2020.01.30 登録

  • サウナ歴 3年 4ヶ月
  • ホーム 八尾グランドホテル
  • 好きなサウナ 88度以上かつしっとり系。 水は天然系を希望。しかしそれが冷水である限り、何であれありがたい!
  • プロフィール 秘湯・名湯をめぐる旅が趣味でしたが、 ある日、ある温泉でなんとなく入ってみた水風呂で偶然トトノってしまい、温泉愛からサウナ愛へ移行。
絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

麓水

2022.09.21

1回目の訪問

整備された新しい住宅街を抜けると
雄大な敷地に佇むこちらの施設に到着します。

こういう街に出会うと
ついつい町づくりの計画や建築制限を
調べてしまうのは職業病でしょうか。

受付を済ませ脱衣に到着するまで
ワクワクを一層高まらせる距離の演出を感じ、
準備して浴室に向かいます。

内と外を上手く融合させた浴室は、
内には薬草塩ミストサウナ、炭酸泉と洗い場、
外(半露天含む)には高温サウナ水風呂、
露天風呂、そして休憩スペースがあります。

一通り楽しんだ後に高温サウナへ。

毎時0分に始まるオートロウリュでは、
小さな螺旋を描く吐水口から
石がぎっしり詰まったストーブに向け
静かにゆっくり水が滴り落ちます。

ジュワジュワいわずに
人知れずぐんぐん熱くなるサ室では
目でもなく耳からでもなく、
身体だけでロウリュ熱を感じます。

湯気が立つほどホクホクの身体で
半露天水風呂でじっくり冷めゆく過程を
楽しみます。

休憩は空の抜けた場所に置かれる
インフィニティチェアで。

庭の木々の緑と青々とした空を眺めながら
抜群のととのいを味わいました。

広い建物にも関わらず、
無駄に浴室を大きく取らない余白を設けた造りが
程よい心地よさを与えてくれます。

次回は施設名称でもあるスッカマ(炭窯)も
体験したいと思います。

続きを読む

  • サウナ温度 42℃,80℃
  • 水風呂温度 16.5℃
20

麓水

2022.09.21

4回目の訪問

水曜サ活

初めて泊まりでゆっくり過ごしました。

平日午前のなにけんは
ゆったりした時間が流れます。

フィンランドサウナも独り占め。
好きなようにロウリュして、
寝転びじんわり汗を流します。

軽く水風呂でクールダウンした後、
11時のアウフグースへ。

なにけんの通常アウフも初めてです。

心を込めて仰いでいただき
じっくり冷たい水に体を浸せば
もうととのいへの道まっしぐら。

顔をタオルで覆い、
自分の世界に入り込みました。

ダラダラ過ごし飲んで寝てサウナに入る。

究極の至福タイムが過ごせるなにけんへ
また肩の力を抜きに訪れたいと思います。

続きを読む

  • サウナ温度 90℃,80℃
  • 水風呂温度 15℃
78

麓水

2022.09.20

30回目の訪問

久しぶりにホームを訪問しました。

今日もフィーバータイムを繰り返す
熱いボナサウナでは
止まらなくなる汗を拭い過ごし、
オーバーヒートしたところで
深く肌触りの良い水風呂で冷まします。

頭から勢いよく注ぐ水を浴び、
一潜水したところで休憩へ。

外気浴で風さらされ、
痺れながらも溶ける思いでととのいました。

今日共に過ごした
サ友のぎんも気持ち良さに失神したようです。
足が遠のくホームですが、
また定期的に訪れます。

続きを読む

  • サウナ温度 93℃
  • 水風呂温度 18℃
69

麓水

2022.09.15

1回目の訪問

サウナ飯

ウェルビー栄

[ 愛知県 ]

レディスデー カプセル宿泊で参加しました。

女人禁制の館に足を踏み入れられるとは
何とドキドキすることでしょう。

浴室に入ればサウナよりも
なぜか目に留まってしまう
歯磨き粉のガードハローの陳列に、
摩訶不思議な世界だと目が点になります。

数多くのレディ達に紛れながら
さっさと洗体を済ませ、
さっそくサウナを楽しみます。

まずは高温サウナ。
薄暗く落ち着いた空間に
この場の守りをするかのように鎮座する
でっかいストーブとモリモリのストーンが
サ室をしっかり滞りなく熱します。

浴室の湯船の一部がサ室に張り出しているせいか、
湿度も申し分なく心地よい。

とても好きな肌感にうっとりしながら
間もなく吹き出す汗とともに
水を欲する気持ちが抑えられなくなるまで
時を過ごします。

アイスサウナが故障した事を機に
シングル設定にしてくださった水風呂で
スースーする感覚を味わいながら鎮めます。

休憩は、もう1つのサウナ
「森のサウナ」ゾーンにある休憩イスで。

鳥のさえずりBGMが耳に心地よく響きます。
遠のく意識と並行して、
男性もこのような環境に癒されるのか、
そうなのか。。と考えながらととのいました。

森のサウナでは、可愛らしいサ室内で
ヴィヒタの香りを楽しみながら汗を流しました。
普段はここで男性達が
癒され楽しまれているのかと思うと
何だかキュートに感じます。

サウナパンツを履いてみたり、
男性用化粧品を試してみたり、
シェービングフォームを少し頬に当ててみたり
好奇心の赴くままに、
男の香り漂う館内を存分に楽しみました。

早朝ウナし、一番のりで朝ごはんを食べたところで
チェックアウトまで
ゆっくりできないのが残念ですが、
男になった気分で大阪に戻り仕事に取り組みます。

またレディスデーを開催いただいた折には
伺いたいと思います。

矢場味仙

台湾ラーメン

辛さが病みつきになりました。

続きを読む

  • サウナ温度 80℃,90℃
  • 水風呂温度 30℃,10℃
123

麓水

2022.09.14

1回目の訪問

長喜温泉

[ 愛知県 ]

後ほど記します。

続きを読む

  • サウナ温度 108℃
  • 水風呂温度 11.4℃
78

麓水

2022.09.14

1回目の訪問

水曜サ活 サウナ飯

チェックイン

ミラカン

初めて食べる味。

続きを読む

  • サウナ温度 92℃
  • 水風呂温度 14.5℃,13℃
85

麓水

2022.09.10

7回目の訪問

世の中への解放日が世の中的に早まり、
調子が戻ったところで
さっそく飢えた体を満たしに産湯へ向かいます。

蒸される汗って
こんなに気持ちよかったでしょうか。
水風呂ってこんなに冷んやり
ブルブルと心地よかったでしょうか。

そんな快楽を脳が思い出したかのごとく
大きなととのいに包まれました。

サウナお休み期間があったことで
これほど研ぎ澄まされたサ活ができたのは
よかったですが、
もうあんなにしんどいウイルスとの戦いは
2度とゴメンです。

闘病中には、遠く離れた彼女のサナティや
ここサウイキで出会ったサウナーさんが
スマホ越しに毎日励ましてくれました。
心強かったです。
本当にありがとうございました。

さて、シャバに出たところで
今日からまた頑張りますか。

いってきます。

続きを読む

  • サウナ温度 85℃
  • 水風呂温度 16℃
81

麓水

2022.08.30

1回目の訪問

大西湯

[ 奈良県 ]

到着間際にふと入ったメールを
読み進めていると、
大通りからの曲がり角を通り過ぎ
県庁前まで来てしまいました。

ここら辺りにもこんなに鹿がいたでしょうか。

奈良らしさを感じながら、
商店街の一本道を入った所にある
小さな銭湯に到着しました。

暖簾の数歩手前で、
すでにほんのり落ち着く銭湯の香りが
鼻腔をくすぐります。

暖簾をくぐり年季の入る施設の
戸を引き中に入ると、
そのレトロな佇まいから一転、
とてもいい声のご主人が
「いらっしゃいませ」とおっしゃいます。

いい店のいい接客の声だと
惚れ惚れしながら脱衣室へ。

目の前には
年季が入り色合いに深みの増した
渋い脱衣ロッカーが並びます。

りょうさんのレポを見て、
今日はこれを目当てに訪問したと言っても
過言ではありません。

その素敵なロッカーを
噛みしめるように眺め触れ、
この銭湯の歴史と素晴らしい作りに感動しながら
ゆっくりと入浴の準備を進めます。

番台からは丸見えです。
いつもならこれっぽっちも気になりませんが、
いい声の店主だったので何だか少し躊躇します。

恥ずかしがってる自分が逆に恥ずかしくなり、
心を入れ替え浴室へ。

コンパクトな浴室内には
洗い場と浴槽3種、
可愛いお花柄タイルの設えの洗面場?、
そしてスチームサウナがあります。

さっそく身体を清めますが、
壁付けシャワーのカランのグラつきや
水の出が様々です。

これもご愛嬌ポイントだと
楽しみながら席を何度も移動していると、
常連さんが「ここの席がいいよ」と
フォローしてくださいました。

お湯で身体を温めタイル張りのスチームへ。

特徴を述べるのが難しいスチームですが、
室内に貼られる説明書きの掲示にも年季が入り、
ココにこれまで一体何人の人が入って
楽しんだんだろう等と想像すると
感慨深いものがあります。

しっかり蒸された後には、
水風呂はありませんので
洗面器に水を汲み、何杯も水浴びを楽しみます。

浴槽ステップの脇に座り、
ぼーっとします。
ととのいませんが
心おだやかに休憩の時間を楽しみました。

とても大切に営業されてきた事が伝わる銭湯に、
長年運営される過程の中で
今日この場に私も訪問できた事を
ありがたく思います。

週4回営業、21時閉店と少し狭き門ですが、
奈良訪問の際には
ぜひ立ち寄っていただきたい銭湯です。

続きを読む

  • サウナ温度 45℃
97

麓水

2022.08.29

3回目の訪問

よく風の抜ける男湯は、心地良い。

男湯で開催された
女性限定のアディちゃんぽんさんの
アウフに参加しました。

サウナも熱くて気持ちがいい。
サ室の造りも男湯の方が丁寧です。

女に生まれて得した事もありますが、
損した事も多いのではと思いながら
しっかりこの場を楽しみ、
しっかりととのいました。

久しぶりにお会いできた方々もいて、
とても楽しい時間でした。
ありがとうございました。

続きを読む
125

麓水

2022.08.24

1回目の訪問

こうの湯温泉

[ 福岡県 ]

玄関脇には年季の入った
ラドン冷鉱泉の水汲み販売場があります。

そんなに良い水なのかと
少し古びた建物に目をやり眺め、
まずはにんまりします。

施設内は水道水を使わず
源泉に頼っているそうです。

エントランスに入った瞬間、
どこかで嗅いだ匂いがします。
八尾グラと似た香りです。
さらに期待に胸が高鳴ります。

カーペット敷の通路を進み脱衣室へ。
正月みたいな琴っぽいBGMと
昭和なロッカーがあります。

ここまでで、すでに貫禄たっぷりです。
早く浴室を見たいと気が焦ります。

浴室に入ると見事な木の表し。
そして目線の先には開いた掃き出し窓外に
庭の景色が飛び込みます。

縁側ではありませんが
窓から軒下に出られるようになっており、
手前浴室側は広縁のような空間で
庭の景色を背景に
木の長椅子ベンチが数台2列に並びます。

内湯にはでっかい岩でできた
プール並みの大きな浴槽に
ジェットや電気湯が共存します。

空間に余白とダイナミックさが混在する
落ち着いた雰囲気をもつ浴室に、
早くもメロメロ。

さっさと洗体を済ませて温泉で温まり、
サウナへ。

サウナは小さなメトスストーブのドライと、
地下天然ラドン水の
蒸し風呂のミストがあります。

ドライを味見に数分過ごしますが
普通だったので退席し、
ミスト一択で楽しむ事にします。

モクモクと足元の木部から吹き出す
ラドンスチーム。
先ほどのドライよりも体感は熱く、
霞がかる視界に夢見心地に蒸されていきます。

しっかり熱くなったところで
露天のラドン冷鉱泉水風呂へ。

まろやかで肌触りの良い
17℃の冷鉱泉に庭を眺めるのも忘れる位
うっとりしながら冷まします。

休憩は軒下のベンチに腰掛けますが、
ふわふわ気持ちよすぎるので
横になります。

ぐるんぐるんと
気をしっかり持たないと
飛んでしまいそうな思いでととのいました。

今回の福岡大分では
種々様々の冷鉱泉を味わえました。

山をいくつ越えたかわからなくなるほど
カーブと勾配のある道を走りましたが、
この冷鉱泉ルートは大満足でした。

道中気になる施設もありましたので、
再訪したいと思います。
ありがとうございました。

続きを読む

  • サウナ温度 48℃,70℃
  • 水風呂温度 17℃
76

麓水

2022.08.24

2回目の訪問

畑冷泉館

[ 福岡県 ]

偶数日女性側スチームの今日も
訪問しました。

モクモクしすぎて前が見にくいサ室を進むと、
L型2段に据えられたベンチの
コーナー部がRになっていて優しい雰囲気です。
ベンチの茶色いモザイクタイルが
落ち着きも演出します。

スチームは決して熱くありませんが、
汗はかける体感です。

スチームな分冷たく感じてしまう
まろやかな冷泉を
ドライとはまた違う感覚でじっくり楽しみます。

しっかりととのったのはドライでしたが、
ドライもスチームも冷泉を楽しむのに
良い環境でどちら側も良かったです。

来年は忘れないように
ちゃんとスケジュールを立てて訪問します。

続きを読む
74

麓水

2022.08.24

1回目の訪問

サウナ飯

大分のブルーラグーン。

以前より侘び寂び度が
増したように思いますが、
蒸し風呂内は
床やベンチが綺麗になったと感じます。

外国人観光客のいない保養ランドは
貸切状態で静かです。

濃い硫黄泉スチームを
全身のすみずみで吸収しながら汗を流し、
ぬる水風呂で体を常温に戻します。

このぬる水風呂もほんのり香りがして
少しとろみを感じるので
冷鉱泉だと思います。

ととのうはありませんでしたが、
とてもすっきりサッパリすることができました。

別府湾SA (上り)

りゅうきゅう丼

ごちそうさまでした。

続きを読む
65

麓水

2022.08.23

1回目の訪問

クアパーク長湯

[ 大分県 ]

坂茂
また書きます。

続きを読む
73

麓水

2022.08.23

1回目の訪問

ラムネ温泉館

[ 大分県 ]

あれ?ここにサウナあったっけ?
どうしても思い出せないので再訪しました。

サ室の扉を開くと見た事のある光景が広がり
グルグルと記憶と記憶がリンクします。

しっかり92℃あるサ室は、
銀色の泡が肌にこびりつく
32℃のシュワシュワ泉を
長く楽しむための良い機能を果たします。

久しぶりに訪れましたが
未だたくさんの来訪者がおり、
藤森照信氏設計のこの施設が
この地域のシンボルとなり続けている事に
感銘を受けました。

竹田市には建築の楽しめる施設が
まだまだあるので
またゆっくり訪れたいです。

続きを読む

  • サウナ温度 92℃
  • 水風呂温度 30℃
75

麓水

2022.08.23

1回目の訪問

寒の地獄旅館

[ 大分県 ]

体力と忍耐で我慢して
冷たい冷鉱泉に長くつかる。

体の中で震えが始まるまで、
この冷鉱泉につかるのが
こちらの入り方だそうです。

体力、ありません。
忍耐、もっとありません。
我慢、できません。

でも、畑冷泉館から気持ちの良い山道を走り
同じく夏季限定冷鉱泉営業の
こちらにやってきました。

日帰り浴では
別室にある温かい男女別の温泉は利用できず、
混浴の歴史ある冷鉱泉と
暖をとるためのストーブの置かれた空間を
水着を着て過ごします。

入浴の説明書を読んだところ
普段のサ活とは反対に、
まずは冷鉱泉につかって震えてから
暖を取るとのことです。

まずは冷鉱泉へ。

痛気持ちいい、甘辛い、ツンデレ等々、
人間は相反して心地良いと感じてしまうものが
様々あると思いますが、
ここの13℃の神聖な冷鉱泉は、冷た熱い。

冷たくて寒いけど
なんだか燃えるような感覚もある、
とても不思議な水です。

ただ、やっぱり末端の手足は冷たすぎて痛い。

始終手も足も万歳ポーズで
水にはつけず、
「忍耐、頑張れ」との掲示を眺めながら
温泉臭の漂う冷鉱泉で過ごします。

震えが始まる前に、
寒く感じる瞬間が訪れストーブ室へ。

ストーブ室には
鉄の土管のようなストーブが
メラメラと炎を上げて熱を発します。

サウナみたいに熱くありませんが、
ストーブに背中をやると、
次第に発汗してきます。

冷鉱泉とストーブ室との繰り返しで
だんだん体が活き活きしてくるのがわかります。

このような一風変わった冷たい温泉施設を
楽しむことができるようになったのも、
水風呂に入れるようになったきっかけである
サウナのおかげです。

ここには必ずまた訪れて、
冷鉱泉を楽しみたいと思います。

続きを読む
75

麓水

2022.08.23

1回目の訪問

サウナ飯

畑冷泉館

[ 福岡県 ]

うゎっ!!忘れてた。
そのような事はあります。

致命的ミスに気づいたのは盆休明け。

夏限定営業の畑冷泉館に
行くのを忘れており、
今年本施設に残された期間は
あと約2週間ばかりです。

今年忘れた、来年も忘れるんか?
来年忘れたら再来年か?
また忘れるんちゃうか?

自己管理能力に不安を覚え、
既存の予定を放り出し
今年の内に行っておく事にしました。

朝一番の飛行機で福岡に向かい、
川と緑に挟まれ佇む施設に到着します。

小さな吊り橋を渡り入口へ。
本日奇数日はドライサウナが女側。
タオル地のサウナマットを受け取り
貴重品を100円ロッカーに入れ
脱衣室に向かいます。

小さな脱衣室から浴室に入ると
洗い場6つ、サウナ、冷泉のみの
シンプルな構成です。

体を清めてさっそくサウナ。
味ある渋い浴室内とは打って変わり
まだ新しい2段ベンチ板張りのサウナ室。

メトスのストーブで熱さも充分、
さっそくいい汗が流れ始めます。

身体の芯の芯まで熱さを感じ切ったところで
20℃の冷泉へ。

注ぎ口に鼻をやると
わずかに温泉の香りを感じます。

じっくり冷やしていくうちに
次第に呼吸は冷たくなりますが
体表は冷泉の効果か
確かに冷えてはいるけれど、
何かに包まれている不思議な感覚がします。

そんな冷泉の中で
気持ちよく半分ととのってしまったところで
休憩へ。

浴槽サイドの縁に腰掛け、
壁に寄りかかって目を閉じます。

次第にふわふわ眠ってしまいそうな
心地よいととのいを感じました。

明日もまた訪れよう。

畑冷泉茶屋

日替ランチと冷泉コーヒー

今日は焼きカレーでした。お腹いっぱい。

続きを読む

  • サウナ温度 92℃
  • 水風呂温度 20℃
81

麓水

2022.08.17

1回目の訪問

西淀川区のこの辺りの街並みから
勝手にこじんまりした銭湯なのだと
思い込んでいましたが、
到着して間もなく
10台分の停めやすい駐車場に迎えられ、
十分に確保された燃料置き場の
整列した大量の廃材を目にし、
さらにはどんと佇む間口の広い施設建物を
目の当たりにし、驚きを隠せませんでした。

駐車場から暖簾をくぐる前に、
ボイラー室の前を通過します。

倉庫のように雑多に物で覆い尽くされた
ボイラー室の奥の方には
懸命に薪をくべる人影が映り、
感謝の思いにあふれます。

真新しい施設内で入場券とサウナ券を購入し
バスタオルを受け取り浴室内へ。

建物規模よりはコンパクトに感じる浴槽には
アルカリ性単純温泉かけ流しの岩風呂、
しっかり泡のつく炭酸泉、ジェット等の浴槽、
サウナ2種、そして水風呂と
スパ銭要素が凝縮されています。

所狭しと配置される15台ある洗い場から
なるべく他の人に
水滴が飛び散らなさそうな所を選び洗体します。

「洗い場を使い終われば荷物は棚へ」との
掲示がありますが、
誰1人として守っていませんでしたので、
洗い場数は半分に減らせそうです。

その分、空間に余白を設けた方がいいのでは等と
気づけば少しわがままな考えを起こしていました。

気を取り直しゆったり温泉につかり、
温冷浴をします。

温泉は40℃を切る温湯ですが、
14.5℃の水風呂に気持ちよく浸れる
不思議泉です。

さてサウナ。
大好きなボナではありませんか。
嬉しい事に2段ベンチになっています。

天井以外の全てが木で構成されており、
照明3灯の中、1灯のみが点灯しています。
少し暗くていい感じです。

ほどなくじんわり発汗し、
気つけば玉の汗が体中を覆い尽くします。

水風呂へ。
浴室の湿気と熱に相反する
冷え冷えした水風呂の水面との境目には
氷霧がほんのりと現れます。

冷たさに少し体が痛くなるまで鎮め、
浴槽のステップ縁に腰掛け休憩します。

洗い場と浴槽との間の通路幅のなさや
常連さんらの声のトーンに
心理的圧迫を感じてしまい
今日はととのえませんでしたが、
このような事を感じるのはとても珍しいので
今日の私のコンディションが原因なのでしょう。

温泉、サウナ、水風呂と
三拍子揃ったいい施設だと思います。

近くで担当現場が始まりましたので
また直帰できるよう予定を組んで
寄ってみようと思います。

続きを読む

  • サウナ温度 82℃
  • 水風呂温度 14.5℃
74

麓水

2022.08.14

4回目の訪問

湯の華温泉

[ 大阪府 ]

物足り「すぎる」スチームへ。

ずっとロウリュ状態の
ここの熱っついスチームは、
唯一無二のお宝サウナです。

1セット毎に
ととのった後にも気持ちよさが継続し、
腰が立ちません。

暖簾は象さん、
今日は春子とラニー博子の動画を観ながら
寝よう。

おやすみなさい。

続きを読む

  • サウナ温度 50℃
  • 水風呂温度 20℃
71

麓水

2022.08.13

1回目の訪問

源泉掛け流しの湯が楽しめる銭湯へ。

駐車場お借りしてますと番台に声をかけると
奥さんが微笑みながら
車が映されたモニターを指さします。


駐車時間は2時間までだそうです。



券売機で入浴券を購入し、脱衣室へ。
男性側は暖簾の開口入り口、
女性側は引き戸を引いて入場します。



脱衣はとにかくシンプル。
煌びやかさの全く感じない空間に
妙な落ち着きを感じます。

いつものごとく 
ぼんぼんとロッカーに物を
入れ終わったたところで
ここは京都銭湯だった事を思い出します。
積まれた脱衣カゴを手に取り
荷物を入れ直してロッカーを施錠し浴室へ。

こじんまりした浴室内は手前に湯船と洗い場、
奥にサウナ、水風呂、暦湯、
さらに奥が露天スペースになっており、
源泉掛け流しの塩化物泉が楽しめます。

見た事のないシャワーハンドルに
関心しつつも苦労しながら洗体し
温泉に入ります。
微かに緑がかったようにも見える
透明度30%位のお湯です。 
いい湯です。
温冷浴している人も多くいます。

まずはぼんやり過ごします。
飲泉してみると、しょっ辛くて不味いです。

そんな湯では塩分が多いせいか、
脱力すると心なしか
普通の湯より腕が浮きやすく感じます。



温泉成分をたっぷり体に染みこませ、 
サウナへ。

TVのない薄暗いコンパクトなサ室は
対面1段ベンチ。 
6人入るといっぱいです。
温度計は94℃ですが、
マイルドな体感で 
じんわりと温めていきます。

燻んだ銀色のストーブにストーンがのっています。 

ストーンには水かけ禁止と
ストーブ囲いのレンガに直に書かれていますが、
慣れた手つきの常連さんは
床やベンチにタオルを絞って
乾きがちなサ室に潤いを与えます。

塩化物泉に浸かった効果か、 

しだいに体表にはジリジリと
太陽に当たっているかのような熱を感じ始めます。



サ室でてすぐの水風呂へ。
ドバドバと深めの浴槽に注がれる18℃の水に
体を沈め、清々しい水を楽しみます。
休憩は露天の長椅子で。

すっかり冷ました体は
夏の暑さを感じないほど爽やか。
清涼感いっぱいな思いでととのいました。

温泉だけでも十分良いのに
サウナもついて450円とは驚きです。
次回は長時間楽しみたいと思います。

(一度投稿削除しました。
大切なコメント、画像化しました。)

続きを読む

  • サウナ温度 94℃
  • 水風呂温度 18℃
7

麓水

2022.08.12

29回目の訪問

入口に設けられた
手作り感あふれる風鈴のおもてなし。
思わず笑みを浮かべて入場します。
八尾グラのこういうところも好きです。

ホームを謳っているにも関わらず、
5ヶ月ぶりの訪問です。
回数券を使い切るのに
後2年位かかりそうです。

昨日あたりから歯ブラシが有料(50円)になり、
シャワーキャップも7月から20円必要とのこと。

そんな情報を聞いた矢先、
外からサ室を覗くと
TV画面がオフになっています。

節電か?八尾グラ大丈夫か?

経営状況を心配しながら洗体し、
まずはまたぎ浴。

ちょうど水遊びをしている頃に
ここに来ると必ず見かける常連さんが
水風呂にいらしたので
TVの事をヒアリングしてみると、
今日壊れたということがわかりました。

安心し少しコミュニケーションを
とったところでサウナへ。

八尾グラの無音のサ室は初めて。
機械音やフィーバータイムの音が
澄んだ音で耳に入ります。

レアな八尾グラサ室体験を
感慨深い気持ちで過ごします。
いつにも増してどっと汗が流れます。

体が冷を求めたところで水風呂へ。

泳いで奥の滝行ボタンへ進み、
頭上から流水の恵みを受けます。

頭も体もスースーしてきたところで
外の犬走に設けられたチェアで外気浴。

体が痺れ、耳から聞こえる音が
だんだんぼんやりと遠のいていきます。
全身フワフワの綿で包まれたような無重力感。
長く長く深く深くととのいました。

八尾グラが1番良いととのいを迎えられます。
生活圏が変わり
さらに足が遠のく状況が続きますが、
やっぱりホーム継続です。

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 19℃
75