奥のサ(isanow)

2021.09.30

1回目の訪問

平日:昼 人出:無
「ダッダッダッ、ザブザブ、ジャボン」

福島の誇る名勝・猪苗代湖を水風呂にできる。
これを聞いたときは羨望と、憧憬の間で揺れた。

夏の猪苗代湖には毎年訪れてはテントを張って、真夜中、星空を見上げながら、友人たちとお酒を飲んでいるのだけれど
今年はタイミングが合わず、夏を始めることができていなかった。

高速を下りて、約10分ほどで目的地のみなとやさんに到着。
湖畔に立つホテルの外観は長くこの地で営業を重ねてきてくれた趣を感じさせる。

チェックインを済ませ、湖畔に出ると
熱々にセッティングされたテントサウナが設営されている。
ほんの少しだけ、設営を手伝う。そう、ほんの少しだけ。

あとのことはどう書けばよいだろうか。
誰かの言っていた「蒸され冷やされ風になる」を十全に堪能できた。

時に140度、時に90度になるテントサウナ。
好きなだけしてよいセルフロウリュ。
テントサウナの窓から見える猪苗代湖と青い空。
テントサウナ内にまで聴こえる波の音。

しっかりと蒸され、テントを出れば、そう、目の前には湖がある。
信じられないかもしれませんが、飛び込んでいいんです。
ダッダッダッ、ジャブジャブ、ジャボン。
その音のあとには何も聞こえなくなった。
目の前には揺れ動く青い湖。
体を浮かべると夏とまごうことなき太陽と青い空。
自分の心臓の音すら聞こえなかった。
波が揺れる音はさながら地球の鼓動で、僕は地球と溶け合っていた。

サウナと詩はよく合う。そう思う。
もしも僕が詩人だったなら、どんなタイトルの詩を書けるだろう?
そうだな、例えば…

奥のサ(isanow)さんのLAKE SIDE HOTELみなとや(MINATOYA SAUNA)のサ活写真
87
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら

サウナグッズ