りゅーえの

2019.10.20

1回目の訪問

江東区に用事があったので、ニューウィングに行くかレインボーに行くか悩んでいたのだが、未訪問の名店に行こうと思いレインボーを訪問してきました。帰りも新宿線の始発駅なので、座れてとても良い。3時間1600円でチェックイン。

#サウナ
久しぶりの100℃超えサウナと思って行ったら、入って右側の温度計が124℃を指していて目を疑った。サ活の中で3段目は熱いと聞いていたので、まずはストーブの側の2段目に座ってみたらそれはそれで熱くて、少しずつストーブから離れていく軟弱者が私です。とはいえ、湿度は保たれているのか、汗もすぐに出てきて割と良いコンディションのサウナ室です。
2セット目では3段目にも挑戦してみた。3段目に上がる途中から頭部の熱さが増してきて、着座を果たしたら既に全身が熱に包まれる。しかも3段目はきちんと背筋を伸ばしたらテレビも見えないので、感情を無にして蒸されるのに最高の環境かも。とにかく熱いのでテレビの音もそんなに耳に入ってこないし、無心で汗が出てくるのを耐えるというのが久しぶりにできた。最近、80℃のホームサウナと86℃のスカイスパばかり行っていたので、こういうストロングスタイルのサウナでドバドバ汗をかくことの良さを認識した。

#水風呂
水風呂は15℃ぐらい。サウナ室がめちゃくちゃ熱いので、しっかり蒸されてから水風呂に行くと、この水温でも2〜3分ぐらい入れてしまう。深さは底に座ると肩まで水に浸かれるので、全身を快適に冷やすことができる。石膏像から水が注がれているので、微妙に水面がゆらめいているけど、温度の羽衣を持っていかれるような感じではなかった。

#休憩スペース
高温サウナと低温サウナの間に1か所(3人掛けベンチと椅子1脚)、水風呂の隣に1か所(椅子3脚)。水風呂の隣の方は、水風呂を出て3歩で腰掛けられる導線の良さで、身体の水分を拭き切らないうちに椅子にたどり着いてしまうという嬉しい悩みがある。椅子の足もいい感じの高さで、そのままうつらうつらしてしまう。
入ってすぐは、サウナ室の広さに比べて水風呂と休憩スペースが少ないようなイメージだったけど、全然余裕だった。

#その他
5階にサウナ利用客用の仮眠室があって、布団がたくさん敷いてあった。サウナでさっぱりして、食堂でビールを飲んだ後、ここで惰眠をむさぼるのも良さそう。

#アフターサウナ
せっかく本八幡に来たので、駅の反対側に回って、なりたけで千葉県が誇る背脂こってりのチャーシューめんを食べてきました。

  • 124℃
    15℃
りゅーえのさんのカプセルホテルレインボー本八幡店のサ活写真
りゅーえのさんのカプセルホテルレインボー本八幡店のサ活写真
42
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら

  • サウナーリンク集
  • サウナイキタイSTORE
  • 水曜サ活