奥のサ(isanow)

2021.12.22

1回目の訪問

「もしも、雨が降ったとしても」
平日昼 人出無

2021年がもうすぐ終わろうとしている。
サウナが多くの人の日常になってから、もう何年だろう?

僕にとっての2021年は当然ながら、2020年でもないし、2011年でもダメな年となった。
そして、長野のThe saunaに感銘を受け、感動した若者たちが
富山の立山に驚くべきサウナを築き上げた年でもある。

ここが与えてくれる時間はまぎれもなく、ここでしか得られない体験となっている。

サウナ室の中の一番高い座席「大汝山(おおなんじやま)」は首を曲げなければいけないほどに天井に近い。
ロウリュをすれば、あっという間に熱が降り注いでくるのだ。

ちゃんと低い山の名前を与えられた熱すぎない座席もあるが
高い山に登山した者だけが見られる景色がサウナ室の窓から広がっている。

ととのいイスに座ると、立山連峰と田園風景が望める。
遠くに雨雲が見え、「雨の始まりと終わり」の境目が確認できる。
だんだんと雨雲は近づいてきていた。
けれど、大丈夫。この雨雲が僕らの真上を通るころ、僕はサウナの中にいるのだから。

もしも、雨が降ったとしても
雨を喜べる僕らでいられるのなら
それはきっと美しい出来事の一つなのだ。

立山連峰を望むイスの上でそんなことを考えていると、小さな雪が僕の胸元に落ちてきた。

奥のサ(isanow)さんのTATEYAMA SAUNAのサ活写真
79
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら

サウナグッズ