2019.10.16 登録

  • サウナ歴
  • ホーム 八峰の湯(ヤッホーの湯)
  • 好きなサウナ 布施温泉
  • プロフィール 温泉にあるサウナってお父さんのためのものだって思ってた。 温泉に水風呂って必要ないと思ってた。 冷え症対策として交互浴そしてサウナへ...
絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

しゅう

2020.06.26

2回目の訪問

八峰の湯(ヤッホーの湯)

[ 長野県 ]

きゃーっ!妖怪扉開け婆がでたぞおお!(砂かけ婆みたいな妖怪をイメージしてください)ホームに妖怪が出るようになるとは...衝撃的である...
そんなことより燕である!


私がその燕さんたちと出会ったのは昼下がりの露天風呂
パラついた雨が上がって、高原の夏空を眺めていた時でした
「しゅうちゃん!あっち見て!」
少し髪が伸びた母が指を指します
「燕だよ!今1羽飛んだよ!」
母は幸運にも燕の巣立ちに出会ったようです
「うっそ~!どこどこ!私も見たい!」
居た!そこには3羽の小さな燕がいました
さらによくよく観察すると、露天風呂の入り口に新たな家を建設中の燕さん夫妻も発見
露天風呂の付近に乾燥した草や、小さな羽虫の死骸が落ちていて、いつも綺麗にしているヤッホーにしては珍しいな、どうしたのかな?と思っていたら犯人は新居建設中のこの燕さん達だったようです

「飛ぶかな?下からほ乳類が見てたら飛ばないかな?」
露天風呂につかりながら最高の観察タイムを満喫します
一生懸命餌をねだる赤い大きな口と巣立ちを促す親鳥の攻防
一足先に巣立った兄弟からの煽り
建設資材を運ぶ途中でボロボロ落とす不器用な個体


いっけない!私サウナ入りに来たんだった!
唐突に目的を思い出し途中サウナに入りました
外気浴をしようとして露天風呂に再び行くと、先ほどの子燕がいません
「えっ!みんな飛んじゃったの!十分もたってないよ」
残念な気持ちでいると、居ました!子燕達は換気扇の屋根の上に移動していたようです
ベストタイミングは逃したものの子燕の可愛さが全てをどうでもよくしてくれました

その後もサウナそっちのけで観察に勤しみ無事へろへろになって帰宅したのでした

(次に左側のお風呂に入った方はその後、建設途中の燕の巣がどうなったか是非教えてください!)

  • 18℃
続きを読む
8

しゅう

2020.01.02

1回目の訪問

小海リエックス・ホテル 星空の湯

[ 長野県 ]

私はここで結婚式を挙げると決めている。
予定はまだない!

ここはヤッホーの湯からまだ山を登ったところにあるシャトレーゼが経営する複合リゾートである。
ゴルフ場、ホテル、スキー場や温泉、テニスコート、コテージ等がある。

ここの素晴らしいところは、なんと言っても景色である。露天風呂から眺める浅間山、夜は満天の星空。朝もはよから営業しているので朝日を浴びながらの入浴もできる。もう本当に長野の大自然満喫!って感じの露天なので是非とも行ってほしい。

エンジョイパック!エンジョイパックをご利用ください!
土・日・祝日、大人2,000円・子供1,600円で温泉とホテルランチ!デザートビュッフェ、スープ、サラダつき!ランチももちろん美味しいけど、シャトレーゼのギリシャヨーグルトが美味しいので絶対食べてね!私はWソースのオムライスとヨーグルトだけでも4個食べました。

今日は岩のお風呂で熱めのサウナ、外気温が寒くて水風呂は暖かくも感じたけれど、とっても気持ちよかった!

結婚式はここでやりたい...コテージに友人ぶっ混んでわいわいパーティーして、恩師はホテルに泊まっていただいて、ワインやシャトレーゼの工場見学、白駒の池やにゅうへのハイキングや登山、小海の美術館や君の名は。聖地巡礼、夜のライトトラップと星空観察をオプションツアーにしてみんなに長野を満喫してもらいたい!

目標はでっかく!計画は壮大に!新年ですから!

  • 84℃
続きを読む
36

しゅう

2019.12.31

1回目の訪問

佐久一萬里温泉ホテルゴールデンセンチュリー

[ 長野県 ]

今日3回目のふろぉおおおおおお!
だから父さん予定は家族で共有しようよぉおおおお!

そう、急に父の夕食後の思い付きで、車の中で急に温泉に行くことになったのだ、ハンドルを握っている父が急に。
冒頭述べたが、今日3回目の風呂である。大晦日だぞ今日...いい加減飽きた...

そんなこんなでやって来たのがここ一萬里。
ここはとにかく設備が渋いので、はじめて来た人はびっくりするかもしれないけれど、まぁ温泉はとってもいいのであんまり期待しないで来てほしい。

幼稚園の頃から来ているので正直回数的にホームである。実家を紹介するような気持ちなので口が悪いが、他の人に悪く言われたら不機嫌になる自信がある。例えるなら母ちゃんのご飯を悪く言っていいのは自分だけって気持ち...伝わるだろうか...

ここはお風呂が沢山あって、外に露天風呂と小プールのような歩くスペースもある。サウナはとっても暑くて最高。サウナマットが使い放題なので涅槃も場所取りもいるが、まあここは治安が微妙なので気にしたら負けである。水風呂は寒すぎて外のプールで代用した。ほんのり冷たくて気持ちよかった...

とにかく、じじばばの憩いの場である。じじばばのマナーは微妙だ。しょうがない。じじばばに怒ってもしょうがない。じじばばがこれから考えを変えることはおそらくない...


でも父さん!お願い!家族間で情報共有して!まだ父さんのことじじいだと思いたくないよ~!

  • 85℃
続きを読む
36

しゅう

2019.12.31

2回目の訪問

のぞみサンピア佐久

[ 長野県 ]

チェックイン

続きを読む

しゅう

2019.12.24

1回目の訪問

国立温泉 湯楽の里

[ 東京都 ]

そろそろラマダンなのでいそいそとサウナへ
男性には馴染みがないかもしれませんが、脱毛後は体を暖める行為はNGなのです。お風呂はもちろんサウナも一定程度入れません。

脱毛をはじめてよかったことをつらつら書きたい気持ちもありますが、ここの設備もとってもよかったので、今日はお風呂について書きます!

サウナはこれといって感動ポイントも不満ポイントもありませんでした。塩サウナはちびっこの遊び場となっており近寄れませんでした。

それよりも水風呂手前にかけ湯があったのがすばらしくよかったです。水をそのままかけるのは気合いがいるのでぬるいかけ湯がありがたーい!屋内にベンチがあるのもありがたーい!外にあるイスもありがたーい!何よりお風呂が最高です!
寝転び湯も露天風呂もとってもきもちいい!
露天で夜景を眺めながらゆったり過ごしたり、枕があるのでそこに頭をのせて目をつむってたゆたったり、とーっても気持ちいい!ゆったりした気持ちになれます。

銭湯みたいに謎ルールもない。主とかいない。設備も綺麗。

先日銭湯で盗難事件に遭遇し、うわ~貴重品ボックスって大事だな~と改めて感じたので、貴重品ボックスがあることもポイントが高かったです。あの見知らぬおじさんのお財布は戻ってきたのかな...

明瞭会計の美味しい居酒屋に来たときのような清々しさでした。

続きを読む
6

しゅう

2019.12.10

2回目の訪問

改良湯

[ 東京都 ]

チェックイン

  • 90℃
    14℃
続きを読む

しゅう

2019.12.05

1回目の訪問

湊湯

[ 東京都 ]

こんなに素敵な銭湯に来たのははじめて!

あまりの素晴らしさに帰り道思わず電話をかけて素敵だったところをつらつら語ってしまった。


今日は大嘗祭の一般参観に皇居までやって来た。
職員の方も警察関係の方も大変そうだし、ひとひとひとひと~!で私もあっぷあっぷだった。
お昼休憩ができていない先輩警官に駆け寄る若い警官が本当に優しい青年で心がぽっかぽかになった。あの後先輩は無事にお昼を食べられたのだろうか...別の場所では「俺はここに来るまで20人道案内した。(だから遅くなってごめん!)」と言っていた警察官もいた。みんなお昼食べられたんかな...警備ご苦労様です!

肝心の大嘗宮はモナリザを観に来たみたいな感じで、120分待ちかつぐちゃぐちゃのぐるぐるでよくわかんなかったけど目的は達成した!

この満足感を胸に抱き帰宅しようとした...のだが、ここまで来たらサウナだ!とサウナイキタイで検索したところ、立地上エリート会社員ばかりで怖そうだなと前々から思っていた湊湯がヒットしたのだった。

ところがどっこい湊湯はすんごくいいところだった。
スタイリッシュな外見は怖かったけど、軟水のお湯はまろやかで心地よく、なにより常連のおばぁさま達がまぁ優しいし穏やか!ロッカーの使い方がわからずご助言をこうたところ、コツは100円玉を入れることよ!と教えてくださった。かぁー!扉の裏にお金いれるとこあったよ~!(常連さんもたまに回収し忘れて寄付しちゃうことがあるらしい。)

サウナはこじんまりしているけど、皆さん穏やか~に楽しんでいらっしゃって、オートロウリュウ直後に扉を開け放つ常連さんはいない!場所取りする常連さんもいない!最高!(何故こんなに感動しているのか...梅の湯のサ活をご覧ください)

なおかつ浴場に沢山のお客様がいるのに穏やかな雰囲気がずーっと続いている!譲り合って洗い場を使って、会釈しながらお風呂に浸かっているのだ。すごい!こんなのはじめて!

眼鏡が落ちていたらお客さんみんなで持ち主を探して、脱衣所で靴下履きながら転びそうなおばぁさまがいればみんなで心配して椅子に座って履きなよ、と言い。もうすんごいの!温かく暖かく素晴らしい場所だった。

銭湯は施設だけじゃなく、使っている人達が作っていく場所なんだなと改めて実感した素晴らしく素敵で優しい湊湯であった。

  • 80℃
    17℃
続きを読む
56

しゅう

2019.11.24

1回目の訪問

続きを読む

しゅう

2019.11.24

1回目の訪問

安曇野 しゃくなげの湯

[ 長野県 ]

私は猛烈に怒っていた...
というのも、旅行で訪れた安曇野で朝っぱらから温泉に行くと言われたからである。

早く言ってよ!宿でお化粧してたの見たでしょ!温泉行ったら落とさなきゃいけないじゃん!朝の時間無駄でしょー!?そんでもってこの宿も温泉だっつーの!
なんで昨日は「お花を見に行こう(どや顔)」だったのに宿出たら急に「温泉行くから」とか言い出すのか!?車に乗ってから行き先を変えるのは詐欺だと思います!

ぷんぷんである。有明荘に行きたかったらしいが山道が長く険しいので途中で引き返すというおまけ付き。ぷんぷんである。

そこでようやく着いたのがここしゃくなげの湯である。
今日の女性のサウナはドライ。本当にカラカラ。解放感がありながらもしっかりと温度を保っている薄暗い室内。魅力的だ。ストーンの側は熱すぎて30秒で場所を移ったくらいだった。テレビの音は大きめだがローマ法王のお話の最中だったためワイドショー独特の五月蝿さを感じなかったのが大変良かった。1セット目はカラカラすぎて全く汗が出なかったが2セット目は汗だっくだく。18度の水風呂が気持ちよかった。
そしてなんといっても露天の寝転べる椅子がとってもよかった。ここが天国か~!

温泉は当初の目的地よりお湯を引いているそうで、山奥に行かなくて本当に良かったと思った。朝、猿に出くわしてビビり散らかしていたのだ。(私の実家も色々出るがそれはそれこれはこれ)

お食事処も綺麗で長野では珍しい静岡おでんが売っていた。まっっくろ!何度食べても驚く。美味しかった!

サウナと静岡おでんでなんとか機嫌を持ち直した私だったが、私と母はまだ知らなかった。父がこの後もう一軒温泉をハシゴしようとしていたことを...

またお化粧しちゃったじゃんか~!?先に言えよ~!

  • 90℃
    18℃
続きを読む
34

しゅう

2019.11.20

1回目の訪問

和泉館

[ 長野県 ]

海ノ口という知名の通り海みたいな温泉である。
浸かった直後にくるピリピリビリビリ感。傷口に塩を塗り込んでいる感じ。くぅうううう~しみるぅうううう!

JR小海線から見える和泉館が気になり電話で問い合わせてやってきた。HPをみるとサウナもあるらしい!日帰り入浴についてHPに記載はないけれど料金は500円。露天と内風呂3つとサウナがあるらしいが、か~な~りノスタルジックなのでどうなるか...

出迎えてくださった旅館の奥さまは大変明るくいい感じ。お風呂場にトイレがないのでその前に済ませてくださいねとのこと、丁寧にトイレと浴場の場所を説明してくださる。中はやっぱりノスタルジック。うちのおばあちゃんちと床の軋みがそっくり!謎の感動を覚える。それに温泉成分表が額に入っているなんてはじめて見た!

脱衣場もノスタルジック...最後まで電気がどこでつくのかわからなかった。ヒューズが落ちるからドライヤーは上手に使ってくださいね。との貼り紙...ノースタルジーック!最高...こういうわけわかんないとこ大好き。

結局、露天風呂はカバーがしてあり入れず、内風呂も真ん中のジャグジーにお湯はなし。源泉は加温しておらず温め、すごい鉄のにおいがして狐色の温泉成分が浮かんでいる。くぅうううう~!よくわかんない最高!

海水をそのまま温めたかのような磯の香りとピリピリビリビリ感。なんか山奥の秘湯にきちゃった感じがする。
よくわかんないけどたのし~い!

その気持ちのままサウナにイン!
寒い...圧倒的に寒い...なんだこれ...室温40度!サウナはだめだ...風邪引いちゃう。

サウナは電気が入っていたのか入っていなかったのかそれとも故障していたのか不明。

今回サウナは不発だったが、面白かったのでまた行く。

続きを読む
9

しゅう

2019.11.19

1回目の訪問

立川湯屋敷梅の湯

[ 東京都 ]

なんでオートロウリュウ直後に扉を開けっぱなしにするんじゃ~!

最近千鳥のしょーもない番組が好きだ。
大悟が喫煙所を見つけてタバコを吸うだけの番組はほんんとうによかっった。ノブつっこみキレてるよ~!

そんなことは今はどうでもよくて、本題は常連客と思われるマドモワゼルがめっちゃくっちゃ扉を開ける件である。
はじめはあまりのことに呆然とした。私のマナー違反によりマドモワゼル(以下御扉婦人)の逆鱗に触れて怒られる五秒前なのかとも思った。ちがった。せっかくの!オートロウリュウ!ロッキーサウナ!温度82度しかなかったのに!扉開け放って!室温と湿度下げるなんて!とっても驚いたし唖然呆然
いやいやいやいや...百歩も千歩も一万歩も譲って御一人様ならね!貸し切りならね!私もいますけど~!?

去った...御扉婦人が去った

やっと心穏やかに楽しめると思った次のターン!
バーァアアアンン!扉が開いた!ぜんぜん閉まらない!
第二の御扉婦人参戦っ!

負けた...負けたよ...浴場の雰囲気とかマナーって常連客の皆さんが作り上げるところあるじゃないですか...
他のお客さんは会釈とかしたり譲り合って浴槽使ったり気持ちよかったけど...サウナは...

今日は完敗...ノックダウンされたよ...

でもでも施設自体はとってもよいところだったので諦めきれない!時間帯を変えてまた行ってみよう!

  • 82℃
    20℃
続きを読む
31

しゅう

2019.11.10

1回目の訪問

八峰の湯(ヤッホーの湯)

[ 長野県 ]

ここは天丼がうまい!

と言うか全体的にご飯が美味しいので是非とも食事をしていって欲しい。

私はここが好きだ。頻繁に来れるわけでもないのにホームサウナに設定するほど好きだ。回数ではない。ここは私のホームサウナなのだ。

まあ設備については先人の方が教えてくださっているので割愛するとして、とにかくいいところなので行って欲しい。風呂場での東信のおいちゃんおばちゃんたちの口調はなんだか怒ってるように聞こえてびっくりするかもしれないけど、怒ってもなんでもないのでスルーして欲しい。そういう方言なのだ。
売店で地物の野菜を買って欲しい。何でかというと、自宅に帰ってしばらくしても小海の話題を出して欲しいからだ。美味しいねとか言ってもらえたら地元を出てしまった人間は誇らしくてたまらない気持ちになる。

もう長野は外気浴をするような季節ではないので気を付けて、途中道の駅とかナナーズとかで野菜を買って松原湖を散策して温泉に入ったら、ととのい以上に素敵な気持ちになれる。

あっ!コーヒー牛乳は絶対地元の牛乳を選んでください。今の時期は脂肪分が高いのか蓋にクロテッドクリームみたいなのがついていることもある。贅沢な気持ちになる地元の牛乳を是非どうぞ。

  • 71℃
    15℃
続きを読む
23

しゅう

2019.11.07

1回目の訪問

のぞみサンピア佐久

[ 長野県 ]

ここはサウナ目当てに来るところではない。
しかしながらこじんまりとして心地よく、昔から大好きな温泉である。長野には魅力的なサウナがいっぱいあるので後回しとなってしまうかもしれないが、まあなんだ...佐久のバルーンフェスティバルとかなんかあったときに訪れて欲しい。

内風呂がひとつ、露天がひとつ、ドライサウナとミストサウナがひとつずつ、水風呂は無し。こじんまりである。
昔は薬湯があったのだが、改修工事で内風呂と一体になり寝転がれるスペースができた。ここが最高なので寝転んでぼーっとして欲しい。巷ではぼーっと生きていると5才児に叱責されるようだが、そんなの関係ねぇ...人生ぼーっと生きることも大事である。

ドライサウナは非常に小さく低温なのでドアの開閉で温度変化が激しい。今回はあまりの寒さに「さっっむ!」と叫んでしまった。誰もいなくてよかった。
ミストサウナは案内表示に40~45度の室温に調整しているとあったが、温度計がないため室温不明。体感ではもう少し暑かったように感じる。

水風呂はないものの、この時期の長野はかなり寒いので外気浴がとてもつらい。水風呂いらずかとも思う。整い椅子が三脚あったが、この時期あんなとこに座ったら風邪を引いてしまう...露天風呂に足でもつけてぼーっとして欲しい。

やっぱりサウナ目当てに来るところではないが、温泉は暖かいし掃除もしっかり行き届いているし、脱衣所も清潔だし、丁度いいこじんまりさだし、風呂から眺める浅間山は綺麗だし、いいところである。


風呂から上がったらぜひともソフトクリームを食べて欲しい。ミニで十分。神津牧場の最高に美味しいソフトクリームを食べれば誰でもにこにこになれる。

  • 71℃
続きを読む
7

しゅう

2019.10.22

1回目の訪問

高砂湯

[ 東京都 ]

「走り込みするくらいなら風呂に入った方がいい」
ダルビッシュ有選手がそう言っていたと友が教えてくれた

食べ過ぎた...
ジムで飲むプロテインの美味しさに目覚めてしまった...今時のプロテインは美味しいのだ。デザートみたい
焼き肉定食も食べた...陛下のご即位の中継を見ていたので何を食べたか思い出せない。唯一思い出せるのはどんどんお肉がご飯に置かれたことだけだ...相当食べたぞこりゃ...
ミスドを救いたいブログを読んでからドーナッツが食べたくてしょうがなかった...もちろん行った...二個も食べた...


銭湯に行くしかない!


サ活を読んでから気になっていた高砂湯へ

ご主人とお姉さまがとにかく優しい。大荷物を気遣ってロッカーキーを二個貸してくださったり、シャンプーもボディーソープもお借りした。この時点で次も来よう!と思った


◎サウナ
燃えたら困るからタオルをストーブの前にかけないでと書いてあるわりに一杯タオルがかかっていた
水を拭わないでサ室に入っていく...
ここのお客さん自由なんだな
タオルのせいか湿度がすごい。汗どばどば
普段サ室で寝てしまうことはないのだが、不思議と寝てしまった。二分くらいの睡眠だったがすごくすっきり。


◎水風呂
サウナとラドン温泉の間にある
ラドンとの交互浴の方に配慮してなのか温度は20度と高め

◎休憩スペース
特にないので湯船の縁で休憩


ラドンはどうも身体にあわないのでパス
湯船は中間と高温とがあったが油断して高温の電気風呂に入ってしまい。い"っだぁああああ"と叫んでしまった。右のお尻が燃えるような痛さである...電気風呂にすっと入れる大人になりたい...なれない...

いつも疑問だったサ室で貴金属を身に付けている方に指輪は熱くならないのか訊ねてみたところ、三十代だと思っていたお姉さまの年齢がまさかの五十代後半で大層驚いた
お姉さまいわく、サウナは痩せないけど体型維持にはいいそうで、ずっと通った方がいいとのこと...
目の前に成果があるので言葉の重みが違う...

私、サウナ続けます!

決意を固くした来訪であった

  • 84℃
    20℃
続きを読む
5

しゅう

2019.10.18

1回目の訪問

湯の森 深大湯

[ 東京都 ]

「手術をすることになった」
友人からLINEがきた
病院に行けと言ってからたった二日であった

駅から遠い病院の待ち合いで手術が終わるのを待っている時間は永遠にも感じられ頭がおかしくなりそうだった
術式を学会のHPで確認し痛そうすぎて想像しただけで吐きそうにもなった
そうだ、サウナイキタイ見よう...
私が心配したところでもうお医者様にかかっているのだ
手術が終わったときに笑って迎えねば
私は取り急ぎ現実逃避をすることにした


病院から近くて露天風呂もある...
そうだ深大湯だ!


手術は無事終わった
現実逃避の甲斐なく戻ってきた友の前でぎゃんぎゃん泣いた
大人は涙もろい...


友が無事に帰ってきて夕食も済ませ痛み止も服用しこれでひと安心
安心したら自分が倒れそうであった
家で風呂に入ったらそのまま寝て死ぬ自信がある
銭湯に行こう...


病院からの道は暗く雨も降っており、なおかつ気が抜けてぽんこつな私はGoogleマップが全く読めなくなってしまい迷子になった
二~三十分の道のりが気づけば倍以上である

ようやく目的地に辿り着いたときにはびちょぬれ...極寒である...

手早く体を清め飛び込んだサウナ室は常夏であった
温度はそこまで高くないはずなのに暑い...汗がたった四分で滴ってきた
今日はぽんこつなので無理は禁物である
水風呂は温度高め。今日の体調にあっている
ととのい...期待できそう!と思ったのも束の間、外気浴ができる露天風呂は雨が降っていてとても寒い...今日はととのいとかどうでもいい!そう思って露天風呂に入った。あったか~い!最高である。軟水最高!

二セット目、サウナ室でととのいの気配、水風呂で友の手術を思い出し泣く。最善ではなかったかもしれないが、最悪でもなかった。よかった!
生きているということが当たり前でないことを知っている大人は涙もろい。もうととのいとかどうでもいい。内風呂を楽しみまくる

そこでふと気づく...サウナ室貸し切りじゃない?
そう、誰もいなかったのだ...

大人は貧乏性である(主語がでかい)
こんな貸切状態を楽しまないで帰れるだろうか?いや帰れない
もういいやと思ってからの追い込み
水風呂で肺から沸き上がる冷たい息
最高!最高!最高!

病院から直で帰宅していたら自宅の風呂で死んでいた自信があったが、今の自分は生き生きとしている
ありがとう深大湯

  • 84℃
    19℃
続きを読む
36

しゅう

2019.10.14

1回目の訪問

改良湯

[ 東京都 ]

渋谷という立地上、どんな感じなのかビクビクしながら行った1回目はなんと定休日...まさか土曜が定休とは思いもよらず...今度こそはとホームページを確認してやってきた。

「女性もサウナ混んでますけど大丈夫ですか?」と受付のお姉さん。
雑誌に載ってたもんね。私もそれを見て来ました。ホームの方すみません。お邪魔します。

内装がとにかくお洒落でサウナ室は薄暗く、これまたお洒落音楽が心地よい音量で流れていた。おっお洒落~!これが渋谷...こわい!こわいよぉ...
なんだかサウナ室の中にいる方もお洒落に見えてくる...
お洒落すぎて怖かったが、しばらくするとなんだか平気になってきた。ここには文字通り裸一貫で来ているので別に怖いことなんてないのだ。たぶん...

水風呂がとにかく冷たいと聞いて楽しみにしていたのだが、とにかく冷たくてビビってしまった。
サウナ室のお洒落感に怯え、水風呂でビビり散々である。

その後、恐らく特等席である整い椅子に腰かけぼや~っとしていると、ほやほやほや~あっうそっ整いが近い。えっあんなにビビってたのにうそ~

すっかり怯えとビビりが消え、改良湯のことが好きになってしまった。ちょろい

その後、サウナもお風呂も大変楽しく堪能した。特に炭酸が出る方のお風呂が最高であった。あーこれ綺麗になっちゃうやつだ。肌が艶ピかになるやつでしょ。素晴らしい。

今度は私もお洒落サウナハットをかぶって改良湯のお洒落さと同調したいものである。

  • 90℃
    14℃
続きを読む
6