イワサトオル

2022.11.26

1回目の訪問

先日の「ザ・サウナ」に続いて、また信濃町へ。今度は「Sherokuma Sauna」。LOGRAFというログビルダーの営むプライベートサウナで、ここもまた、素晴らしいサウナでした。一棟のみですが、なにしろ貸切になる面積が広大。森にかかる橋を渡ってプライベート空間に入ると、広大なデッキ、トイレ&シャワー棟、そしてハンドカットログの「Sherokuma Sauna」があります。大型の薪ストーブが設置されたサウナ室は天井が高く、薪ストーブが空気を大量に消費しながらも上部の温度は一定に保てる構造。最上段は座面で170センチ近くあり、その下の段でも140センチくらい(目視での測定だけど)。ロウリュすると熱波で上半身が包まれ、かなりいい感じでした。オプションのウィスキングも気持ちよくて、あっという間の2時間30分。2人まで11,000円。バスローブ300円、バスタオル300円。ウィスキング2500円。水着のレンタルはなし。また来たい。

・水風呂はかなり冷たい。10度前後だろうか。しかもドバドバかけ流し。長くは入っていられないけれど、とても気持ちいい。
・ウッドデッキが広大。今回は夜の利用だったが、昼だったら最高だろう。というか、夜でもあの貸切感は最高だった。

・先日「The Sauna」で感じた天井から熱気が抜けていってしまう感覚は少なめ。ロウリュしたあとの熱気の滞留感はこちらの方が良かった。夏は「The Sauna」の抜け感がむしろ最高に良かったので、天井の断熱の仕方はかなり難しそう。熱気の滞留感で言うならば「Sima sima sauna」が良かった。天井の材料と天井裏の断熱が重要なのだろうが、機密性が高すぎると酸欠や一酸化炭素中毒の危険性もあるはずなので、そのバランスとりが難しそう。
・下段でも座面140センチ、上段は170センチ程度の「高さ」と、ある程度の機密性が一定の温度感を保っているポイントなのではないかと感じた。空気の動きを感じると冬はあまり快適ではないし(寒く感じる)、かといって空気が動かないと薪ストーブの燃焼に影響が出る。
・座面下には薪が置かれていた。シマシマは清掃しやすい構造、果たしてどちらが使いやすいのだろうか。

共用

  • サウナ温度 85℃
  • 水風呂温度 9℃
14
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら

サウナグッズ