秋田saunner 草薙

2020.10.29

1回目の訪問

【館内】
芭蕉の湯というだけあって入ってすぐに松尾芭蕉の銅像が鎮座する。壁紙が張り替えられているところとそうでないところの差が激しく、お世辞にも綺麗とはいえなかった。たまこんや冷たい肉そばなどと山形らしさが光る食堂は◎
【浴場】
鉄分を多く含む温泉で、日によって濃度の差があり多いときには茶色の鉄が底にたまるみたいだ。全体的にお湯の温度が高く、個人的には好き。
浴場の匂いも鉄そのもの。鉄棒を握り締めた後の掌のような匂いをイメージしてもらうと良い。苦手な人は苦手かなと。
【サウナ】
三段式。ガスストーブ。
正直、この施設に期待は持っていなかったのだが思いっきり裏切られた。めちゃくちゃ良かった。まず特筆するべきは「湿度」。オートロウリュなどは見当たらなかったのだが、ユーランド八橋に匹敵するほどの多湿環境。温度計は92度を指していたが体感はその上をいく。使用されているマットもフカフカのタイプ。「これ、どこかで見たことあるな、、?」あっ!ユーランドと同じだ!危なく大きな独り言をサ室で行ってしまうところだった。湿度の秘訣はマットにあり?
サ室前にはクーラーボックスに大量の氷が。どうやら口に含んでサ室に入るようだ。ここのオーナーの発想は豊かだ。
【水風呂】
水風呂は露天にある。十分な冷たさもあり外気浴に向けての動線も100点。
【ととのいスポット】
椅子が2つとフルフラットチェアが2つ。
当然フルフラットを選択。
秋風と吹き抜けから見える青空がより深いととのいへと誘う。これこそディープリラックス。運転や飲み会で相当体は疲弊しているはずなのに全てがなかったかのように全回復した。サウナって偉大だ!
サウナ10分×3
水風呂1分×3
外気浴10分×3
【総評】
山形テルメごのサ活だったのだが、山形県に無限の可能性を感じた。決して新しい施設ではないが不快感は全然無かったし、正直にいうとサウナのスペック、水風呂・外気浴までの動線全てが、どストライクだった。ここに来るために日帰りドライブでも良いかも…なんて怖い思想になってきたのでさっさと秋田に帰ることにする。
山形大好き。

秋田saunner 草薙さんの芭蕉の湯のサ活写真
32
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら