WATERBATH

2020.01.19

1回目の訪問

川口の住宅街で空を見上げる

赤羽駅からバスに揺られ10分。歩いて10分のところにふくの湯はある。
こんな住宅街にサウナがあるの?というほど静かに暮らす人々が潜む住宅地の中に発見。
酒屋卸の配送工場を尻目に向かったふくの湯の入り口は耳馴染みの良いインストの演歌で迎えてくれる。急ぐ足をゆるめて受付のある浴場へ。
味のあるおかみさんがテキパキと入浴券を受け取りロッカーへ。ロッカーからは大浴場を見下ろすことができ、期待に胸を躍らせ、昔ながらの薬湯やジェットバスがまだかまだかと待っているように思えた。
入場し、体を綺麗に洗い流し打たせ湯や、威力の高いジェットバスなど一通りお風呂を楽しんだのちに階段を上がって屋外の露天風呂とサウナ室へ。正直、移動中の階段の隙間を通る外気で心を奪われた。屋上に到着するとポツンと来場者を待っているサウナ小屋へ。サウナ小屋の奥には広い青空が広がっていた。
私は屋外にある水風呂で水通しを行った。バイブラが程よく効いており体感は11度ほど、肌寒くなり少し外気を浴びたのちにサウナ小屋へ。
小さなサウナストーンが積まれた4人程で満員となるほどの小さな室内。温度は体感で85度ほどだろうか、外から聞こえる耳馴染みの良い音楽が耳を掠めながら5分ほどで発汗。汗が滴り落ちる8分を目処に水風呂に入り、外気浴。整いイス等はないが、個人的には問題がなかった。
床に腰を下ろし屋上から見上げた空を泳ぐ雲はゆっくりと移動し、久々にゆっくりと空を見上げたな…と思うと涙腺が解けそうになった。
休憩を挟んで内湯のサウナ室へ。サウナストーブがドカンと置かれた二段構えのサウナ室は102度を示すドライなサウナ。これは喉が乾く…。
テレビの音とラジオの音が何故か交差するため瞑想系サウナーにはオススメできないが、私はこんな雑多な感じが街のサウナには合ってるのではないかと思いながらゆっくりと発汗。
計4回のサウナ、水風呂、休憩を行い、川口の住宅街のど真ん中で無事に整いました。

サウナ:9分 × 2(内湯のドライサウナ)
    12分×2(サウナ小屋)
水風呂:1分 × 4
休憩:10分 × 4
合計:4セット

一言:あーこんな感じだったよな、父親に連れてってもらった大きな風呂は。

WATERBATHさんのふくの湯のサ活写真
WATERBATHさんのふくの湯のサ活写真
31
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら