gou.s

2020.01.19

1回目の訪問

赤羽から西新井方面のバス(赤23 )に乗って更に停留所から歩く事10分、ふくの湯に到着した。
いわゆる住宅街のど真ん中にふくの湯はある。
一見だと古い病院?と思ってしまうほど銭湯感がない。
多分車でこの通りを通っても分からないだろう。

100円バック方式の下駄箱に靴を入れ、受付のある3階へ向かう。
そう、ここはビルすべてが銭湯。
3Fで受付を済ませるとサウナ室を引っ掛ける鍵とロッカーの鍵を受け取る。
サウナの人は脱衣場が上の階となっている。
上の階と言っても脱衣場からうち階段で上がるのだ。
早速服を脱ぎ、身を清め、全体像を把握する。
ここは3Fと5Fが風呂場となっており、5Fはいわゆる露天風呂だ。
どちらもサウナ、水風呂はあるが個性が強すぎる。

まず私は5Fのサウナ室に入った。
正直今にも飛んでいきそうなサウナだ。
キャパは4,5人で限界。
温度計は80度後半を指していたが、本当にそんなあるのか?って思った。
が、5分後じんわりと汗をかいて来た。これはこれで良い。
しっかりと温まった体を3歩ほどで突入できる水風呂で冷やす。
※桶がないので3Fから持ってくることを推奨
水風呂は冷たいの一言。直近にかるまるのサンダートルネードに行っていたがそれを彷彿とさせる冷たさである。
バイブラガンガン、温度計が壊れているという状況ではあるが、体感は10度台前半。
じっくり外気浴(椅子がなかったので岩場。
その後露天風呂で回復を図る。

2セット目、3Fのサウナ室へ。
凶暴。当たり前だが、近づけば近づくほど暑い。
温度計は100度ちょい、キャパは14,15くらいか。
テレビの音声の他にラジオが流れている。
割と暗めなのでストイックに過ごせる。好きな感じだ。
あったまったところで目の前の水風呂へ。
ちょうどいい。多分18度くらい。
3セット目もここですることにした。

全体的に広い割には椅子がなく、地元に愛される街の銭湯といった感じ。
ここまで風呂の種類が多いのもすごい。

5Fのサウナ室をセルフロウリュできるようにして椅子置けばかなり良いスポットになるのではと、勝手に思ってしまいました。夜とか良さげです。

  • 87℃,105℃
    13℃,18℃
10
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら

  • サウナーリンク集
  • サウナイキタイSTORE
  • 水曜サ活