麓水

2022.08.17

1回目の訪問

西淀川区のこの辺りの街並みから
勝手にこじんまりした銭湯なのだと
思い込んでいましたが、
到着して間もなく
10台分の停めやすい駐車場に迎えられ、
十分に確保された燃料置き場の
整列した大量の廃材を目にし、
さらにはどんと佇む間口の広い施設建物を
目の当たりにし、驚きを隠せませんでした。

駐車場から暖簾をくぐる前に、
ボイラー室の前を通過します。

倉庫のように雑多に物で覆い尽くされた
ボイラー室の奥の方には
懸命に薪をくべる人影が映り、
感謝の思いにあふれます。

真新しい施設内で入場券とサウナ券を購入し
バスタオルを受け取り浴室内へ。

建物規模よりはコンパクトに感じる浴槽には
アルカリ性単純温泉かけ流しの岩風呂、
しっかり泡のつく炭酸泉、ジェット等の浴槽、
サウナ2種、そして水風呂と
スパ銭要素が凝縮されています。

所狭しと配置される15台ある洗い場から
なるべく他の人に
水滴が飛び散らなさそうな所を選び洗体します。

「洗い場を使い終われば荷物は棚へ」との
掲示がありますが、
誰1人として守っていませんでしたので、
洗い場数は半分に減らせそうです。

その分、空間に余白を設けた方がいいのでは等と
気づけば少しわがままな考えを起こしていました。

気を取り直しゆったり温泉につかり、
温冷浴をします。

温泉は40℃を切る温湯ですが、
14.5℃の水風呂に気持ちよく浸れる
不思議泉です。

さてサウナ。
大好きなボナではありませんか。
嬉しい事に2段ベンチになっています。

天井以外の全てが木で構成されており、
照明3灯の中、1灯のみが点灯しています。
少し暗くていい感じです。

ほどなくじんわり発汗し、
気つけば玉の汗が体中を覆い尽くします。

水風呂へ。
浴室の湿気と熱に相反する
冷え冷えした水風呂の水面との境目には
氷霧がほんのりと現れます。

冷たさに少し体が痛くなるまで鎮め、
浴槽のステップ縁に腰掛け休憩します。

洗い場と浴槽との間の通路幅のなさや
常連さんらの声のトーンに
心理的圧迫を感じてしまい
今日はととのえませんでしたが、
このような事を感じるのはとても珍しいので
今日の私のコンディションが原因なのでしょう。

温泉、サウナ、水風呂と
三拍子揃ったいい施設だと思います。

近くで担当現場が始まりましたので
また直帰できるよう予定を組んで
寄ってみようと思います。

麓水さんの野里の湯 (天然温泉かけながし)のサ活写真
麓水さんの野里の湯 (天然温泉かけながし)のサ活写真
麓水さんの野里の湯 (天然温泉かけながし)のサ活写真

  • サウナ温度 82℃
  • 水風呂温度 14.5℃
74
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら

サウナグッズ