2022.09.06 登録

  • サウナ歴 3年 7ヶ月
  • ホーム 亀遊舘
  • 好きなサウナ サウナ室 96度 水風呂 15度      ○蒸しに没頭できる薄暗いサウナ      ○肩まで浸かれ、しっかりと冷やせる水風呂 ○静かに休憩できるスペース
  • プロフィール 【サ活投稿理由】 社会からの抑圧によってサウナへと促され、ありのままにサウナを堪能する姿を晒すため             【目的】 サウナ体験を純文学として共有することで、サウナー同士諸君のサウナ選びのきっかけになれば幸いに思う。
絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

レジャー師

2022.11.29

1回目の訪問

歩いてサウナ

五色湯

[ 東京都 ]

【リニューアル後も変わらず椎名町を支え続けた由緒正しき銭湯サウナ】

16: 00in

東京銀湯クーポンを利用し、お徳にサウナに入りたいと思い、利用期限ぎりぎりで向かったのは「五色湯」

オープンと同時に渋い暖慮をくぐり、施設内へ入ると、ダークカラーでシックな雰囲気で最近流行のリニューアル銀湯であり、清潔感もあって大変好印象を受けた。

更衣室は畳になっており、探足で触れる感触が気持ちよく、ほのかにイグサの香りも立ち、入浴前から癒される。

いつもどおり、慣れた手つきで速やかに洗体をし、サウナ室へ

【ドライサウナ】 100°C
サウナ専用の鍵で中を開けると、遠赤外線ヒーターによって暖められた室内は収容人数8名のコンパクトかつストロングなサウナで高温が維持されている。

サウナの座席は 2 段あるが、特に1列目のヒーター前は自分が熱調理されている感覚でローストされるので、かなり体に効く熱さである。

ヒーターの上には水の入った鍋が置いてあり、適度に温度はあるものの、これぞドライサウナといった熱の勢いに私も本気で立ち向かい、見事に滝汗をかいた。

【水風呂】15度
サウナを出て、3歩でシャワーがあり、さらに3歩で水風呂に到達できるこの動線は間違いなくサウナに対する理解がある人間が施工していると確信する。

シャワールームを囲うようにコの字にある水風呂は奥へ進めば進むほどパイプラの勢いが強く、体感の水温が下がっているように思える。

水深も約100cmあるので、しゃがむと全身をしっかりと冷やすことができる。

【外気浴】
露天スペースには壁で仕切られており、観葉植物が置いてあるためか、プライベートなリゾートを感じさせる家囲気で一人一人の空間も離してあるため、ゆったりと外気浴を楽しむことができる。

サウナと水風呂の温度差によって、サウナのセット回数を増えるたびにあまみの量はどんどん増えていき、最終的には他人から見られて恥ずかしいレベルまで全身に行き渡ってしまった。

【まとめ】
強いストレスを抱えてながら入浴しても、全て解消してくれるような頼もしいサウナ

五色湯も含め、リニューアルによる銭湯サウナの進化が止まらず、最高の環境を格安で提供してくれるのは大変ありがたい。

歩いた距離 0.5km

続きを読む

  • サウナ温度 100℃
  • 水風呂温度 15℃
2

【国内最大級のサウナ室と日本庭園のような風情たっぷりの要囲気に酔いながらの外気浴
に思わず解脱】

09:45in

佐賀サウナ遠征も終わり近づき、帰りの飛行機の時間が迫るなか、最後に向かったのは「佐賀の湯処 KOMOREBI」

施設内は靴箱のロッカーキーによって退館時に精算がされる最新のものでフローリングも
清潔感があり、非常に気持ち良い。

レストランではテラス席等なども用意され、オシャレな雰囲気があり、お休み処では畳スペースでゆっくりとくつろげる。

浴室内は黒を基調とした渋い造りで、露天スペースには作が設置されており、非常に風情を感じる空間となっている。

全体的に浴室内の面積が広く、開放的になっているため、私のテンションも上がってくる。

そのテンションのまま、身体を洗体して、サウナ室へ

【ISO サウナ】 90°C
まず前室があり、サウナ室の熱が逃げないような構造になっている。

サウナ室に入った瞬間、サウナストーブを囲うように、左右いっぱいに広がるサウナの座席に屋外コンサート会場のような雰囲気を感じた。

これだけのデカさにもかかわらず、しっかりと熱を感じるのは前面のサウナストープに加えて、サウナ室の座面の裏側に仕込んであるストーブの Wパワーで私の身体に訴えてくる。

またサウナ室の前面には二つのプロジェクターによるシアターが映し出され、この日の「瞑想サウナ」のテーマにちなんだ宇宙空間が映し出され、これらを見ながら、蒸されていくとだんだんと心が穏やかになる。

【水風呂】17度
水深100cmに10名くらいが入れるゆったりとした水風呂で、入水しながら、何林を見ながら身体を冷やせる風流さが大変良い。

水風呂への出入口が二つあることで人の入れ違いがない分スムーズに入水できる工夫がされており、その後の外気浴へのアクセスが非常に良いのが嬉しい。

【外気浴】
リクライニングチェア、インフィニティチェア、ととのいイス等、サウナ室のデカさに見合った休憩スペースが充実しており、外気浴難民が出ないような配慮がされていた。

浴室内に作林があるおかげか、厳かな雰囲気によって、外気浴中に自分としっかりと向き合うことができ、ととのいに集中することで私は解脱してしまった。

【まとめ】
サウナの最新施設としての快適さと日本庭園のような風流さが合わさって互いの良い点が全面に現れた魅力的な施設で今後イベント等の充実によって更なる進化が期待できる。

歩いた距離 0.2km

佐賀ラーメン いちげん。

全部乗せラーメン

豚骨の旨みが際立ち、麺の啜りが止まらなくなる。見た目とは裏腹にしつこくなく、さっぱりと食べられる。

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 17℃
1

レジャー師

2022.11.27

1回目の訪問

歩いてサウナ

【珠玉の休憩により、度を超えた気持ちよさが訪れる殿堂入りのサウナ体験】

15:00in

一度は体験したい「湯源郷」として君臨しており、その憧れがついに叶うということで向かったのは「御船山楽園ホテル「らかんの湯」」

浴室内も開放感のある大きな風呂に自然に溢れた露天スペースへと繋がっている。

オーガニックなシャンプーとボディーソープで洗体し、いよいよサウナへ

【ドライサウナ】85℃
暗い室内のど真ん中に鎮座する細長いストーブへ一筋の光が差し込んでおり、非常に神秘的である。

ほうじ茶セルフロウリュをすれば、香ばしい芳醇な香りが辺りを包み込み、呼吸して体内に取り込むことで、私の呼気はほうじ茶へと変わる。

非常にリラクゼーション性が高いので、長時間入って、瞑想を嗜みたくなる。

【薪サウナ】80℃
まず室内へ入ると、約8段にものぼるタワーサウナ室の高さに圧倒され、一段ずつ登っていくと現れる高さ3メートルほどあるサウナーストーブの迫力にまたもや圧倒される。

雄大な御船山の岩肌を彷彿とさせるそのストーブのデカさはサウナーたちを笑わせようとして、設置したとしか思えない馬鹿げたものであった。

こちらもセルフロウリュがあるのだが、ストーブまで距離があり、通常のロウリュのように上からかけるのではなく、打ち水のように見えるサウナストーンへ横からかけるスタイルになっている。

見えないように仕切られているものの、男女で同じサウナ室となっているため、互いにロウリュをかけ合い、温度を上げることで、見えない相手と意思疎通を図る世界初のコミュニケーションロウリュが可能となっている。

【水風呂】16℃
リゾートプールのような円形の水風呂で温泉をチラーで冷やして使用しているとのことで、肌あたりが柔らかい。

深さは120センチあるため、十分に身体全体を冷やすことができる。

【休憩】
開放的な大自然での露天スペースでベンチ、ととのいイスでの着座休憩、ドラマのように一枚岩や床のデッキでの寝転び休憩、露天風呂での半身浴休憩もある。

さらに露天風呂の近くにある建物の2階には屋内の休憩スペースがある。

そこではデトックスウォーター等の冷たい飲み物から暖かい番茶、塩プリン、あんころ餅を頂きながら、リクライニングチェアでの休憩、暖炉での焚き火で暖まりながらの休憩がある。

サウナーにとってより良いととのい方を提案してくれるため、そこへ乗っかるだけで、著しくととのうだろう。

【まとめ】
ととのうという目的に最大限コミットしたからこそ、殿堂入りの湯源郷たる所以であろう。

歩いた距離 1km

続きを読む

  • サウナ温度 80℃,85℃
  • 水風呂温度 16℃
21

【神聖な天拝山に参詣し、サウナの神様へ二礼二拍手一礼、日々のととのいに感謝】

14:00in

佐賀サウナ遠征にて、少し足を延ばして、お参りに向かったのは「筑紫野天拝の郷」

浴室内は天井が高く、立派な木の柱と梁が複維に組まれている。

視線を下に移すと、ガラス張りで外へと通じる露天スペースが見える。

そこから、差し込む光によってそこが神聖な場所である証明となっている。

お参りする前にいつもより丁寧に洗体し、身体を清める。

【さうな鎮守の社】97°C
3段式のフィンランドサウナで少し暗めの室内にライトアップされているのは鳥居の奥に奉られたご神体であるサウナストーン

その荘厳さに思わず、頭を下げてしまった。

ご神体と相対して蒸される大変有り難い経験はめったにできないことなので、最上段で合掌しつつ、心の中で二礼二拍手一礼

【さうな天満宮】85°C
対面式のサウナであり、天井が低く、より熱を感じられるようになっている。

天満宮という神聖さもあるのか、非常に静かな空間で瞑想には最適である。

頻繁にセルフロウリュされているのでかなり多湿になっており、体感温度は非常に高い。

普段のサウナに入るマインドとは違い、護摩行等の修行のように耐えなければならないというような気持ちにさせられる。

【水風呂】17.3度
サウナと向き合い、信仰心を高めたところで入水したため、私が健康でサウナに入れること、それを支えてくれる私の家族、友達、同僚等の顔が浮かび、すべてに感謝を感じながら、冷やされていった。

水の柔らかさがサウナーたちの抱える悩みをすべて包み込み、和らいでくれるため、サウナの神様の寛大さに身を任せた。

【休憩】
展望席に座ると、天拝山からの眺望が視界いっぱいに広がり、気分が晴れやかになる。

説明はできないが、確実に自分の中にある嫌なものが浄化され、大気へ溶け出していっていると思う。

リクライニングチェアでは背を倒すと、雲一つない青空が現れる。

この気持ちよさにそのまま身を任せてしまったら、身体が空に浮かんでいき、天へ召されてしまいそうな感覚に陥る。

【まとめ】
終始感謝をしながら、サウナに入るという初めての経験であり、この神聖さは唯一無二の存在である。

サウナへ入れるありがたさを感じに定期的にお参りを続けたい。

歩いた距離 0.2km

うどん 陣

とろたま釜あけうどん

ごぼうのパリパリ食感と、もちもちのうどんにトロロが合わさってベストマッチ

続きを読む

  • サウナ温度 85℃,97℃
  • 水風呂温度 17.3℃
3
3S HOTEL HIRATSUKA

[ 神奈川県 ]

チェックイン

歩いた距離 0.4km

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 13.7℃

レジャー師

2022.11.19

1回目の訪問

歩いてサウナ

【熟練の先輩サウナー方を癒し続ける質実剛健サウナ】

08:00in

午後から千葉方面で用事があったので、朝にひとサウナしようと思い、向かったのは「カプセルホテルレインボー 新小岩店」

脱衣をするロッカー室が一般的な温浴施設のように明確な境界がないため、受付をして、暖簾をくぐった瞬間に全裸の利用客が出現する。

この施設の常識に順応しようと努め、浴室内に入り、身体を清めてから、サウナへ

【ミストサウナ】48℃
入った瞬間、ヴィヒタのフレッシュな香りが鼻腔を撫で、このサウナに魅せられる。

いたるところにヴィヒタが設置されているため、絶えず香りが消えることなく、ミストと共にサウナーを優しく包み込んでくれる。

「ヴィヒタの森」というべき、森林浴しているかのようなサウナ

【フクロウサウナ】88℃
サウナ室内はかなり暗めで温度はちょうど気持ちいいくらいの熱さ

いたるところに今にも鳴き出しそうなリアルなフクロウの置物、肖像画等のグッズが敷き詰められ、それらに見守られながら、蒸されていく。

そろそろサウナ室から出ようと目を開けた瞬間、多分気のせいであると思うが、全部のフクロウが私に目線を合わせてきたような気がした。

【ドライサウナ】114℃
ここの高温サウナは20名くらい入れる広めのサウナ室であり、最上段になるとやたら、天井が近くにあるため、かなりの高温を体験できる。

サウナ室内のどこに移動しても熱く、熱の塊がいたるところに配置されているようだ。

特に首、背中に乗っかり、熱を押し付けられていくような熱の重さに圧倒される。

どんな考え事をしても、思考をこの熱さに奪われ、強制的にサウナで蒸されることに集中させられる。

【水風呂】11℃、23℃
並列して二つの水風呂が配置されており、一つはしっかりとチラーで冷やされた水風呂、
もう一つはバイブラありの水風呂

水風呂に入ると、サウナでの熱さとのギャップに思わず上を見上げてしまう。

視界には太陽に顔が描かれて擬人化されており、その周りを虹色で囲んである天井画が目に入る。

この描写は「思わず太陽さえもととのわざるを得ない気持ちよさ」に違いない。

【休憩】
ととのいイスが邪魔にならない絶妙な位置に配置されており、好きなタイミングで休憩することができる。

休憩していると、サウナと水風呂の高低差に意識を持っていかれ、快楽だけに身を任せる。

【まとめ】
良いと思ったコンセプトを長年徹底して追求しているところが歴戦のサウナーたちに愛されている秘訣だと思う。

歩いた距離 0.4km

続きを読む

  • サウナ温度 48℃,88℃,114℃
  • 水風呂温度 23℃,11℃
2
sauna OOO(オー)

[ 東京都 ]

【都会の女子向け映えスポットに擬態した究極セッティングであざとい小悪魔サウナ】

15:30in

サウナ室でサウナのことを語りながら、ととのいたいと思い、プライベートサウナを予約し、向かったのは「サウナ〇〇○」

入口は普通のオフィスビルで、受付が3階にある。説明を受けた後、今回予約した△のサウナへ

全体的に薄暗い雰囲気である2階に△のサウナの入口がある。

ドアの前にはピンクのネオンで「△」の照明があり、昨今のサウナの流行を感じられた。

番号を入れて中へ入ると、休憩できるソファーやイスが現れ、右側にはロッカー、洗面所があり、左側には1人用の水風呂、サウナ室が見える。

3人用なので、コンパクトであるが、プライベートサウナでのラグジュアリー感が感じられる。

温浴施設というよりかはホテルの部屋の一室のような感覚である。

時間も限られているので、すぐに脱衣して、サウナ室横にあるシャワーで身体を清める。

【ドライサウナ】115℃
入った瞬間、感じる熱さに不意をつかれ、温度計を見て、驚愕

前の回で誰も使用していなかったと聞いていたので、その時間は誰もサウナ室を開けない状況が続き、この温度まで温められていた。

座面が畳になっており、他人を気にせず、横に寝そべることもできる。

プライベートのため、セルフロウリュも可能であり、さっそく試してみると、サウナ室がコンパクトのため、すぐに身体に熱が襲いかかり、身体の芯まで熱される。

サウナ室内の天井も低いため、より高温の熱を受けられるので、上級者のサウナーでも大変満足できる代物

【水風呂】14℃
人目を気にせず、激しく音を立てて、水風呂に突入する。

五右衛門風呂のような釜の水風呂で肩まで浸かると、確信するチラーの存在

間違いなく、水風呂を冷やし続け、身体が締まっていくのを感じる。

やはり、サウナと同様かなり油断したところにハイクオリティのセッティングを用意してくるところがこの施設のあざとさである。

あっという間にととのいの山頂が見えてくる。

【休憩】
サウナの前に1人用のベンチが1脚と、身体を拭いた後に座れる3人がけのソファーと、イスが1脚

好きな場所、好きな体勢で休憩することができる。

部屋のbgmの大きさの調整ができ、この日はマツムシなどの秋の虫の声を聞きながら、目を閉じると、東京にいることを忘れる。

【まとめ】
インスタ映え女子を狙ったサウナと思いきや、サウナー上級者が喜ぶ高品質なサウナを堪能できる。

私はこういうサウナにこれから一生騙されていきたい。

歩いた距離 1.2km

バリネスベーコンチーズバーガー

スパイシーな香辛料が具材とマッチして、かぶりつくのを止める事ができない。

続きを読む

  • サウナ温度 115℃
  • 水風呂温度 14℃
19

レジャー師

2022.11.09

2回目の訪問

歩いてサウナ

湘南台温泉 らく

[ 神奈川県 ]

チェックイン

歩いた距離 0.2km

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 17℃

レジャー師

2022.11.05

1回目の訪問

歩いてサウナ

サウナ発達

[ 福島県 ]

【誤解を恐れずに言いたい!サウナのカテゴリを超え、あらゆるレジャー施設の中でNo.1であると】

15:30in

以前から大変興味深いサウナ施設を見つけ、必ず行くと誓ったときから3ヶ月が経過。
今回向かったのは「サウナ発達」

【ドライサウナ】90℃
ドアの向こうには洞窟そのものが確かにあり、サウナ室内は暗くて、瞑想が捗る。

土で作られたアースバック工法のため、サウナ+岩盤浴のダブル温浴効果で汗が止まらないのだが、非常に心地よく長くいられる柔らかい熱さを感じる。

プライベートサウナなので横になって寝転んだり、座面に立って上部の熱を感じたり、好きなアロマ水によるセルフロウリュで室内の温度を上げたり、セルフアウフグースで熱を送るなどまさに何でもありのやりたい放題

そこにサウナ室内の照明の調整、ミキサーを使ったお気に入りの音楽をかけられるのだから、自分好みのサウナ施設にアレンジできるため、「俺の考えた最強のサウナ」ができてしまうのだ。

ここでアレンジが自分好みにできれば、不満が出るはずがなく、理論上は全人類が楽しめる環境となる。

オプションで熱波師のロウリュも体験でき、時間を指定すれば、その時間でサウナ室に現れる。

【水風呂】17℃
いつもは声を出すのを抑えるのだが、プライベートなので好きなだけ水風呂の気持ち良さを声を出して表現できる。

本来なら出ていたであろう水風呂での声はあまりにも人間とかけ離れた音となって浴室内に響き渡る。

地下水の天然水を使用しているため、身体を浮かせて行くうちに身体に水がどんどん染み渡っていく。

水風呂で浮かぶ私は壁一面に敷き詰められたお面に見守られながら、考えることをやめた。

このままの意識を飛ばしてしまうと、水風呂に身体が溶け出して、顔だけが残り、あの壁一面のお面となって飾られてしまうので、ほどほどにして、退出

【外気浴スペース】
各々の好きなところで休め、どのスペースも良さがあり、どこの休憩でも気持ち良い。

外気を冷たく感じる夕方になると、サウナポンチョの肌触り、体温保護の効果が遺憾無く発揮され、ととのいをさととのいをさらに深みへと導いてくれる。

夜は星空を見上げながら整い、落ち着いたところで、LINEで注文したビール、食事を体内に入れると、最高すぎてサウナーから言葉奪ってしまうだろう。

【まとめ】
これほどまでに施設の素晴らしさを表現しきれない。

サウナのセッティングはもちろんのこと、五感全てを使い、体感するエンターテイメント、リラクゼーション、ホスピタリティが詰め込まれたベストな施設である。

歩いた距離 2.1km

続きを読む

共用

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 17℃
5
3S HOTEL HIRATSUKA

[ 神奈川県 ]

【湘南に現れたホテルサウナの超新星】

14:00in

ふと、郷愁にかられ、以前の職場であった平塚へ立ち寄ったついでに向かったのは「3S HOTEL HIRATSUKA」

ホテルの受付で会計を済ませ、3階の更衣室で館内着に着替える。

更衣室はホテルのシングルルームを改装してロッカーを入れた部屋になっており、施設側の創意工夫に感心しつつ、1階の浴室へ

浴室内は風呂、水風呂、サウナ室、外気浴スペースと黒を基調としたシンプルな佇まいで導線がパーフェクト

洗体をすませ、サウナ室へ

【ドライサウナ】90℃
ドアの向こうにはフィンランド式のサウナでコの字型に座面の高い座席があり、中心にストーブが鎮座

また、室内にはセルフロウリュ用のアロマ水が置かれている。本日はジンジャーの香り

サウナ室内には誰もおらず、貸切状態であったため、思い存分ロウリュをして、自分好みのセッティングにできる。

奥の最上段の角の座席スペースは誰も邪魔されない左右が壁に覆われる半個室状態になっており、三面からの輻射熱と十分な湿度によって身体の芯まで蒸される。

【水風呂】12.7℃
サウナ室を出たあと、すぐ左側に水風呂が現れ、温度計が示す温度の低さに嬉しさを覚えた。

浸かった瞬間に、水流によって生まれるキレのある冷たさに思わず声が出てしまった。

常に水に動きがあるため、身体に纏う「羽衣」を破壊し続け、少しの暖かさも許さない無慈悲な水風呂に予定より早く脱出

【外気浴スペース】
サウナ室の隣にある一つの部屋のような場所で、サウナ室の混み具合が見れるように一部ガラス張りになっている。

2人ほど座れる横に長いベンチが3台あり、
窓から吹く外気の風と、エアコンから吹き下ろす風を浴びることができる。

遠くで聞こえる商店街の喧騒も、休憩をしていると、心地よくなってくる。

他のサウナーもいないので、ベンチに横たわってみると、全身に血液を送り込んでいる鼓動を聴きながら、体温が徐々に戻っていく過程を楽しめる。

【まとめ】
スタンダードかつシンプルゆえに繰り返し通いたくなるホームサウナとして非常におすすめの施設である。

漫画、フリードリンク、部屋の貸出等とサウナから出た後のリラクゼーションも揃っていて、お手頃価格のため、なぜ私はここへ早く来なかったのかと怒りを覚えるほどである。

昨今のサウナブームにおいて、混雑せず、快適に入れるサウナ施設は大変ありがたいものであると痛感した。

次回は部屋を取り、サウナ後にベットで大の字に倒れ込むことを誓った。

歩いた距離 0.4km

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 12.7℃
5

レジャー師

2022.10.28

2回目の訪問

歩いてサウナ

みうら湯 弘明寺店

[ 神奈川県 ]

チェックイン

歩いた距離 1km

続きを読む

  • サウナ温度 46℃,78℃
  • 水風呂温度 18℃

レジャー師

2022.10.27

1回目の訪問

歩いてサウナ

【サウナーとしての流儀、ととのいについて学べるサウナ大学】

09:15in

今週の慰安、来週の活力のため、向かったのは「スパメッツァ おおたか 竜泉寺の湯」

浴室に広がる風景は垂涎のラインナップでついに桃源郷に来たと確信した。

サウナへの衝動をなんとか抑え、洗体を済ませた。

【ドラゴンサウナ】90℃
ドアの向こうには暗めのサウナ室内に4段式の広々した座席になっている。

着座すると、視界に入る5台のストーブは存在感が絶大で、その上の送風口が常に無防備なサウナー達を狙っているため、ロウリュまでの僅かなひと時も緊迫感がある。

00分になったところでストーブがライトアップされ、「Enter The Dragon Main Theme」の音楽ともに開幕のロウリュが5台のストーブに同時にかかる様子は壮観で「サウナ世界遺産」があればすぐに認定されるであろう。

壁に反射して背中へ来る熱波と急激な温度上昇に汗が止まらず、迫りくる熱をどうにか逃がそうと身体をくねらせ、どうにかドラゴンロウリュを乗り切る。


【メディケーションサウナ】90℃
山小屋のような出立ちのヴィヒタのフレッシュな香りがするサウナ室内で、セルフロウリュも可能

ルールの中で最大限ロウリュをしていくため、湿度が保たれており、常に心地よい熱を感じられる非常に好感度の高いサウナ

【水風呂】①8.8℃②16.2℃③15.9℃
① メッツァ冷水風呂(シングル)
②森の冷水風呂(10人以上収容可能)
③深水風呂(160cm)

スパメッツァのととのい方の提案に従い、サウナ後のあつ湯、水風呂の交互浴を試した。

水風呂からあつ湯へ入った途端、身体中に人工芝を押し付けられたような刺激が襲う。

身体がジンジンと体温を戻していく過程が感じられ、不思議な体験であった。

そして最後に足をあつ湯につけることで休憩中の足の冷えを軽減させるらしい。

【外気浴】
ととのいイス、インフィニティチェアの見本市のような陳列ぶりで絶対に外気浴難民を出さないという意思を感じた。

水風呂後に交互浴と足を温めているから、身体が冷えにくく、ゆっくりと体温を戻していく過程でめちゃくちゃトリップした。

【まとめ】
サウナーの流儀やととのい方の提案を通じて、それを実践できる施設は全国でも唯一無二であり、サウナのリラクゼーションを勉強できるのは、もはや教育施設といえる。

誰であってもここに通学し、ととのえば、最終学歴「スパメッツァおおたか大学卒業」となるだろう。

歩いた距離 0.4km

続きを読む

  • サウナ温度 50℃,90℃,90℃
  • 水風呂温度 15.9℃,8.8℃,16.2℃
2

【サウナーとしての練度が問われるととのいまでのタイムアタックサウナ】


18:50in 20:05out
記録1時間15分 2000円

【マイルール】
①基本料金30分750円+30分以降は10分経過ごとに250円ずつ料金発生
②受付から料金支払までの時間が記録
②ととのうまで退出不可
④サウナーとしてのマナーに反した場合、失格

【受付から洗体まで】
受付から、最短で着替えを済ませ、浴室に向かうことが重要
洗体はいつも通り入念に実施

着座する際に使用するビート板はゴザになっており、こだわりを感じる。


【ドライサウナ】110℃
短時間でしっかり蒸される満足度の高いサウナで、セルフロウリュも可能

この日のアロマは焚き火の匂いで木の香ばしい香りが充満していた。

周りのサウナー達も頭の片隅に料金のことがあるため、とにかく効率的に蒸されたい意識があるのか、かなり頻繁にロウリュされている。

調査時よりも10℃ほど高いセッティングに思わず、笑みが溢れる。

上段の席が埋まると、下段のサウナーたちがロウリュをかましていき、上段のサウナーたちを退室させ、自分たちが上段に座っていく。

このバトルロワイアルの構図にこの料金制度が成せるサウナの新しい文化を観た気がした。

【水風呂】14℃
水風呂は3種類あり、広さ深さ温度がそれぞれ異なるが、本日は一番深くて冷たい水風呂で攻めた。

サウナとの温度差によって、水風呂の温度の割に長く浸かれる。

【休憩】
2階に上がり、正面個室サウナ入り口前の木のベンチ、2階の中心部分が1階との吹き抜けになっており、コの字にスペースが左右へ展開されており、ととのいイスがそれぞれ4脚ずつある。

足元に置かれたサーキュレーターを顔に向けて風を当て、ととのいイスへ着座し、深呼吸すれば、木と畳の香りでリラックスの頂点へ導かれる。

2階部分にはそこらじゅうに扇風機が配置されているため、施設内どこでも良い風に当たれる状態となっている。

【まとめ】
施設内に入った瞬間に木の香りに包まれ、一瞬で好きになってしまった。
木の香り、ロウリュのアロマ、畳の香り、風の心地よさも良い。
好みのサウナだけれども、長く入れないジレンマも含めた切なさも良い。

サウナーとしての練度が上がるほど、満足の高いものになるだろう。

3セットでの達成だったため、近いうちに記録更新か、個室サウナにリベンジを誓うのだった。

歩いた距離 0.4km

IVO ホームズパスタ 品川店 (トラットリア)

絶望パスタ

食材の旨みがスープによく溶け込んでおり、最後の一滴まで楽しめた。

続きを読む

  • サウナ温度 110℃
  • 水風呂温度 16℃,14℃
15

レジャー師

2022.10.23

1回目の訪問

歩いてサウナ

黄金湯

[ 東京都 ]

【ととのいが至上命令とされた銭湯界のマジェスティサウナ】


06:15in

錦糸町まで来たのなら、こちらにも訪れなくてはならないと思い、向かったのは「黄金湯」

朝から活気のある雰囲気で利用客も多く、地元民、サウナーに愛された場所であることを再認識した。

洗体を終え、秋桜湯で湯通しをした後、バンドを巻いた者のみが通行可能な入口から入る。

ビルとビルの間の裏路地を抜けるようにコンクリートの道を辿ると、現れるサウナ、水風呂、外気浴スペース

すでにサウナ室は満員のため、サウナ室の前で壁に背を向けて、サウナーたちが列を作る。

列に並び、立っていると、授業中に廊下に立たされた生徒のような虚しさと、わずかに感じる冷たい秋風に身体が冷えていくことで、サウナ欲を掻き立てられる。


【ドライサウナ】108℃
全体で二段の12名が入室でき、整然とサウナーたち綺麗に並んでいる。

15分間隔でオートロウリュされているので、湿度があり、暖かさに身を包まれていく。

私は空いていた下段にあるサウナストーブ前の特等席に着座する。

そのストーブと私との距離は30cmと最接近できる。

ストーブから直接来る熱が非常に気持ち良く、無意識で熱源にどんどん近づいていってしまう。

よく周りを見ると、私だけがサウナ室で前のめりになっていた。

熱源に引き寄せられる習性はサウナーの性であるため、ストーブに触れないように必死で自分を抑え込む。

しっかりと蒸されることで、汗が身体をつたって、大量に流れていく。

【水風呂】13℃
深さ90cmで8人くらい収容できるゆとりのある水風呂のため、遠慮なく身体を伸ばして入ることができる。

手足の末端に来る冷たさで身体を責め続けられる。

外気浴スペースにいるサウナーの様子を水風呂から覗けるため、その朗らかな顔を見ると、「早くそちらへ向かいたい」とはやる気持ちが出てくる。

【休憩】
ととのいイスがまるで円卓を囲むように円状に配置され、7人のサウナー達が腰掛けている。

そんな「円卓のサウナー」の中でも一番高位に位置するのが王、王妃の席とされ、観葉植物が頭上を覆う、「ととのいマジェスティスペース」が2席

ここに腰掛けるだけで視界に緑が広がり、心地よい風が身体を包み込む、贅沢体験ができる。

あまりの環境の素晴らしさに、王の責務としてこの席へ座ったら、ととのうことが至上命令になるが、私は無事に責務を果たすのであった。

歩いた距離 1.5km

続きを読む

  • サウナ温度 108℃
  • 水風呂温度 13℃
6

レジャー師

2022.10.22

1回目の訪問

歩いてサウナ

【男のためのリラクゼーションを追求し続けた至高の安息地】


22:30in

結婚式、二次会と立て続けに出席し、疲労も溜まりまくったため、背中ガチガチの状態である。

向かったのは「スパ&カプセル ニューウイング」
ロッカーで館内着に加えて、脱衣すればすぐにサウナに入れる臨戦体制で浴室へ

もう遅い時間だというのに次々と男たちがどこからともなく浴室に集結してくる。
すでにバキバキに整っているサウナー達を横目に胸の高まりを抑えつつ、洗体完了

【ジールサウナ】 102℃
座面が高く、一段ずつ登るごとに熱さのレベルが上がっていくのを感じられる。
右側三段目の一番奥には、傾斜のついた背もたれが用意され、半プライベートスペースとなっていたため、すぐさまそこへ直行
着座した瞬間、壁からの輻射熱、下からのストーブ熱による全方向からの攻撃によって全身に熱がコーティングされるため、身体の随所でヒリつきを感じる。
カラカラのサウナと聞いていたが、不思議と苦しくなく、まだいけると錯覚させる。

【ボナサームサウナ】 93℃
こちらは入室と同時に大自然を感じられ、まるでサウナにいながらの森林浴が体験できる。
着座すると、座面から熱がジワジワと伝わってきて、背中・腰から来るこの暖かさが非常に心地よい。
気持ち良すぎて、そのまま眠りにつきそうになる。
「今夜の寝床はこのサウナ室内です」と宣言されても、「喜んで」とサウナーであれば即答してしまうだろう。


【テルマーレ改サウナ】75℃
あえて室内をコンパクトにまとめて、すぐに熱を感じられるサウナである。
一番温度が低いと侮ったら最後、セルフロウリュの熱による、凶悪な熱波によって、たちまち外へ叩き出されるハメに
要所のアクセントでこのサウナへ入室すると別次元のととのいが待っている。

【プール水風呂】16℃
広くて泳げる夢みたいな水風呂で、さらにしっかりと冷たいという点が最高
もうひとつの滝の水風呂よりも何故かこちらの方が冷たいのがこの施設の一番の謎
大人になっても年甲斐もなくはしゃげる水風呂がここにある。

【休憩】
場所によって違うととのい方ができるのが魅力である。
滝からの風を感じながら、上からの送風を感じながら、風呂の湯気を背中で感じながら、と様々なととのいのニーズに応えている。
必ず自分にとって、ととのえるスペースがここで見つけられるだろう。


【まとめ】

アメニティの一つをとっても、痒いところに手が届く施しがされており、社会で戦う男たちのための至高の安息地である。

歩いた距離 1km

続きを読む

  • サウナ温度 102℃,75℃,93℃
  • 水風呂温度 19℃,16℃
4
湘南台温泉 らく

[ 神奈川県 ]

【階段を登り、奥へ進むと、サウナーの聖域が現れる】


15:00in

今週も水曜日になり、勤労日の折り返し地点でサウナを入れる私のルーティン

向かったのは藤沢市「湘南台温泉らく」

洗体をし、体を清めて風呂に入る。身体を温めてからいざサウナへ

と思いきや、サウナがどこにも見つからない。

どうやら上の階に露天風呂やサウナがあるらしい。

階段を上がると、露天風呂、炭酸風呂、寝ころび湯がある。

サウナはまだ見つからないため、先に歩く人たちへついていくと、壁の曲がり角を進むと、いきなり右側に水風呂、左側にサウナ室が現れる。

なかなか見つからないところに現れたため、まるでサウナーにしか辿り着けない聖域のように感じられる。


【ドライサウナ】 90℃
奥行きのある横長いサウナ室でドライサウナであるが、湿度がある。

サウナ室内の壁はレンガで積み上げられており、熱が逃げにくい構造のため、サウナ室内の温度は安定している。

私はテレビの真正面上段に着座したが、ちょうど左側が柱が設置されているため、壁ができ、熱が後ろの壁、左の壁からの輻射熱でしっかりと蒸されていく。

大画面のテレビも14時7分で映像が止まったまま映し出されており、現世と隔絶された空間のようだった。


【水風呂】17℃
110センチほどの深さで、なおかつ冷たすぎないので、しっかりと浸かれる。

サウナ室から3歩で水風呂に入れる導線の良さでサウナーの欲望をすぐに叶えてくれる。

そして水風呂の横には、オロポ、アサヒビールの広告が眼前に襲いかかる。

このマーケティングは世界で一番ずるいやり方で、サウナ後のドリンク注文が確定してしまう。

【休憩】
ととのいイス4脚とベンチスペースが2箇所ある。

そして、ととのいにおける寒い季節の強い味方「寝ころび湯」4人分あり、休憩中の急激な冷えを防いでくれる。

下に降りると、ととのいイスが1脚と畳休憩スペースが3畳ある。

ととのいイス、ベンチ、寝転び湯、畳スペースで休憩したが、どれも甲乙つけがたいほど、気持ちよくなってしまった。


【まとめ】 

階段を上がって、サウナを探すワクワク感はサウナーにとっては心踊る瞬間であり、聖域を見つけた時の嬉しさは記憶に残りやすいものである。

歩いた距離 0.4km

煮干しらぁめん 猫トラ亭

秋刀魚煮干しラーメン

秋刀魚と煮干しの出汁がマッチングし、あっという間に味覚が旨味に支配される。

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 17℃
22

レジャー師

2022.10.13

1回目の訪問

歩いてサウナ

富士見湯

[ 東京都 ]

【銭湯の先にあったのは趣が深すぎる富士山サウナ、湖畔水風呂、畳休憩での究極リラクゼーション体験】


16:25in

普段、私は社会からの抑圧によってサウナへ促されるのだが、一目見ただけでヤバいと直感が告げているサウナ施設を見つけた。

ここに向かわなければ、気になりすぎて、自分の健康上良くないという訳の分からない理由で向かったのは品川区の「富士見湯」


洗体を終えて、サウナ室の鍵で扉を開けると、世界は一変

適度に暗くなった室内に漏れ出す照明の中で剥き出しになった無骨なコンクリート畳の休憩所のコントラストが趣深い。

サウナ室の入口のコンクリート壁一面に描かれた富士山の絵には山の尾根に沿ってサウナハットをかけるフックがあり、こだわりを感じる。

富士山に入山する気持ちでサウナ室へ入室



【ドライサウナ】 98℃
サウナ室は二段扉になっており、温度が下がりにくく、ナイスな設計

新規開店のおかげか木の香りに満ちており、湿度もしっかりと感じる。

特筆すべき点はやはり富士山を木で形どったサウナ最上段におけるリクライニングスペース

富士山の尾根に沿って腰掛けるイメージで左右で一人ずつ座れるようになっており、骨盤から頭までフィットするような形状となっているため、いつも以上に永くいられる。

通常の最上段の席と比べても実はここのスペースが一番熱いのだが、非常にリラックスできる。

富士山でいう冠雪の部分はくり抜かれているため、ちょうど左右の尾根で蒸されているサウナーの気持ちよさそうないい顔が現れる。

まるで行楽地にある「顔ハメパネル」であり、カメラマンがいれば、何度もシャッターが押されていることだろう。



【水風呂】15℃ 

配置的に水風呂が富士山の麓にある湖畔をイメージさせるもので、湖にダイブしているように錯覚させる。

120センチの深さで肩までしっかり浸かり、身体を冷やすことができる。



【休憩】
インフィニティチェア2脚と畳スペースには6人横になれる。

はやる気持ちのまま、畳スペースに倒れ込むと、鼻腔に突き抜けるいぐさの香りに身体が解放され、「いぐさリラクゼーション」を体感した。

畳で横になるということはこれほど偉大なことであったということを再認識させてくれた。

脳内の快楽物質に従って、身を任せるとあっという間にととのいの世界へと誘われた。


【まとめ】 

言語上の表現が困難な究極の銭湯サウナである。

平安時代にこのサウナのレビューが書かれたとしたら、「いとをかし」の文字で埋め尽くされているだろう。

歩いた距離 0.8km

続きを読む

  • サウナ温度 98℃
  • 水風呂温度 15℃
23

【温浴施設の全てが詰まった横浜市港北区サウナーの英才教育施設】


16:00in

三連休明けの勤務にどっと疲れが出たため、週初めからサウナへ

向かったのは「港北天然温泉 ゆったりCOco」

浴室に入ると、久しぶりのスーパー銭湯の開放的なデカさに圧倒されつつ、洗体

露天のにごり湯、薬膳湯に湯通し後、サウナへ



【ドライサウナ】 100℃
入室すると広めのサウナ室で3段掛けになっており、ゆっくり腰掛けて、温度を見ると、100℃の数字

完全に油断していたが、かなり良いセッティングに気持ちも高まる。

木材の色も使い込まれたサウナという感じで味のあるものになっていて、個人的には親近感が湧いてくる。

3つのストーブで室内を温めるが、その温度を感じさせない居心地の良さであっという間に時間が過ぎていく。

サウナ室内の客層は上は70代から下は小学生2年生まで老若入り混じっていた。

小学校から100℃のサウナに入っているなんて、港北区のサウナの未来は明るいと確信した。



【水風呂】18℃ 

110センチの深さで肩までしっかり浸かることができ、長時間浸かってても気持ち良い温度でゆっくりと身体を冷やすことができる。



【外気浴】
屋内にととのいイス2脚、屋外にはととのいイス8脚、ベンチ1台、寝湯のスペースもあるため、休憩には困らない。

これからの寒い時期に外気浴で休憩すると身体が冷え切ってしまうため、だんだんとサウナーにとって、ととのいづらくなるシーズンに突入する。

そんなサウナー達の強い味方となるのが「寝湯」である。

全身を伸ばして倒れ込むと、背中にお湯が流れ込み、暖かさを感じられ、ゆっくりと体温を戻していくことができる。

あまりの気持ちよさに寝落ちしそうになった。

【まとめ】 

食事処、お休み処、リラクゼーション、漫画、キッズスペース等が配置され、老若男女全ての人への癒しがここにあり、港北区民の憩いの場となっていた。

サウナのクオリティも高く、ここで未来のサウナー達がどんどん生まれていくことを確信し、サウナ業界の更なる発展を願うのだった。

歩いた距離 1km

焼きそば

胡椒が強めでガツンとくる辛みときのこ、豚肉の具材と麺がよく合う。

続きを読む

  • サウナ温度 100℃
  • 水風呂温度 18℃
17
ROOFTOP

[ 東京都 ]

【サウナ室でISSに遭遇し、インフィニティチェアで宇宙空間へ】


20:15in



前日仕事を終えて、休日だらだらとしていたら、いつの間にか夕方に
せっかくの連休を取り戻すためにサウナへ

向かったのは西荻窪「ROOFTOP」

カフェコワーキングスペースが併設されており、完全にGoogleのオフィス

2時間制でチェックイン

風呂がないため、洗体後、すぐにサウナへ



【ドライサウナ】 92℃
入室と同時に迎えてくださる中央に鎮座するストーブ

よく観察していくと、bgmのヒーリングミュージックも相まって、SFの世界にある重力装置がついた「国際宇宙ステーション(ISS)」に見えてくる。

未来の「ISS」はヒューストンではなく、西荻窪にあったのだ。

30名ほど収容できるゆったりと座れる空間で、ほのかに木の香りもただよう。

10分に1回オートロウリュで少しずつ蒸気が室内を包み込んでいるため、全く苦しくないため、永遠に入れそうな環境となっている。

1段目の「ISS」の近くに私は着座していたが、あまりの心地よさに危うくドッキングしそうになる。

毎時37分にアロマ水のロウリュとサーキュレーターでの撹拌によって、熱さがゆっくり身体に降りてくるため、ホッと落ち着く空間



【水風呂】12℃ 

12℃、15℃の水の入ったバスタブがそれぞれ2つあり、1人ずつ浸かれるため、足をいくらでも伸ばすことができる。

この水風呂を独占できる優越感に恍惚を覚える。



【外気浴】
屋上にびっしりと並べられるインフィニティチェアに外気浴難民を絶対に出さないという強い意気込みが感じられる。

インフィニティチェアに座って、背もたれを倒すと視界は全て夜空になり、雲の隙間から僅かに見える星によって宇宙空間へ放り出された感覚に陥る。

これだけ気持ちよければ、永遠にこの「宇宙空間」に滞留したいと思うだろう。

しかし、時間は有限である。
おそらく時間制にしているのは危うく「宇宙空間」から戻れなくなったサウナーを現実に戻すための仕組みであろう。



【まとめ】 

まさかサウナで宇宙を感じられるとは思わず、心地よいサウナからの外気浴はかなりの贅沢体験であった。

三連休の初日は無事に有意義なものとなった。

歩いた距離 0.2km

麺尊RAGE

特性煮干しそば

全ての素材が丁寧で、煮干しの味がビターにまとまり、あっという間にすすり終わってしまった。

続きを読む

  • サウナ温度 92℃
  • 水風呂温度 15℃,12℃
13
えごた湯

[ 東京都 ]

【あまみを出すことで施設とシンクロできる前代未聞の地下geo銭湯】


15:00in



前日に仕事が一段落したので、本日、半日休暇を取得する。

今日は絶対にととのうと覚悟を決めて、向かったのは「えごた湯」


リニューアルしたばかりなこともあり、浴室は清潔感があり、気持ちが高まる。

洗体後、身体を拭いてから、サウナへ



【ドライサウナ】110℃
入室と同時に辟易するような熱さが身体に迫ってきて、一瞬で長くはいられないことを悟る。

収容可能人数は8名くらいであり、開店と同時に入店したということもあり、希望通りの上段に着座

ハイパワーなストーブによって、熱さが鼻腔、肺に纏わりつき、身体の内側も蒸されているようで汗の量も増えてくる。

苦しくなるようなサウナに感じるが、ほのかなヒノキの香りと適切な湿度によって、水風呂への誘惑を抑えられるギリギリのラインを責めてくる。

この葛藤を一通り楽しんだ上で、退室



【水風呂】15℃ 

浴室内のタイル、暗さ、水風呂内で光る青紫ライトによって、これから鍾乳洞へ入水する気持ちにさせられた。

深さがあって、しっかりと冷やせるため、この後のととのいに期待が持てる。

鍾乳洞であると思い込んだせいか、いつもより水が身体に浸透するように感じた。



【休憩】 

更衣室内にととのいイス3台、浴室内はイスはないものの、ベンチのように座れるスペースがあり、着座

ベンチの対面には中温風呂があるのだが、ライトの影響で天井へ水面に映る波紋が映し出される。

その波紋の形を見ていると、サウナーが一番快楽を享受した時に出るあまみに見えてくる。

ふと、私は自分の身体を見てみると、大胸筋にびっしりとあまみが表出していた。

この事態に水面に映る波紋を見たことによって、自分の身体からあまみが生まれたのかと一瞬錯乱してしまった。

私が快楽を享受したことで私とえごた湯は見事に「シンクロ」して、この施設に思いっきり、身を任せることにした。



【まとめ】 

geo銭湯の名に恥じない施設でジオグラフィックな雰囲気、質の高いセッティングによって地球とのつながりを確かに感じられた。

無事にととのうと目標を達成した。

歩いた距離 2km

長男、ほそのたかし

つけ麺 特盛

麺をすする気持ちよさが、たまらない

続きを読む

  • サウナ温度 110℃
  • 水風呂温度 16℃
15