JP

2020.02.13

1回目の訪問

R2.2.13
有給休暇消化と銘打ち"意図的飛石連休"を創生。函館市内方面から訪湯すると車線の入りづらさに定評があるしんわの湯でサ活。休みづらい世の中、せめて好きなものは好きと言っていこうぜ。

今日の僕は一味違う。新たなサウナグッズを手にしてワクワクしている僕は、初めてバッティンググローブを買ってもらった小6の夏を思い出していた。補欠だけどね、と強がって笑う僕を見る親父の顔を今でも思い出す。
「サウナ用メガネ」で検索すると一番上に出てくるであろう、新たな相棒の初お目見え。これでQOS(Quality of Sauna)爆上がり待った無し。字面、ほぼiQOSなんだけど。

1セット目 高音乾式サウナ 5分
かなり熱め、それも熱源近くの上段に陣取った結果、5分。5分て。捨て台詞は「ま.まぁ...最初はこれくらいにしてやるか...。」温度は100〜110℃。水風呂は体感5℃(あくまで体感です)。それがまたいい。

結構な種類の温泉があって、それだけでも十分楽しめます。なんと、露天風呂だけで5種類くらいあります(残念ながらお湯が張ってないのもあります)。風情のある茅葺き調の屋根がついた丸風呂と、歩き湯が混在している空間、好き。

2セット目 低音乾式サウナ 12分
サウナ2個あります。温度は体感80℃くらい(見るの忘れました)。個人的に、背中を壁につけられるこっちのサウナが好き。わかる人いるかな。僕の背中は自分が思うより正直。

リクライニングチェアの充実たるや。"ととのい"の延長線上の感じで、4~50分爆睡しました。一緒に来た友人にちょっと心配されました。
疲れたので今日はここまで。ちなみにメガネは大活躍でした。ご飯も美味しいので、しんわの湯オススメです。

サウナのことだけ考えて生きてたいね、どんなときも。

  • サウナ温度 80℃,110℃
11
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら

サウナグッズ