効果。仕事前にピッタリ。タオルは最近サウナハット代わりにもなるということで気になっていたMOKUHair(ヘアバンド)、ネックウォーマーにもなるということだったのでこれで鼻と口を覆えばウィルス対策にもなるかな?そしてアロマの香りがしたらさらにいい感じになるんじゃ!?と早速購入し本日初試用。

女性は木の風呂側。木側も木材のあたたかみが感じられて癒される。今日は朝から駐車場がほぼ満車だと思ったら11日は1126(いい風呂)で食堂のビールが安い日。

今日のサウナも温度74~80℃の間を行ったり来たり、人の出入りがあって外気が冷たいとサ室の温度も変わりやすい。1セット目はじっくり汗をかいて、かけ湯しての小休憩。2セット目、ヘアバンドをすっぽりとかぶって鼻と口を覆うとミントの爽やかな香りがタオル地を通して優しく鼻から入ってきて至福… と、至福時間はあっという間でタオルはサ室温度で温まり、同時に香りもどんどん薄くなっていく。うーん、ミント系は冷やしタオルでサ室外のととのい時間でスーハ―するのがいいかもしれない。

次は現地での熱いお湯を使ってタオルを作ってみよう。香りは何がいいかな、タオル作るときは施設さんの桶を使わずに小さい折り畳みのバケツ持って行こうかなとか、またサウナに行くまで考えたり調べたりする時間が楽しい。

あと今日はMOKUタオルが洗濯中で身体拭きは普通のタオルを持って行ったんだけど、MOKUの実力を再認識。MOKUだと外気浴に出る前にしっかり身体が拭けるから冷えすぎることが無くて快適に過ごせる。

今は色んな遠くのサウナに行くことが難しいし、世情からもネガティブな出来事に心を囚われやすくなっている。でも、地元のサウナ施設も自分で工夫しながら新しい楽しみを見つけられると嬉しくてしあわせになる。

汗をかいて水風呂入って休憩する…ただそれだけなんだけど、サウナに行く前から帰り道、そしてこうしてサ活を書いている時間まで、ずっと自分の心が喜んでいる感覚をこれからも大切にしていきたい。

  • 80℃
    18.3℃
続きを読む
105