チャム

2020.03.26

4回目の訪問

「東京近郊でサ活したい」という姉の要望に応えるべく、満を辞して入国。

高温サウナはいつもほど熱くなかったけど、やっぱ高温。

よもぎサウナは湿度がいつもより低く感じた。

塩サウナの客は「クセが強いひとが多い」(姉談)

打たせ水は相変わらず気持ちいい。
水風呂もよく冷えてて深くていい。

そして何より、今日は鶴見川の風神様が穏やかでとてもよい外気浴ができた。

「今日は風がおだやかだー」と私がいうと、姉が「ナイデル、ナイデル」と不思議なことをいう。

は?

風が穏やかであること、そして心が穏やかであることを「凪ぐ(なぐ)」というのだという。

ごめんなさいお姉ちゃん。サウナで頭おかしくなったかと思ったら、私が無知でした。

今の不安だらけの世界で、「凪ぐ」ことの大切さ。サウナが教えてくれました。

チャムさんのファンタジーサウナ&スパおふろの国のサ活写真
96
2

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

チャム チャムさんに5ギフトントゥ

なんてすてき言葉
チャム
2020.03.27 12:55
1
ありがとうございます😊 ピリピリしてる世の中にこそ必要なことばですね!
ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら